【編集に関する重要なおしらせ】ファイターページの編集について、編集者のご協力をお願いします。
詳しくは、大乱闘スマッシュブラザーズWiki:編集ガイドライン/ファイターページの編集‎をご覧ください。

【おしらせ】『スマブラ64』『スマブラDX』『スマブラX』のコンテンツ記事を加筆してくださる協力者を求めています。
詳しくは、大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U まとめWIKI・シリーズ統合Wiki化‎をご覧ください。

ガオガエン

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
移動先: 案内検索
加筆訂正願います この項目「ガオガエン」は、まだ閲覧者の調べものの参照としては役立たない書きかけの項目です。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています。
ガオガエン
ガオガエン.png
原作の公式イラスト
シンボル ポケットモンスター.png
出典ポケットモンスターシリーズ
デビューポケットモンスター サン・ムーン(2016年11月18日/3DS)
スマブラへの出演スマブラSP

ガオガエン(Incineroar)は、『ポケットモンスター』シリーズに登場するポケモンの一種。


概要[編集]

『ポケットモンスター サン・ムーン』から初登場したほのお/あくタイプの"ヒールポケモン"であり、アローラ地方で最初に博士からもらえる三匹のポケモンの一体、ニャビーの最終進化系。全国図鑑ではNo.727で、英語名は"Incineroar"。日本名の元ネタはトラの鳴き声「ガオー」+「火炎」からだと思われる。

へその辺りから炎を出すことができ、その炎でベルトのような形を作っている。粗暴で身勝手な性格で、気分次第ではトレーナーの命令も無視する。強敵との戦いにやる気を出すが、弱いものや傷ついた相手との戦いも嫌う。子供や小さいポケモンには優しい。

原作でのステータスは攻撃が高く、ニャヒートの時から高めだった素早さがニャビーより大幅に下がってしまったが、代わりに防御と特防がやや上がっている。つまり、歴代の御三家の中では初でありながら、唯一進化すると素早さが下がるポケモンになっている。
通常特性の「もうか」の他に隠れ特性「いかく」を持ち、この特性や覚えるわざの有用さから、対戦での人気も高い。

モクローを選んだ場合はククイ博士、又はアシマリを選んだ場合はハウが使ってくる。

専用技である「DDラリアット」を覚えた状態でZクリスタルの「ガオガエンZ」を持たせることで、専用Zワザである「ハイパーダーククラッシャー」を使うことができる。

アニメ版では2017年に公開された映画『劇場版ポケットモンスター キミに決めた!』でクロスの手持ちポケモンとして初登場し、後にテレビアニメでもククイ博士(ロイヤルマスク)のパートナーポケモンとして登場している。

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL[編集]

公式絵 SP ガオガエン.png

ファイターとして初参戦。2018年11月1日に放送された『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL Direct 2018.11.1』で公開されたムービー『炎の激突』で参戦することが発表された。

日本版での声の担当は、『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』に登場するクロスのガオガエンと同じく、石塚運昇が務める。石塚運昇はボイス収録後の2018年8月に逝去しており、本作が事実上の遺作となった。


使用ワザの名称一覧[編集]

  • 通常攻撃のワザ名は公式攻略本より引用。
  • つかみのワザ名は全ファイター「つかみ」で統一。
弱攻撃
ダッシュ攻撃
横強攻撃
上強攻撃
下強攻撃
横スマッシュ攻撃
上スマッシュ攻撃
下スマッシュ攻撃
ニュートラル空中攻撃
前空中攻撃
後空中攻撃
上空中攻撃
下空中攻撃
つかみ攻撃
前投げ
後投げ
上投げ
下投げ
通常必殺ワザ DDラリアット
横必殺ワザ
上必殺ワザ クロスチョップ
下必殺ワザ リベンジ
最後の切りふだ ハイパーダーククラッシャー改

動作などの元ネタ[編集]

ワザ[編集]

  • 通常必殺ワザ:DDラリアット
    • ガオガエンだけが覚えられる、あくタイプの物理わざ。相手の能力変化に関係なくダメージを与える効果を持つ。相手が防御力を上げるわざを使っていても、与えるダメージが減らないなど。
    • 原作では回転しながら相手に突進していくモーション。
  • 上必殺ワザ:クロスチョップ
    • かくとうタイプの物理わざ。命中率は低めだが、急所に当たりやすい。
    • ガオガエンがレベルアップで覚えられる。
  • 下必殺ワザ:リベンジ
    • かくとうタイプの物理わざ。必ず後攻になる。威力は低めだが、使ったターンに相手からダメージを受けていると、2倍の威力になる。
    • ガオガエンの進化前であるニャビーが、タマゴわざとして覚えられる。
  • 最後の切りふだ:ハイパーダーククラッシャー改
    • 「ハイパーダーククラッシャー」はガオガエン専用のZワザ。あくタイプの物理わざ。相手が「ちいさくなる」を使っていると威力が2倍になる効果がある。
    • 「DDラリアット」を覚えたガオガエンに専用のZクリスタル、ガオガエンZを持たせることで、使うことができる。
    • 切りふだ発動時に浮かび上がるのが、ガオガエンZである。原作のZワザ使用時にも、同様にZクリスタルが浮かび上がる演出がある。
    • 「改」は最後の切りふだとして採用するにあたって、より派手なアクションや演出、テンポアップを加えたことによる。
    • Zワザとは、『ポケットモンスター サン・ムーン』から登場した新たなわざ。タイプの数だけ存在するZクリスタルをポケモンに持たせることによって、対応したタイプのわざを強力なZワザとして繰り出すことができるというもの。使用時にはZクリスタルと、トレーナーの持つZリングの共鳴によりポケモンにオーラをまとわせ、力を引き出す。強力ゆえに、一回の戦闘で一発しか出せないが威力は高く、相手が「まもる」や「みきり」を使っていても完全には防げず、また、命中率、回避率に関係なく必ず命中する。ガオガエンのように、専用のZワザを持つポケモンもいる。

その他[編集]

主な登場作品[編集]

備考[編集]

脚注[編集]


外部リンク[編集]


ファイター(シリーズ統合)
64 マリオ - ドンキーコング - リンク - サムス - ヨッシー - カービィ - フォックス - ピカチュウ - ルイージ - ネス - キャプテン・ファルコン - プリン
DX クッパ - ピーチ - アイスクライマー - シーク - ゼルダ - マルス - ピチュー - ガノンドロフ - ドクターマリオ - ファルコ - ミュウツー - ロイ - こどもリンク - Mr.ゲーム&ウォッチ
X ピット - ワリオ - ゼロスーツサムス - アイク - ポケモントレーナー ( ゼニガメ - フシギソウ - リザードン ) - ディディーコング - メタナイト - スネーク - リュカ - ソニック - デデデ - ピクミン&オリマー - ルカリオ - ロボット - トゥーンリンク - ウルフ
for むらびと - ロックマン - Wii Fit トレーナー - ロゼッタ&チコ - リトル・マック - ゲッコウガ - Miiファイター - パルテナ - パックマン - ルキナ - ルフレ - シュルク - ブラックピット - クッパJr. - ダックハント - リュウ - クラウド - カムイ - ベヨネッタ
SP インクリング - デイジー - リドリー - シモン - リヒター - クロム - ダークサムス - キングクルール - しずえ - ケン - ガオガエン - パックンフラワー
ポケットモンスターシリーズ
ファイター ピカチュウ:64/DX/X/for/SP - プリン:64/DX/X/for/SP - ミュウツー:DX/for/SP - ピチュー:DX/SP - ポケモントレーナー:X/SP (ゼニガメ:X/SP - フシギソウ:X/SP - リザードン:X/for/SP) - ルカリオ:X/for/SP - ゲッコウガ:for/SP
ステージ ヤマブキシティ - ポケモンスタジアム - ポケモン亜空間 - ポケモンスタジアム2 - テンガンざん やりのはしら - イッシュポケモンリーグ - プリズムタワー - カロスポケモンリーグ
ステージギミック ディアルガ - クレセリア - ゼクロム - レシラム - レジスチル - レックウザ - マナフィ
アイテム モンスターボール - マスターボール
ボスキャラ レックウザ:X
敵キャラ ゴース - シャンデラ - チュリネ - ドガース - フリージオ
音楽 ポケットモンスターシリーズの音楽の一覧