【編集に関するおしらせ】編集に参加する際には、大乱闘スマッシュブラザーズWiki:編集ガイドライン‎をご確認ください。

【編集に関する重要なおしらせ】ファイターページの編集を円滑にするため、編集者のご協力をお願いします。
詳しくは、大乱闘スマッシュブラザーズWiki:編集ガイドライン/ファイターページの編集‎をご覧ください。

ガケつかまり

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
移動先: 案内検索
リンクの崖つかまり。
崖つかまり中のルイージ (3DS/Wii U)

ガケつかまりは、キャラクターがにつかまる行為およびその状態のこと。

ファイターが崖に近づくと、崖つかまりを行う。厳密には、ファイターが崖つかまりの条件を満たしているとき、ファイターが持つ崖つかまり判定が崖判定に触れると、崖つかまりを行う。崖つかまりをするのと同時にしばらくの間ファイターには#崖つかまりの無敵が付与される。また、着地した際と同じように、空中ジャンプや、空中では1度しか使用できない必殺ワザが再使用できるようになる。崖つかまり中にできる行動は、崖登りと崖離しのみ。

上必殺ワザなどの復帰技は、しりもち落下などの致命的な隙を晒すものが多いが、それらは崖つかまりでキャンセルすることができるので、復帰の際には崖つかまりを狙うことが多い。

崖つかまりからできる行動[編集]

崖つかまりができない場面[編集]

ファイターが崖に触れていたとしても崖つかまりができないことがある。

64[編集]

DX[編集]

X[編集]

  • つかもうとしている崖に、既に誰かがつかまっている
  • ワザの動作中。なお、一部の必殺ワザは発動中でも崖つかまりができるタイミングがある(#自動崖つかまり)。
  • 空中回避中。
  • ふっとび中。
  • ぬるり落下をしてから少しの間。
  • 踏み台ジャンプをされてから少しの間。
  • ジャンプの上昇中。
  • 下に方向入力している。
  • 最後に崖つかまりをしてから、一定以上の時間が経過していない。
  • 次のワザには崖つかまりの上限回数が設定されており、それを超えると着地するか攻撃を受けるまではそのワザを使って崖つかまりができなくなる: アイクの上必殺ワザ(5回まで)、全ての空中ワイヤー(3回まで)

3DS/Wii U[編集]

  • ワザの動作中。なお、一部の必殺ワザは発動中でも崖つかまりができるタイミングがある(#自動崖つかまり)。
  • 空中回避中。
  • ふっとび中。
  • ぬるり落下をしてから少しの間。
  • 踏み台ジャンプをされてから少しの間。
  • ジャンプの上昇中。
  • 下に方向入力している。
  • 崖つかまりが解除されてから54Fの間。
  • 次のワザには崖つかまりの上限回数が設定されており、それを超えると着地するか攻撃を受けるまではそのワザを使って崖つかまりができなくなる: アイクの上必殺ワザ(5回まで)、全ての空中ワイヤー(3回まで)

SP[編集]

  • ワザの動作中。なお、一部の必殺ワザは発動中でも崖つかまりができるタイミングがある(#自動崖つかまり)。
  • 空中回避中。
  • ふっとび中。
  • ぬるり落下をしてから少しの間。
  • 踏み台ジャンプをされてから少しの間。
  • ジャンプの上昇中。
  • 下に方向入力している。
  • 崖つかまりが解除されてから54Fの間。
  • 着地せずに連続で6回崖つかまりをすると、崖つかまりできなくなる。着地するか攻撃を受けるとリセットされる。また、アイクの上必殺ワザは連続5回まで、全ての空中ワイヤーは連続3回までとなっている。

崖つかまりの無敵[編集]

崖つかまりをすると、少しの間ファイターは無敵状態になる。『64』では60F、『DX』では30F、『X』では23F無敵になる。『3DS/Wii U』と『SP』では、滞空時間が長いほど無敵時間は増加し、蓄積%が大きいほど減少する。

『64』、『DX』、『X』では、崖離しをした後でもその無敵時間が続く。『3DS/Wii U』と『SP』では、崖離しをした瞬間にその無敵時間は切れる。

『3DS/Wii U』と『SP』では、一度崖つかまりした後は、着地するか攻撃を受けるかしないと、次の崖つかまりからは無敵が付与されない。

自動崖つかまり[編集]

一部の必殺ワザは、動作の特定のタイミングでファイターが崖に近づくと、動作をキャンセルして崖つかまりに移行する。プリンの上必殺ワザのような非復帰ワザでも可能なものがあるが、その場合は自動崖つかまりとは言われない模様。『DX』以前は対応しているワザが少なく、更に可能なタイミングが短い。『スマブラX』からは殆どの移動を兼ねた必殺ワザが、幅広いタイミングで可能になった。

なにが「自動」の崖つかまりなのか謎な名称だが、これで普及している。

強制崖つかまり時間[編集]

[icon] この節の加筆が望まれています。

崖つかまりをしてから少しの間は何も行動できない時間が設けられている。

崖奪い[編集]

3DS/Wii U』と『SP』では、誰かが掴まっている崖に他のファイターが近づいた場合、先に掴まっていた側は弾き出され、後から来た方が新たに崖を掴む。

崖吸い寄せ[編集]

3DS/Wii U』と『SP』にあるシステム。崖から離れた位置から崖つかまりが開始すると、吸い寄せられるようにして崖を掴む。吸い寄せられる時間は0F~2Fで、その間は無敵時間が無い。この無防備な時間は主に崖の2Fなどと言われている。実際には2Fとは限らないのだが、この名称が広まってしまっている(英語圏でも"2 frame punish"と呼ばれている)。

ファイターの崖つかまり判定はファイターの前・上に大きく伸びているので、崖と同じ高度以下から崖つかまりしにいくと崖から離れた位置から崖つかまりが開始し、崖吸い寄せになりやすい。逆に、崖より高い位置から崖つかまりすると、崖吸い寄せはほぼ起きない。

『3DS/Wii U』では吸い寄せが始まった時点で崖を掴んだのと同じ扱いになり、空中ジャンプが復活する。『SP』では空中ジャンプは復活しない。

この無防備な時間は最大でもたったの2Fなのでそこへ攻撃を重ねるのは困難だが、少ないリスクで大きなリターンを狙えるので、狙う価値のある場面は多い。これを狙われている場合の対抗手段としては、吸い寄せが起きる位置から崖つかまりをしない・滞空できる必殺ワザカベジャンプで復帰のタイミングをずらす・下に方向入力しっぱなしにすることで崖つかまりへの移行を防いで崖上で攻撃を構えている相手に必殺ワザを当てる、等がある。

崖つかまり中の姿勢について[編集]

崖つかまり中の姿勢(当たり判定の形)は各ファイター毎に異なる。つまり、無敵が切れている状況で崖を掴んだ際に当たる攻撃がファイター毎に変わってくるということである。

例えば、ゲッコウガは崖つかまり中の姿勢の低さが参戦ファイターの中でもトップクラスで、攻撃判定が床下まで出ていない攻撃には当たらずに済む。
その一方で、ドンキーコングのようにガケから身体が大きくはみ出していて、各種下攻撃どころか一部の横攻撃にすら当たってしまうファイターもいる。
大雑把な傾向としては、ピーチガノンドロフパルテナマルスクラウドなど、リアル頭身の人型ファイターは姿勢が低い場合が多く、
マリオヨッシートゥーンリンクメタナイトリザードンなど、頭の大きさに対して腕が短いファイターは姿勢が高くなりやすい。

それから、立ち状態やしゃがみ状態などと同様に、崖つかまり状態にも待機モーションが用意されている。
中には待機モーションの動きが大きく、当たり判定が上に伸びてしまうファイターも存在し、一時的とはいえ危険な状態になるため注意が必要。

3DS/Wii U[編集]

Cliffrank by DRAFIX.jpg

以下の表は、崖つかまり時の姿勢が特に低いファイターに対し、さまざまなファイターの打点が低い攻撃ワザが当たるかどうかを検証したもの。
全てのファイターの崖つかまりにヒットする攻撃はあらかじめ除外している。
おおまかな順位づけは可能と思われるが、リンクにアイクの上スマが当たらないなど例外も多い。おそらくZ軸の影響[1]によるものと思われる。
【凡例】
○……当たる
△……姿勢次第では当たる
×……当たらない
/……斜線での区切りがある項目は、左側/右側のガケで結果が異なる

ファイター名 ワリオ下スマ アイク上スマ(後方) アイク上スマ(前方) アイク横スマ キャプテン・ファルコン下強(右足) パルテナ上スマ パルテナ下強 ミュウツー下スマ ミュウツー下強 ガノンドロフ下強
ソニック ○ ※1 × × × × × × ×
ゲッコウガ × × ※2 × × × × × × ×
ガノンドロフ × × × × × × ×
クラウド ○ ※1 × × × × × ×
ディディーコング × × ※2 × × × × ×
パルテナ ○ ※1 × × × × ×
カムイ × ※2 ×/× ※2 ×
マルス × ×/○ ×
ゼルダ × ※2 ×
シーク ○ ※3
キャプテン・ファルコン ○ ※3 ×/△ ×
リンク ×/△ ×/× ※2 ○ ※3 ×/○

※1……クリーンヒット部分(13%)ではなく持続部分(10%)が当たる。
※2……ヒットはしないがチップが発生。
※3……左足でも当たる。

より詳細なデータについては、スマブラfor 3DS/WiiU 検証wiki - 崖つかまり姿勢を参照。

SP[編集]

SP Corrin Fsmash 22.jpg
SP Lucina Fsmash 16.jpg

以下の表は、崖つかまり時の姿勢が特に低いファイターに対し、さまざまなファイターの打点が低い攻撃ワザが当たるかどうかを検証したもの。
全てのファイターの崖つかまりにヒットする攻撃はあらかじめ除外している。
単に姿勢の低さのほか、ガケに片手でつかまるか両手でつかまるか否か、各種モーションが左右対称になっているか否か等によっても変動する。

なお、以下の表では、ガケつかまり姿勢にMii 射撃タイプの最大「ガンナーチャージ」が当たらないファイター22(19)名を選出。
そこへ当たるファイターの中から適当なファイター(今回の調べではサムス/ダークサムス)を加えた24(20)名について示してある。


【凡例】
○……当たる
△……姿勢次第では当たる
×C……当たらないがチップが発生
×……全く当たらない
/……斜線での区切りがある項目は、左側/右側のガケで結果が異なる

ファイター名 マルス/ルキナ ガノンドロフ アイク カムイ パルテナ C・ファルコン
ワザ 横S 下S(前) 下強 NB下 横S 空前 上S(前) 下S(後) 下強 下強 横S 上S(前・後) 横S下 上S 下強(右足・左足)
ソニック × × × × × × × × × × ×C × ×
ディディーコング × × × ×/○ × × × ○/× × × × × × ×
ガノンドロフ × × × × × × × × × × × ×
アイク × × × × × × × × × × × × ×
リドリー ×/○ × × × ×/○ × ×/△ × × ○/× ×/○ × × × × ×
キングクルール △※1/○ ×/○ × × ×/○ ×/○ × ×/○ ○/× ×/○ ×/○ × × ○/× ×
ガオガエン × △/○ × ×/○ ×/○ × × ○/× ×/○ ×/△ × × ○/× ×
ゲッコウガ × × ○/× × × × × ×C × ×
クラウド × × × × × × △/○ ×C ×C ×
スネーク × × × × × × ×
パルテナ × × × × × × ×C ×
カムイ ○/△ × × × × × ×
ピット/ブラックピット ×C × ×C × × ×
ウルフ ○/△ × × ×
マルス/ルキナ × ○/×C × × × ×C/○
ロイ/クロム × × × ×
ゼルダ ×/○ △/○ ×/○ × ○/×
キャプテン・ファルコン × × ×
シモン/リヒター ×
サムス/ダークサムス × ×C × ×

※1……鼻を狙えば当たる。


SP Roy Dsmash 10.jpg
SP Chrom Ftilt 07.jpg
SP Simon Fsmash 12.jpg
SP Zelda Dtilt 06.jpg
ファイター名 ロイ/クロム クロム シモン/リヒター ゼルダ
ワザ 下S(前・後) 下強 NB 横S 横強 横S下 下S(前) 下強 下S 下強 NB
ソニック × × ○/×C × ×
ディディーコング △/○ ×C/○ × × ×/○ △/○ × × × ×
ガノンドロフ × × ×C × × × ×
アイク × × × × × ×
リドリー ○/×C △/○ × × ×/○ ○/× ×/○ × × × × × ○※2
キングクルール × × ×/○ ×/○ △※1 × ×/○ × ×
ガオガエン × × ×/○ ○/△ ×/○ × ×/○
ゲッコウガ × × × ×
クラウド × × × ×
スネーク × × ×C
パルテナ ×C × × ×
カムイ × × ×
ピット/ブラックピット × × ×
ウルフ ×
マルス/ルキナ × ×C ×
ロイ/クロム × × ×
ゼルダ × ×C/○
キャプテン・ファルコン × ×C
シモン/リヒター ×
サムス/ダークサムス × ×

※1……鼻を狙えば当たる。
※2……最終段までヒットする。


喰らい判定の最高点が崖下何cm[2]かをランク付けしたもの。なおこのランクではZ軸は考慮していない。


脚注[編集]

  1. フラットゾーンX(終点化)やダックハント(通常・終点化問わず)では、リンクに対してもアイクの上スマ(前後)が間合いを間違えなければ確実にヒットする。
  2. 1マス=10cm

関連項目[編集]

外部リンク[編集]