【編集に関する重要なおしらせ】ファイターページの編集を円滑にするため、編集者のご協力をお願いします。
詳しくは、大乱闘スマッシュブラザーズWiki:編集ガイドライン/ファイターページの編集‎をご覧ください。

【おしらせ】『スマブラ64』『スマブラDX』『スマブラX』のコンテンツ記事を加筆してくださる協力者を求めています。
詳しくは、大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U まとめWIKI・シリーズ統合Wiki化‎をご覧ください。

シモン・ベルモンド

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
シモンから転送)
移動先: 案内検索
加筆訂正願います この項目「シモン・ベルモンド」は、まだ閲覧者の調べものの参照としては役立たない書きかけの項目です。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています。
シモン・ベルモンド
シモン (悪魔城ドラキュラ (X68000)).jpg
X68000版『悪魔城ドラキュラ』のシモン
シンボル 悪魔城ドラキュラ.png
出典悪魔城ドラキュラシリーズ
デビュー悪魔城ドラキュラ(1986年9月26日/FCD)
スマブラへの出演スマブラSP

シモン・ベルモンド(Simon Belmont)は、コナミの『悪魔城ドラキュラ』シリーズに登場するキャラクター。

概要[編集]

100年に一度蘇るドラキュラ伯爵を倒す使命を持ったヴァンパイアハンターの一族、ベルモンド一族の一人。
シモンは悪魔城ドラキュラシリーズ最初の主人公である。

『悪魔城ドラキュラ』では1691年に先祖伝来の聖なる鞭"ヴァンパイアキラー"を携えて単身ドラキュラ城に挑み、城の最奥に潜んでいたドラキュラ伯爵を倒すことに成功する。
しかしその時負った傷による呪いによって衰弱していき、7年後に命もあとわずかとなったシモンはドラキュラ伯爵復活の危機と呪いを解く方法を知り、ドラキュラの遺骸封印のために再び戦いに赴くのが2作目『ドラキュラⅡ呪いの封印』のストーリーである。

シリーズ初期の主人公であるため、ゲームのスペックやゲーム性の変化により後のヴァンパイアハンターが身につけてきた派手なアクションはなく、後のシリーズで登場した際もファミコンテイストを重視した8bit風の姿で登場していることが多い。

設定を一新した『ロードオブシャドウ』シリーズでは大きく設定が変化し、アルカードの息子になっている。


とにかく容姿が安定していない。単純に絵柄が変わったなどではなく体格や髪色が大きく変化している。
一応ガタイがよく、長めの金髪、ふとももや二の腕を露出した茶色の布装備でサークレットを身に着けているのが基本だが、イラストやゲーム内グラフィックによっては黒や赤、青の髪色になったり、金属鎧を身に着けていたりしている。

ヴァンパイアキラー[編集]

ベルモンド一族に代々伝承されてきた退魔の鞭"ヴァンパイアキラー"は強力なだけではなく、使い手を選ぶ武器であるといわれている。

『悪魔城ドラキュラ ギャラリーオブラビリンス』では、同作の主人公でありベルモンドの傍系であるジョナサン・モリスなどといった直系の血族以外は、ヴァンパイアキラーが記憶しているベルモンドの幻影に打ち勝ち、使い手の資格があることを認めさせねばならず、さらに鞭の真の力を使うと寿命が縮んでしまう副作用があるとされた。

ゲームによっては最初は革の鞭で、パワーアップアイテムを取ると鉄球付き鎖鞭に変化してリーチが伸びる。
シリーズが進み、『血の輪廻』でリヒターの頃になると、最初から鎖鞭としてのみ登場する作品も出てきた。

しかし『ヴァンパイアキラーは世界に1つしか存在しないもので単にデザインが違うだけ』ということで、シモンやリヒターなど一族が使用してきたものはすべて同一のものである。


大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL[編集]

公式絵 SP シモン.png

ファイターとして初参戦。2018年8月8日に放送された『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL Direct 2018.8.8』の冒頭で公開されたムービー『ヴァンパイア・キラー』で参戦することが発表された。

日本版での声は、『ドリームミックスTV ワールドファイターズ』で担当した石川英郎が務める。

使用ワザの名称一覧[編集]

[icon] この節の加筆が望まれています。
  • 通常攻撃のワザ名は公式攻略本より引用。
  • つかみのワザ名は全ファイター「つかみ」で統一。
弱攻撃
ダッシュ攻撃
横強攻撃
上強攻撃
下強攻撃 スライディング
横スマッシュ攻撃
上スマッシュ攻撃
下スマッシュ攻撃
ニュートラル空中攻撃
前空中攻撃
後空中攻撃
上空中攻撃
下空中攻撃
つかみ攻撃
前投げ
後投げ
上投げ
下投げ
通常必殺ワザ
横必殺ワザ クロス
上必殺ワザ アッパー
下必殺ワザ 聖水
最後の切りふだ グランドクロス

動作などの元ネタ[編集]

[icon] この節の加筆が望まれています。

ワザ[編集]

  • 上スマッシュ攻撃、上空中攻撃、横スマッシュ上下シフト、前・後空中攻撃の上下シフト
    • 原作では地上でも空中でも真正面にしかブキを振れない作品が殆ど。鞭を縦横斜めの最大8方向に打てるのは『悪魔城ドラキュラ(SFC)』のシモンを除けば『悪魔城ドラキュラ Harmony of Despair』のDLCキャラであるユリウス・ベルモンドのみ。
  • ウィップホールド
    • 同じく『悪魔城ドラキュラ(SFC)』が初出。攻撃力は小さいがぐるぐると振り回したり、前斜め上から垂らしたりして敵の火の玉を防ぐ壁にできる。
  • 通常必殺ワザ:斧
    • 道中でアイテムとして拾って切り替えることのできるサブウェポンの一つ。大きく弧を描くように投げるため、原作では前斜め上をカバーできる貴重な武器になる。
    • なお、シモンはサブウェポンをすべてハートを1個ずつ消費して使う(後にハートを複数消費するサブウェポンも登場している)が、『ゼルダの伝説シリーズ』とは違い体力とは別物。体力回復は壊せる壁に隠されているたべものを拾うしかない。
  • 横必殺ワザ:クロス
    • サブウェポンの一つ。十字架型の飛び道具。正面にゆっくり飛んでいき、概ね画面端で反射してブーメランのようにもどってくる。
  • 下必殺ワザ:聖水
    • サブウェポンの一つ。前方の地面に投げつけ、落下した場所で多段ヒットする炎を起こす。水なのに燃えるのは、浴びた化物が聖なる力で浄化される様を意識しており、火炎瓶というわけではない。

その他[編集]

  • ダッシュ攻撃などを除く鞭を使った攻撃のヒット音
    • 初代『悪魔城ドラキュラ』でプレイヤーが攻撃をヒットさせたときの効果音と同じ。
  • ワイヤー復帰
    • SFC版『悪魔城ドラキュラ』ではステージ中に設置されているコウモリ型リングに鞭を引っ掛けて振り子移動できる。

主な登場作品[編集]

[icon] この節の加筆が望まれています。

など

備考[編集]

  • スネークボンバーマンとは、2003年に発売された『ドリームミックスTV ワールドファイターズ』以来の共演となる。

脚注[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]


ファイター(シリーズ統合)
64 マリオ - ドンキーコング - リンク - サムス - ヨッシー - カービィ - フォックス - ピカチュウ - ルイージ - ネス - キャプテン・ファルコン - プリン
DX クッパ - ピーチ - アイスクライマー - シーク - ゼルダ - マルス - ピチュー - ガノンドロフ - ドクターマリオ - ファルコ - ミュウツー - ロイ - こどもリンク - Mr.ゲーム&ウォッチ
X ピット - ワリオ - ゼロスーツサムス - アイク - ポケモントレーナー ( ゼニガメ - フシギソウ - リザードン ) - ディディーコング - メタナイト - スネーク - リュカ - ソニック - デデデ - ピクミン&オリマー - ルカリオ - ロボット - トゥーンリンク - ウルフ
for むらびと - ロックマン - Wii Fit トレーナー - ロゼッタ&チコ - リトル・マック - ゲッコウガ - Miiファイター - パルテナ - パックマン - ルキナ - ルフレ - シュルク - ブラックピット - クッパJr. - ダックハント - リュウ - クラウド - カムイ - ベヨネッタ
SP インクリング - デイジー - リドリー - シモン - リヒター - クロム - ダークサムス - キングクルール - しずえ - ケン - ガオガエン - パックンフラワー - ジョーカー
悪魔城ドラキュラシリーズ
ファイター シモン:SP - リヒター:SP
ステージ ドラキュラ城
アイテム 死神の鎌
アシストフィギュア アルカード
ボスキャラ ドラキュラ伯爵:SP
音楽 悪魔城ドラキュラシリーズの音楽の一覧