【おしらせ】スマブラ for 3DS/Wii UまとめWikiはシリーズ全体を統括するサイトに拡張しました。
現在各ページを『スマブラfor』からシリーズ全体に拡充するための総合化の編集をしております。
詳しくは、大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U まとめWIKI・シリーズ統合Wiki化‎をご覧ください。

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
スキから転送)
移動先: 案内検索

(公式での記述は「スキ」)は、キャラクターが自ら起こしたアクションによって無防備になっている時間のこと。

前隙と後隙[編集]

ワザや緊急回避などの動作が始まってから攻撃判定無敵が発生するまでの時間を前隙、発生したそれらが完全に消失してから行動可能になるまでの時間を後隙と呼ぶのが一般的である。他にも前隙には「かまえ」、後隙には「フォロースルー」「戻り」などの呼び方がある。公式サイトやスマちしきでは前後の隙によって名称を使い分けることはせず、「スキ」で統一している。

ワザの前隙はそれが発生した瞬間からキャラクターが待機状態とは大きく異なるポーズを取る。これは、キャラクターが今から攻撃を仕掛けようとしていることを視覚的にわかりやすくすることで、対戦相手の回避動作を促すためである[1]

後隙のポーズも待機状態とは大きく異なるものになっている。これは、キャラクターの動作は続いておりまだ操作できる状態ではないということをプレイヤーに示すためである[1]

基本的に、威力が低い攻撃は前後隙のどちらか或は両方が短く、威力が大きい攻撃は隙も大きい傾向になっている。

後隙終了後のモーション[編集]

多くの技は後隙が終了してもすぐに待機時のポーズになるわけではなく、後隙終了後の姿勢からなめらかにモーションを取って立ち状態へ戻る。後隙終了後のモーション中は基本的に任意の行動を開始できるので後隙に含めないのが一般的だが、次のような例外もある。

  • アシストフィギュアを持っていると、完全に立ち状態に戻るまで行動できない。
  • 下強攻撃の中には後隙終了後、立ち状態ではなくしゃがみ状態に移行するものがある。
    • 例えばゼロスーツサムス (3DS/Wii U)の下強攻撃は足払いをしてから一回転するまでが後隙で、ハンドガンを持った手を地面につけてしゃがみポーズになるまで姿勢の変化が続く。
    • しゃがみへの移行モーション中はしゃがんでいる扱いになっていて、しゃがみから直接出せない向き反転は行うことができない。

着地隙[編集]

キャラクターが着地したときに発生する隙を着地隙と言う。

通常着地隙[編集]

小着地隙と大着地隙。

何もせずに着地した場合でも僅かな隙である通常着地隙が発生する。

『スマブラ64』、『スマブラX』、『スマブラfor』では、通常着地隙は遅い落下速度で着地した時に発生する小着地隙と、速い落下速度で着地隙したときに発生する大着地隙がある。『スマブラDX』では常に一定の通常着地隙が発生する。ファイターの取るモーションや、着地時の土煙のエフェクトの大きさ、効果音が大・小で異なる。カービィ (3DS/Wii U)は大着地隙だと星が出るので区別がつきやすい。

小・大の着地隙が決まる落下速度のしきい値はファイターによって異なる。多くの場合、平地で小ジャンプすると小着地が発生し、大ジャンプすると大着地が発生する。平地で小ジャンプをしたとしても、急降下をした場合は落下速度が速くなるので、多くのキャラクターは大着地隙を発生させることになる。

『スマブラfor』では、小ジャンプから急降下をしても小着地隙のしきい値を越える前に着地できるファイターがいる。

ショートジャンプのどのタイミングから急降下をしても大着地隙にならないファイター
クッパjr., ゼルダ, シーク, ゼロスーツサムス, ダックハント, むらびと, ロックマン
ショートジャンプから少し早めに急降下しても大着地隙にならないファイター
クッパ, ディディーコング, フォックス, ゲッコウガ, ロボット

ワザの着地隙[編集]

空中攻撃、空中緊急回避、一部の必殺ワザの動作中に着地すると、それと同時にそれまでの動作は中断され、固有の着地隙動作に切り替わる。『スマブラ64』、『スマブラDX』では、ワザの着地隙が生じる直前にシールド入力をすると着地キャンセルがおき、着地隙を減らすことができる。

ピカチュウ (3DS/Wii U)の下空中攻撃など、一部のワザは着地隙発生と同時に攻撃判定が出る着地攻撃を持つ。

オート着地キャンセル[編集]

空中攻撃と必殺ワザの中には、その動作中に着地しても固有の着地隙が発生せず、#通常着地隙の大着地隙が発生するだけのものがある。前隙のオート着地キャンセルではディディーコングの下空中攻撃がわかりやすい。ワザが始まってから攻撃判定が発生するまで長い時間がかかるが、それまでに着地しても固有の着地隙が発生しない。後隙ではフォックス (3DS/Wii U)の後空中攻撃がわかりやすい。後空中攻撃の全体動作は長く、大ジャンプ直後に繰り出しても着地するまで続くほどだが、オート着地キャンセル受付は蹴り終わった直後から始まるため、ショートジャンプの頂点付近からワザを繰り出した場合でも、固有の着地隙が発生しない。前者には単純にフェイントとしての利用方法の他、ダメージ落下をしているときに着地をしたいが受け身は取りたくない・ダウンしたくもない・空中攻撃などを出して着地隙を晒したくもない、といった場合に、着地隙無しで着地するための選択肢の一つとなる。

しりもち落下の着地隙[編集]

しりもち落下の最中に着地した場合、大きな着地隙が発生する。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 桜井政博のゲームについて思うことDX 4ページ