【編集に関するおしらせ】編集に参加する際には、大乱闘スマッシュブラザーズWiki:編集ガイドライン‎をご確認ください。

【編集に関する重要なおしらせ】ファイターページの編集を円滑にするため、編集者のご協力をお願いします。
詳しくは、大乱闘スマッシュブラザーズWiki:編集ガイドライン/ファイターページの編集‎をご覧ください。

ダンバン

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
移動先: 案内検索
ダンバン
ダンバン (ゼノブレイド).png
『ゼノブレイド』のダンバン
シンボル ゼノブレイド.png
出典ゼノブレイドシリーズ
デビューゼノブレイド(2010年6月10日/Wii)
スマブラへの出演スマブラforスマブラSP

ダンバン(Dunban)は、『ゼノブレイド』に登場するキャラクター。


大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ[編集]

シュルクの要素として[編集]

『スマブラfor』のシュルクの最後の切りふだで登場するダンバン。

シュルク最後の切りふだ「チェインアタック」で登場する。日本版での声は、堀川りょうによる原作で収録された音声を使用している。

Miiファイターコスチューム[編集]

『スマブラfor』のダンバンのコスチューム。

『スマブラfor』で、Mii 剣術タイプ用のダンバンの帽子と服が追加コンテンツとして販売された。『スマブラSP』では本編内に収録されている。

フィギュア[編集]

[3U フィギュア名鑑] ダンバン
巨神界への侵攻を食い止め英雄とされる人物。シュルクと同じホムス族の男。機神兵との戦いで神剣モナドを使って負傷し、右腕がマヒしている。
仲間思いで面倒見もよく、シュルクはダンバンを兄のように慕う。シュルクの最後の切りふだで現れると、リキを加えた3人で相手を囲い込み、アーツと呼ばれる技で大ダメージを負わせる。
  • (Wii) ゼノブレイド (2010/06)

原作[編集]

シュルクの前にモナドを使っていた人物で、多くの機神兵を倒した功績から英雄として称えられ、彼の人格も相まってみんなもとても信頼し、頼りにしている。
年相応に落ち着いて見えるが根っこは好戦的な熱血漢であり、戦友のディクソンからはイノシシ呼ばわりされている。
しかし、適任者でなかったがゆえにモナドを無理やり使用したせいで体への負担が尋常ではなく、無理に使った結果、利き腕が負傷し、不随となっている。
妹であるフィオルンの事を大切に思っており、シュルクの事も大事にしてる。また、フィオルンを嫁に出すならシュルクにと心に決めている程である。
しばらくは療養生活に入っていたが、機神兵の襲撃により、再びモナドを用いて戦場となったコロニー9でシュルク達を助けるが、やはり無理があったのか途中で倒れ伏して吐血してしまう。
だがシュルクが自分では負担なしで扱うのが無理だったモナドを無理なく扱ってるのを見て、奮闘。刀に持ち替えてコロニー9を守ろうとする。
しかし結果が実らず、黒いフェイスに妹のフィオルンを殺害され、当初は諦めていたかのような振る舞いを見せていたが傷を癒すことに専念し、後にシュルクの復讐の旅に加入する。
一見、一時加入以外のパーティメンバーの中では一番の年長者と思われるが、意外な事に一番はリキの40歳で彼は30歳で二番目である。

シュルクにモナドを譲渡した直後と再加入時は刀を振るって戦い、利き腕でないにも関わらずその戦闘力は殆ど衰えていない。戦闘では高い攻撃力で敵の注意を引き付け回避で耐える、所謂回避タンクの役割を担う。
ゼノブレイドでは防具を付けると素早さ(回避率と命中率に影響)が下がる上、彼のスキルに「防具未装備時に素早さが大きくアップ」というハイリスクハイリターンなスキルが存在する。
そのため、上記のキャラ性能と役割が相まって、海パン一丁の半裸で戦わせるプレイヤーも多い。


ゼノブレイドシリーズ
ファイター シュルク:for/SP
ステージ ガウル平原
アシストフィギュア リキ
ステージ出演 黒いフェイス
その他の出演 ダンバン - リキ - フィオルン - レックス - ニア
音楽 ゼノブレイドシリーズの音楽の一覧