【おしらせ】URLが変わりました。早めにブックマークの変更をお願いします。

ベクトル

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U まとめWIKI
移動先: 案内検索
執筆の途中です この項目「ベクトル」は、まだ書きかけの項目です。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています。

ベクトルは攻撃が持つパラメータの一つで、相手をふっとばす角度に影響する。ベクトルが70なら70度の角度でふっとばす。なお、実際にはふっとび補正の影響によって、それとは少し異なる角度でふっとぶことになる。

攻撃の中には、ヒットするとその箇所から光線のようなエフェクトが走るものがあるが(致命エフェクトのことではない)、これの角度はベクトルと同じである。ただし、後述する特別なベクトルの場合は、エフェクトは0度に走る。

特別なベクトル[編集]

ベクトルには361以上の値が設定されてあることがある。

361[編集]

低いふっとばし力だと0度でふっとばし、高いふっとばし力だとやや斜め上(地上・空中で僅かに異なる)にふっとばす。ファイターのワザで最も多く設定されてあるベクトルである。

英語圏では“Sakurai angle”という呼び名で浸透している。その理由は、361ベクトルのワザは弱いふっとばしのときは0度になるため、低確率でヒットした相手を転倒させる可能性を持つのだが、その転倒が英語圏の一部のユーザーからはSakuraiと呼ばれているためである。

365~367[編集]

オートリンク (Autolink) と呼ばれており、ヒットした相手をワザの使用者の移動方向と同じ角度でふっとばす。また、ふっとばし力はワザの使用者の移動速度の影響を受け、速く動いているほど強くふっとばす。これが設定されてある連続ヒットワザは、上下左右に激しく動きながら繰り出してもヒットしているキャラは使用者に引っ張られるようにふっとんでいくため、最後までヒットさせやすい。

過去作ではオートリンクによるふっとばし力は弱く地味な存在だったが、スマブラforからはふっとばし力が大きく増したため、連続ヒットワザを最後までヒットさせやすくなっただけでなく、急降下しながら当てることで疑似メテオができたりなど、使い勝手が良くなり、重要な存在になっている。

オートリンクのふっとばし力は使用者の移動速度の影響を受けるが、ふっとび硬直は他のベクトルのワザの場合と同じだけある。このことも連続ヒットワザを最後までヒットさせやすくするのに一役買っている(あまりふっとばさずに長い硬直だけを与えることができるため)。

このベクトルによる地上メテオ(地上で受けるメテオ)はバウンド前の受け身がとれない。なお、倒れふっとびさせられるものは少なく、そのどれもが倒れふっとびさせるには極めて高い%が必要である。

365
地上・空中どちらにいる相手にもヒットするとオートリンクになる。
ゲッコウガの後空中攻撃(最終段以外)の先端や、ネスの上必殺ワザ2「貫通PKサンダー」の体当たり(最終段以外)などにこのベクトルが設定されている。
366
地上の相手にヒットした場合は斜め上にふっとばすが、空中にいる相手にヒットした場合はオートリンクになる。また、僅かにワザの使用者の中心方向へのふっとばし力が加わる。
オートリンクベクトルのワザの殆どはこの366ベクトルである。
ゲッコウガの上空中攻撃(最終段以外)などにこのベクトルが設定されている。
367
地上・空中どちらにいる相手にもヒットするとオートリンクになる。また、366ベクトルと同じようにワザの使用者の中心方向へのふっとばし力も加わる。
ファルコリュカのニュートラル空中攻撃(最終段以外)、Mr.ゲーム&ウォッチの横必殺ワザ3「連撃ジャッジ」(最終段以外)などにこのベクトルが設定されている。

備考[編集]

  • 362~364ベクトルは今作ではまだ見つかっていない。
  • 更新データVer1.0.3にて、オートリンクによるふっとばし力が少し低下された。
  • オートリンクの、"ふっとばし力は使用者の移動速度の影響を受けるが、ふっとび硬直は他のベクトルのワザの場合と同じ"という性質のため、例えば高%のときに空中でゲッコウガの後空中攻撃で疑似メテオをされたキャラクターは、ふっとびが停止した後もしばらく操作できないままゆっくり落下していくといった現象が起きる。

関連項目[編集]