【おしらせ】スマブラ for 3DS/Wii UまとめWikiはシリーズ全体を統括するサイトに拡張しました。
現在各ページを『スマブラfor』からシリーズ全体に拡充するための総合化の編集をしております。
詳しくは、大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U まとめWIKI・シリーズ統合Wiki化‎をご覧ください。

モデル替えキャラ

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
移動先: 案内検索
ピットを基にしたモデル替えキャラのブラックピット

モデル替えキャラとは、あるファイターのモデルを基に制作されたファイターを指した用語。俗称はコンパチ。海外での通称はClone

スマブラSP』では公式により、ダッシュファイター(英名: Echo Fighter[1])というモデル替えキャラに変わる概念が登場した。ダッシュファイターの定義はモデル替えキャラとは少し異なる(詳しくは後述)。参戦ナンバーは、基になったファイターの番号の後ろに「′」記号[2][3]が付けられ、通常とは扱いが異なる意味のカウントがなされる。

モデル替えキャラは、基本的には既存のファイターの骨格や動きを流用し、ワザのダメージ量や吹っ飛びの強さなどのデータや、体格を調整することによって、低労力で制作できてかつ、基になったキャラとは違う特徴を作り出せるといった利点がある。

ちなみに、キャラクターの個性が強く出るアピール待機モーション勝利演出はほぼ専用の物が用意されている。

なお、これらのファイターは一体でも多くのファイターを出すことを目的として制作された、サービスとしての意味合いで実現できるものであり、全てカットしたとしても新規のファイターは1体も増やせないとされている(詳細はファイター#キャラクターの選定にて)。

モデル替えキャラの定義[編集]

モデル替えキャラは前途の通り、他のファイターのモデルを共有・流用して制作されたものを指す言葉だが、トゥーンリンクなどのように、モデル替えではないが、元のファイターでのノウハウを再利用して制作された、モデル替えキャラと同じ制作理念で作られたと思われるファイターもいる。以下の#モデル替えキャラの一覧とその変遷ではそれらのファイターについても触れる。ただし、『スマブラfor』以降の色変えによってキャラクター自体が変わるものについては、性能やモーションそのものに一切変化はないため、ここでは例外とする。

モデル替えキャラとして初登場したファイターが次回作でも登場する場合、専用のモデルで新しく制作される(ルキナブラックピットを除く)。ただし、ワザのモーションに関しては完全に変わる訳ではなく、その当時の名残を残したワザも多い。

モデル替えキャラの一覧[編集]

  • スマブラ64』のキャプテン・ファルコンとネスとプリン、『スマブラDX』のガノンドロフ以外は、いずれも同じシリーズのキャラ、または原作における関連性が深いキャラという繋がりがある。

ニンテンドウオールスター! 大乱闘スマッシュブラザーズ[編集]

マリオ (64)を基にしたルイージ (64)サムス (64)を基にしたキャプテン・ファルコン (64)マリオ (64)を基にしたネス (64)カービィ (64)を基にしたプリン (64)の4体の隠しキャラクターが該当する。しかし、ルイージ以外の3体はモデルこそ共有しているものの、流用されたワザは多くなく、大半は独自の物である。そのためコンパチと明確に呼べる仕様のファイターは2体しかいない。

モデル替えキャラ 基になったキャラ 主な違い
ルイージ (64) マリオ (64) ダッシュ攻撃と下強攻撃以外はすべて同じモーション。必殺ワザに違った特性を持つ。
プリン (64) カービィ (64) 流用された通常攻撃は他より少し多い。必殺ワザは全く異なる。

大乱闘スマッシュブラザーズDX[編集]

モデル替えキャラ 基になったキャラ 主な違い
ドクターマリオ (DX) マリオ (DX) 一部のワザの性質が異なり、火力はあるが追撃しにくい。復帰力もやや心許ない。
こどもリンク (DX) リンク (DX) 体が小さいため軽くて吹っ飛びやすく、火力もない。また剣先が非常に弱く、体の小ささも相まって接近戦は不得手。そのぶん運動能力が高く、蹴りワザや飛び道具に優れている。
ファルコ (DX) フォックス (DX) ジャンプの高さに優れ、落下速度が早い。そのため横の動きに優れるフォックスに対し、縦の動きに優れる性能。また体格がやや大きめで、リーチにも優れる。
ピチュー (DX) ピカチュウ (DX) 電気系の攻撃で自傷ダメージを負ううえ、決定力もなく体重も最も軽いと公式で最弱とされるファイター。ただし体躯の小ささや機動力の高さに加え、着地隙が飛び抜けて小さいという強みがある。
ガノンドロフ (DX) キャプテン・ファルコン (DX) 非常に重く、殆ど全てのワザが決定打になるパワーファイターと化している。そのぶん、機動力は全キャラ中最低クラスでシビアな立ち回りを要求される繊細かつ豪快なモデル替えキャラ。
ロイ (DX) マルス (DX) マルスと違い、剣先より根元に優れる。また空中ワザが弱い・体が軽いなど、基本性能が元ファイターよりかなり低めになっているが、横スマッシュ攻撃や必殺ワザが高性能と、爆発力は高め。

大乱闘スマッシュブラザーズX[編集]

モデル替えキャラは存在しないが、トゥーンリンク (X)ウルフ (X)リュカ (X)は、それぞれリンク (X)フォックス (X)ネス (X)とほぼ同じ必殺ワザを使う。性能は違っており、通常攻撃もほとんど異なる攻撃アクションを取る。

リュカについては、最初はネスのモーションを移殖してからオリジナルのアクションの制作が進められていたことが語られている[4]

大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U[編集]

開発者によると、元々カラーバリエーションとして制作が進められたもので、途中でバランス的な個性がついたために独自のファイターとして制作されたことが語られている[5]

モデル替えキャラ 基になったキャラ 主な違い
ドクターマリオ (3DS/Wii U) マリオ (3DS/Wii U) 『スマブラDX』のコンセプトを突き詰め、ワザの持続に優れる鈍足高火力のファイターになった。マリオの一部のワザは『スマブラX』で変更されたが、こちらは当時と同じワザを使う。
ブラックピット (3DS/Wii U) ピット (3DS/Wii U) 攻撃ワザは一部を除きほぼ同性能。全体的に弱体化が目立つが、横必殺ワザだけは大幅に強化されている。最後のきりふだのみが別物のワザとなっている。
ルキナ (3DS/Wii U) マルス (3DS/Wii U) 剣の判定がマルスと異なり、どこで当てても威力が変わらない。また、マルスより体格がやや小さく、剣も短い。通常・下必殺ワザは性能自体は同じだが、独自のモーションが用意されている。

ワザ以外の基礎的なモーションは殆ど元ファイターと同じだが、この3人のうちドクターマリオだけは唯一待機モーションに手が加えられている。

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL[編集]

[icon] この節の加筆が望まれています。
ピーチのダッシュファイターであるデイジー

これまでゲーム内で明確にモデル替えキャラが区別されたことはなかったが、ダッシュファイターという概念が登場し参戦ナンバーに含まないなど大きく区別されるようになった。

任天堂公式サイトによると、「ダッシュファイター」は攻撃力やふっとばし力、歩行・走行速度、ジャンプ力、重さなどの基礎パラメーターが、オリジナルファイターに対してほぼ同じとされている。
また、開発者によると基本的な体術が他ファイターを基にしているとのことなので、基本的な性能に大きな差異は見られない。とはいえモーションが完全に同じというわけではなく、一部のワザのモーションや性能が異なったり、基礎モーションが異なる等の違いもある。
また、アピールや勝利演出に関しては全て専用のものが与えられる。

今までのモデル替えキャラとは異なり元のファイターと使用感に大きな差が出ないようすることが念頭に置かれており、ファイター選択画面では元のファイターと同じマスに集約することができるようになっている。

ダッシュファイター 基になったキャラ 主な違い
ブラックピット (SP) ピット (SP) 通常・横必殺ワザの性質が変化。横必殺ワザには電撃属性も付与された。また、最後の切りふだも性能は全く異なる。
ルキナ (SP) マルス (SP) 通常・下必殺ワザが独自モーション。剣の判定がマルスと異なり、どこで当てても威力が変わらない。剣がやや短く、体格も小さい。体格の関係で攻撃判定が異なるほか、復帰・回避・ダッシュ攻撃の距離がわずかに短く、歩き・走行モーション等にもやや差異がある。
デイジー (SP) ピーチ (SP) 前空中攻撃の判定が小さい。また待機モーションに加え、ワザのエフェクトが違う事も確認されている。
リヒター (SP) シモン (SP) 横スマッシュ攻撃のモーションがわずかに異なるほか、下必殺ワザが波動属性に変更されている。元からダッシュを想定して作られているので、モーションは原作の二人のものが混ざっている。基礎的なモーションは同じだが、待機モーションだけは異なる。
クロム (SP) ロイ (SP) 立ち・待機・逆手のワザモーションが全て変更。各ワザの炎属性も削除された。上スマッシュの仕様が異なるほか、上必殺ワザと最後の切りふだは独自モーション。剣の判定がロイと異なり、どこで当てても威力が変わらない。
ダークサムス (SP) サムス (SP) 多くの基本モーションが一新。エフェクトや各演出も全く異なる。ワザモーションも殆どが脱力したものに改変されている。また、数多くのワザに電撃属性が付与されている他、横必殺ワザや最後の切りふだの性能も異なる。

この中で、待機や走行などの基礎的なモーションが元ファイターと全く同じなのはブラックピットのみ。
旧作でモデル替えキャラだったこどもリンクとピチューは体格や運動性能がはっきりと異なるため、「ダッシュファイター」の定義から完全に外れている。また、基になったファイターの方がシリーズを重ねるごとが変化しているため相対的に差別化点も増えている。

ドクターマリオに関しても、ワザの性質や基礎の運動性能に大幅な差異があるため「ダッシュファイター」の定義には当てはまらない。また、今作では下空中攻撃や横必殺ワザにも新たなモーションが与えられており、よりマリオとの差別化が進んだと言える。

備考[編集]

  • 『スマブラDX』のキャラクターセレクト画面では、各キャラに対応したモデル替えキャラがその隣に配置されている。
  • 『スマブラfor』のキャラクターセレクト画面では、モデル替えキャラはゲームシリーズ順ではなく、任天堂のゲームシリーズとサードパーティ制作のゲームシリーズの間に配置されている。
  • 謎のザコ敵軍団謎のMii軍団、『スマブラDX』のマスターハンドクレイジーハンド、『スマブラX』までのギガクッパもモデル替えキャラの一種と見なすことができる。
  • 『スマブラDX』では、ワリオをマリオのモデル替えキャラとして制作することはできたとの開発者の発言がある[6]
  • Miiファイターが使うワザの多くは、他のファイターに似た攻撃を使う。ただしモーションや性質は異なっている。

脚注[編集]

  1. 「Echo」とは反響や模倣という意味の英単語。
  2. 「′」記号は、一般的にはプライム記号と呼ばれており、数学的には例としてとある要素"A"に類似するものをA′のように表記して表現する。
  3. 海外では「Echo」の頭文字を取った「ε」(イプシロン)が用いられている。
  4. 『週刊ファミ通 2008年2月29日増刊号』 直撃!!桜井政博さんインタビュー 新規参戦キャラクターについて聞く 後編
    “リュカはネスの強化版というか。まずはネスのモーションをどんどん移植して、時間があったら専用の動きを作る予定でした。ですがモーションデザイナーの努力もあって、いろいろと違うワザを織り込むことができました。”
  5. 桜井政博のゲームについて思うこと VOL.463
  6. 速報スマブラ拳!! : アンケート集計拳!!

外部リンク[編集]