【編集に関するおしらせ】編集に参加する際には、大乱闘スマッシュブラザーズWiki:編集ガイドライン‎をご確認ください。

【編集に関する重要なおしらせ】ファイターページの編集を円滑にするため、編集者のご協力をお願いします。
詳しくは、大乱闘スマッシュブラザーズWiki:編集ガイドライン/ファイターページの編集‎をご覧ください。

リドリー (SP)

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
移動先: 案内検索
加筆訂正願います この項目「リドリー (SP)」は、まだ閲覧者の調べものの参照としては役立たない書きかけの項目です。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています。
曖昧さ回避 この項目では、『スマブラSP』のファイターとしてのリドリーについて説明しています。このキャラクターの原作での活躍、アクションの元ネタなどについては「リドリー」をご覧ください。
リドリー
公式絵 SP リドリー.png
シンボル メトロイド.png
出典メトロイドシリーズ
種類アンロックキャラクター
参戦ナンバー65

リドリー(Ridley)は、『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』に登場するファイター。参戦ナンバーは65。

ワザ目次

弱攻撃
ダッシュ攻撃
横強攻撃
上強攻撃
下強攻撃
横スマッシュ攻撃
上スマッシュ攻撃
下スマッシュ攻撃
ニュートラル空中攻撃
前空中攻撃
後空中攻撃
上空中攻撃
下空中攻撃

つかみ
つかみ攻撃
前投げ
後投げ
上投げ
下投げ
通常必殺ワザ
横必殺ワザ
上必殺ワザ
下必殺ワザ
最後の切りふだ
おきあがり攻撃
ガケのぼり攻撃
アピール


解放条件[編集]

ファイター性能[編集]

本作中トップクラスの体格(これでも本来の設定よりは小さい)を持つ大型ファイター。
リーチや攻撃力はその体格に見合っただけのものがあり、体重も重量級とまではいかないものの比較的重い部類。機動力に関しても、全ファイター中でも上位の方に位置する走行速度、移動距離に長けた複数の復帰ワザ、2回まで可能な空中ジャンプと、及第点かそれ以上のものが一通り揃っている為、地上・空中の移動や復帰距離自体に、不自由さやストレスを感じる事はそう無いだろう。
難点はその並外れた体格からくる喰らい判定の大きさに集約され、特にコンボや復帰阻止への耐性に関しては、あまりに看過出来かねる問題を抱えている。加えて、パワーとスピードこそ不足ないものの、大型重量級らしくワザは大振りで隙が目立つものが少なくない為、適切に回避され反撃に転じられやすい。
また、4人以上の乱闘では大きな図体が良い的にされ易く、他の大型の重量級ファイターに比べ攻撃範囲の広いワザに欠ける事もあり、乱戦に切り込んで豪快に撃墜を稼ぐ動きが難しい。そういう意味では、どちらかと言えば1on1が本分のファイターと言えるかもしれない。

  • 長所
    • 全体的なワザの威力が、重量級にも引けを取らない程高い。比較的少ない手数で相手を撃墜圏内まで追い込める。
      • 運用が極めて難しい分、上手く当てれば単発で50%ものダメージを与える#下必殺ワザ「デススタッブ」による、ダメージレースの一発逆転も狙え得る。
    • 走行速度が速い。準重量級の中では元より、全ファイターの中でも10本の指に入る程の速さ。
    • 空中ジャンプが2回まで可能な為、空中ジャンプ潰しや着地狩りに多少なりとも耐性があり、抗え得る。
    • 準重量級と呼ぶに値する標準以上の体重を持つ。サムスよりほんの僅か軽いぐらいの重さなので重量級・最重量級と比べると流石に見劣りするが、後述の復帰力のお陰で、機転次第では比較的粘り強く戦え得る。
    • 高火力で反射に強く、更に復帰阻止にも長けた優秀な飛び道具、#通常必殺ワザ「リドリーブレス」を持つ。復帰が苦手なファイターは、復帰中にこれを崖上から放たれるだけでも苦戦を強いられるはず。
    • つかみ判定、引きずりの威力と強制力、投げのふっとばし、どれをとっても光一な#横必殺ワザ「グラビングスクラッチ」を持つ。前後隙こそリスキーで心許ないものの、ヒットに成功すれば試合序盤から終盤まで、一貫して多量のリターンが見込める。
    • 多段ジャンプ、しりもち落下に移行せず横の移動距離を稼げる#横必殺ワザ、方向指定は限られるが移動距離は割方申し分ない#上必殺ワザ「リドリーチャージ」のお陰で、単純な復帰距離自体は全ファイターの中でもそこそこ長く、トップクラスとまではいかずとも秀でている部類。
  • 短所
    • 身体(=やられ判定)が全ファイターの中でも一二を争う程巨大で、(両プレイヤーの実力差にもよるが)相手の攻撃を回避しきる事が特に不得手。加えて暴れや切り返しに優れたワザも持たず、復帰に用いるワザも安定性に欠け妨害にも弱い為、コンボ耐性や復帰阻止耐性は下層に位置する低さと言わざるを得ない。
      • これは即ち相手の連携から微塵も抜け出せないまま、試合開始早々に被撃墜となる危険性が高いという事であり、端的に纏めるなら、体重こそ準重量級に匹敵するが、技の喰らい易さと相手の攻めに対する切り返し力の不足振りを考慮すると、総合的な耐久力は標準より高いとは言えない。
    • 重量のある大型ファイターにしては、攻撃範囲が直線的で狭小なワザばかりな為、死角が生まれ易く突かれ易い。随一級の巨体も相まって一方的な攻めを許してしまいがち。
      • また乱戦の場合、袋叩きから抜け出す事が非常に難しい為、極力囲まれない立ち回りに他ファイターより一層神経を注ぐ必要がある。
    • 他の大型ファイターと比べても全体的に隙が大きい(後隙が顕著)ワザが多い。とりわけ空中攻撃の着地硬直が明らかに冗長で、中にはリターンに見合っているとは思い難いワザすら存在する。
    • #上必殺ワザが4方向にしか飛べず、他ファイターの類似ワザに比べ、あまり融通が利かない。ワザ自体の発生や速度の遅さも手伝って容易に動きを読まれてしまう上、こちらも妨害に対し成す術が無い事の方が多いので、復帰阻止には滅法弱い。
    • 大型ファイターにしては、実用的なスーパーアーマーを持つワザや、全身無敵を持つワザを持たないため、強引な力押しが出来ない。乱戦では攻撃を阻止されることも珍しくない。
    • 通常必殺ワザには溜め中に特定の部位を攻撃されると、特殊な判定による固定ダメージを受けるというデメリットがある。溜め時間次第ではダメージ量も甚大な為、(相手の実力や使用ファイターにもよるが)迂闊に使用を試みれば、却って自分の首を絞めかねない。

運動技能[編集]

ジャンプ回数 カベジャンプ カベ張りつき しゃがみ歩き
3 × × ×

更新履歴[編集]

Ver.1.1.0
Ver.1.2.0
Ver.2.0.0
  • ニュートラル空中攻撃
    • 強化ワザを出した後、崖を掴めない時間の短縮。
  • 前空中攻撃
    • 強化ワザを出した後、崖を掴めない時間の短縮。
  • 下空中攻撃
    • 強化ワザを出した後、崖を掴めない時間の短縮。
  • チャージ切りふだ
    • 強化ダメージ増加


ワザ[編集]

  • 与えるダメージの数値は、以下の倍率補正が適用されていない状態の物を記載する。
  • 通常攻撃のワザ名は、公式攻略本より引用。

弱攻撃[編集]

"スクラッチ" → "カウンタースクラッチ" → "バイトオフ" or "サウザンドニードル" → "テイルフィニッシュ"

左手、右手の引っ掻きから噛みつき、または尻尾で百裂攻撃。

  • ダメージ: 2.0% → 1.5% → 5.0% or 0.7%*n+2.0% [1段目→2段目→3段目 or 3段目(百裂攻撃)→百裂フィニッシュ]
  • 発生: 4F-5F → 5F-6F → 4F-5F or 4F (以降3F毎に発生) → 4F-5F [1段目→2段目→3段目 or 3段目(百裂攻撃)→百裂フィニッシュ]
  • 全体: 23F → 26F → 35F or ?F → 45F / 次の段への入力受付: 2F-33F → 百裂: 2F-4F , 単発: 5F-35F
  • ワザ特性: ?
  • 攻撃ボタンを長押しすると自動で最終段まで繰り出す。この場合は百裂攻撃に派生しない。

  • リドリー自体が大きいので射程が長そうに見えるが、実際平均より僅かに射程の長い百裂攻撃。
    • ベヨネッタのように大きく前進する訳では無いので、射程としては僅かな差。
    • しかしながらリドリーにおいて「他キャラの掴みより発生の早い攻撃」は基本これしかなく、近距離で困った時は回避かコレを振るのが定石となる。
      • 逆を言えば、理解している敵はこれを前提に動くため、これに対応したガード、ステップ、ジャンプへの対処をどうするかまでがリドリーの典型的な攻めの課題となる。
  • 3段攻撃派生は、終点中央のマリオを195%から撃墜出来る。

(4枚以上必要な時は画像ギャラリーで入れた方がスペースを取りにくいので良)


ダッシュ攻撃[編集]

"ダッシュバイト"

前方に飛び掛かって噛み付き。

  • ダメージ: 12.0%
  • 発生: 11F-13F
  • 全体: 39F
  • ワザ特性: ?

  • 元々のダッシュ速度も相まって奇襲や着地狩りに向くダッシュ攻撃。
  • 高%帯では十分バーストも狙える。
    • 出始めは、終点中央のマリオを165%から撃墜可能。
  • ただし、ダッシュ攻撃としては判定の持続が短く、リーチ自体も短いため反撃されやすい事には注意が必要。


横強攻撃[編集]

"テイルスピアー"

尻尾を真っ直ぐ突き出す。

  • ダメージ: 13.0%/10.0% [先端/先端以外]
  • 発生: 10F-11F
  • 全体: 32F
  • ワザ特性: ?
  • シフト対応。
  • 先端は切り裂き属性、先端以外は打撃属性のヒットSEが鳴る。

  • #下強攻撃程ではないがリーチに長ける横強。
  • 発生こそ多少遅いものの、全体F数は短く牽制に適している。
    • ただし判定の持続は短いので回避には弱い。相手に合わせて間合いを調節して対応しよう。
  • 高%相手の先端ヒットはバーストも狙える。
    • 終点中央のマリオを160%から撃墜出来る。先端以外は215%必要。


上強攻撃[編集]

"ウイングスライサー"

翼を後から上へ振るう。

  • ダメージ: 9.0%/7.0% [先端/先端以外]
  • 発生: 8F-12F
  • 全体: 29F
  • ワザ特性: ?

  • エフェクトより僅かに攻撃範囲が狭いので注意(特に上方)。
  • 前方は弱攻撃初段より有効距離は短いものの、地上の低身長キャラにも当たる(しゃがまれると当たらない)。
  • 後方も高身長キャラなら密着していなくても当たる。マリオ程度の身長のキャラになると密着しても当たらない。
  • 前方出始めは、終点中央に立つマリオを170%から撃墜出来る。


下強攻撃[編集]

"テイルバッシュ"

足元を尻尾で払う。

  • ダメージ: 9.0%/6.0% [先端/先端以外]
  • 発生: 9F-11F
  • 全体: 30F
  • ワザ特性: ?

  • 攻撃判定はエフェクトより僅かに外側にもあり、リドリーのワザの中ではかなりリーチが長め。発生はわりと早く、後隙も少ないので優秀。
  • ヒットすると軽く浮かせられるのでニュートラル空中攻撃や前空中攻撃で追撃を。根本でヒットさせれば、7.0%以内なら上シフトの横強攻撃や上強攻撃が繋がる。
  • リーチも発生も十分優秀でダッシュから滑りながら出せるため、相手の間合い外からガンガン振っていける。
  • 先端出始めは、終点中央のマリオを185%から撃墜出来る。


横スマッシュ攻撃[編集]

"バークエクスプロージョン"

口元で爆発を発生させる。

  • ダメージ
    • 【ホールドなし】 20.0%
    • 【ホールド最大】 28.0%
  • 発生: 18F-21F / ホールド開始: 5F
  • 全体: 53F
  • ワザ特性: ?

  • 準重量級に相応しいダメージの高さとふっとばし力を持つスマッシュ攻撃だが、殆ど踏み込まないためかリーチは意外と短い。派手な爆発エフェクトを過信すると外してしまうこともある。
  • ダッシュ反転などから使っても滑らない。間合いの調節には注意。
  • 出始めは、爆発の部分を問わず、終点中央のマリオを80%から撃墜出来る。


上スマッシュ攻撃[編集]

"エアキック"

縦回転で上方を足を使って切り裂く。

  • ダメージ
    • 【ホールドなし】 17.0%
    • 【ホールド最大】 23.7%
  • 発生: 12F-16F / ホールド開始: 6F
  • 全体: 47F
  • ワザ特性: ?
  • 後→上→前と回る。
    • 後方は中身長以上のキャラなら当たる。前方は高身長キャラ以外には当たらない(見た目程は攻撃が持続していない)。

  • ふっ飛ばし力が高い割に発生は早め。上方へのリーチも長めのため、すり抜け床の上にいる相手への攻撃手段として使いやすい。
  • 発生が早いのはあくまで後方向なので、使用の際は反転上スマを心がけよう。
  • リドリーの対空の要。斜め上までしっかり判定が強く、反転・非反転を使い分ければ多くの空中攻撃に打ち勝てる。
  • 後方出始めは、当てる部分を問わず、終点中央に立つマリオを110%から撃墜出来る。


下スマッシュ攻撃[編集]

"ウイングプレス"

足と翼で地面を叩きつけ衝撃波で攻撃。

  • ダメージ
    • 【ホールドなし】 16.0%
    • 【ホールド最大】 22.3%
  • 発生: 24F-27F
  • 全体: 58F
  • ワザ特性: ?
  • 相手を真上にふっ飛ばす。

  • 非常に広い範囲の前後を攻撃でき、接近拒否としてはそこそこ優秀。だが、発生が遅いので読まれると簡単に防御からの反撃が間に合ってしまう。
  • 攻撃前に軽く飛び上がるため、打点の低い攻撃やつかみをすかせたりする。
  • このスマッシュ自体も羽を振り下ろす見た目に反して打点が低く、同キャラ戦ではこのスマッシュをこのスマッシュの飛びあがり部分で回避できる程。
    • なので着地取りには全く向かない。
  • 前後共に、当てる部分を問わず、終点中央のマリオを105%から撃墜出来る。


ニュートラル空中攻撃[編集]

"リドリースピン"

宙返りし、尻尾で下から前を通って後方までを攻撃する。

  • ダメージ: 12.0%/9.0% -> 9.0%/5.0% [先端/先端以外] [始->持続]
  • 発生: 8F-14F -> 15F-20F [始->持続]
  • 全体: 39F
  • 着地硬直: 12F
  • ワザ特性: ?

  • 小ジャンプと同時に出しても着地隙が生じず、範囲、持続に優れるので小ジャンプしながらこれを繰り返すだけで相手を寄せ付けないことができる。下側なら発生も早いので復帰阻止でも有効。
  • 空中戦ではこれを頼りにする場面は多いが、空Nらしくリーチ自体は長くはないので過信は禁物。
  • 全方位を攻撃するが、後方の攻撃判定は最後に発生する関係上、敵に背後をとられた場合の使用には向かない。


前空中攻撃[編集]

"トリプルスラスト"

素早く三度尻尾で前方を突く。

  • ダメージ: 5.0%*2+7.0% 、計17.0%
  • 発生: 10F-11F , 13F-14F , 16F-17F
  • 全体: 41F
  • 着地硬直: 16F
  • ワザ特性: ?

  • 上下への範囲は狭めだが、出が速く、持続も長めで、ふっ飛ばしは3発目に発生するため、空中戦、復帰阻止用のワザとして使いやすい。リドリーは低めの空中ジャンプを2回行えるため、高度調整もしやすい。
  • リーチがある連続3Hit攻撃である上に、急降下により2Hitで中断も可能なため、ジャスガもしづらい優秀な空前。コンボパーツにも。
  • 唯一の弱点は、巨体の割に膝下部分から真横にしか攻撃判定が出ない事。
    • 敵と攻撃がかち合った場合、同高度で先に出しておかなければまず負けるという仕様。
      • 逆を言えば、同高度で先に出していればまず負けない。大ジャンプ・小ジャンプを使い分け、3Hit攻撃を敵より先に置いておくのがリドリーの空中戦の基本となるだろう。


後空中攻撃[編集]

"ソバット"

後方蹴り。

  • ダメージ: 15.0%
  • 発生: 10F-12F
  • 全体: 43F
  • 着地硬直: 17F
  • ワザ特性: ?

  • スタンダードで頼れる後蹴り。空後らしくバーストも狙える。
    • しかし全体Fや着地硬直で見ると他より多少見劣りする性能で、更に巨体のせいで差し合いでは不利が付く。
    • その割に吹き飛ばし力自体は並の空後。牽制含みでブンブン振っていくべき技ではない。
  • 判定が巨体の足元から出る関係か、小ジャンプからの最速使用で素早く低身長キャラにも当たる。
    • そのためジャンプを多用しない相手へのバースト択として非常に優秀。
  • 出始めは、当てる部分を問わず、終点中央のマリオを135%から撃墜出来る。


上空中攻撃[編集]

"ウイングスタッブ"

両翼を上方へ突き出す。

  • ダメージ: 14.0%/12.0% [先端/先端以外]
  • 発生: 11F-13F
  • 全体: 39F
  • 着地硬直: 14F
  • ワザ特性: ?

  • 攻撃範囲はほぼ青いエフェクト通り(羽より僅かに広い)の真上のみ。
    • 左右への範囲こそ狭いが真上へのリーチは長めで、また先端の方が威力とふっとばしが強いため、浮かせた相手の真下から先端をかすめるように当てていくことを狙えれば、相手の空中攻撃とかち合っても一方的に打ち勝ちやすい。


下空中攻撃[編集]

"ヒールダイブ"

真下へ急降下し踏みつける。

  • ダメージ: 14.0%/12.0% -> 12.0% [始:先端(メテオ)/先端以外 -> 持続]
  • 発生: 11F-18F -> 19F-40F [始(メテオ)->持続]
  • 全体: 55F
  • 着地硬直: 32F
  • ワザ特性: ?
  • 出始めの先端はメテオスマッシュ
  • 動作中はガケつかまりができない。

  • リドリーの数少ないメテオワザだが、左右に移動できない上に急降下の出始めにしかメテオ判定が無いので、場外で狙うのは不可能ではないがあまりにもリスキー。
  • 他のキャラの急降下攻撃と比べて当たり判定が外見通りであり着地攻撃もなく着地硬直も長い。普通に使っても非常にリスクが大きい攻撃。
  • 持続部分は終点中央のマリオを155%から撃墜出来る。出始めのメテオ部分(脚部の先端)以外だと160%から撃墜出来る。


つかみ[編集]

""

片手で掴む。

  • 発生: つかみ: 8F-10F / ダッシュつかみ: 11F-13F
  • 全体: つかみ: 34F/ ダッシュつかみ: 42F


つかみ攻撃[編集]

"つかみテイルニードル"

掴んでる相手を尻尾で刺す。


  • 連発できる割にダメージはそこそこ高い。ニュートラル空中攻撃など同じワザを連発する場面が多いので1発以上は入れておきたい。


前投げ[編集]

"フロントスルー"

相手を片手で前方へぶん投げる。



後投げ[編集]

"ストライクスルー"

相手を後方へ放り投げる。



上投げ[編集]

"バックボーンブレイカー"

相手を上に放り投げて尻尾で追撃。


  • リドリーの投げ技の中で最もダメージが高い。
  • 終点中央のマリオを200%から撃墜出来る。


下投げ[編集]

"ヘッドフリング"

相手を地面に叩き付ける。


  • 終点中央のマリオを185%から撃墜出来る。


通常必殺ワザ[編集]

"リドリーブレス"

軽くバウンドして飛んでいく火の玉を吐く。

仕様[編集]
  • ダメージ [始->持続]
    • 溜め1: 4.5%~4.7% -> 3.5%~3.5%
    • 溜め2: ( 4.8%~5.0% -> 3.7%~3.9% )*2
    • 溜め3: ( 5.1%~5.3% -> 3.9%~4.1% )*3
    • 溜め4: ( 5.3%~5.5% -> 4.1%~4.3% )*4
    • 最大溜め: ( 5.6% -> 4.4% )*5 、計24.0%~28.0%
  • 吸収:
  • 発生
    • 溜め: 16F~42F (自爆判定: 18F~51F)
    • 溜めなし: 29F-58F -> 59F-78F [始->持続]
    • 最大溜め: 56F-85F -> 86F-125F [始->持続]
  • 溜め時間:溜め1: 1F-22F / 溜め2: 23F-27F / 溜め3: 28F-34F / 溜め4: 35F-40F / 最大溜め: 41F-42F
  • ワザ特性: ?
  • ボタンを押している間溜め続けるためワザ。溜めると弾の威力と弾の数、弾速とサイズが上がる。射程は僅かに伸びる。
  • 溜め中に口を攻撃されると自爆ダメージを負う。自爆ダメージは溜め段階によって変わり、最大溜めに近い程大きなダメージになる。
    • 一切溜めなかった場合、自爆判定は出現しない。
解説[編集]
  • 自爆によるひるみは短めなので、相手のワザによってはこちらが先に動ける。
    • 自爆ダメージは受けた攻撃のダメージとは無関係で、またふっとびを完全に無効化するため、強力な攻撃を回避できないときの最後の手段として使えなくもない。
      ただし自爆ダメージそのものは無視できない大きさなので、乱用はできない。
    • ダメージは、最大かそれに近い溜め具合でおおよそ20%超えと、戦慄を禁じ得ない量。
  • 地面が無いと斜め下に向かって落ちていくため、復帰が弱い相手にはこれを連発しているだけで阻止できることも。
  • 地面で跳ねる関係で、球形ステージのマリオギャラクシーなどでは低い弾道で前へ進む。
  • 弾が連射される関係で、吸い込み技には最初の1発しか吸われず、反射技に反射されても次の弾と相殺される。


横必殺ワザ[編集]

"グラビングスクラッチ"

正面に飛び掛って敵を捕まえ、床に押し付けながら思い切り引き摺る。

仕様[編集]
  • ダメージ: 4.0% + 2.0%*n + 7.0%
  • 発生: つかみ: 22F-34F / 引きずり: 11F-16F , 25F- (ヒット間隔: 4F) / 投げ: 2F
  • ワザ特性: ?
  • つかみワザで最後にぶん投げる、暗黒属性のワザ。掴んだ後何も入力しないと、足場の端まで引き摺り続けてそこで投げる。
    • 引きずり中に攻撃、必殺ワザ、ジャンプのいずれかのボタンを押すと、その場で放してふっとばす。その際リドリーはジャンプする。
    • 場外まで地続きのステージでは、バーストラインに触れるとリドリーが先にミスになる。掴まれた相手は、バーストラインの逆側に軽くホップするようにふっとび、撃墜にはならない。
    • 空中で掴んだ場合は急降下し、着地してから引き摺っていく。足場のない場所で掴むと道連れになるが、落下中も放して投げることは可能。
  • 掴まれた相手はレバガチャで脱出可能。脱出された場合、リドリーもその場で止まる。拘束時間は蓄積ダメージの影響を受ける。
  • 引きずり中にも攻撃判定があり、他の相手に当たった場合ささやかなダメージを与えて上にふっとばす。ふっとばし力は300%のマリオでもあまり高くふっとばない程弱い。
  • つかみの範囲は、トレーニングステージの0の赤線の位置から、5の青線の位置に立つマリオを掴めるぐらい広い。
  • 終点中央のマリオを終点右端まで引きずってから投げ飛ばす場合、125%から撃墜出来る。
解説[編集]
  • ガード無効で崖まで運べ、高%ではバーストも狙える大技であるが、外した際は他のキャラの投げ必殺技とは比較にならない程の大きな隙を晒す。
  • 空中で外した場合には隙が小さく、即行動に移る事が可能。
    • また、空中では1回しか使えないが、地上から使って空中に落ちた場合にはもう一度使える。
  • "終点"などでは、崖外から崖際の相手を掴んで崖下で投げれば崖メテオを狙える。
    • 高度にもよるが、崖から1キャラ分ステージ内側に居る相手も崖下へ運ぶ程度には狙える範囲は広い。
      • ただし、ステージ内側の相手を狙って外した場合は、着地する関係で崖外の比にならない隙があるので注意。
    • 崖下で投げるタイミングはある程度自由なので、掴まれた側はいつ崖に当たるか判別しづらく受け身をとり辛い。決まれば非常に強力。


上必殺ワザ[編集]

"リドリーチャージ"

力を溜め、勢いよく突進する。

仕様[編集]
  • ダメージ
    • 前: 16.0%
    • 後: 16.0%
    • 上: 18.0%
    • 下: 15.5% / 着地攻撃: 5.0%
  • 発生
    • 前: 39F-56F (無敵: 翼の先端: 39F-58F)
    • 後: 39F-58F (無敵: 翼の先端: 39F-58F)
    • 上: 37F-60F (無敵: 翼の先端: 37F-60F)
    • 下: 40F-62F / 着地攻撃: 1F-2F
  • ワザ特性: ?
  • 上は真上、前はゆるく斜め下、後ろはゆるく斜め上、下でほぼ垂直の斜め前に向かって突進する。何も入力しないと上へ進む。
  • 地上で使った場合も軽く浮き上がってから溜めを開始し、真下に突進することもできる。
  • 発生や突進速度は遅いが、移動距離は意外に長い方で、威力・ふっとばし力も高め。
  • 前、後方向は地形に壁にヒットすると反対側の斜め上にバウンドする。
  • 下方向は空中の相手にヒットさせるとメテオスマッシュになる。
  • 使用後はしりもち落下になる。
解説[編集]
  • シフト方向が変則的であり、斜め上に進むには進行方向に対して背を向ける必要がある。角度は真横に近く、復帰の際にこれが原因でミスするということは少ないが覚えておいて損はない。
  • 下方向へはメテオがあるが、発生が遅い上にしりもち落下になってしまうため、場外でメテオを狙うのはかなり難しい。
    • 一応下方向に使用した際には着地に衝撃波(着地攻撃)があることや、足場を抜けて降下できること、降下中も崖に捕まれることなどから、崖際では狙える場面はある。
  • 前方向への突進は、終点中央のマリオを120%から撃墜出来る。どの距離から当てても撃墜可能%に影響はない。


下必殺ワザ[編集]

"デススタッブ"

鋭い尻尾を突き出し、先端を当てることができれば大ダメージを与える。

仕様[編集]
  • ダメージ: 先端: 計50% (40.0%+10.0%) / 先端以外: 5.0%
  • 発生: 30F
  • 無敵: クリティカル時: 31F-51F (当たり有り無敵)
  • 全体: 67F
  • ワザ特性: ?
  • 突き出した尻尾の先端がスイートスポットになっている。ヒットするとその場にダウンさせるが、追撃は間に合わない。
    • 空中の相手に当てると軽くふっとばす。
    • 先端をヒットすると必殺ズーム演出が入る。
  • 先端以外ではカス当たりで吹っ飛びも小さい。
    • ダウン中の相手には先端を当ててもカス当たりとなる。
解説[編集]
  • 先端が命中すれば一気に相手を追い詰める事も可能だが、発生はかなり遅く予備動作もわかりやすいものであり、慣れている相手はまずヒットしてくれない。もし外してしまえば隙も大きい。相手の大きな後隙を狙うか、相当先を読む必要があり、慣れない内は無闇に狙わないほうが良い。
  • 威力が大きい分ワンパターン相殺の影響も大きい。そういった意味でも一発必中を心掛けたい。
  • 当てさえすれば確定追撃こそできないものの、「目の前に大ダメージを受けたダウン中の相手が居る」という撃墜チャンスとなる。


最後の切りふだ[編集]

"デストロイビーム"

前方に突進し吹っ飛ばすことでサムスのスターシップにたたきつけ、スターシップごと強力なブレスで爆破する。

仕様[編集]
  • ダメージ: 計70.0% (初撃:15% / ビーム:40% / 終了時:15%)
    • ダメージ(チャージ): ?%
  • 発生: ?F
  • ワザ特性: ?
  • 初撃型で、ヒットするとムービーになる。同時に2体までのファイターを巻き込める。
    • 密着した状態であれば、真後ろの相手にも当たる。
  • ビームでのダメージまでに相手のダメージが100%以上になっていると、即ミスにさせる効果を持つ。
    • 最後の15%分は含まないので、相手のダメージ45%から撃墜できる。
  • 使った場所にかかわらず、当てた相手はステージ中央上方から下に叩き落とされる。中央に穴のあるステージの場合、足場のある場所に叩き落とす。
  • 成功すると演出終了後、ステージ背景に墜落していくスターシップが映る。
解説[編集]
  • 即ミスにする効果があるが、むしろ即ミスでなければほぼ撃墜できない。もし即ミスにならなかった場合はステージ中央に叩き落してしまうため。奈落があった場合はご丁寧に落ちない場所にズラされる。ダメージ自体は非常に大きい。
  • 初撃の突進はかなり速く、直線上にいた場合は切りふだ発動を先読みしていなければ回避は困難。ダメージの溜まっている相手にとってはかなりのプレッシャーとなる。


おきあがり攻撃[編集]

【あおむけおきあがり攻撃】起き上がりながら尻尾で前→後となぎ払う。
【うつぶせおきあがり攻撃】起き上がりながら爪で前→後と引っかく。
【転倒おきあがり攻撃】起き上がりながら後ろは腕で、前は足で攻撃する。

  • ダメージ: 7.0%/7.0%/5% [あおむけ/うつぶせ/転倒]


ガケのぼり攻撃[編集]

ガケを登って引っかく。

  • ダメージ: 10.0%


アピール[編集]

  • 上アピール
    咆哮しながらその場で翼を激しく動かす。
  • 横アピール
    一回転して決めポーズ。
  • 下アピール
    背筋を伸ばして立つ。
上アピール 横アピール 下アピール
リドリー (SP) 上アピール.gif リドリー (SP) 横アピール.gif リドリー (SP) 下アピール.gif


待機モーション[編集]

  • 首を軽く回しつつ上半身を振るわせる。
  • 顎に手を当て、軽く思案するようなしぐさ。翼も軽く動かす。
リドリー (SP) 待機モーション (1).gif リドリー (SP) 待機モーション (2).gif


登場演出[編集]

リドリー (SP) 登場演出.gif

画面奥から飛来し、滑るように着地する。

勝利演出[編集]

  • 勝利ファンファーレ:『メトロイド』アイテム獲得BGM(ホラーアレンジ)
    • ポーズ:十字ボタン←
      遠くから飛来し、滑るように着地してポーズを決める。
    • ポーズ:十字ボタン↑
      空中で縦に1回転し、力強く咆哮。ひっかくように着地。
    • ポーズ:十字ボタン→
      背を向けたまま獲物をズタズタに引き裂くような動きを見せた後、振り向く。単独勝利時には獲物を隠すようなカメラワークだが、チーム勝利時には何もいない事がわかる。
勝利演出・左 勝利演出・上 勝利演出・右
リドリー (SP) 勝利演出・左.gif リドリー (SP) 勝利演出・上.gif リドリー (SP) 勝利演出・右.gif

リザルト画面の拍手[編集]

スマブラSP 拍手 (17).gif

右斜め下を俯くように見つめながら、不本意そうにゆっくりめの拍手をする。

カラーバリエーション[編集]

頭アイコン SP リドリー 01.png 薄紫 デザインは『スーパーメトロイド』のゲーム内グラフィックに近い。
頭アイコン SP リドリー 02.png メタリドリー/黒 『メトロイドプライム』シリーズに登場するメタリドリー
頭アイコン SP リドリー 03.png 『スーパーメトロイド』のアートワークを意識した配色。
頭アイコン SP リドリー 04.png 『メトロイドフュージョン』のネオリドリーを意識した配色。
頭アイコン SP リドリー 05.png 『メトロイド ゼロミッション』のアートワークを意識した配色。
頭アイコン SP リドリー 06.png 初代『メトロイド』のゲーム内グラフィックを意識した配色。
頭アイコン SP リドリー 07.png 黄色 『スーパーメトロイド』に登場する、金色像を意識した配色。
頭アイコン SP リドリー 08.png メタリドリー/銀色 『メトロイド ゼロミッション』のメカリドリーを意識した配色。





立ち回りの指南[編集]

[icon] この節の加筆が望まれています。

テクニック[編集]

コンボ[編集]

リドリー対策[編集]

[icon] この節の加筆が望まれています。

オススメスキル[編集]

[icon] この節の加筆が望まれています。

1人用ゲームモード攻略[編集]

勝ちあがり乱闘[編集]

銀河の脅威! スペースパイレーツ
ROUND 1 頭アイコン SP サムス 01.png
通常戦 ノルフェア メトロイド:タイトル
ROUND 2 頭アイコン SP フォックス 01.png頭アイコン SP ファルコ 01.png
通常戦 惑星ベノム 氷原突破せよ
ROUND 3 頭アイコン SP ピクミン&オリマー 01.png
通常戦 とある星 希望のかけら
ROUND 4 頭アイコン SP ロゼッタ&チコ 01.png頭アイコン SP マリオ 01.png頭アイコン SP ピーチ 01.png
通常戦 マリオギャラクシー 宿命の決戦
ROUND 5 頭アイコン SP メタナイト 01.png
通常戦 戦艦ハルバード デンジャラスディナー
ROUND 6 頭アイコン SP ゼロスーツサムス 01.png
通常戦 フリゲートオルフェオン vs. リドリー
BONUS GAME
BOSS マスターハンド (SP) アイコン.png or マスターハンド (SP) アイコン.png&クレイジーハンド (SP) アイコン.png (ホンキ度7.0以上で出現)
ボス戦 終点 マスターハンド or マスターハンド・クレイジーハンド
元ネタ・備考[編集]
  • 戦艦ハルバードとフリゲートオルフェオンを除くステージはそれぞれ明確な惑星の設定が存在するもので、侵略活動をイメージしていると思われる。


組み手[編集]

[icon] この節の加筆が望まれています。

スピリッツバトル出現データ一覧[編集]

[icon] この節の加筆が望まれています。
メインファイターとして[編集]
No. 名前 ランク
0,000 ○○
0,000 ○○
お供として[編集]
No. 名前 ランク
0,000 ○○
0,000 ○○

公式スクリーンショット[編集]

脚注[編集]


外部リンク[編集]


ファイター (SP)
歴代参戦ファイター
01~12 マリオ - ドンキーコング - リンク - サムス - ヨッシー - カービィ - フォックス - ピカチュウ - ルイージ - ネス - キャプテン・ファルコン - プリン
13~26 ピーチ - クッパ - アイスクライマー - シーク - ゼルダ - ドクターマリオ - ピチュー - ファルコ - マルス - ルキナ - こどもリンク - ガノンドロフ - ミュウツー - ロイ - Mr.ゲーム&ウォッチ
27~44 メタナイト - ピット - ブラックピット - ゼロスーツサムス - ワリオ - スネーク - アイク - ポケモントレーナー (ゼニガメフシギソウリザードン) - ディディーコング - リュカ - ソニック - デデデ - ピクミン&オリマー - ルカリオ - ロボット - トゥーンリンク - ウルフ
45~63 むらびと - ロックマン - Wii Fit トレーナー - ロゼッタ&チコ - リトル・マック - ゲッコウガ - Miiファイター ( 格闘剣術射撃 ) - パルテナ - パックマン - ルフレ - シュルク - クッパJr. - ダックハント - リュウ - クラウド - カムイ - ベヨネッタ
新規参戦ファイター インクリング - デイジー - リドリー - シモン - リヒター - クロム - ダークサムス - キングクルール - しずえ - ケン - ガオガエン - パックンフラワー - ジョーカー
メトロイドシリーズ
ファイター サムス:64/DX/X/for/SP - ゼロスーツサムス:X/for/SP - リドリー:SP - ダークサムス:SP
ステージ 惑星ゼーベス - ブリンスタ - ブリンスタ深部 - ノルフェア - フリゲートオルフェオン - パイロスフィア
アイテム スクリューアタック - スクリューアタック改
アシストフィギュア メトロイド - マザーブレイン - ダークサムス
ボスキャラ リドリー:X - メタリドリー:X
敵キャラ キハンター星人 - ジーマ - メトロイド - リオ
乗り物 スターシップ
音楽 メトロイドシリーズの音楽の一覧