【編集に関する重要なおしらせ】ファイターページの編集を円滑にするため、編集者のご協力をお願いします。
詳しくは、大乱闘スマッシュブラザーズWiki:編集ガイドライン/ファイターページの編集‎をご覧ください。

【おしらせ】『スマブラ64』『スマブラDX』『スマブラX』のコンテンツ記事を加筆してくださる協力者を求めています。
詳しくは、大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U まとめWIKI・シリーズ統合Wiki化‎をご覧ください。

写真

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
移動先: 案内検索

スマブラX』以降のシリーズでは、一部を除く対戦モードや、リプレイポーズ画面などでカメラを操作して、写真を撮影することができる。記録媒体に保存された写真は、パソコンなどにコピーすることができる。詳しくは、#写真の仕様にて。

写真の仕様[編集]

いずれも、写真のファイル名を変えると『スマブラ』のソフト側で認識されなくなるので残す場合は注意。

大乱闘スマッシュブラザーズX[編集]

Wiiの本体メモリまたはSDカードに保存することができる。SDカードへは、以下のフォルダの先に保存されている。

「private」→「Wii」→「app」→「RSBJ」→「al」

BIN形式で保存されるので、以下の#外部リンクで紹介するような変換ツールを使用してJPGに変換しないと見ることはできない。

大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U[編集]

両機種ともに、SDカードの「DCIM」フォルダに保存される。拡張子はJPG。

また、3DS・Wii Uがプログラムを認識するためのBINファイルも保存される。なお、どちらかのファイルを削除したり、中身をいじったりするとゲーム内で閲覧できなくなるので注意。

3DS版ではJPGとは別に立体視で見るためのMPOファイルも保存され、これで3D写真を見ることができる(保護者による使用制限で3D映像の表示を制限されている場合や、2DSでは保存されない)。ちなみに、MPOファイルの拡張子をパソコンでJPGに変えると、右目用と左目用の画像2枚を見ることができる。

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL[編集]

Nintendo Switchの本体メモリまたはmicroSDカードに保存することができる。拡張子はjpg。microSDカードへは、以下のフォルダの先に保存されている。

「Nintendo」→「Album」→「(年)」→「(月)」→「(日)」

写真を撮ることができるゲームモード[編集]

関連項目[編集]

  • カメラモード - 『スマブラDX』で撮影ができるモード。こちらはパソコンへのコピーはできない。

外部リンク[編集]

  • out2jpg_bin_win - 『スマブラX』で保存されたBIN形式のファイルをJPGに変換して見ることができるようにするためのツール。
  • ニンテンドー3DS画像投稿ツール , Wii U画像投稿ツール - Twitter、Facebook、tumblr(Wii Uのみ)へ画像を投稿するサービス。投稿の手順を紹介している。なお、Newニンテンドー3DSでは初期設定でフィルタリング機能が適用されているため、設定を変えないとアクセスできないので注意。