【編集に関するおしらせ】編集に参加する際には、大乱闘スマッシュブラザーズWiki:編集ガイドライン‎をご確認ください。

【編集に関する重要なおしらせ】ファイターページの編集を円滑にするため、編集者のご協力をお願いします。
詳しくは、大乱闘スマッシュブラザーズWiki:編集ガイドライン/ファイターページの編集‎をご覧ください。

投げ

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
移動先: 案内検索

投げは主にキャラクターが相手を掴んでいるときに方向入力をすると繰り出すワザ。入力した方向によって、前投げ後ろ投げ上投げ下投げと使い分けることができる。

前投げ[編集]

対戦相手をつかんでいるときに前に方向入力すると繰り出すワザ。

殆どの前投げは、相手を前方に投げ飛ばす。ドンキーコングのものだけは、相手を担いで移動する特殊なものになっている。傾向としては、威力は後投げと比べると控え目で、かといって下投げ程コンボに使われてもいない。しかし、相手を前にふっとばすという性質上、相手を端に追い詰めたときなど、その有利状況の継続のために使用されやすく、多くのファイターに使われる機会がある投げである。

後投げ[編集]

対戦相手をつかんでいるときに後ろに方向入力をすると繰り出すワザ。

全ての後投げは、相手を後方に投げ飛ばす。投げの中で後投げがもっとも威力が高い、というファイターは多い。それらにとっては、ステージ端においての横撃墜の有効な選択肢の一つになっていることがある。ステージ端に追い詰められたときの形勢逆転を狙える他、ステージ端で後投げを決めたいがために、あえてステージ端へ身を置くケースもみられる。

上投げ[編集]

対戦相手をつかんでいるときに上に方向入力をすると繰り出すワザ。

全ての上投げは、相手を高めの角度で投げ飛ばす。ワザによっては、微妙に前や後ろに寄ったベクトルになっている。下投げほどではないが、投げてから追撃できるものが多く、後投げほどではないが、撃墜に向いたものも多い。上のバーストラインに近い位置まで足場があるステージでは、早期撃墜が狙える投げとして活躍することがある。

下投げ[編集]

対戦相手をつかんでいるときにコントロールスティックを下に倒すと繰り出すワザ。

ふっとばす角度には、前、後ろ、高め、低めと様々なものがある。前へ高めの角度でふっとばすものが最も多い。ふっとばし力は弱めで、投げた後の隙が短く、コンボに向いたものが多い。 低%の相手にはこのワザからのコンボが最大リターンというファイターは少なからずいる。一方で、全体モーションが長かったり、打撃判定が小さい、或いは無かったりするものが多く、混戦では妨害されやすくて使い勝手が悪いものが多い。

打撃投げ[編集]

周囲の相手ごとふっとばすマリオの後投げ。

投げる際に対象に打撃を加える投げを打撃投げと言う。ほとんどは打撃を加えてから投げる、または投げてから打撃を加える2回攻撃で、トレーニングモードだと連続ヒットのカウンターが2以上になる。

打撃は、投げ対象以外にも当たればダメージを与えることができる。ヒットストップが発生するが、投げられているキャラクターはヒットストップずらしはできない。打撃により周囲に攻撃をすることができるので、混戦時でも使いやすい。打撃投げには、投げる対象の重さに関係なく、一定の速度で投げるものが多い。

投げる際に対象に打撃をせずただ投げるものの名称は、特にこれと決まったものはない。それらは投げ対象とそれ以外に共通してダメージを与える攻撃判定は持たないが、マリオの後投げなど、投げ動作中に投げられているファイターが武器となり、それに触れた対戦相手にダメージを与えるものがある。これも周囲に打撃を加えることから打撃投げと呼ぶことがある。この攻撃判定は投げをしているファイターのもので、これに当たって撃墜できたら、ポイントは投げをしていたキャラクターのものになる。

その他の投げ[編集]

つかみからの投げ以外に、クッパの横必殺ワザ「ダイビングプレス」など、一部の必殺ワザにも投げに似た性質を持つものがある。

投げによる撃墜[編集]

前述したように、投げの中にはふっとばし力が強く、撃墜に有効な手段となるものもある。このような投げはユーザー間では「投げバースト」、さらに略して「投げバ」と呼ばれることもある。

以下の表は、『スマブラSP』において投げで撃墜するのに必要な蓄積ダメージ。

全ファイターの投げで撃墜するのに必要な蓄積ダメージ
  • ステージは"終点"、相手は無抵抗のマリオ
  • アイテムなし1on1補正やほかほか補正、OP相殺は除外している。
  • 「/」(スラッシュ)があるものはベクトルが横向きで横バーストが狙える投げを終点中央と崖際で計ったもの。「中央/崖際」。
    • 中央は、投げるファイターを中央に置いた時の記録。
  • スラッシュが無いものはベクトルが上向きで上バーストを狙える投げ。
  • ここで記載しているのは致命エフェクトが出るダメージ。実際はそれより前から撃墜が可能。
  • 太字は撃墜を現実的に狙えると思われるもの(ある程度編集者の主観あり)。
  • 「不」は999%でも撃墜不可能の意。
  • ドンキーコングの「J:」はジャンプの頂点から投げた時の記録。どちらも上バースト。
  • ピクミン&オリマーはピクミンが3体揃っている時の記録。ピクミンの数によっては1~2%程度変動する。
  • 当然、相手のふっとびずらしや体重によってはもっと前に撃墜できたり全然撃墜できなかったりするので、あくまで目安程度に。
  • 投げるファイターの位置によって致命エフェクトが出るかどうかも変わるので、ダッシュファイターの1%~2%程度の違いは誤差の可能性がある。
ファイター 前投げ 後投げ 上投げ 下投げ
マリオ 270%/197% 186%/122% 235% 316%
ドンキーコング 171%/121% 257% 401%/295%
└ リフティング投げ 207%/J:175% 175%/J:145% 195%/J:164% 315%/227%
リンク 357%/233% 332%/229% 177% 255%
サムス 259%/179% 236%/163% 184% 235%
ダークサムス 259%/179% 236%/163% 184% 235%
ヨッシー 264%/177% 253%/177% 230% 860%
カービィ 220% 188%/141% 163% 207%
フォックス 279%/200% 483%/372% 299% 487%
ピカチュウ 409%/282% 242%/168% 172% 237%
ルイージ 245%/171% 182%/112% 195% 265%
ネス 860%/463% 129%97% 225% 348%
キャプテン・ファルコン 233%/156% 206%/134% 189% 300%
プリン 694%/427% 492%/305% 264% 335%
ピーチ 230%/165% 182%/131% 214% 336%
デイジー 230%/165% 182%/131% 214% 336%
クッパ 180%/127% 182%/121% 245% 308%/201%
アイスクライマー 394%/266% 695%/611% 488% 217%
シーク 476% 758%/637% 304% 439%
ゼルダ 342%/205% 153%/109% 150% 451%
ドクターマリオ 259%/184% 153%/99% 230% 455%
ピチュー 216%/158% 271%/204% 401% 277%
ファルコ 292%/216% 385%/259% 264% 347%/247%
マルス 471%/301% 412%/272% 192% 382%
ルキナ 471%/302% 412%/272% 192% 382%
こどもリンク 232%/166% 278%/195% 196% 256%
ガノンドロフ 221%/154% 209%/149% 245% 380%
ミュウツー 430%/152% 169%/110% 146% 508%
ロイ 541%/390% 554%/550% 189% 259%
クロム 544%/390% 555%/552% 189% 259%
Mr.ゲーム&ウォッチ 375%/248% 376%/229% 284% 207%
メタナイト 244% 231%/153% 188% 258%
ピット 188%/135% 280%/186% 206% 443%
ブラックピット 188%/136% 280%/186% 206% 443%
ゼロスーツサムス 351%/251% 458%/305% 167% 387%
ワリオ 247%/177% 278%/174% 230% 不/802%
スネーク 229%/163% 226%/153% 204%
アイク 331%/232% 325%/233% 342% 194%
ゼニガメ 242%/174% 164%/120% 302% 240%
フシギソウ 366%/251% 168%/111% 198% 164%
リザードン 199%/138% 202%/135% 138% 399%
ディディーコング 233%/164% 214%/142% 309% 277%
リュカ 192%/132% 177%/109% 151% 316%
ソニック 275%/194% 197%/143% 210% 562%/394%
デデデ 242%/168% 200%/165% 270% 240%
ピクミン&オリマー(赤) 341%/253% 344%/272% 225% 418%/394%
ピクミン&オリマー(黄) 285%/212% 286%/224% 184% 351%/332%
ピクミン&オリマー(青) 175%/128% 171%/131% 129% 218%/206%
ピクミン&オリマー(白) 283%/212% 289%/224% 188% 351%/329%
ピクミン&オリマー(紫) 285%/211% 287%/224% 189% 350%/334%
ルカリオ(0%) 414%/284% 366%/267% 354% 659%
ルカリオ(70%) 320%/219% 251%/182% 254% 472%
ルカリオ(230%) 232%/156% 162%/115% 168% 322%
ロボット 272%/197% 225%/153% 170%
トゥーンリンク 257%/182% 179%/120% 192% 241%
ウルフ 490%/351% 185%/131% 300% 283%/210%
むらびと 不/719% 163%/115% 256% 336%
ロックマン 269%/193% 197%/129% 222% 315%
Wii Fit トレーナー 238%/172% 224%/148% 230% 259%
Wii Fit トレーナー(腹式呼吸) 200%/144% 192%/124% 194% 220%
ロゼッタ&チコ 224%/171% 230%/154% 212% 390%
リトル・マック 300%/221% 203%/144% 273% 413%
ゲッコウガ 227%/156% 263%/182% 181% 360%
パルテナ 454%/304% 180%/118% 199% 870%
パックマン 303%/260% 202%/134% 226% 425%
ルフレ 571%/369% 199%/122% 351% 200%
シュルク 256%/181% 241%/162% 330% 307%
シュルク(撃) 172%/112% 157%/93% 221% 184%
クッパJr. 264%/185% 200%/138% 290% 357%/229%
ダックハント 276%/202% 322%/220% 226% 479%
リュウ 358%/251% 286%/190% 217% 215%
ケン 358%/251% 234%/193% 217% 215%
クラウド 305%/226% 297%/216% 224% 210%
カムイ 587%/401% 414%/282% 162% 176%
ベヨネッタ 215%/147% 316%/203% 274% 213%
インクリング 617%/450% 207%/134% 379% 215%
リドリー 265%/189% 265%/171% 200% 185%
シモン 204%/134% 239%/149% 269% 255%/219%
リヒター 204%/134% 239%/149% 269% 255%/219%
キングクルール 295%/219% 208%/130% 181%
しずえ 不/796% 155%/116% 224% 283%
ガオガエン 200%/136% 170%/95% 143% 322%
パックンフラワー 259%/186% 226%/153% 155% 370%
Mii 格闘タイプ 232%/164% 389%/258% 289% 200%
Mii 剣術タイプ 310%/221% 249%/169% 331% 297%
Mii 射撃タイプ 293%/219% 218%/149% 204% 248%

備考[編集]

  • 『スマブラX』と『スマブラ3DS/Wii U』の投げの中には、その動作の長さが投げる対象の重量に比例するものもある。対象を投げ飛ばした後のフォロースルーにも影響するので、重いファイターほど投げからの追撃を受けにくい。
  • 『スマブラ3DS/Wii U』以降、投げが始まると投げている側は一時的に無敵になる。無敵が終わった後に攻撃を受けるとつかみはずしが起きる。このつかみはずしはつかみ中に発生したものと異なり、相手に3%のダメージを与える。『スマブラ3DS/Wii U』のピクミン&オリマーだけは投げ中に無敵にならないが、オリマーが攻撃を受けてもつかみはずしは起きずに投げが継続される。
  • ネスなど、超能力を使って投げるキャラクターは強力なふっ飛ばし力を持った投げを持っていることが多い。


ワザ
弱攻撃 - ダッシュ攻撃 - 強攻撃 - スマッシュ攻撃 - 空中攻撃 - つかみ - 投げ - 必殺ワザ - 最後の切りふだ - おきあがり攻撃 - ガケのぼり攻撃 - アピール