【おしらせ】URLが変わりました。早めにブックマークの変更をお願いします。

更新データ/Ver.1.0.8

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U まとめWIKI
移動先: 案内検索
更新データ > 更新データ/Ver.1.0.8

ここでは2015年6月15日に配信された『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』と『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』の更新データ『Ver.1.0.8』について記述する。

この更新データには、有料追加コンテンツ第2弾のデータ、Nintendo3DS / Nintendo3DS LL向けのamiibo対応、"Miiverse"ステージ(Wii U版のみ)、今作3回目のバランス調整などが含まれている。

ファイターの変更:[編集]

頻出する用語の解説・注意事項[編集]

殆どはソース掲載サイトのMASTER COREなどから確認できた変更点を逐一記載している。


攻撃判定
攻撃判定は球体である。より詳しい解説は攻撃判定にて。
  • ベクトル - ふっとばす角度。90なら90度にふっとばす。361など特殊なベクトルもあり。
  • KBG/BKB/WBKB - リアクション影響値/リアクション付加値/リアクション固定値 のこと。
  • 攻撃判定のサイズ - 攻撃判定の半径。
  • X, Y, Z - オフセット。攻撃判定の中心の位置が指定したBoneからどれだけ離れているかをあらわす。Xが横、とは限らない。これが変わった場合はなるべく判定がどの方向に移動したか記述している。それが無いものはどの方向に移動したのかわからなかったということである。
    • 2つ目のオフセットが設定されている場合、攻撃判定がそこまで引き伸ばされた形になる。
      例1 (X, Y, Z) = (7.5, 0, 1)/(1, 0, 1)/(5, 0, 1) [先端/中間/根元] ※Bone=9 これはオフセットが1つ設定されているだけの攻撃判定が3つ並んだワザの判定可視化動画。 
      例2 (X, Y, Z) = (0, 10, 10)~(0, 8, 24) ※Bone=0 これは2つ目のオフセットが設定された攻撃判定が1つあるだけのもの。(オフセット1)~(オフセット2)
  • ID - 攻撃判定の管理番号。複数箇所に判定が及ぶ場合、その数だけ設定される(たとえば右手と右肘に攻撃判定があるとか)。複数の攻撃判定が同時ヒットした場合、IDが小さいものが優先される。なるべくID何番とはせず攻撃判定の位置を具体的に記述するようにしているが、あまりにも難解なものはID番号だけに留め、それ以上の確認は利用者に任せている。
  • Bone - 攻撃判定の位置。これだけは16進数で記述している。ID同様、なるべくBone何番とはせず攻撃判定の位置を具体的に示すようにしている。


  • [先端/中間/根元] - 攻撃範囲における位置。位置によってダメージが違うワザは多い。キャラクターに近い方が根元。位置の指定が無い場合は全範囲が変更されたということ。
  • [始->持続]、 - 攻撃判定の出始めとそれ以降の部分。

フレーム
更新データ/Ver.1.1.3以降はFAF、FSMの情報が得られにくかったためその辺りはあまり記述できていない。
  • F - フレーム
  • 全体F - ワザの始めから終わりまでのフレーム。「全体Fが○F減った」は、特に断りが無ければワザが終了するまでが○F早くなったということであり、攻撃判定の発生が早くなったというわけではない。
  • 発生F - 攻撃判定が発生するまでのフレーム。特に断りが無ければワザを入力してから最初の攻撃判定が発生するまでのフレームということ。
  • 持続F - 攻撃判定が発生してから消えるまでのフレーム。これが2F~4Fだと、ワザを開始してから2F目(発生F)、3F目、4F目に攻撃判定が出ている。
  • コンボ接続F - メタナイトの横強攻撃などのコンビネーションワザが、次の段に移行するための追加入力を受け付けるフレーム。
  • FAF - 「First Active Frame」の略で、モーションを途中でキャンセルできるようになるフレーム。FAFが50なら49F目までが実質の全体Fで、50F目から他の行動ができるようになる。そのため大抵の場合は「FAF - 1」が全体Fになる。そうでない場合はFSMが設定されている。0だとFAF無し。スキ#動作後半のキャンセルにも解説あり。
  • FSM - 「Frame Speed Multiplier」の略で、例えばこれが0.5だとキャラクターのアニメーションが通常の2倍の速さになる。また、イベント実行のタイマーにも影響するので、例えば10F目に攻撃判定が発生、20F目に攻撃判定消去、FAF30Fと設定されたワザにFSM0.5が設定されると、5F目に攻撃判定が発生、10F目に攻撃判定が消去、FAFは15F目からになる。FSMの影響を受けているフレームデータはソースを見ただけでは判断しにくいので実機で計測したものを出来る限り記載している。
    • イベント実行のタイマーによって変わったフレームデータには末尾に「*Timer」のしるしをつけている。しるしが無いか、末尾に「*FSM」がついている場合はFSMの変更によって変わったデータである。
    • Timerの変更によって発生Fが変わった場合はそのために攻撃範囲も変化している事が多い。更新データ/Ver.1.0.6でリンクが戦場の浮遊台の真下で繰り出したダッシュ攻撃を浮遊台に立っている相手に当てることができるようになったり、更新データ/Ver.1.0.8でディディーコングの上空中攻撃が低高度にいる相手に当てにくくなったのはそのためである。更新後に発生Fが変化した場合にその原因までもいちいち記載しているのは攻撃範囲が変化している可能性を伝えるためである。

  • 投げの全体Fは、Miiファイター標準体型を投げた場合のもの。投げの全体Fは相手の重量で変化する。
  • Miiファイター関連のデータは、全て標準体型のもの。
  • [?] - Ver.1.0.4のみ。当時の調査では変更が確認されたが現在のMASTER COREからは変更が確認できず、正確性に不安があるデータ。現在のMASTER COREの方が間違っている傾向がある。
    • ループ系や着地隙などの元からMASTER COREに掲載されてないデータ、どこに記述があるのか不明なデータにはこの記号はつけていない。
  • これら以外の攻撃判定の用語については攻撃判定を参照。

全体の変更:[編集]

  • 全てのつかみ中・大半の必殺ワザの動作中に崖から滑り落ちることが起きなくなった。
    • これにより、キャプテン・ファルコンなどでつかみ打撃中に崖から滑り落ちる現象が起きなくなったり、台端で攻撃をガードした直後にシールドを解除したときに台から落ちることが無くなったり、多くの必殺ワザがテクニック#エッジキャンセルできなくなった。
    • 更新データ/Ver.1.1.0の変更で、幾つかはまた滑り落ちるようになった。
  • 何らかの変更により、戦場のステージ土台上でガノンドロフの横必殺ワザ「炎獄握」、ミュウツーの「ねんりき」を受けたときに真上の浮遊台の上に乗ることがあるキャラクターが激減した。

マリオ[編集]

変更点確認されず。

ルイージ[編集]

変更点確認されず。

ピーチ[編集]

  • 弱攻撃1段目
    • 攻撃判定のサイズ拡大: 2.4 ⇒ 3
  • 弱攻撃2段目
    • 攻撃判定のサイズ拡大: 2.4 ⇒ 4

クッパ[編集]

  • 上強攻撃
    • ダメージ減少: 10% ⇒ 9%
    • 全体F減少: 50F => 40F
      • 17F~51FのFSM: - ⇒ 0.6
    • 発生F 12 ⇒ 11F *Timer
      • 腕を振り上げるのと同時に攻撃判定が出るようになったので低高度にいる相手にヒットしやすくなった。
  • 先端の攻撃判定の位置がクッパ側に移動し、リーチが短くなった X = 7.4 ⇒ 6.9 ※Bone=16
    • Bone: 14(恐らく腕の付け根あたり)の攻撃判定消去
      • これが消えても密着している相手にはヒットするので影響はほぼ無いと思われる。

ヨッシー[編集]

変更点確認されず。

ロゼッタ&チコ[編集]

  • [チコ] HP増加: 47% ⇒ 50%
  • [ロゼッタ] 百裂攻撃フィニッシュ
    • KBG減少: 170 ⇒ 150

クッパJr.[編集]

  • 下必殺ワザ1
    • 歩いているメカクッパがヒットしたとき、飛び上がってから爆発するまでが早くなった。

ワリオ[編集]

  • 弱攻撃1・2段目
    • ふっとばし力や攻撃判定のサイズなどが調整され、連続ヒットしやすくなった。

Mr.ゲーム&ウォッチ[編集]

  • 下強攻撃
    • 6%部分のKBG増加: 120 ⇒ 125
    • 6%部分のBKB増加: 10 ⇒ 40
    • 1%部分(風)のKBG増加: 100 ⇒ 120
    • 1%部分(風)のBKB増加: 60 ⇒ 70
    • 1%部分(風)の判定サイズ増加: 9 ⇒ 10.5
    • 1%部分(風)の判定の縦の長さが縮小: Y = 4~11 ⇒ 4~9 ※Bone=0
  • 後空中攻撃
    • 着地隙減少: 24F ⇒ 19F

ドンキーコング[編集]

  • リフティング前投げ
    • ダメージ増加: 8% ⇒ 10%
    • FAF変更: 56F ⇒ 46F(全体Fが 55F ⇒ 45F に)
  • リフティング後投げ
    • ダメージ増加: 8% ⇒ 12%
    • ベクトル変更: 55 ⇒ 72
    • BKB減少: 80 ⇒ 70
    • FAF変更: 55F ⇒ 43F(全体Fが 54F ⇒ 42F に)
  • リフティング上投げ
    • ダメージ増加: 7% ⇒ 10%
      • ふっとばし力が強くなりコンボが繋がりにくくなった。
  • リフティング下投げ
    • ダメージ増加: 6% ⇒ 7%
    • ベクトル変更: 45 ⇒ 48
    • KBG増加: 38 ⇒ 80
    • BKB増加: 65 ⇒ 50
    • 投げた後に少しドンキーコングがホップするようになった。
      • 場外で投げた後に復帰しやすくなった。

ディディーコング[編集]

  • 弱攻撃
  • 1段目のダメージ減少: 1.5% ⇒ 1.2%
  • 1段目のコンボ接続F変更: 10F~17F ⇒ 8F~17F
  • 2段目のダメージ 1.5% ⇒ 1.2%
  • 2段目のコンボ接続F変更: 9F~15F ⇒ 8F~15F
  • 3段目のWBKB減少: 30 ⇒ 25
  • 3段目の攻撃判定のサイズ拡大: 4/3.5/3 ⇒ 4.2/3.7/3.2
  • 3段目のコンボ接続F変更: 22F~ ⇒ 15F~
  • 百裂攻撃のダメージ減少: 0.6% ⇒ 0.5%
  • 百裂攻撃のベクトル変更: 70/90 ⇒ 60
  • 百裂攻撃のWBKB減少: 6 ⇒ 4
  • 百裂攻撃のヒットストップずらしのしやすさ減少: 1.3 ⇒ 0.7
  • 全体F短縮 42F ⇒ 38F
    • 0F~7FのFSM: - ⇒ 0.5
  • 発生・持続F変更: 8F~9F ⇒ 5F~6F *FSM
  • 百裂攻撃フィニッシュのKBG減少: 180 ⇒ 177
  • 百裂攻撃フィニッシュのBKB増加: 30 ⇒ 45
  • 百裂攻撃フィニッシュの攻撃判定のサイズ拡大: 5 ⇒ 7.2
  • 百裂攻撃フィニッシュの攻撃判定の位置が上に移動: (X, Y, Z) = (0, 5.5, 13.5)~(0, 5.5. 5.5) ⇒ (0, 6.8, 13.5)~(0, 6.8. 6) ※Bone=0
  • これらの変更により弱攻撃各種のダメージが減少したが次の段を早く出せるようになったこと等で割り込まれにくくなった。
  • 下強攻撃
    • ダメージ減少: 6% ⇒ 5.5%
    • 攻撃範囲が内側に拡大
      • 密着している相手にヒットしやすくなった。
  • 上空中攻撃
    • 発生鈍化: 3F ⇒ 4F *Timer
      • FAF: 36F ⇒ 39F
      • 発生が1F鈍化したことにより、足をある程度振り上げてから攻撃判定が発生するようになったため、下方向への攻撃範囲が減った。前Verでは地上ジャンプから最速で出せば地上にいるカービィにヒットさせることができるほど低い位置から攻撃判定が発生していた。
    • 着地隙発生F変更: 3F~14F ⇒ 1F~26F ※このフレーム間に着地すると着地隙が発生するというもの
    • KBG減少: 99 ⇒ 89
    • BKB減少: 65 ⇒ 64
  • つかみ
    • 全体F増加 28F/35F/33F ⇒ 31F/38F/36F [通常/ダッシュ/ふりむき]
      • FAF: 29F/36F/34F ⇒ 32F/39F/37F [通常/ダッシュ/ふりむき]
  • 上投げ
    • ダメージ減少: 4%+4% ⇒ 1%+4%
  • 打撃部分のKBG増加: 100 ⇒ 120
  • 打撃部分のBKB増加: 30 ⇒ 50
  • これらの変更によりふっとばし力が強まり高%の相手にはコンボしにくくなった。
  • 下投げ
  • ダメージ増加: 6% ⇒ 7%
  • ベクトル変更: 105 ⇒ 106
  • これらの変更により僅かだがふっとばし力の増加とふっとばし角度の低下によりコンボしにくくなった。

リンク[編集]

  • 下強攻撃
    • 全体F減少: 31F ⇒ 28F
      • 0F~11FのFSM: - ⇒ 0.75
    • 発生・持続F変更: 13F~14F ⇒ 11F~12F *FSM
    • ダメージ減少: 12% ⇒ 11%
    • 攻撃判定の中心の位置が前方に移動: Z = 12.8/15.4 ⇒ 14.1/16.6 [対空/対地] ※Bone=0
  • 上スマッシュ攻撃
    • 連続ヒットしやすくなるよう1~2段目のふっとばし角度等が調整された。
  • つかみ
    • 全ての掴みのリーチ延長
    • 全体F減少: 66F/77F/78F ⇒ 61F/65F/66F [通常/ダッシュ/振り向き]
      • FAF: 67F/78F/79F ⇒ 62F/66F/67F [通常/ダッシュ/振り向き]
  • 前投げ
    • ベクトル変更: 55 ⇒ 50
    • 全体F 40F ⇒ 35F
      • FAF: 41F ⇒ 36F
  • 下投げ
  • ダメージ減少: 3%+4% ⇒ 3%+3%
  • KBG減少: 90 ⇒ 85
  • ベクトル変更: 110 ⇒ 83
  • これらの変更によりコンボがしやすくなった。
  • 上必殺ワザ1、上必殺ワザ2「電撃斬り」
    • 上必殺ワザ1の地上版のKBG増加: 84/80/80 ⇒ 85/85/82 [4F~5F/6F~10F/11F~20F]
    • 上必殺ワザ2の地上版の9F~20F(9%/7%部分)のKBG増加: 80 ⇒ 82
    • 上必殺ワザ1・2の動作中は台から滑り落ちないようになった。

ゼルダ[編集]

  • 上スマッシュ攻撃
  • 最終段以外の攻撃判定のサイズ拡大: 3/3.8 ⇒ 3.5/4.2
  • 最終段以外のヒットストップずらしのしやすさ減少: 1 ⇒ 0.5
  • 最終段以外のWBKB減少: 60 ⇒ 40
  • 最終段のKBG増加: 190 ⇒ 214
  • これらの変更により連続ヒットしやすくなった。
  • ニュートラル空中攻撃
    • 着地隙減少: 22F ⇒ 19F
    • 最終段以外の攻撃判定のサイズ拡大: 3 ⇒ 4.7
    • 前方と後方の攻撃判定のダメージが入れ替わった。これまで前が1%で後ろが2%だったのが、前が2%で後ろが1%になった。
  • 上空中攻撃
    • 着地隙減少: 22F ⇒ 19F
  • 下空中攻撃
    • 着地隙減少: 21F ⇒ 18F

シーク[編集]

変更点確認されず。

ガノンドロフ[編集]

変更点確認されず。ただし横必殺ワザ「炎獄握」がシステムの変更の影響を強く受けている(更新データ/Ver.1.0.8#全体の変更)。

トゥーンリンク[編集]

  • 弱攻撃
    • 1~2段目のふっとばし力などに細かい調整がされ、連続ヒットしやすくなった。
    • 3段目の攻撃判定のサイズ拡大: 3.5 ⇒ 4.2
    • 3段目の攻撃判定の中心の位置が内側に移動: X = 5 ⇒ 4.5 ※Bone=3e9

サムス[編集]

  • 上スマッシュ攻撃
    • 全ての攻撃判定のサイズが拡大する等して連続ヒットしやすくなった。
    • 最終段のKBGが増加: 135 ⇒ 150
  • つかみ
    • 全体F減少: 79F/93F ⇒ 75F/89F [通常掴み/振り向き掴み]
      • FAF: 80F/94F ⇒ 76F/90F [通常掴み/振り向き掴み]

ゼロスーツサムス[編集]

変更点確認されず。

ピット[編集]

変更点確認されず。

パルテナ[編集]

  • 上強攻撃
    • 最終段以外のダメージ増加: 1% ⇒ 1.2%
    • Bone変更: 1000(杖) ⇒ 0
      • 攻撃判定の位置が杖の動きに同調していたのが固定になった。攻撃範囲がどの程度の変化したのかは不明。

マルス[編集]

  • 弱攻撃
    • 1段目の全体F増加: 26F ⇒ 28F
      • FAF: 27F ⇒ 29F
  • 1段目のダメージ減少: 4%/6% ⇒ 3%/5% [先端以外/先端]
  • 1段目のベクトル変更: 361 ⇒ 78/65/90 [中間/根元/先端]
  • 1段目のKBG減少: 50/70 ⇒ 30 [先端以外/先端]
  • 1段目のBKB増加: 20/30 ⇒ 55 [先端以外/先端]
  • 1段目のコンボ接続F 21F~ ⇒ 17F~
  • これらの変更により2段目に繋がりやすくなったり、1段目で止めて他のワザに繋げることがしやすくなった。
  • 2段目の全体F増加: 26F ⇒ 28F
    • FAF: 27F ⇒ 29F
  • 2段目のベクトル変更: 361 ⇒ 100
  • 2段目のKBG増加: 50/70 ⇒ 75 [先端以外/先端]
  • 2段目のBKB増加: 20/30 ⇒ 62 [先端以外/先端]
  • 上強攻撃
    • 全体F 42F ⇒ 39F
      • FAF: 43F ⇒ 40F
    • 出始めのベクトル変更: 100/361/361/100 ⇒ 100 [剣1/腕1/腕2/剣2]
    • 終わり際のベクトル変更: 85/361/361/85 ⇒ 85/100/100/85 [剣1/腕1/腕2/剣2]
    • BKB増加: 50->40 ⇒ 65->52 [始->持続]
  • ニュートラル空中攻撃
    • 着地隙減少: 15F ⇒ 12F
  • 上必殺ワザ1、上必殺ワザ2「クレセントスラッシュ」
    • 上必殺ワザ1の出始めのKBG増加: 68 ⇒ 74
    • 上必殺ワザ1、2のヒットストップ補正率増加: 0.5 ⇒ 0.7

アイク[編集]

  • 弱攻撃
  • 1段目のコンボ接続F 13~19F ⇒ 10F~19F
  • 2段目の攻撃範囲が上下に拡大
  • 3段目の発生高速化: 7F ⇒ 6F *Timer
  • 3段目の根元の攻撃判定のサイズ拡大: 2.5 ⇒ 3.2
  • これらの変更により連続ヒットしやすくなった。
  • ダッシュ攻撃
    • 全体F減少: 54F ⇒ 51F
      • 0F~16FのFSM: - ⇒ 0.8
    • 発生・持続F変更: 18F~22F ⇒ 15F~19F *FSM
    • ダメージ増加: 10%->6%/8%->6% ⇒ 14%->9%/11%->9% [始->持続] [剣/柄]
    • 出始めのベクトル変更: 55 ⇒ 52
    • 出始めのKBG増加: 70 ⇒ 78
    • 出始め剣部分の攻撃判定サイズ拡大: 6 ⇒ 6.3
    • 出始め剣部分のヒットストップ補正率増加: 1 ⇒ 1.2
  • 横強攻撃
    • 全体F減少: 44F ⇒ 41F
      • 0F~13FのFSM: - ⇒ 0.8
    • 発生・持続F変更: 15F~16F ⇒ 14F~15F *FSM *Timer
      • 発生・持続F(Timer): 15F~16F ⇒ 13F~14F
    • 3つあった小さな攻撃判定が一つの大きなものに置き換えられた。これによって攻撃範囲が変化したと思われるがそれがどの程度かは不明。
    • ダメージ変化 14%/14%/12% ⇒ 12.5% [剣1/剣2/柄]
  • 上強攻撃
    • 攻撃判定の中心の位置が前方に移動: Y = 12/10.5 ⇒ 13/12 ※Bone=3e8
    • 持続F増加: 11F~18F ⇒ 11F~21F *Timer
  • ニュートラル空中攻撃
    • 着地隙減少: 16F ⇒ 14F
  • 前空中攻撃
    • 着地隙減少: 19F ⇒ 18F
    • 発生高速化: 13F ⇒ 12F *Timer
      • 発生F(Timer): 16F ⇒ 14F
      • 剣を振り下ろしはじめるのとほぼ同時に攻撃判定が発生するようになり、攻撃範囲が上に広くなった。
    • 先端・中間の攻撃判定の中心の位置が外側に、根元の攻撃判定の中心の位置が内側に移動: Y = 9/6.2/4 ⇒ 10.5/6.75/3 [先端/中間/根元] ※Bone=3e8
  • 上空中攻撃
    • 着地隙減少: 18F ⇒ 15F
  • 下空中攻撃
    • 着地隙減少: 26F ⇒ 23F
  • 横必殺ワザ1~3
    • 溜め開始F 19F ⇒ 16F *FSM
      • FSM: - ⇒ 0.8

ルフレ[編集]

変更点確認されず。

カービィ[編集]

変更点確認されず。

デデデ[編集]

変更点確認されず。

メタナイト[編集]

  • 弱攻撃
    • 百裂攻撃の攻撃範囲が拡大。特に前方に拡大。
    • ベクトルが60で均一だったのが、根元はベクトル60、先端は80に。これにより先端での連続ヒットのしやすさが向上した。
    • ダメージ増加: 1% ⇒ 1.2%
    • KBG減少: 40 ⇒ 30
    • ヒットストップずらしのしやすさ 1 ⇒ 0.6
  • 百裂攻撃フィニッシュ
    • 全体F減少: 46F ⇒ 34F
      • FAF: 47F ⇒ 35F
    • 攻撃判定のサイズ拡大: 5.7 ⇒ 8
    • 攻撃判定の中心の位置が前方に移動: (X, Y, Z) = (0, 5.5, 18)~(0, 5.5. 12) ⇒ (0, 7, 20)~(0, 7. 13) ※Bone=0
  • 横強攻撃
    • 1~3段目の全体F減少: 32F/34F/37F ⇒ 24F/26F/30F [1段目/2段目/3段目]
      • FAF: 33F/35F/38F ⇒ 25F/27F/31F [1段目/2段目/3段目]
    • 3段目のダメージ増加: 3% ⇒ 4%
    • 3段目のベクトル変更: 65 ⇒ 361
    • 3段目のKBG減少: 110 ⇒ 107
  • ニュートラル空中攻撃
    • 着地隙減少: 20F ⇒ 16F

フォックス[編集]

変更点確認されず。

ファルコ[編集]

  • 空中横移動速度増加: 0.893 ⇒ 0.93
  • 空中横移動加速度増加: 0.07 ⇒ 0.09
  • 弱攻撃
    • 1段目~百裂攻撃のふっとばし力や判定のサイズなどが調整され、次の段に繋がりやすくなった。
  • 上スマッシュ攻撃
    • 2段目の発生・持続F変更: 14F~20F ⇒ 13F~21F *Timer
  • ニュートラル空中攻撃
    • 2段目のダメージ減少: 3% ⇒ 2%
  • 全体的に攻撃判定が拡大したり位置が調整されたりして攻撃範囲が拡大した。
  • 1~3段目のベクトル変更: 110 ⇒ 367(オートリンク
  • これらの変更により連続ヒットしやすくなった。
  • 最終段の発生鈍化: 21F ⇒ 23F *Timer
  • 最終段のFacing restriction変更: 0 ⇒ 3
    • 必ずファルコの向いている方向へふっとばすようになった。
  • 前空中攻撃
    • 全体F減少: 58 ⇒ 50
      • 0F~35FのFSM: - ⇒ 0.75
    • 発生F高速化: 12F ⇒ 10F *Timer
    • 再ヒット間隔 6F ⇒ 4F
      • これによりヒット数が増加: 5 ⇒ 6 (合計ダメージは 8% ⇒ 9% に)
    • 着地隙減少: 32F ⇒ 25F
    • 着地攻撃のダメージ減少: 5% ⇒ 3%
    • 着地攻撃のBKB増加: 30 ⇒ 50
  • 上空中攻撃
    • 全体F減少: 35F ⇒ 33F
      • 0F~7FのFSM: - ⇒ 0.67
    • 発生・持続F変更: 10F~14F ⇒ 7F~11F *FSM
    • ダメージ減少: 11% ⇒ 10%
    • ベクトル変更: 68/68/80 ⇒ 65/75/85 [脚1/脚2/尻]
    • KBG変更: 100/100/20 ⇒ 90/90/90 [脚1/脚2/尻]
      • 極端に弱かった尻部分のふっとばし力が他と同じになった。
    • BKB変更: 27/27/30 ⇒ 35/35/35 [脚1/脚2/尻]
    • 脚1の攻撃判定のサイズ 4.8 ⇒ 5
  • 下空中攻撃
    • 出始めの地上ヒット時のベクトル変更: 280(メテオ) ⇒ 80
    • カス当たりに切り替わるF 19F ⇒ 20F *Timer

ピカチュウ[編集]

変更点確認されず。

リザードン[編集]

  • 弱攻撃
  • 1段目のWBKB増加: 15/10 ⇒ 26/22
  • 1段目のコンボ接続F変更: 10F~18F ⇒ 9F~18F
  • 2段目のコンボ接続F変更: 10F~18F ⇒ 9F~18F
  • これらの変更により次の段に繋がりやすくなった。
  • 3段目のKBG増加: 110 ⇒ 130
  • 前空中攻撃
    • 持続F増加: 8F~11F ⇒ 8F~12F *Timer
    • 先端の攻撃判定の持続部分(12%になってから)のKBG減少: 98 ⇒ 97
    • 先端の攻撃判定のサイズ拡大: 4.3->4.5 ⇒ 4.6->4.8 [始->持続]
    • 先端の攻撃判定の位置変更: X = 7 ⇒ 7.5 ※Bone=10
  • 上投げ
  • ベクトル変更: 60 ⇒ 70
  • KBG増加: 160 ⇒ 220
  • これにより追撃向けのワザから撃墜向けのワザに一転した。
  • 下投げ
    • ベクトル変更上昇 361 ⇒ 70
  • KBG減少: 300 ⇒ 130
  • BKB増加: 40 ⇒ 70
  • これにより撃墜向けのワザから追撃向けのワザに一転した。

ルカリオ[編集]

  • 弱攻撃
    • 1・2段目のベクトルやふっとばし力などが調整され、次の段に繋がりやすくなった。

プリン[編集]

変更点確認されず。

ゲッコウガ[編集]

  • 横強攻撃
    • 全体F減少: 41F ⇒ 32F
    • 13F~37FのFSM: - ⇒ 0.75
    • ダメージ増加: 6.5% ⇒ 7.3%
    • KBG減少: 112 ⇒ 110/90/70 [先端/中間/根元]
    • BKB増加: 15 ⇒ 20/30/40 [先端/中間/根元]
    • 根元の攻撃判定のBone変更: 3 ⇒ 5

ダックハント[編集]

  • ニュートラル空中攻撃
    • 着地隙減少: 22F ⇒ 17F

ロボット[編集]

変更点確認されず。

ネス[編集]

  • 下必殺ワザ1「サイマグネット」、3「フロントサイマグネット」
    • 空中版の解除動作の全体F 19F ⇒ 13F
      • FAF: 20F ⇒ 14F

キャプテン・ファルコン[編集]

  • 横スマッシュ攻撃
    • 無シフトのKBG増加: 94 ⇒ 95
    • 下シフトのKBG減少: 84 ⇒ 83
  • 上空中攻撃
    • ダメージ減少: 13%->12%/12%->10% ⇒ 11%->10%/10%->9% [始->持続] [先端以外/先端]
    • BKB増加: 10->8/10->8 ⇒ 16->10/16->10 [始->持続] [先端以外/先端]

むらびと[編集]

  • 後空中攻撃
    • Facing restriction変更: 3 ⇒ 4
      • ふっとばす向きに関する変更だが、実際には変更前後でふっとばす向きは変わっていない。これ以外にもパチンコ玉に何か変更があったと思われる。
  • 前投げ
    • BKB増加: 100 ⇒ 102
  • 後投げ
    • BKB増加: 15 ⇒ 18
  • 下投げ
    • ダメージ増加: 4.5% ⇒ 6%
    • KBG減少: 105 ⇒ 80
  • 上必殺技
    • 飛距離の回復速度が遅くなった。

ピクミン&オリマー[編集]

変更点確認されず。

Wii Fit トレーナー[編集]

変更点確認されず。

ドクターマリオ[編集]

変更点確認されず。

ブラックピット[編集]

変更点確認されず。

ルキナ[編集]

  • 弱攻撃
    • 1段目の全体F増加: 28F ⇒ 30F
      • FAF: 27F ⇒ 29F
  • 1段目のダメージ減少: 4.75% ⇒ 3.325%
  • 1段目のベクトル変更: 361 ⇒ 78/65/90 [中間/根元/先端]
  • 1段目のKBG減少: 50 ⇒ 30
  • 1段目のBKB増加: 20 ⇒ 55
  • 1段目のコンボ接続F 20F~ ⇒ 18F~
  • これらの変更により2段目に繋がりやすくなったり、1段目で止めて他のワザに繋げることがしやすくなった。
  • 1段目のヒットストップ補正率減少: 1 ⇒ 0.7
  • 2段目の全体F増加: 28F ⇒ 30F
    • FAF: 27F ⇒ 29F
  • 2段目のベクトル変更: 361 ⇒ 45
  • 2段目のKBG増加: 60 ⇒ 75
  • 2段目のBKB増加: 25 ⇒ 62
  • ヒットストップ補正率減少: ⇒ 1 ⇒ 0.7
  • 2段目の音レベルアップ: S ⇒ M
  • 横強攻撃
    • ダメージ増加: 9.975% ⇒ 10.925%
  • 上強攻撃
    • 全体F 42F ⇒ 39F
      • FAF: 43F ⇒ 40F
    • 出始めのベクトル変更: 100/361/361/100 ⇒ 100 [剣1/腕1/腕2/剣2]
    • 終わり際のベクトル変更: 85/361/361/85 ⇒ 85/100/100/85 [剣1/腕1/腕2/剣2]
    • BKB増加: 50->40 ⇒ 65->52 [始->持続]
  • ニュートラル空中攻撃
    • 着地隙減少: 15F ⇒ 12F
  • 上必殺ワザ1、上必殺ワザ2「クレセントスラッシュ」
    • 上必殺ワザ1の出始めのKBG増加: 68 ⇒ 74
    • 上必殺ワザ1・2のヒットストップ補正率増加: 0.5 ⇒ 0.7
  • 下必殺ワザ1~3
    • カウンター発動時にボイスが入るようになった。

シュルク[編集]

変更点確認されず。

パックマン[編集]

  • 下必殺ワザ
    • 特定の状況下で下必殺ワザを使用すると、消火栓が地形をすり抜ける現象が起きなくなった。
    • 特定の位置で下必殺ワザの消火栓を出すと、消火栓が地面に着いているのに落下状態扱いのままになる(攻撃判定を持ったままになり、放水しなくなる)現象が起きるようになった。
  • 上必殺ワザ
    • 地上で出した上必殺ワザのトランポリンを他のプレイヤーが踏んだ瞬間に上必殺ワザを使用すると、トランポリンを踏んだプレイヤーが地形をすり抜ける現象が起きるようになった。

ロックマン[編集]

変更点確認されず。

ソニック[編集]

  • 上スマッシュ攻撃
    • 最終段のKBG減少: 177 ⇒ 165
  • 下空中攻撃
    • 全体F減少: 49F ⇒ 45F
      • FAF: 50F ⇒ 46F

ミュウツー[編集]

  • 上スマッシュ攻撃
    • 1段目のベクトル変更: 95 ⇒ 100
    • 1段目の攻撃判定のサイズ縮小: 6.2 ⇒ 3
    • 1段目の攻撃判定が後方に拡大: Z = 0~7.5 ⇒ -6~7.5 ※Bone=0
  • 空中ニュートラル攻撃
    • 着地隙減少: 19F ⇒ 16F

Mii 格闘タイプ[編集]

  • 横必殺ワザ1「瞬発百裂キック」
    • 移動中に出るのベクトル・ふっとばし力が先端・根元で異なっていたのが統一された。

Mii 剣術タイプ[編集]

  • 弱攻撃
    • 1~3段目の根元の攻撃判定が厚くなった。
    • 1段目のコンボ接続F変更: 10F~18F ⇒ 9F~18F
    • 1段目の発生高速化: 7F~8F ⇒ 6F~7F *FSM *Timer
      • 0F~4FのFSM: - ⇒ 0.8
      • 発生F(Timer): 7F ⇒ 6F
    • 2段目のコンボ接続F変更: 10F~18F ⇒ 9F~18F
    • その他、1~2段目のふっとばし力が変わるなどの変更がされ、次の段に繋がりやすくなった。
  • ダッシュ攻撃
    • 全体F減少: 47F ⇒ 45F
      • FAF: 48F ⇒ 46F
    • 攻撃判定のサイズ拡大: 3/2.2 ⇒ 4/3 [根元以外/根元]
  • 横強攻撃
    • 全体F減少: 39F ⇒ 36F
      • FAF: 40F ⇒ 37F
    • 根元の攻撃判定が厚くなった。
  • 下スマッシュ攻撃
    • 全体F減少: 60F ⇒ 53F
      • FAF: 61F ⇒ 54F
  • ニュートラル空中攻撃
    • 発生・持続F変更: 12F~23F ⇒ 11F~22F
      • 10F~9FのFSM: - ⇒ 0.85
      • 発生F(Timer): 12F ⇒ 11F
  • 前空中攻撃
    • 根元の攻撃判定のサイズ拡大: 2.4->3.2 ⇒ 3.5->3.5 [始->持続]
  • 後空中攻撃
    • ダメージ増加: 12% ⇒ 14%
  • 横必殺ワザ1「変則急襲斬り」
    • 突進時の浮き上がりが低くなった。

Mii 射撃タイプ[編集]

変更点確認されず。

その他[編集]

  • [3DS/Wii U] 追加コンテンツ第2弾(ファイター「リュカ」と「ロイ」と「リュウ」、ステージ"プププランド(64)"と"朱雀城"、「Miiファイター」のコスチューム)に対応した。
  • [3DS/Wii U] サムス(amiibo)のAIが強化された(以前のバージョンでは、1on1ルール等でどんなに戦っても攻撃頻度がかなり低かった)
  • [3DS] このバージョンから通常3DS向けにamiiboに対応し、「いろんなあそび」画面に「amiibo」が追加された。
    • ただし、読み取りするためのNFCリーダー/ライターは2015年7月30日に発売のため、実際に使えるのはそれ以降となった。
  • [3DS] Newニンテンドー3DS/New 3DS LLでプレイし、大乱闘モードでamiibo受付モードにした時、NFCマークの周りに、受付範囲が表示されるようになった。
  • [Wii U] 8人乱闘で、キャラクター選択画面から、ステージ選択画面への読み込みが早くなった。
  • [Wii U] 8人乱闘で、アップデート前は終点化の切り替えはL・Rを押していたが、更新後は通常通りXボタンでできるようになった。
  • [Wii U] ステージ"Miiverse"が選べるようになった(無料配信ステージ)。このステージのオレ曲セレクトにあるいくつかの音楽は内部データで既に存在していた曲の解禁も含まれている。
  • [Wii U] 共有モード内での効果音が、設定にかかわらず音量が大きかったのが修正された。
  • [Wii U] 3DS版との連動受付画面に、同日販売開始された『スマブラコントローラー』のQRコード付き案内が追加された。

外部リンク[編集]


更新データ
1.0.1 - 1.0.2 - 1.0.3 - 1.0.4 - 1.0.5 - 1.0.6 - 1.0.7 - 1.0.8 - 1.0.9 - 1.1.0 - 1.1.1 - 1.1.2 - 1.1.3 - 1.1.4 - 1.1.5 - 1.1.6