【おしらせ】スマブラ for 3DS/Wii UまとめWikiはシリーズ全体を統括するサイトに拡張しました。
現在各ページを『スマブラfor』からシリーズ全体に拡充するための総合化の編集をしております。
詳しくは、大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U まとめWIKI・シリーズ統合Wiki化‎をご覧ください。

Electronic Entertainment Expo

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
E3から転送)
移動先: 案内検索

Electronic Entertainment Expoは、ロサンゼルスで毎年開催される世界最大のゲーム見本市。「E3」の略称で知られる。ここでは、E3における『スマブラ』に関する出来事を記述する。

E3 2018[編集]

現地時間6月12日~14日に、E3 2018が開催された。

Nintendo Direct: E3 2018[編集]

日本時間の6月11日1時にE3に合わせて放送されたプレゼンテーション映像『Nintendo Direct: E3 2018』で、先に放送された『Ninetndo Direct 2018.3.9』で詳細を伏せたまま公開された新作『スマブラ』のゲームの詳細が次々と公開され、正式タイトルが『スマブラSP』だと発表された。なお、放送時間は43分弱だったが、半分以上が『スマブラSP』の紹介だった。

Nintendo Treehouse: Live 2018[編集]

E3内の任天堂ブースで行われた公式生放送企画。具体的なゲームプレイの様子が見られ、新ファイターや新要素などが紹介された。

Super Smash Bros. Invitational 2018[編集]

E3会場で『スマブラSP』を用いた初の公式トーナメントイベントが開催された。

E3 2015[編集]

E3会場でのスマブラの出展はなかったが、E3開催の2日前の日本時間6月14日の23時40分に『『大乱闘スマッシュブラザーズ』即日配信! 新要素のお知らせ』を放送し、リュカロイリュウの配信日を発表した。

それから間もない15日の10時に、E3の前座とも言える、選りすぐりのゲーマーが決められたゲームで対決する『任天堂ワールド・チャンピオンシップ』が開催され、そこの「ラウンド4」で『スマブラWii U』が用いられた。
まずエキシビジョンマッチとして、前年の#Super Smash Bros. Invitationalの準優勝者と、米国任天堂のレジナルド・フィサメィ社長の対戦が行われた。その後、ラウンド3を勝ち抜いてきた3人に、敗者復活戦を勝ち上がった1人を加えての「大乱闘」が行われた。

E3 2014[編集]

現地時間6月10日~12日に、E3 2014が開催された。

Nintendo Digital Event[編集]

E3に合わせ、日本時間の6月11日1時に、米国任天堂のプレゼンテーション映像『Nintendo Digital Event』がインターネットを通じて放送された。放送序盤に任天堂社長の岩田聡と米国任天堂の社長レジナルド・フィサメィが格闘し、その後『スマブラWii U』で自身を模したMiiファイターを使って対戦、劣勢に陥った岩田聡がマリオamiiboをWii U GamePadにかざし、ゲーム中にマリオのFPを呼び出してレジナルド・フィサメィのMiiファイターを倒す、という小芝居があり、その後に桜井政博からMiiファイターとゲームモードの一部の紹介、3DS版・Wii U版の発売日の告知がされ、それが終わると、レジナルド・フィサメィからamiiboの紹介がされた。その後、他のゲームの紹介がされ、最後にパルテナ参戦ムービー光の女神』が放送された。

Super Smash Bros. Invitational[編集]

日本時間の11日7時頃に、E3会場近くのNokia Theatreで、『スマブラWii U』を用いた公式トーナメントイベントが開催された。会場には1000人以上のスマブラファンが集まり対戦を観戦した。スマブラ参戦キャラクターのコスプレをした人は優先的に前の方で観戦することができた。入場者には先着3000名にリストバンドが配布された。 トーナメントには、事前に米国任天堂に招待されたスマブラプレイヤー16人が出場、使用可能なキャラクターとステージは下記の試遊台と同じもので、出場者が使うキャラクターは被りのないよう、事前にくじ引きによる早い者勝ちで選び、大会中の使用キャラクターはそれで固定となった。出場者は大会の前に僅かな時間だけ自由にプレイすることができた。 トーナメントの合間には、雑誌編集者による4人対戦、セレブによる4人対戦、3DS版のフィールドスマッシュの紹介イベントが挟まれた。

進行・ルール[編集]

  • 1位・2位が次戦へ進む
  • ステージは全てランダム
  • 1回戦は4人対戦・5分4ストック・アイテム出現率:普通
  • 2・3回戦は4人対戦・5分4ストック・アイテム出現率:少ない
  • 4回戦(決勝戦)は1対1、アイテムなし、8分4ストック
Fan Favorite Tournament[編集]
  • 1回戦・2回戦終了後に、会場にいる観戦者たちが、最も素晴らしいプレイをしたと思ったキャラクターの描かれた札を掲げる。最も多く掲げられたキャラクターを使用していたプレイヤーは、Fan Favorite Tournamentに出場し対戦する。(3回戦でも投票はされたが、Fan Favorite Tournamentとは関係無し)
  • 対戦結果で1位のプレイヤーと、上記同様の投票によって選ばれたプレイヤーが、次のFan Favorite Tournamentに進む。
  • 1・2回戦は4人対戦・5分・アイテム出現率:普通
  • 3回戦(決勝戦)は1対1・5分・アイテム出現率:普通
  • ステージは全てランダム

試遊台[編集]

E3会場任天堂ブースに『スマブラ3DS/Wii U』の試遊台が設置され、来訪者はそれをプレイすることができた。Wii U版のコントローラーには、Wii U用 ゲームキューブコントローラ接続タップ‎に繋がれたゲームキューブコントローラが4つ用意された。プレイできるゲームモードはタイム制2分の大乱闘。3DS版はフィールドスマッシュもプレイできた(カスタマイズ不可で、持ち込みアイテムはランダム)。使用可能なファイターとステージは次の通り。

ファイター
ステージ 3DS
ステージ WiiU

ラウンドテーブル[編集]

日本時間の11日11時頃に、E3内の小ホールに集まった記者などを相手に桜井政博が『スマブラfor』の新要素の説明や質疑応答を行った。パックマンの参戦はこの場で初めて発表された。

E3 2013[編集]

6月11日、E3に合わせて放送した『Ninetndo Direct @ E3 2013』で、『スマブラfor』の映像が世界初公開された。ここで紹介されたファイターは、マリオドンキーコングリンクサムスカービィフォックスピカチュウクッパピット。そして新規参戦ファイターのむらびとロックマン

放送から数時間後、E3内の任天堂ブースで『Wii Fit トレーナー参戦!』が放送、Wii Fit トレーナーが紹介された。その後に桜井政博によるWii Fit トレーナーの紹介と、桜井政博が操作するロックマンとNOAの社員が操作するマリオによる1対1の対戦が行われた。

E3 2011[編集]

6月8日、任天堂のプレゼンテーションで、スマブラの最新作の開発を発表。Wii U・3DSの2つのハードでリリースし、両者は何らかの形で連携するという方針が明かされた。なお、この時点では、桜井政博は『新・光神話 パルテナの鏡』の開発中であり、スマブラの開発は始まっていない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]