メインメニューを開く

大乱闘スマッシュブラザーズWiki β

アイク

アイク
デビューファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡(2005年4月20日/GC)
スマブラへの出演スマブラXスマブラforスマブラSP

アイク(Ike)は、『ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡』とその続編『ファイアーエムブレム 暁の女神』に登場するキャラクター。

概要編集

『ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡』の主人公。グレイル傭兵団団長、グレイルの息子。
故郷であるクリミア王国が隣国デインの侵攻を受け滅んだ際、辛くもデインの手から逃れたクリミアの王女"エリンシア"と出会い、最早頼るものが無い彼女から助けを乞われる。
紆余曲折を経て、クリミア王国軍は再興・蜂起。将軍の地位を与えられ、同時に爵位を得る。
戦いの末、デインの王"アシュナード"を討ち果たし、英雄として称えられる。

続編『暁の女神』では、第三部以降にして、事実上作中の実質的な主人公を務める。
貴族生活は肌に合わないと、爵位を返上して傭兵業を再開した彼の元に、 先の戦からの友人が姿を現す場面から始まる。
友から伝えられた戦乱の勃発。友への協力を約束した彼は、再び戦いに身を投じる。
『暁の女神』のエンディングでは、いくつもの戦いで残した功績の数々から、"蒼炎の勇者"の異名で知られるようになったことが語られている。

代々王侯貴族が主人公を務めてきた『ファイアーエムブレム』シリーズにおいて、初めての平民出身の主人公。 性格は落ち着いていて無愛想だが、根本的には熱血漢。
熟慮が苦手で猪突猛進、食欲旺盛、色恋沙汰にも縁がない…と、シリーズ中でも異色な存在。
年齢は『蒼炎の軌跡』では17歳。『暁の女神』では父親似の筋肉質になっており、21歳と推測できる。

手に持つ剣は"神剣ラグネル"。原作では強力な性能を誇る伝説の武器である。
専用のスキルである「天空」も極めて強力な効果を持ち、さらにアイク自身のステータスが優秀なことも合わさって、歴代最強主人公の扱いを受けている。

●神剣ラグネル
英雄オルティナが使っていた双剣の片割れで、女神アスタルテの加護を受けた伝説の剣である。アイクの宿敵である漆黒の騎士が持つ"神剣エタルド"とは、対の関係である(ラグネルの刀身の金に対し、エタルドは銀となっている)。
作中最高クラスの威力に加え、使用回数が無限(ほとんどの武器は有限)で、さらに衝撃波を飛ばすことで間接攻撃も可能。守備に補正までかかり、おまけに『蒼炎の軌跡』でのみ、必殺の一撃を無効化する隠し効果まで備えているなど、至れり尽くせりの性能である。
代わりにゲーム中で最も重い武器の一つであり、スマブラでの扱いはそれを意識していると思われる。

●天空
「奥義」と呼ばれる強力なスキルの内の一つで、両作品中ではアイクのみ習得可能。
「太陽(HP吸収)」と「月光(『蒼炎の軌跡』では防御力半分無効化、『暁の女神』では防御力無効化)」というスキルの連続攻撃。
最初に剣を上空に投げた後、ジャンプして剣をキャッチすると同時に敵を斬り付け(太陽)、 さらにもう一度敵を斬り上げ(月光)つつ、高くバク転しながら元の位置に戻る。
スマブラでは「月光」に該当する攻撃が無く、最後の切りふだ「大天空」では、「上空に投げる剣で相手を空中に放り上げ、連続攻撃を仕掛ける」などのアレンジがされている。

『ファイアーエムブレム 覚醒』には、"異界のアイク"としてDLCマップにて登場する(設定上、厳密には本人ではない)。さらに、ラグネルを持った"パリス[1]"という名の、アイクの子孫と思しき人物も登場する。
なお、同作ではクロムやルキナが天空を習得できる。

余談だが、『覚醒』の主人公であるクロムは、シリーズ内でも人気の高いアイクのキャラクターを一部意識してデザインされている。王子でありながら自警団の団長を務めていることや、訓練で壁を壊すという豪快ぶりに、アイクの面影がみられる。

●蒼炎
元々はテリウスで巻き起こる戦乱によって多くの人々が発する負の気に、負の女神ユンヌを封じたメダリオンが呼応して放つ青白い光を指す。炎の紋章"とも呼ぶことから、陽炎のように揺らめき光るそれが蒼い炎に見立てられたのだと思われる。よって燃焼はしない。 ユンヌが鳥に姿を変える、加護を授けるといった力を行使する際にも放ち、正の女神アスタルテとの決戦では自らが蒼炎となってアイクに憑依した。

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ編集

シリーズ3作目から登場。『スマブラX』には2007年8月1日に公式サイトで、『スマブラfor』には2013年5月23日に公式サイトで参戦が明らかにされた。2作ともに最初から選択可能なファイターとして登場している。

デザインは、『スマブラX』では『蒼炎の軌跡』の「レンジャー」クラスのものを、『スマブラfor』では『暁の女神』の「勇者(ブレイブ)」クラスのものをベースにしている。そのため、『スマブラX』と『スマブラfor』では服装や顔つきだけでなく、体格も大きく異なる。

日本版での声は原作同様、萩道彦が務める。『スマブラfor』では『スマブラX』で収録された音声を使用している。

アイクのスマブラ初参戦である『スマブラX』の制作を発表した2005年7月には、Wiiで『ファイアーエムブレム』の新作が制作されているという情報が桜井政博の元に届いていたが、キャラクターなどのゲーム内容までは全くわからない状態だったため、『スマブラX』の企画書には『ファイアーエムブレム』からの参戦候補としては「アイク」ではなく「ファイアーエムブレムの誰か」と表記がなされていた[2]
その後アイクを参戦させる方針に決まると、原作の開発者から「見た目に反して重い感じにしたい」という要望が出されたため、動きは遅いがパワーのある性能になった[2]
なお、原作では使用可能だったラグネルの衝撃波による遠距離攻撃を外した理由について桜井政博は、「『スマブラX』で目指すべきアイク像と相容れるのか。また、キャラクター性という意味ではなくて、ゲーム上でキャラクターらしさを体現するときに、受け入れられるバランスになるのかどうかということを考えて外しました」と述べている[2]

『スマブラX』でのキャラクターコンセプトは、「うなる剛剣」[3]。同シリーズからのマルスのスタイルがスピード重視の「流麗な剣術」であるのに対し、アイクのスタイルはパワー重視となっている。巨大な両手剣を片手で豪快に振るい、それゆえに動作が重たいのが欠点だが、それを補って余りある攻撃力とリーチを誇る。また、『ファイアーエムブレム』からの参戦ファイターの中では唯一、手足による殴打攻撃を持つ。

『スマブラX』で一部ワザで表示されていた赤い炎のエフェクトは、『スマブラfor』では蒼炎を意識してか蒼色に変更された。

公式イラスト編集

亜空の使者編集

マルスとメタナイトが追撃していた、亜空軍の幹部であるエインシャント卿の持つ亜空間爆弾を「天空」で破壊して登場し、その直後2人と共に行動をする。
また、荒野に登場した大型ロボット兵器"ガレオム"を発見したとき、最初に追撃を開始したが、このシーンで原作同様の猪突猛進さが強調されている。

ゲーム中の解説編集

[X フィギュア名鑑] アイク
クリミア王国に拠点を置くグレイル傭兵団の一員。口数は多いほうではなく、無愛想な印象を相手に与えるが、実際は心の奥に熱いものが流れている熱血漢である。クリミア王国復興の立役者。『暁の女神』では義に厚く、芯の通った立派な青年へと成長を遂げ、グレイル傭兵団の長としてラグズ連合に加勢する。
  • (GC) ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡
  • (Wii) ファイアーエムブレム 暁の女神
[X フィギュア名鑑] 大天空
必殺ワザ“天空”の強化版。対戦相手に向かってアッパースイングの剣攻撃を出し、ヒットすれば発動する。剣を投げ、空中で連撃をくり出し、最後は急降下斬りで相手をたたき落とし、地上で大きく吹き飛ばす。見た目、ワザともにとても派手だが、1発目のアッパースイングの剣攻撃をヒットさせないと発動しない弱点も持っている。
  • (Wii) 大乱闘スマッシュブラザーズX
[for フィギュア名鑑] アイク
『ファイアーエムブレム』シリーズに登場する、主人公のひとり。かつて、亡国クリミアを再興に導いた英雄で、グレイル傭兵団団長も務めた。今作の『スマブラ』は、巨大なベグニオン帝国に立ち向かう“勇者”アイクの姿で参戦。一撃の重たい剣術が特徴で、重量級のライバルでも豪快にふっとばす力をもっているファイターだ。
  • (GC) ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡 (2005/04)
  • (Wii) ファイアーエムブレム 暁の女神 (2007/02)
[for フィギュア名鑑] アイク(EX)
両手剣で一刀両断する横スマッシュ攻撃の「叩き割り」は『スマブラ』内でもトップクラスのふっとばし力をもつ。スキは大きいものの、常に狙っていきたいワザ。「噴火」は地面に剣を刺し火柱を発生させ、ダメージを与える必殺ワザ。ためすぎると自らダメージを受けてしまうので、最大までたまる一歩手前で出すといいだろう。
  • (GC)ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡 (2005/04)
  • (Wii)ファイアーエムブレム 暁の女神 (2007/02)
[for フィギュア名鑑] 大天空
必殺ワザ“天空”と、連続攻撃を組み合わせた最後の切りふだ。アッパースイングで剣を大きく振り上げて、相手にヒットすると発動。剣を上に放り投げ空中で掴み取ったあと、何度も攻撃を繰り出し、最後は地上に勢いよく叩き落として大きくふっとばす。最初の一撃を当てられないと発動しないまま終わるので、しっかり狙いたい。

ワザ編集

初代スマブラ スマブラDX スマブラX スマブラ4
弱攻撃 殴打→蹴り上げ→振り下ろし  ?
ダッシュ攻撃 斬り上げ  ?
横強攻撃 振り抜き  ?
上強攻撃 叩き上げ  ?
下強攻撃 斬り払い  ?
横スマッシュ攻撃 叩き割り  ?
上スマッシュ攻撃 叩き下ろし  ?
下スマッシュ攻撃 振り払い  ?
ニュートラル空中攻撃 斬り回し  ?
前空中攻撃 斬り下ろし  ?
後空中攻撃 振り向き斬り  ?
上空中攻撃 振り回し  ?
下空中攻撃 叩き落とし  ?
つかみ攻撃 つかみ頭突き  ?
前投げ 蹴り  ?
後投げ 後ろ蹴り  ?
上投げ 突き上げ  ?
下投げ 膝蹴り  ?
通常必殺ワザ 噴火  ?
横必殺ワザ 居合い斬り  ?
上必殺ワザ 天空  ?
下必殺ワザ カウンター  ?
最後の切りふだ 大天空  ?

動作などの元ネタ編集

ワザ編集

  • ダッシュ攻撃:斬り上げ (X-for)
    • クラス「ロード」の時の必殺。剣を構えた後、滑るように近付きジャンプして斬り上げる。スマブラではジャンプがカットされている。
  • 横強攻撃: 振り抜き (X-for)
    • クラス「ロード」の時の通常攻撃。両腕を交えて横斬りを繰り出すのは同じだが、スマブラではかなり体勢が低めになっている。
  • 上強攻撃: 叩き上げ (X-for)
    • アイクのクラスでは違うが、ソードマスター(剣)やハルバーディア(槍)などの必殺では初撃で武器を振り上げて相手を打ち上げ、それらに少し似てる。
  • 横スマッシュ攻撃: 叩き割り (X-for)
    • 『蒼炎の軌跡』の序章のムービーの稽古風景から。父のグレイルに向けて不意打ちを仕掛けるが簡単に避けられたうえ反撃を貰ってしまった。
  • 前空中攻撃: 斬り下ろし (X-for)
    • 『蒼炎の軌跡』のオープニングムービーの漆黒の騎士と剣を交える部分の最後のイラストのポーズにやや近い。
 
  • 上空中攻撃: 振り回し (X-for)
    • 『蒼炎の軌跡』の漆黒の騎士の必殺の前動作に少し似ている。ちなみに、漆黒の騎士とアイクは同一の剣術の師匠を持つ。
  • 通常必殺ワザ: 噴火 (X-for)
    • 実際のところは剣から炎は出せない。
    • アイクは使えないが、原作には「ボルガノン」という相手の足元から溶岩を噴き出させるような攻撃をする炎の魔術書があり、それとよく似ている。
  • 横必殺ワザ: 居合い切り (X-for)
    • 『蒼炎の軌跡』の下級職時のとどめの必殺モーションに、突進して剣を平行に振り攻撃するという似たような動作がある。これは暁の女神の必殺モーションにも似たようなものが見られる。
  • 上必殺ワザ / 勝利演出・右(『for』での操作): 天空 (X-for)
    • 『蒼炎の軌跡』『暁の女神』でアイクのみ習得できる奥義スキル。詳細は#概要にて。
    • 原作では敵に蒼い光を発しつつ剣を向け、空中キャッチから斬り下ろし(太陽)→バック転しながら斬り上げ(月光)の二連コンボ。掛け声は無い。
    • スマブラでは斬り下ろし前後のモーションが無いため、原作の天空よりGBA時代の「傭兵」というクラスの必殺モーションの方が近い。
  • 下必殺ワザ:カウンター (X-for)
    • 反撃はクラス「レンジャー」時の初回攻撃に似ている。
    • 同名のスキルは存在するが効果は受けたダメージの半分を返すというもので、スマブラのものとは異なる。
  • 最後の切りふだ: 大天空 (X-for)
    • 「大天空」という技は原作にはないが、大天空のように高速で連続攻撃を見舞わせる「流星」というスキルがある。
  • アピール上:剣を正眼に構え、気合を入れる (X-for)
    • 正眼の構えは『蒼炎の軌跡』のオープニングムービーの漆黒の騎士と剣を交える部分の最初のイラストのポーズに近い。
 
  • 横アピール (X-for)
    • 『暁の女神』の戦闘前のモーションによく似ている。
 
  • 下アピール (X-for)
    • 動作は全く似ていないが、アイクの妹のミストは剣装備時に敵を倒すと、剣を地面に刺す。

その他編集

  • 待機モーション: 首の後ろに回した剣で肩を叩く (X-for)
    • 『暁の女神』のクラス「神将」時のマップ上では剣を肩に乗せている。
  • 中速歩行 (X-for)
    • 「蒼炎の軌跡』のレンジャー時のマップ上での歩き方に近い。
  • 走行ブレーキ (X-for)
    • 『蒼炎の軌跡』の7章後のムービー「運命の一夜」で足を止めたときのポーズにやや近い。ただし原作より姿勢が低く左右逆。またその時、剣を持っていない。
  • 空中前ジャンプ / ガケのぼりジャンプ (X-for)
    • クラス「ロード」時の必殺や、「天空」では、ジャンプ中にこのような感じで身体を丸めて前回転する。
  • 地上後ろジャンプ (X-for)
    • 『暁の女神』の4部終章「再生[Area2]」の戦闘前の漆黒の騎士と剣を交えるムービー(オープニングムービーにも使われている)での後方宙返り。
  • 登場演出 (X-for)
    • 「ワープの杖」などによる転送。
  • 勝利演出・左(『スマブラfor』での操作):剣を地面に突き刺し、「手加減してやるほど、俺は甘くはない」 (X-for)
    • セリフは『暁の女神』の3部7章「両雄、相打つ」でアイクがサザに発するもの。原作では「戦場で手加減してやるほど~」である。
  • 勝利演出・上(『スマブラfor』での操作):剣を軽く振るい肩に乗せ、「守るべきもののために、戦うだけだ」 (X-for)
    • セリフは原作のキャッチコピーである「守るべき者のため ただ戦う」から。
    • 剣を肩に乗せるのは『暁の女神』のクラス「神将」時のマップ上でのポーズを意識したものだろうか。

主な登場作品編集

脚注編集

  1. "パリス"は、アイクの開発初期段階での名前である。
  2. 2.0 2.1 2.2 2008年2月29日ファミ通増刊号「直撃!!桜井政博さんインタビュー 新規参戦キャラクターについて聞く後編」
  3. 桜井政博のゲームについて思うことDX 2ページ

外部リンク編集