【おしらせ】スマブラ for 3DS/Wii UまとめWikiはシリーズ全体を統括するサイトに拡張しました。
現在各ページを『スマブラfor』からシリーズ全体に拡充するための総合化の編集をしております。
詳しくは、大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U まとめWIKI・シリーズ統合Wiki化‎をご覧ください。

【おしらせ】ログインをしていないと編集に失敗する不具合を修正しました。

アイスクライマー

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
移動先: 案内検索
アイスクライマー
デビューアイスクライマー
(1985年1月30日/FC)
スマブラへの出演スマブラDXスマブラXスマブラSP

アイスクライマー(Ice crimbmers)は、同名の作品に登場するキャラクターであるポポとナナのこと。

概要

ジャンプで山を登っていくゲームのプレイヤーキャラクター。
2人のうち、青い方が男の子の"ポポ"、ピンクの方が女の子の"ナナ"。

『アイスクライマー』は、2人で遊ぶことができ1Pがポポ、2Pがナナを使う。基本的にはどちらが先に頂上まで行くかを競うことになるが、協力することもできる。

スマブラDX』のフィギュア解説によると、2人は友達以上恋人未満の仲らしい。

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ

シリーズ2作目から登場。『スマブラDX』『スマブラX』に参戦し、2作ともに最初から選択可能なキャラクターとして登場した。
スマブラfor』でも参戦予定であり、Wii U版では動かせる程度まで制作は進められていたが、3DS版ではマシンパワーの不足で動かすことができずカットされた[1]。『スマブラX』のデザインで鑑賞用フィギュアとしては登場している。

『スマブラDX』で新規参戦は、ファミコンオリジナルのキャラクターから代表して1つ参戦させるというテーマの元、候補となった様々なキャラクターの中から、アイスクライマーは原作の特徴である2人同時プレイを二人一組のファイターとして体現すれば他に無い個性を発揮できるということで選ばれた[2]


ポポとナナの二人組でアイスクライマーとして参戦。デザインは大きくアレンジされ、頭身が低めのファンシーな姿になっている。

声の担当はポポ・ナナ共に小林沙苗が務める。


2人合わせて1体のファイターという超変則型のファイター。
実際に動かすのはポポで、ナナは自動的についてくる。カラーチェンジでナナを動かす事も可能。(以降メインをポポ、サブをナナとする)
ナナはポポよりも少し攻撃力が低めに設定されている事とごく一部の技の性質が異なること以外は、ポポと全く同じ性能を持つ。

アイテムを一つずつ同時にニつまで持つことが出来る、片方が掴まれたときにもう片方で救出することができる、など2キャラ分行動できる利点は多い。通常一度に二回分の攻撃判定が出るため打ち合いに強く、またダメージも大きい。
技自体も武器持ちキャラとしてはクセが少なく比較的扱いやすいものが多い。

ナナが撃墜されてもポポが撃墜されない限りミスにカウントされないが、通常のファイターに比べて一人分の能力は低めの設定になっている。 特に復帰力は、独りになると重量級以下になるという致命的なほど。
そのため、なるべく二人での行動を保ち、一人になってしまった場合は特に慎重に立ち回らなければない。
ナナが撃墜されてしまうとポポが撃墜されるまで復活することはない。
ダッシュ力は並みでジャンプ力こそ高めだが体重は軽い。ジャンプ中の横移動が遅いのも原作通り。武器を使用するキャラの中では極端にリーチが短い。
ふっとばし力も平凡で、確実にダメージを溜めていく戦いが要求される。

ナナは基本的にポポの動作に追従するように動き、距離が離れた場合は合流しようとするが、 あまりに距離が離れていた場合は無理に戻ろうとはせず、ポポが近くに来るまでは独自の判断で戦闘する。
CPUのレベルが高めに設定されているらしく、結構強い。無理に戻ろうとして自滅ということも無いので安心。

アイテムは一人一つ持てる。一見有利に思えるかもしれないが、即効性のアイテム(例えばハンマー)をナナが持ってしまった場合、ナナはポポの真後ろでハンマーを振るう事になる。そのせいで敵に接触するのが一瞬遅れる等の不利益が生じる可能性もある。
ナナは本体よりも数フレーム遅れて行動するため、緊急回避したがナナは当たってしまった。なんてこともある。

ナナにもダメージはポポとは別に存在する。ナナもファイターであり、HP制ではないので画面外までふっとばされなければ撃墜されない。
乱闘中に数値では確認はできないが、吹っ飛びやすくなるので、危険なほどなのかどうかは分かる。
氷山用のスパイクを履いているため、つるつる滑る床の上でもまったく影響を受けずに走れるという地味ながら便利な能力もある。

『スマブラfor』ではロゼッタ&チコという似て非なるファイターが参戦している。パートナーであるチコが時間経過で復活する、チコを故意的に切り離すことができる、チコはHP制ですぐに落下してバーストしたりダメージだけでやられてしまう、切り離されたチコは入力が無ければ少しずつロゼッタに近づくだけで何もしない、など様々な面で異なっている。

ロゼッタ&チコが処理面で大変だったチコはナナとは違い、離れたら戻るだけの単純なAIしか必要ない為だろう。

公式イラスト

亜空の使者

[icon] この節の加筆が望まれています。


ゲーム中の解説

[DX フィギュア名鑑] アイスクライマー
青い服が”ポポ”、赤い服が”ナナ”。氷山をひたすらジャンプで登り続ける”アイスクライマー”の主人公たち。なぜか山頂付近にはなすやきゅうりなどのやさいが落ちており、なぜか翼竜につかまって山頂制覇していた。
  • アイスクライマー (FC)
  • VSアイスクライマー (AC)
[DX フィギュア名鑑] アイスクライマー(SMASH)
ふたり一組で戦う、風がわりなキャラクター。”ナナ”がミスしても得点の上下はないが、合体ワザが使えなくなり、苦戦必至。ふたりでいる時は強力だが、空中横移動がとても遅い。”アイスショット”は氷のつぶを発射する。”トルネードハンマー”はふたりで出したほうが強力。
  • B:アイスショット
  • 横+B:トルネードハンマー
[DX フィギュア名鑑] アイスクライマー(SMASH)
アイスクライマーの色替えは赤系統のものは”ナナ”がプレイヤーとなる。ふたりは髪型が若干ちがう。”ゴムジャンプ”は、ジャンプの距離はとても大きいが、逆に着地を狙われないように注意していきたい。”ブリザード”はなるべく接近して当てたほうが良い。ときどき相手を凍らせる。
  • 上+B:ゴムジャンプ
  • 下+B:ブリザード
[X フィギュア名鑑] アイスクライマー
青い服を着ている方が”ポポ”、赤い服を着ている方が”ナナ”。優れたジャンプ力とハンマーを駆使してブロックを崩しながら頂上部へ登っていく。
野菜を入手しつつ、最後はコンドルにつかまれば山頂制覇。ハンマーはブロックを崩す以外に叩いて敵を追い払ったり、上にあるブロックから落ちてくるつららの破壊にも使用できる。
  • (FC) アイスクライマー
[X フィギュア名鑑] アイスバーグ
ステージ中央で巨大な氷山が出現しステージの形を変える。氷山に乗るとツルツル滑ってしまい、なかなか思うようにコントロールできない。しかも、この氷山はきわめて冷たいため、他の対戦相手は氷結ダメージを受けてしまう。なお、氷山は攻撃を受けると少しずつ小さくなっていく。役に立つかどうかは謎。
  • (Wii) 大乱闘スマッシュブラザーズX
[for フィギュア名鑑] アイスクライマー
1985年に登場したアクションゲームの2人の主人公。青い服を着ているのがポポ。赤い服がナナ。
頭上のブロックをジャンプして崩しながら山の頂上を目指し、行く手を邪魔する動物たちはハンマーで追い払う。
山を征服するとはじまるボーナスステージは、野菜を取るか、頂上で上手くコンドルにつかまると、スコアアップだ。
  • (FC)アイスクライマー (1985/01)

動作などの元ネタ

ワザ

  • 横スマッシュ攻撃:クイ打ち (DX-X)
    • 原作での攻撃方法と同じ。
元ネタ アイスクライマー 横S.jpg
▲勢いよく振り下ろしているため、体が地上から浮いちゃっている。
  • 下空中攻撃:急降下ハンマー (DX-X)
    • 効果音がトッピーが下のフロアに落ちるときのものに似ている。
  • 通常必殺ワザ:アイスショット (DX-X)
    • アイスショットで打ち出す氷は、原作中で敵キャラのトッピーが運んで来るものと同じ。
元ネタ アイスクライマー NB.jpg
  • 横必殺ワザ:トルネードハンマー (DX-X)
    • 効果音がニットピッカーが落ちるときのものに似ている。
  • 下必殺ワザ:ブリザード (DX-X)
    • 元ネタというよりはもはや余談だが、『VS.アイスクライマー』では特定ステージで吹雪が発生する。
  • 上アピール (X)
    • 原作でボーナスを得たときのジャンプに似ている。
元ネタ アイスクライマー 上アピ.jpg

その他

  • 歩き
    • 足をちょこまか動かしたり、首がほんの少しだけ上下する点など原作に非常に近い動き。
  • ジャンプ、通常落下、空中ジャンプ後落下
    • 効果音やモーションが原作通り ジャンプのポーズから落下のポーズになるタイミングも原作に非常に近い。上方向に長く横方向に短いという点も再現されている。
    • ジャンプは上必殺ワザのゴムジャンプのモーションの方が近いかもしれない。
元ネタ アイスクライマー ジャンプ.jpg
  • 走行ブレーキ
    • 原作で止まろうとして氷の上を滑ってるときと同じように、両足で前に出して止まろうとする。
元ネタ アイスクライマー 走行ブレーキ.jpg
  • 星になるとき、ふっとび中の回転
    • ミスをして落下するときの再現。
元ネタ アイスクライマー 星KO.jpg
▲原作ではとても激しく回る。
  • 画面内登場 (X)
    • 二人がつかまってくるのは、原作のボーナスステージで飛んでいるコンドル(翼竜に見えるがコンドルである)。
      掴まることでボーナスステージがクリアとなる。
    • 実際は二人も掴まれず、どちらか一方が掴まるかを競う。
元ネタ アイスクライマー 登場.jpg
勝利ポーズ

ファンファーレはコンドルにつかまった時に流れる曲。

  • 勝利演出・B(『スマブラX』での操作) (DX-X)
    • 原作の再現。ボーナスステージでコンドルに掴まれたときのリザルト画面。上アピールと同じ。
  • 敗北
    • 原作の再現。ボーナスステージでコンドルに掴まれなかったときのリザルト画面。
元ネタ アイスクライマー 敗北.jpg

主な登場作品

  • アイスクライマー(1985/FC)
  • VS.アイスクライマー(1985/AC)

ほか、外部出演している作品がある。

備考

  • 海外版ではアイスクライマーズ(Ice crimbmers)と呼ばれている。これは複数形の名詞にする必要があるため。

脚注

  1. 桜井政博のゲームについて思うこと VOL.461
    “開発中、Wii Uでは動いていました。が、ふたりペアで動かす仕様は相当なマシンパワーが必要です。もとより最大まで使っている3DSでは、どうしても動かなかったため断念しました”
  2. 速報スマブラ拳!! : アイスクライマー
    “まず、ファミコンオリジナルのキャラクターから代表して1つ出そう!と決めたら、あとは消去法でした。(略)それと、キャラ選別には「そのキャラにしかできないこと」があることが重要です。アイスクライマーなら、2人同時プレイをもじって2人同時に動かすのも面白そうだと思い、晴れて参加となりました。”

外部リンク


ファイター(シリーズ統合)
64 マリオ - ドンキーコング - リンク - サムス - ヨッシー - カービィ - フォックス - ピカチュウ - ルイージ - ネス - キャプテン・ファルコン - プリン
DX クッパ - ピーチ - アイスクライマー - シーク - ゼルダ - マルス - ピチュー - ガノンドロフ - ドクターマリオ - ファルコ - ミュウツー - ロイ - こどもリンク - Mr.ゲーム&ウォッチ
X ピット - ワリオ - ゼロスーツサムス - アイク - ポケモントレーナー ( ゼニガメ - フシギソウ - リザードン ) - ディディーコング - メタナイト - スネーク - リュカ - ソニック - デデデ - ピクミン&オリマー - ルカリオ - ロボット - トゥーンリンク - ウルフ
for むらびと - ロックマン - Wii Fit トレーナー - ロゼッタ&チコ - リトル・マック - ゲッコウガ - Miiファイター - パルテナ - パックマン - ルキナ - ルフレ - シュルク - ブラックピット - クッパJr. - ダックハント - リュウ - クラウド - カムイ - ベヨネッタ
SP インクリング - デイジー - リドリー