メインメニューを開く

大乱闘スマッシュブラザーズWiki β

クラウド・ストライフ

クラウド・ストライフ
クラウド (ファイナルファンタジーVII).png
『ファイナルファンタジーⅦ』のクラウド
シンボル ファイナルファンタジー.png
出典ファイナルファンタジーシリーズ
デビューファイナルファンタジーⅦ(1997年1月31日/PS)
スマブラへの出演スマブラforスマブラSP

クラウド・ストライフ(Cloud Strife)は、スクウェア・エニックス[1]の『ファイナルファンタジーⅦ』及びその関連作品群“COMPILATION of FINAL FANTASY Ⅶ”に登場するキャラクター。

概要編集

『ファイナルファンタジーⅦ』の主人公。本編では21歳の青年であり、元ソルジャークラス1stを自称している。手に持つ巨大な剣バスターソードを軽々と振るう。 口癖である「興味ないね」と、金髪のツンツン頭が印象的。また、クールで無関心な感じに見えるその性格には、彼の過去にあったある事件が関わっている。

物語冒頭は超大手企業・神羅カンパニーの対抗組織であるアバランチに雇われて戦っていたが、あるきっかけでスラムの花売りであるエアリスと出会ったことから、神羅カンパニーはもちろん、最終的には元・神羅カンパニーの英雄であり、仇敵ともいえるセフィロスたちと星の命運のため戦うことになる。

本編終了後の2年後を描いた映像作品『ファイナルファンタジーⅦ アドベントチルドレン』ではデリバリーサービスを営んでおり、彼自身も戦いや他人と離れて暮らしていた。しかしある日、ある男からの襲撃をきっかけに、彼や彼らが守りたいもののため、新たに合体剣を用いて戦うこととなる。

その他の『FFⅦ』関連作品でも少なからず出番があったり、『ディシディア ファイナルファンタジー』『シアトリズム ファイナルファンタジー』シリーズにも皆勤。さらには『FF』の枠を超えて『キングダムハーツ』シリーズや『エアガイツ』にも登場していたりする。『ファイナルファンタジー』シリーズでは最も知名度の高いキャラクターで人気を誇り、スクウェア・エニックスを代表する存在でもある。

ちなみに『FFⅦ』作中では女装や変装をする場面があり、特に女装については公式からもネタにされている(『DFF』での装備など)。それも人気の理由の一つかもしれない(もちろん女装するのも変装するのも訳があってのこと)。

●バスターソード
クラウドが愛用している剣であり、彼を象徴する武器である。が、元々の持ち主は元ソルジャークラス1stであり親友でもあったザックス(後に「ザックス・フェア」というフルネームが明かされた)
本編開始直前、ザックスがこの剣で神羅兵と戦って銃殺された際、その亡骸の側から持っていったものである。
ただし、派生作品である『クライシスコア ファイナルファンタジーⅦ』ではこの設定が少し変わっている。
ちなみに、『FFⅦ AC』では先述の合体剣が全て合体している時にこれに似た形状になる。

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ編集

シリーズ4・5作目の『スマブラfor』から登場。『スマブラfor』には発売後の2015年11月13日に放送された『Nintendo Direct 2015.11.13』で有料の追加コンテンツファイターとしての参戦が発表され、2015年12月16日に販売が開始された。『スマブラSP』には2018年6月13日に放送された『Nintendo Direct: E3 2018』で当作の情報が公開されると同時に参戦することが明らかになった。

スクウェア・エニックスからのゲスト参戦。『ファイナルファンタジー』シリーズの参戦希望は多々あれど、断トツの人気を誇るキャラであるとして参戦が決まった[2][3]。また、原作本編が任天堂プラットフォームで発売されていない作品から参戦する唯一のキャラクターである。

出演作品を追うごとにリアルなグラフィックで描写されるクラウドであるが、『スマブラ』ではほかのファイターと並べても違和感のないようにPSP版『ディシディア ファイナルファンタジー』を参考にしたデザインで描かれている[4]。また、色変えとして『ファイナルファンタジーⅦ アドベントチルドレン』のコスチュームがある。こちらは星痕を袖で隠している状態と隠していない状態の二種類がある。

声は、『キングダム ハーツ』以降の作品で担当する櫻井孝宏が務める。なお、海外版でも日本語の同じボイスで喋る。

身の丈ほどもあるバスターソードを軽々と扱いながら、『スマブラ』ならではの体術の要素を織り込んでいる[2]。原作の戦闘システム「リミットブレイク」は運動性能の上昇や必殺ワザの強化という形で再現され、どれも撃墜につながる強力なものになる。
クラウドの個性を成立させようとすると、高い攻撃力と走行速度を併せ持ち、リーチも長い、強さを完璧に備えた性能でバランスブレイカーになりかねないので、剣技は斬撃が高速だが振りぬき重視の溜め動作で出が遅い、通常状態の復帰力は低いといった短所も持たせてバランスを取っている[5]

アートワーク編集

ゲーム中の解説編集

[3DSWiiUフィギュア名鑑] クラウド
『ファイナルファンタジーⅦ』から参戦。巨大な片刃剣バスターソードはザックスの形見でありクラウドの愛剣。神羅カンパニーの元ソルジャーとして、傭兵稼業で暮らしていた。神羅に対抗するレジスタンス、アバランチから魔晄炉爆破の依頼を請け負ったことがきっかけとなり、クラウド自身の運命が大きく動き出した。
  • ファイナルファンタジーⅦ (1997/01)
[3DSWiiUフィギュア名鑑] クラウド(EX)
リミットゲージが最大までたまると、クラウドが青いオーラをまとってリミットブレイク状態となり各種必殺ワザの性能が一回だけ強化される。下必殺ワザは「画竜点睛」に変化し、剣を大きく振り上げて、前後に竜巻を巻き起こす。与えるダメージは1だがふっとばし力は高く、蓄積ダメージが低いうちから撃墜を狙いやすい。
  • ファイナルファンタジーⅦ (1997/01)
[WiiUフィギュア名鑑] 超究武神覇斬
究極の黒魔法メテオにより巨大な隕石を星に落とそうとするセフィロスと、それを阻止したいクラウド達。この星の命運をかけた最終決戦の一騎打ちで、クラウドが放った究極リミット技。素早い斬撃で乱舞し、大きく振りかぶった渾身の一撃でセフィロスを倒した。『スマブラ』では、最後の一撃で周囲を巻き込んでふっとばす。

使用ワザの名称一覧編集

  この節の加筆が望まれています。
スマブラfor スマブラSP
弱攻撃 (未公表)
ダッシュ攻撃 (未公表)
横強攻撃 (未公表)
上強攻撃 (未公表)
下強攻撃 (未公表)
横スマッシュ攻撃 (未公表)
上スマッシュ攻撃 (未公表)
下スマッシュ攻撃 (未公表)
ニュートラル空中攻撃 (未公表)
前空中攻撃 (未公表)
後空中攻撃 (未公表)
上空中攻撃 (未公表)
下空中攻撃 (未公表)
つかみ攻撃 (未公表)
前投げ (未公表)
後投げ (未公表)
上投げ (未公表)
下投げ (未公表)
通常必殺ワザ 破晄撃
横必殺ワザ 凶斬り
上必殺ワザ クライムハザード
下必殺ワザ リミットチャージ / 画竜点睛
最後の切りふだ 超究武神覇斬

動作などの元ネタ編集

ワザ編集

  • リミットゲージ / リミットブレイク
    • 『FFⅦ』を象徴する戦闘システム。リミットは攻撃を受けると溜まり、これがMAXになることでリミットブレイク状態になる。この状態では「たたかう」コマンドが「リミット」になり、それに応じた技が使用できるようになる。使用するかミス(戦闘不能)になるとリミットゲージは0に戻るのも原作と同じだが、『スマブラ』のようにこちらの攻撃や後述の「リミットチャージ」のように自力で溜める手段は存在しない。
    • リミットブレイク状態で移動速度が少し上がるのは、ブレイクした次のターンのATBゲージ(行動可能になるまでの時間)の溜まりが飛躍的に速くなる仕様を意識したもの。
    • リミットブレイク時の効果音は原作においてのリミットブレイク時のものと同じ。
  • 横強攻撃
    • 『FFⅦ』での「たたかう」で斬りつける動作に似ている。
  • 上スマッシュ攻撃
    • 後述の「超究武神覇斬(『DFF』版)」におけるコマンド失敗時の攻撃に似ている。
  • 前投げ、上投げ、下投げ
    • クラウドではなく仲間の一人のティファが使うリミット技に似ている。それぞれ「サマーソルト」、「水面蹴り」、「メテオストライク」。下投げはそれの簡略版といったイメージ。
  • 通常必殺ワザ:破晄撃
    • レベル2リミット技。原作や『ディシディア ファイナルファンタジー』等では上から下への振りおろしになっており、斬り上げる動作はスマブラオリジナルのものになっている。
    • 衝撃波は通常時(緑)は原作、リミット時(青)は『FFⅦ AC』のワンシーンを意識していると思われる。
  • 横必殺ワザ:凶斬り
    • レベル1リミット技。原作では使用すると確率でマヒ状態にすることができる。
      • 原作や『DFF』では三回、一部の作品では四回、剣を振って「凶」の字を書きあげる技になっている。『スマブラ』のように五回振って正しい書き順で「凶」の字を書き上げるのは『エアガイツ』ぐらい。
  • 上必殺ワザ:クライムハザード
    • レベル2リミット技。原作通り、最初に突きを放ってそのまま飛び上がりながら斬る。
      • 追加入力の斬り下ろしは『スマブラ』独自のもの。もしかしたら「ブレイバー」(クラウドが最初から使えるレベル1リミット技)を意識しているのかもしれない。あちらも動作が斬り下ろしということが共通している。
      • 『DFF』等では最初に突進、追加入力で斬り上げ、さらに上空へ連れた相手を斬り飛ばして下に激突させる技になっている。急降下はしない。
      • 『キングダム ハーツ』では下へ急降下する技になっている。こちらは突き攻撃。
  • 下必殺ワザ:リミットチャージ / 画竜点睛
    • 「リミットチャージ」は『スマブラ』オリジナルのワザ。原作では自力でリミットゲージを溜める手段はない。ただ、PSP版『DFF』に登場するガブラスが使う特技に「EXチャージ」という物がある。ガブラスはEXモード(パワーアップ)になってから本領発揮するキャラクターで、自力でゲージを溜めると言う点で共通する物がある。
      • チャージ完了時の台詞「限界を超える」は、PSP版『DFF』で「超究武神覇斬」を使う際にリミットゲージがMAXになった時からの引用。
      • また、リミットチャージ中の剣の構えは後述のEXバースト「超究武神覇斬」でのコマンド入力時のポーズに似ている(あちらでは足を曲げているが)。
    • 「画竜点睛」はレベル3リミット技。原作では竜巻を飛ばして敵を戦闘から吹き飛ばす即死技。即死耐性を持っている敵はそのままダメージを与えるだけになっている。ダメージ1%でふっとばしが強いというのはこれを意識しているのかもしれない。
      • 『DFF』では派生HP攻撃として登場した。自身が相手を斬りつけつつ回転・上昇し、最後に叩きつける攻撃となっている。スマブラでの動作はこちらも意識しているのかもしれない。
  • 最後の切りふだ:超究武神覇斬
    • 他のすべてのリミット技を修得した上で同名のアイテムを使用することで習得するクラウドの代名詞と言える究極リミット技。原作でも14回斬っており、全段強制クリティカルになる。
      • 修得していなくても、ラスボス後のセフィロスとの一騎打ちでは強制的にこれが使えるようになり、 リミットゲージも勝手に溜まるため、持っていなくても見る事は出来る。
    • 使用した時に技名ウィンドウが表示される演出付き。
    • 斬り下ろしからの着地時での爆発でふっとばす動作は『スマブラ』独自のもの。
    • 『DFF』や『DDFF』でもEXバースト(いわゆる超必殺技)で使用することができる。あちらではボタン連打でリミットゲージを溜めることで、ダメージを増加させられる。あちらも入力成功時は最後の斬り下ろしで爆発させるのだが、EXバースト特有の空間内なので着地せずその場で爆発させる。
    • ちなみに、『FFⅦ AC』や『DFF』、『DDFF』ではこの技の改良版ともいえる「超究武神覇斬ver.5」というものを使用している。

その他編集

  • 走行
    • 『FFⅦ AC』で地上を走らずに空を飛んでいるようなシーンの表現[6]。ゲームでは、『FFⅦ』で敵を攻撃する際に移動する時の物に近い。また、『DFF』シリーズでは基本アビリティの「エアダッシュ」や「グラウンドダッシュ」があり、それにも似ている。
  • ジャンプ
    • 『DFF』シリーズに似ている。
  • 斬撃ヒット音
    • 原作のノイズっぽい効果音を意識したもの[2]
  • 画面内登場:上から落下して登場し、落ちてきた剣をキャッチする。
    • 『FFVIIAC』で放った「超究武神覇斬 ver.5」の締めに似ている。
  • 公式イラスト、上アピール、勝利演出・左:バスターソードを回して、肩に担ぐ。
    • 『FFVII』の公式イラストや勝利アニメーションと同じ。
  • 『アドベントチルドレン』デザインの公式イラスト
    • 2008年版『DFF』及び『DDFF』のものとポーズが同じ。
  • 上アピールの台詞:「興味ないね」
    • 原作初期でのクラウドの口癖。選択肢にも頻繁に出てくるセリフで、ほかのゲームの「いいえ」的な存在である。また同じ意味で、「興味ない」「興味ないな」もある。
  • 横アピール:剣を背中に収め、両手を前に突き出し、緑色のオーラを発する。
    • 原作での魔法使用時の演出。
  • 勝利演出(十字ボタン←)の台詞:「悪く思うな」
    • 『DFF』及び『DDFF』での派生HP攻撃「超究武神覇斬ver.5」ヒット後のセリフ(着地した場合)。
  • 勝利演出(十字ボタン↑)の台詞:「ついてないな」
    • 『DFF』での汎用エンカウントボイスに「あんたもついてないな」というものがある。
  • 勝利演出(十字ボタン→)の台詞:「お前に俺は倒せない」
    • 『DDFF』で勝利した時のリザルトでのセリフ(快勝の場合)。

主な登場作品編集

備考編集

  • 『ファイナルファンタジー』シリーズのキャラクターが任天堂のキャラクターと共演するのは以前にもスクウェア・エニックスが開発に携わった『マリオバスケ 3on3』や『MARIO SPORTS MIX』であったが、クラウドが任天堂のキャラクターと共演するのはこれが初めてとなる。

脚注編集

  1. 『ファイナルファンタジーⅦ』発売当時はスクウェア
  2. 2.0 2.1 2.2 【スマブラ3DS・WiiU】 最後の特別番組
  3. 週刊ファミ通 2016年2月4日号 新春クリエイター対談2016 桜井政博氏×野村哲也氏
    “桜井 きっちりとした数ではないのですが、今回『スマブラ』に参戦を希望する『FF』シリーズのキャラクターとして、ファンに寄せられた意見の4分の1から3分の1くらいに“クラウド”の名前が挙がっていたんですよ。”
  4. 週刊ファミ通 2016年2月4日号 新春クリエイター対談2016 桜井政博氏×野村哲也氏
    “野村 じつは、今回のクラウドの衣装は、よく見るとオリジナル版ではなく、プレイステーションポータブル版『ディシディア FF』で使われたものなんです。
    桜井 と言っても、ひと目ではわからないと思います。たとえば、ベルトの構造が違うんですよ。自分たちも、一般に販売されているクラウドのフィギュアなどを購入して比較してみて、「あれ、オリジナル版とここのデザインが違うな」などと確認していきました。
    野村 クラウドには微妙な変遷があるんです。”
  5. 週刊ファミ通 2016年2月4日号 新春クリエイター対談2016 桜井政博氏×野村哲也氏
    “桜井 性能については、いろいろな人が彼を使うだろうから、わりと扱いやすくしています。ただ、企画段階から自分たちを悩ませることになったのは、クラウドのイメージをちゃんと成立させようとすると、“スピードが速くてリーチが長くてパワーが高い”キャラクターになってしまうんです。それって、ひと言でまとめると”無敵”ですよね?
    野村 そうですね(笑)
    桜井 大きな剣を持っているから振る動作を重めにする……では成り立ちません。そこで、横スマッシュ攻撃に代表される連撃を主軸にして、剣筋は高速だけどスキも十分にある、というバランス調整を試みています。”
  6. ニンテンドードリーム 2016年4月号 スマブラ談!! FOR NINDORI 桜井政博さんインタビュー

外部リンク編集


ファイター(シリーズ統合)
64 マリオ - ドンキーコング - リンク - サムス - ヨッシー - カービィ - フォックス - ピカチュウ - ルイージ - ネス - キャプテン・ファルコン - プリン
DX クッパ - ピーチ - アイスクライマー - シーク - ゼルダ - マルス - ピチュー - ガノンドロフ - ドクターマリオ - ファルコ - ミュウツー - ロイ - こどもリンク - Mr.ゲーム&ウォッチ
X ピット - ワリオ - ゼロスーツサムス - アイク - ポケモントレーナー ( ゼニガメ - フシギソウ - リザードン ) - ディディーコング - メタナイト - スネーク - リュカ - ソニック - デデデ - ピクミン&オリマー - ルカリオ - ロボット - トゥーンリンク - ウルフ
for むらびと - ロックマン - Wii Fit トレーナー - ロゼッタ&チコ - リトル・マック - ゲッコウガ - Miiファイター - パルテナ - パックマン - ルキナ - ルフレ - シュルク - ブラックピット - クッパJr. - ダックハント - リュウ - クラウド - カムイ - ベヨネッタ
SP インクリング - デイジー - リドリー - シモン - リヒター - クロム - ダークサムス - キングクルール

テンプレート:ファイナルファンタジーシリーズ