【おしらせ】スマブラ for 3DS/Wii UまとめWikiはシリーズ全体を統括するサイトに拡張しました。
現在各ページを『スマブラfor』からシリーズ全体に拡充するための総合化の編集をしております。
詳しくは、大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U まとめWIKI・シリーズ統合Wiki化‎をご覧ください。

【おしらせ】ログインをしていないと編集に失敗する不具合を修正しました。

ダックハント

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
移動先: 案内検索
ダックハント
デビューダッグハント
(1984年4月21日/FC)
スマブラへの出演スマブラforスマブラSP

ダックハント(Duck Hunt)は、光線銃シリーズのイメージを体現したキャラクター。ここでは、同名の作品に登場するイヌとカモのことを指す。

概要

『ダックハント』はファミコンのゲームソフトの名前で、『光線銃』シリーズと呼ばれる銃の形をしたコントローラー「ガン(Zapper)」を使用するゲームの一つ。

『光線銃』シリーズは「ガン」をゲーム画面上のマトなどに向けて撃津ことによってゲーム側がそれに反応しするというもの。
仕組みは「ガン」の引き金を引くことで画面が一瞬だけ、当てるべき場所だけを残して真っ黒になり、銃口についているセンサーが当てるべき場所に向いているかどうかによってゲームにレスポンスするようになっている。同じようなシステムが『ファミリーコンピュータロボット』にも使われている。
ちなみに「ガン」は日本ではリボルバー型の銃で、海外ではオレンジを基調とした近代銃風になっている。

しかしこの『ダックハント』、元は『光線銃・光線銃SP』シリーズというおもちゃや、それらに連なる製品群の一つで、プロジェクターで壁にカモの影を投影してそれを銃で撃ち落とすというものだった。
これをファミコンゲームとして作り直したものがスマブラにも登場するイヌの出てくる『ダックハント』になる。

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ

スマブラDX』では、"カモ"が鑑賞用フィギュアとして登場していた。『スマブラX』でも、シールとして"カモ"が登場していた。
ファイターとしては『スマブラfor』でダックハントの名称で初参戦。3DS版発売後の2014年11月6日に公開された「一匹、一羽と一丁と」で参戦が発表された。隠しキャラクターとして登場している。

原作の販売数が極めて多いということと、シューティング的な演出や第三者の介在というコンセプトが面白いという理由でファイターとして選ばれた[1]

イヌとカモとどこからか射撃する"何者か"によるトリオ。
殆どの通常ワザはイヌとカモが攻撃するが、スマッシュ攻撃や必殺ワザは主に"何者か"が射撃する。参戦ムービーでは原作と同じく、光線銃を画面に撃つという演出があり、これが原理と説明されている[2]
また、『ワイルドガンマン』と『ホーガンズアレイ』をモチーフにした必殺ワザがあり、最後の切りふだでは『光線銃』シリーズの歴代キャラクターが総登場する。

運動性能は平均的でしゃがみ歩きや壁ジャンプも可能。通常ワザも、スマッシュ攻撃を除いて癖がほとんどなく扱いやすい。
ダックハントの最大の特徴は特殊な3種の必殺ワザ。
通常必殺ワザと横必殺ワザは出したのちにダックハント自身を全く動作させることなく追加入力ができ、下必殺ワザは時間経過で自動で攻撃する「ワイルドガンマン」を出現させる。
いずれも攻撃が相手に当たっている最中に本体は自由に動けるようになっているようなものばかりであり、他の飛び道具持ちのファイターとは大きく違った立ち回りができる。

公式イラスト

ゲーム中の解説

[DX フィギュア名鑑] カモ
ファミコン光線銃シリーズ『ダックハント』のターゲット。草むらに犬が飛び込むと飛び出すように登場し、ランダムに飛びまわりつつひたすら逃げまどう。あわれ撃たれたカモは、犬にえりくびをつかまれてニコニコ笑われる。今晩のおかずにでもなってしまうのだろうか…。
  • ダックハント (FC)
[for フィギュア名鑑] ダックハント
『ダックハント』に登場する、標的のカモと、イヌ。イヌは光線銃で撃たれて落ちたカモを拾う役だ。『ダックハント』は1984年にファミコンで発売。『スマブラ』には2匹コンビで参戦し、息のあった連係プレイをみせる。「カン」や「クレー」は追加でボタンを入力すると、誰かが光線銃で撃ち抜き、威力や性能がアップする飛び道具の必殺ワザ。
  • (FC) ダックハント (1984/04)
[for フィギュア名鑑] ダックハント(EX)
イヌのおしりをつかんで飛ぶカモが愛らしい、上必殺ワザの「ダックジャンプ」。高く上昇し、左右方向に操作しやすい復帰に役立つワザ。ダックハントの横スマッシュ攻撃は、第三者の射撃によって少し離れたライバルも攻撃でき、密着状態なら最大3段まで当てることが可能。ためてさらに攻撃範囲を伸ばすこともできる。
  • (FC) ダックハント (1984/04)
[for フィギュア名鑑] 光線銃セット
『ダックハント』に加え、『ワイルドガンマン』、『ホーガンズアレイ』と、光線銃シリーズの全作品が出演する、賑やかな切りふだ。荒野に連れていかれた相手は無数の銃の標的になり、場外に勢いよくふっとんでいく。最初のカモがヒットしないと、ただカモが通り過ぎるだけになってしまうので注意だ。

動作などの元ネタ

ワザ

  • 通常必殺ワザ:トリックショット
    • 『ホーガンズアレイ』より。「GAME C」では空き缶をトリックショットで落とさずに移動させるゲームがある。
  • 横必殺ワザ:クレー射撃
    • 『ダックハント』より。「GAME C」では弾3つでクレー射撃をするゲームがある。
  • 上必殺ワザ:ダックジャンプ
    • 落下するときのSEは『ダックハント』でカモを撃ち落としたときと同じ。
  • 下必殺ワザ:ワイルドガンマン
    • 同名のゲームより。『ワイルドガンマン』は「FIRE!」という敵の掛け声と共に銃を発射する早撃ちゲーム。
      悪漢ガンマンたちは原作と同じドット絵で登場する。原作では正面に向けて射撃するが、『スマブラ』では横に射撃する表現にさせるため、書き起こしされたオリジナルのドット絵が使われている。
  • 最後の切りふだ:光線銃セット
    • 『ワイルドガンマン』、『ホーガンズアレイ』、そして『ダックハント』の要素が散りばめられている。またここでは、イヌとカモもドット絵で描かれている。

その他

  • 画面内登場 / 勝利演出 など
    • 原作ではカモを一羽も撃ち落とせずに逃げられた場合、草むらから現たイヌに笑われてしまう。
  • 参戦ムービーで"誰か"が持っている光線銃
    • 海外のNES専用光線銃「Zapper」。

主な登場作品

  • ダックハント【Wii Uバーチャルコンソール】(1984/FC)
  • Barker Bill's Trick Shooting (1990/FC)
    • 北米、欧州のみ発売の光線銃を使ったゲーム。風船を射撃する面でダックハントのイヌが登場する。カモは登場せず。

ほか、『メイド イン ワリオ』シリーズなどで外部出演している。

備考

  • オーストラリア圏版では、ダックハント デュオ(Duck Hunt Duo)と呼ばれている。これは複数形の名詞にする必要があるためである。

脚注

  1. スマブラ談!! for Nindori
    “桜井 せひ売上を調べてみてください。多分世界一売れているシューティングですよ。海外のファミコンに同梱セットがあったからなのですが、ワールドワイドに見たら相当な数が出ています。そこからキャラクターを作るということはせひともやるべきと思ってはいて”(中略)
    “今回は『ダックハント』のシューティング的な演出をやるのもおもしろかったし、第三者みたいなのが介在して、「実はトリオ」ってのもおもしろかった。これならいける!というようなコンセプトの中で完成させていきました。
  2. MiiVerse Sakuraiさんの投稿2014/10/22

外部リンク


ファイター(シリーズ統合)
64 マリオ - ドンキーコング - リンク - サムス - ヨッシー - カービィ - フォックス - ピカチュウ - ルイージ - ネス - キャプテン・ファルコン - プリン
DX クッパ - ピーチ - アイスクライマー - シーク - ゼルダ - マルス - ピチュー - ガノンドロフ - ドクターマリオ - ファルコ - ミュウツー - ロイ - こどもリンク - Mr.ゲーム&ウォッチ
X ピット - ワリオ - ゼロスーツサムス - アイク - ポケモントレーナー ( ゼニガメ - フシギソウ - リザードン ) - ディディーコング - メタナイト - スネーク - リュカ - ソニック - デデデ - ピクミン&オリマー - ルカリオ - ロボット - トゥーンリンク - ウルフ
for むらびと - ロックマン - Wii Fit トレーナー - ロゼッタ&チコ - リトル・マック - ゲッコウガ - Miiファイター - パルテナ - パックマン - ルキナ - ルフレ - シュルク - ブラックピット - クッパJr. - ダックハント - リュウ - クラウド - カムイ - ベヨネッタ
SP インクリング - デイジー - リドリー