メインメニューを開く

大乱闘スマッシュブラザーズWiki β

ピット

ピット
ピット (新・光神話 パルテナの鏡).png
『新・光神話 パルテナの鏡』のピット
シンボル 光神話 パルテナの鏡.png
出典パルテナの鏡シリーズ
デビュー光神話 パルテナの鏡(1986年12月19日/FCD)
スマブラへの出演スマブラDXスマブラXスマブラforスマブラSP

ピット(Pit)は、『パルテナの鏡』シリーズに登場するキャラクター。

概要編集

『パルテナの鏡』シリーズの主人公。"エンジェランド"の天空界に暮らす天使で、光の女神パルテナの親衛隊隊長。パルテナ軍で最強の戦士であり、群を抜いた実力者とされる。

第1作『光神話 パルテナの鏡』では、闇の女神・メデューサに幽閉されていたが、パルテナの最後の力によって救われ、彼女から受け取った光の弓矢や、奪われた三種の神器を使いこなし、メデューサに立ち向かう。

それから25年後の『新・光神話 パルテナの鏡』では、本人曰く「昔の僕とは違う」そうで、パルテナの力で限定的な飛行能力を得たり、多彩な武器を扱うなど大幅にパワーアップしており、復活したメデューサの野望の阻止、そして黒幕である冥府神ハデスや侵略者軍団オーラムなどとの戦いに向かう。

性格は初期の作品では描写されず、初参戦の『スマブラX』および『新・パルテナ』以降の設定が読み取れる。それらの作品では、正義感が強くパルテナへの忠誠心も篤いが、年齢相応のやんちゃで自信家な性格となっている。一人称は「ボク」。また、パルテナへは忠実で敬愛している一方で、彼女が時折見せるいい加減な面には着いて行けず、頭を抱えている様子も垣間見せる。

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ編集

スマブラDX』では1作目の原作イラストと同じ姿で鑑賞用フィギュアとして登場していた。
ファイターとしては、シリーズ3作目の『スマブラX』から登場。『スマブラX』には2006年5月10日に『E3 2006』で、『スマブラfor』には2013年6月11日に放送された『Ninetndo Direct@E3 2013』で、 『スマブラSP』には2018年6月13日に放送された『Nintendo Direct: E3 2018』で当作の情報が公開されると同時に参戦することが明らかになった。『スマブラfor』までの作品において、最初から選択可能なファイターとして登場している。

なお、正式な発表ではないが、2012年3月22日発売の「新・光神話 パルテナの鏡 女神の導きブック」に掲載された「『新・光神話 パルテナの鏡』ディレクター桜井政博氏SPインタビュー」にて、桜井政博によってピットの『スマブラfor』への参戦が明かされている[1]。このインタビュー以前に、今作へどんなキャラを出演させるかを明かしたことはないため、ピットは最も早く『スマブラfor』への参戦が判明したファイターということになる。


デザインは『スマブラX』では原作から大きくリニューアルされている。顔は現代の漫画的になり、装飾品には金のブレスレットなどが多数追加され、足に履いていた脚絆のようなものはブーツになり、スパッツを履くなど大幅にデザインが細かくなった。これらのデザインは「もし『光神話』が『ゼルダの伝説』のようにシリーズ化していたらピットはどのようなデザインになっていたか」というコンセプトの基に行われたものである[2]。デザイン原案は『スマブラ』シリーズと『新・パルテナ』のディレクターである桜井政博が作成しており、服の形状などは桜井政博の案がほぼそのまま採用された。また桜井政博が最初に描き起こしたデザインはゲームのものよりも元気少年といった感じのものだったが、当作品で開発を協力した『グランディアIII』のゲームアーツ側スタッフのモデリングで素直そうな落ち着いた風貌となった[3]。『スマブラfor』では『スマブラX』を基にした『新・パルテナ』のデザインに準じている。

日本版での声の担当は、高山みなみが務める。『スマブラX』はピットに初めて声が当てられた作品で、後の『新・パルテナ』でも引き続き声を担当した。


武器には『光神話』でピットがメデューサを倒した後にパルテナがピットに授けたという[4]オリジナルの武器"パルテナの神弓[5]"を持って戦う。弓からは光の矢を放つ事が可能なほか、中央部から分離し2振りの短剣(曲刀)として接近戦に対応可能。剣の向きを逆に連結、S字型の連結剣にして振り回し斬りつける事もできる。他に三種の神器(『スマブラX』では"イカロスの翼"と"鏡の盾"を必殺ワザに、『スマブラfor』では最後の切りふだとして使う)や、『新・パルテナ』の神器の"豪腕ダッシュアッパー"と"衛生ガーディアンズ"を使う。

原作では羽を持っているのにもかかわらず自力での飛行が全くできないという設定があるキャラクターだが、スマブラでは背中の羽をはばたかせて3回の飛行ができる。ただしこれが羽の力を使った飛行だとは明言されておらず、他のキャラクター同様のただの空中ジャンプが3回できるというだけなのかもしれない。『スマブラfor』のフィギュア名鑑では「ジャンプ」だとされている。

ハンマーの振り方や落下したときに稀に「ヤラレチャッタ」と言うことなど、原作のユニークな要素が随所に散りばめられている。


『スマブラX』のピットは『光神話』よりも後の姿という設定になっている[4]。"シャドーモセス島"でのスネーク通信会話によると、昔はとても軟弱だったが、数えきれない挫折を経て強くなったとのこと。

スマブラWii U』では、"エンジェランド"でスマッシュアピールをすることで、『スマブラX』のスネークのように、パルテナ自然王ナチュレとともに、ファイターについて会話をする。これによるブラックピットとの会話やパルテナの参戦ムービーで『新・光神話』本編終了後の時間軸であることが明かされている。これらのことから、『光神話』→『スマブラX』→(現実における『光神話』から『新・パルテナ』発売までの空白期間と同じ25年後)『新・パルテナ』→『スマブラfor』という時間軸であることがわかる。イメージの世界という設定のスマブラでは珍しく時間軸が明確になっているファイターである。

アートワーク編集

亜空の使者における役割編集

ストーリー最初期から登場するキャラクター。天界の神殿からスタジアムでのマリオカービィの試合を観戦していたが、そのスタジアムが亜空軍に襲撃された事態を知り、パルテナの勅命もあり打倒亜空軍のため出撃する。その後雲海で、フィギュアになったマリオを発見し、彼を救出して共に亜空軍との戦いに参加する。

ゲーム中の解説編集

[DXフィギュア名鑑] ピット
パルテナ軍親衛隊隊長。冥府の牢獄に監禁されていた彼は、スキを見て脱出。冥府・地上・天界を制圧した闇の女神メデューサを倒し、天空の神殿の奥深くに封じられた光の女神パルテナを救うために立つ。背中の翼では飛べないが、最終決戦では神器"ペガサスの翼"で飛翔。
  • 光神話パルテナの鏡 (FCD)
[Xフィギュア名鑑] ピット
エンジェランドの光の女神パルテナを守る親衛隊の隊長。闇の女神メデューサが冥府、地上、天界を制圧し、天空にパルテナを幽閉してしまう。ピットは投獄されていた冥府から脱出し、パルテナから授かった弓矢を駆使して、天空を目指して旅立つことになる。道中で入手した三種の神器でメデューサとの戦いに挑む。
  • (FCD) 光神話 パルテナの鏡
[Xフィギュア名鑑] パルテナ親衛隊
ピットが親衛隊長を務める女神パルテナの姿が投影される。するとピットの仲間であるイカロスがどこからか登場。そのまま敵キャラクターに向かって猛然と突っ込んでいく。しかし、かれらは一度当たるとはかなく散る運命にある。突撃時の速度はかなり速いため、かわすのはかなり難しい。無駄死にではないぞ、イカロス。
  • (Wii) 大乱闘スマッシュブラザーズX
[3DSWiiUフィギュア名鑑] ピット
パルテナ軍親衛隊隊長の天使。背中の羽はそのままだと飛べないが、パルテナの奇跡で5分間飛べるようになる。『スマブラ』では、高く上昇できる必殺ワザと、計4回のジャンプ力で、復帰能力は高い。また飛び道具や反射ワザも身につけている。距離や相手のタイプを問わず色々な戦い方ができる、万能型ファイターだ。
  • (FCD) 光神話 パルテナの鏡 (1986/12)
  • (3DS) 新・光神話 パルテナの鏡 (2012/03)
[3DSWiiUフィギュア名鑑] ピット(EX)
横必殺ワザの「剛腕ダッシュアッパー」は腕を大きく振り上げて、相手を上にふっとばすワザ。ふっとばし力が高いので場外への撃墜も狙える。突進を回避された後、場外に落ちてしまっても大きなスキを作らず上必殺ワザで復帰が可能。「パルテナの神弓」は、矢の軌道を変えられる必殺ワザ。真上にも撃て、ためることもできる。
  • (FCD) 光神話 パルテナの鏡 (1986/12)
  • (3DS) 新・光神話 パルテナの鏡 (2012/03)
[WiiUフィギュア名鑑] 三種の神器
かつてメデューサ討伐に使われた三種の神器。その三種とは、「ライトアロー」「ペガサスの翼」そして、「ミラーシールド」だ。ピットが最後の切りふだを発動させると、この三種の神器を身にまとう。「ライトアロー」で射る矢は3種類。最後は上空から光の柱を振らせて攻撃する。光の柱は攻撃力、ふっとばし力ともに強力だ。

使用ワザの名称一覧編集

  この節の加筆が望まれています。
  • 通常攻撃のワザ名は公式攻略本より引用。
スマブラX スマブラfor スマブラSP
弱攻撃 [フォアハンドスライス → バックハンドスライス → アッパースイング] or スピニングカッター [〃][6] or スピニングカッター → アッパーカッター [〃][6] or ??? → アッパーカッター
ダッシュ攻撃 ダッシュスライス ???
横強攻撃 クロスチョップ
上強攻撃 プロップキック アンチエアキック
下強攻撃 レッグカッター
横スマッシュ攻撃 デュアルアタック
上スマッシュ攻撃 エンジェルスピン
下スマッシュ攻撃 ローアタックコンボ ローアタックコンビネーション[7]
ニュートラル空中攻撃 スピニングサイクル
前空中攻撃 クロスサイクル フロントサイクル
後空中攻撃 エアスタッブ
上空中攻撃 ライトニングローター
下空中攻撃 アンダースラッシュ
つかみ攻撃 つかみニーバット
前投げ アッパースイング
後投げ ビハインドスルー
上投げ スタンドシュート
下投げ ボーンディバイド
通常必殺ワザ (1) パルテナアロー パルテナの神弓[7]
通常必殺ワザ2 貫通の神弓
通常必殺ワザ3 自在の神弓
横必殺ワザ (1) エンジェリング 豪腕ダッシュアッパー
横必殺ワザ2 迎撃ダッシュアッパー
横必殺ワザ3 超速ダッシュアッパー
上必殺ワザ (1) イカロスの翼 飛翔の奇跡
上必殺ワザ2 飛翔アタック
上必殺ワザ3 風圧ジャンプ
下必殺ワザ (1) 鏡の盾 衛星ガーディアンズ
下必殺ワザ2 衝撃ガーディアンズ
下必殺ワザ3 倍増ガーディアンズ
最後の切りふだ パルテナ親衛隊 三種の神器 光の戦車

動作などの元ネタ編集

ワザ編集

  • 弱攻撃
    • スマブラが先だが、『新・パルテナ』の「神弓」の打撃モーションの一部がこれに似ている。
 
▲左右反転しているものの、動作は近い。結構ちぐはぐな組み合わせである。
  • 横強攻撃
    • スマブラが先だが、『新・パルテナ』の「神弓」の打撃モーションの一部がこれに似ている。
 
▲左右反転しているものの、構えはほぼ同じ。
  • 上スマッシュ攻撃
    • スマブラが先だが、『新・パルテナ』13章のブラピがこれに似た構えをとる。
 
▲原作におけるブラピの構え。スマブラでは上スマッシュ攻撃の溜めモーションとなっている。
  • 通常必殺ワザ:パルテナの神弓[8]
    • 弓矢は基本攻撃。上に発射するときの後ろ姿が原作のものと似ている。
    • 通常は射程がすごく短いが、第1作では"ホーリーボウ"というアイテムを手に入れればスマブラ同様画面端まで届く。ただし、軌跡を曲げるなんて大それたことはさすがに出来ない。
 
▲腕に装着している手甲と光輪はパルテナの神弓装備時にしか装着されない特殊なもの。
  • 横必殺ワザ:豪腕ダッシュアッパー 3DSWiiU
    • 『新・光神話』で使える神器(武器)の一種。「剛腕」という神器種の中の「豪腕ダッシュアッパー」という神器。
      剛腕は接近戦に特化した性能を持つ傾向にある神器種。「豪腕ダッシュアッパー」はダッシュ打撃が全神器の中で最高の威力があるのが特徴。
    • 『新・光神話』のおドール解説文では、手の先の円盤は「謎の物体」とされている。
 
  • 上必殺ワザ:イカロスの翼 X
    • "イカロスの翼"という名前のアイテムなどは原作には存在しないが、パルテナ親衛隊の一般兵であるイカロスは、ピットは異なり翼で飛行することが出来る。
    • 『光神話』では最終ステージで装備する、三種の神器の"ペガサスの翼"がある。これを使って天空の神殿を飛びかった。 また画面外に落ちたとき一定時間飛ぶアイテムとしては、"天使の羽根"というアイテムがあった。『新・パルテナ』ではメデューサとハデス戦で使用する。
  • 上必殺ワザ:飛翔の奇跡 3DSWiiU
    • 普段は飛べないピットだが、『新・光神話』ではパルテナがピットを目的地に向かわせる際、翼に「奇跡」を授けることで飛ぶことが出来る。ただし、1回につき5分の時間制限があり、それを過ぎると翼が燃え尽きてしまう。
    • スマブラにおいて一瞬だけ飛翔できるワザになっていることについては、エンジェランドでピットを対象にしたスマッシュアピール会話によると、パルテナ曰く「大乱闘用に、ピットの意思で短く使える飛翔の奇跡をかけている」との解説がされている。
 
▲原作では速度が上がると左側の色に近づき、逆に落ちると右側の色へと変化していく。スマブラ版でも青→黄→赤と変化し、速度が徐々に落ちてゆく。
  • 下必殺ワザ:鏡の盾 X
    • 三種の神器の一つ。『光神話』では最終ステージで装備する。光の矢を放つ時以外は常時構えている。敵の弾を防いでくれる。なお、スマブラにあった反射機能は無い。
    • 『新・光神話』では特定の章で使用する。正面からの攻撃を防いでくれる。
  • 下必殺ワザ:衛生ガーディアンズ 3DSWiiU
    • 『新・パルテナ』で使える神器(武器)の一種。「衛星」という神器種の中の「衛生ガーディアンズ」という神器。
      衛星はは射撃に特化した性能を持つ傾向にある神器種。「衛生ガーディアンズ」は相殺と耐久に優れる巨大な盾の弾を正面に発射することができる神器。盾として役立つだけでなく、直接当てることで大ダメージを与えることができる。ただし射程は短い。
 
▲スマブラの盾には攻撃判定がないものの、カスタマイズ必殺ワザである『衝撃ガーディアンズ』を使えば原作通り攻撃にも使える。
  • 最後の切りふだ:パルテナ親衛隊 X
    • 『光神話』でのイカロスはステージのあちこちで呪いをかけられて石像にされている。 トンカチで助けると、ボス戦時に駆けつけて応戦してくれる。 だが、ボスの攻撃一発で倒されてしまうという儚さ。スマブラでもやっぱり儚い。
    • 原作では体当たりではなく、ピットが矢を放つと同時に彼らも矢を放ってくれる。
  • 最後の切りふだ:三種の神器 3DSWiiU
    • 三種の神器の「鏡の盾」、「ペガサスの翼」の解説は上記にて。「光の矢」は『光神話』では最終ステージで装備する。敵を貫通する矢で、画面端まで届く。『新・光神話』では特定の章で使用する。「フィールドスマッシュ」にも登場する"オーン"を倒せる唯一の神器。それ以外の性能はあまり目立ったものは無い。
    • デザインは『新・パルテナ』準拠。攻撃も似ており、弾速の速い小さな弾は「立ち連射」、背後から出るちょっと誘導する球体の弾は「ダッシュ連射」、大きなサイズで強く誘導する弾は「溜め射撃」に、性能も見た目も似ている。最後の巨大な閃光はオリジナル。
  • 横アピール
    • スマブラが先だが、『新・パルテナ』の6章ボス戦にて、ブラックピットが似た構えをとる。
 
▲元々ブラピはピットのカラバリとして製作されていたため、その頃の名残なのかもしれない。

その他編集

  • 歩行
    • 左足を前に出さない少し変わった歩き方。原作の再現。
 
  • ジャンプ
    • 普段は地上ジャンプしかできない。飛ぶにはアイテムや神器が必要。ただし、『Kid Icarus: Of Myths and Monsters』(以下GB版)では落下中にジャンプボタンを連打することで翼をはためかせ、落下速度を遅くできるようになっている。
    • 地上、空中ジャンプの足の形は両膝を曲げる『光神話』より片膝を曲げるGB版のほうが多少近いか。
  • 緊急回避のSE 3DSWiiU
    • 『新・光神話』の回避SEと同じ。
  • ハンマー
    • 『光神話』でトンカチを使用したときのモーションを再現している。
    • ハンマーを持った状態でのジャンプは、『光神話』のジャンプと同じモーション。
 
  • 上アピール / 『スマブラX』でキャラセレクト時にWiiリモコンから出るボイス:「勝負だ!」
    • スマブラが先だが、『新・パルテナ』の6章のブラピ戦で、この台詞が使われている。
 
  • 声援:「ピットくん!」
    • ピットの外見・精神年齢が若いためか、『光神話』の説明書などでは「ピットくん」と表記されており、『新・光神話』でも一部の人物から「ピットくん」と呼称されている。
  • 撃墜時にまれに言う台詞
    • 「ヤラレチャッタ」はゲームオーバーになった際に表示される文字列。『光神話』でのおちゃらけた音楽で黒背景にこの白文字だけが表示されている画面は、プレイヤーを何とも言えない気分にさせてくれる。
 
  • 勝利演出・左: 「撃破!」 3DSWiiU
    • 『新・パルテナ』の対戦モードでは対戦相手を倒すことを「撃破」と言う。
  • 勝利演出・上: 「ピース!」 3DSWiiU
    • 『新・パルテナ』でラスボスを撃破したときのセリフと動作。

主な登場作品編集

備考編集

 
『スマブラX』での旧・公式絵。
  • 『スマブラX』の公式サイト「スマブラ拳!!」が公開された当初にピットのページに載せられていた公式イラストは、後に「スマブラ拳!!」がリニューアルした際にスネークと共に差し替えられた。差し替えられたイラストよりリアル調に描かれている。


脚注編集

  1. 『新・光神話 パルテナの鏡 女神の導きブック』 19ページ
    “―ピットはまた何らかの形で活躍する機会はありますか。
    桜井:少なくとも次の『スマブラ』には出ると思います。これで出ないとかなったら…(笑)。その時には本作のエッセンスをいくらか入れると思います。何らかの神器を取り出してきたりとか、そういうことは考えます。あとは、ゲストキャラを誰か考えるべきですかね?”
  2. 『週刊ファミ通 2008年2月29日増刊号』 直撃!!桜井政博さんインタビュー 新規参戦キャラクターについて聞く 後編
    “ディスクシステムのときに、最初はかわいいドット絵で出てきたリンクも、『ゼルダの伝説 時のオカリナ』など作品を積み重ねることでデザインが大きく進化しました。耳にピアスとか。盾のデザインとか。ピットは’86年に発売されたディスクシステム用ソフト『光神話 パルテナの鏡』以降、出演作がありません。ですので、リンクのように進化を遂げたらどうなるのかを想像しながら制作しました。つまり、一足飛びで現代まで引っ張り上げるという。武器も弓だけでは戦いのバリエーションがないので、弓がふたつに分かれるギミックを持たせて双剣や薙刀風にも使えるなど、現代風のアレンジを行っています。”
  3. ニンテンドードリーム2008年9月号「スマブラX兄弟拳!! ニンドリアンケート集計拳!!」より
  4. 4.0 4.1 『スマブラX』の"パルテナの神弓"のフィギュア解説文やスネークの通信より
  5. 後に『新・光神話』に装備のひとつとして逆輸入された
  6. 6.0 6.1 []内は以前と同じ。
  7. 7.0 7.1 ワザ名のみの変更で、モーションに大きな違いはない。
  8. 『スマブラX』での名称は「パルテナアロー」。

外部リンク編集


ファイター(シリーズ統合)
64 マリオ - ドンキーコング - リンク - サムス - ヨッシー - カービィ - フォックス - ピカチュウ - ルイージ - ネス - キャプテン・ファルコン - プリン
DX クッパ - ピーチ - アイスクライマー - シーク - ゼルダ - マルス - ピチュー - ガノンドロフ - ドクターマリオ - ファルコ - ミュウツー - ロイ - こどもリンク - Mr.ゲーム&ウォッチ
X ピット - ワリオ - ゼロスーツサムス - アイク - ポケモントレーナー ( ゼニガメ - フシギソウ - リザードン ) - ディディーコング - メタナイト - スネーク - リュカ - ソニック - デデデ - ピクミン&オリマー - ルカリオ - ロボット - トゥーンリンク - ウルフ
for むらびと - ロックマン - Wii Fit トレーナー - ロゼッタ&チコ - リトル・マック - ゲッコウガ - Miiファイター - パルテナ - パックマン - ルキナ - ルフレ - シュルク - ブラックピット - クッパJr. - ダックハント - リュウ - クラウド - カムイ - ベヨネッタ
SP インクリング - デイジー - リドリー - シモン - リヒター - クロム - ダークサムス - キングクルール

テンプレート:パルテナの鏡シリーズ