【おしらせ】スマブラ for 3DS/Wii UまとめWikiはシリーズ全体を統括するサイトに拡張しました。
現在各ページを『スマブラfor』からシリーズ全体に拡充するための総合化の編集をしております。
詳しくは、大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U まとめWIKI・シリーズ統合Wiki化‎をご覧ください。

【おしらせ】ログインをしていないと編集に失敗する不具合を修正しました。

ピーチ

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
2018年6月14日 (木) 21:56時点におけるWIKIMASA (トーク | 投稿記録)による版 (1版 をインポートしました: 今度こそ)
移動先: 案内検索
ピーチ
デビュースーパーマリオブラザーズ(1985年9月13日/FC)
スマブラへの出演スマブラDXスマブラXスマブラforスマブラSP

ピーチ(Peach)は、マリオシリーズに登場するキャラクター。

概要

『マリオ』シリーズに登場する"キノコ王国"のお姫様。
『スーパーマリオ』シリーズなどの多くの作品ではクッパにさらわれ、そこからマリオたちが冒険をするきっかけとなっている。

単なるさらわれ役ではなく、『スーパーマリオRPG』や『スーパーペーパーマリオ』ではパーティキャラとしてマリオやクッパに加わったこともあり、『スーパープリンセスピーチ』では主人公として、逆にマリオやルイージを助けに行ったこともある。 ガードに使われる"キノピオ"はキノコ王国の国民、ないしはピーチの世話役。 カブを引っこ抜いたり、空中浮遊が出来るのは『スーパーマリオUSA』にプレイヤーキャラとして登場した際の能力である。

性格や設定は詳しく決まっておらず、ゲームに合わせて柔軟に変えられている。 登場当初はつつましく(?)看護婦やキャディー役をこなしていたが、『マリオカート』シリーズや『スーパーマリオRPG』等で、姫自らの活躍の場が増えるにつれ、性格の方も「か弱いお姫さま」ではなく、活発・おてんばな一面が強調されていったようだ。 『マリオストーリー』で、「ちょっとボケた誰にでも優しいお姫様」という役を務め、現在はその路線で落ち着いている様子。

この設定が特に強調されることは少ないが、いくつかの作品では魔法のようなものを使うシーンがある。

年齢は明らかにされてはいないが、『マリオ&ルイージRPG2』や『ヨッシーアイランドDS』ではべビィマリオと同年代の"べビィピーチ"が登場するため、マリオと同年代とみる事も出来るが、例によって作品ごとにピーチの設定も変わってくる為、結局は不明である。

『スーパーマリオ3Dワールド』ではマリオ達と同じようにキノコやフラワーなどで変身している。ちなみに、このゲームの最序盤で逃げるクッパを一番に追おうとしたのはピーチである。

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ

シリーズ2作目から登場。『スマブラDX』には2001年5月16日に『E3 2001』で、『スマブラX』には2007年8月17日に公式サイトで、『スマブラfor』には2013年9月12日に公式サイトで参戦が明らかにされた。3作ともに最初から選択可能なファイターとして登場している。

『スマブラ64』の公式ホームページの投票企画『スマブラ2があるとしたら出てほしいキャラ』では2位を獲得し[1]、そのため『スマブラDX』制作の際には1位のクッパと同様に真っ先に参戦が決められた[2]


デザインは『スマブラDX』では『マリオ』シリーズのものと比べると小顔で唇が薄くなっており、『スマブラX』からはやや『マリオ』シリーズに近づいたものになっている。

声は『スマブラDX』では『スーパーマリオサンシャイン』など1999年から2007年までの多くの作品で担当したジェン・テイラー(Jen Taylor)、『スマブラX』では『スーパーマリオギャラクシー』以降の作品で担当するサマンサ・ケリー(Samantha Kelly)[3]が務める。『スマブラfor』では『スマブラX』で収録された音声を使用している。


初めてピーチを操作することができた作品の『スーパーマリオUSA』でピーチが使用する、空中で高度を保ったまま左右に移動できる移動術の空中浮遊を活かした高い復帰力とトリッキーな動きが持ち味。
地面からひっこぬいた野菜を投擲アイテムとして使う"野菜ひっこぬき"もあり、『スーパーマリオUSA』の要素が濃く現れている。他には、ビンタしたりヒールで蹴ったり王冠で殴打する優雅な攻撃ワザや、家来のキノピオを盾に攻撃を防ぐ「キノピオガード」に、爆発するヒップアタック「ピーチボンバー」など大胆なワザも。横スマッシュ攻撃ではテニスラケットやゴルフクラブなどスマブラでは珍しくスピンオフ作品の要素を取り出す。『スマブラX』からは一部の攻撃で魔法属性のハートを出すようになり、ピーチは魔法が使えるという原作での設定を反映している。

公式イラスト


亜空の使者

[icon] この節の加筆が望まれています。


ゲーム中の解説

[DX フィギュア名鑑] ピーチ
キノコ王国の姫様。一城の主であらせられる。城内にはキノピオという衛兵を配備されている。が、かんたんにクッパの侵略を許してしまわれる。姫様はゴルフやテニスもたしなまれるが、寛大であらせられるのでクッパともなかよくプレイなされる。
  • スーパーマリオブラザーズ (FC)
  • スーパーマリオUSA (FC)
[DX フィギュア名鑑] ピーチ(SMASH)
"空中浮遊"という『スマブラ』では極めて貴重な特殊ワザを持っている。"ピーチパラソル"と合わせた移動距離は飛行をしのぎ、かなり安全にふっきできる。ただし軽いため、一発で画面外に飛び出すとどうしようもないことも。攻撃力も大きくないので、生き残り重視で使いたい。
  • B:キノピオガード
  • 横+Bピーチボンバー
[DX フィギュア名鑑] ピーチ(SMASH)
横スマッシュ攻撃は、フライパン、ゴルフクラブ、テニスラケットの3種類がランダムで選ばれる。それぞれ、パワーやリーチなどが異なっている。"キノピオガード"は、さりげなく出したキノピオに相手の攻撃を受けさせると胞子により反撃できる。いいんです。姫だから。
  • 上+B:ピーチパラソル
  • 下+B:野菜ひっこぬき
[X フィギュア名鑑] ピーチ
キノコ王国のお姫様。金髪のロングヘアーがピンクのドレスに似合っている。大勢のキノピオたちがついているにもかかわらず、クッパにさらわれてしまう。つねに助けてもらう身だが、『スーパープリンセスピーチ』ではついに主役に抜擢。普段は助けてもらっているマリオ、ルイージを助けている。
  • (FC) スーパーマリオブラザーズ
  • (NDS) スーパープリンセスピーチ
[X フィギュア名鑑] ピーチブラッサム
発動させると、画面いっぱいに派手なピーチのビジュアルが映し出され、フルーツの桃が天からたくさん降ってくる。その間はほかのキャラクターは寝てしまうため、桃を食べて蓄積ダメージを回復できる。もちろん寝ている相手を攻撃すれば勝負を優位に進められる。現在の状況をきちんと把握して最良の手段を選ぶべし。
  • (Wii) 大乱闘スマッシュブラザーズX
[for フィギュア名鑑] ピーチ
キノコ王国のお姫様。可愛いだけじゃなく強さも兼ね揃えている。『スマブラ』ではピーチだけが使える『空中浮遊』で優雅に攻撃をかわしたり、『キノピオ』を突き出して攻撃をふせいだりして、お姫様らしく立ち回りたい。キノピオの他に傘、フライパン、テニスラケット、ゴルフクラブなど、様々な道具を隠し持っているしたたかな面も。
  • (FC) スーパーマリオブラザーズ (1985/09)
  • (NDS) スーパープリンセスピーチ (2005/10)
[for フィギュア名鑑] ピーチ(EX)
お姫様とはいえ、戦いに勝つためなら畑仕事もなんのその。下必殺ワザ「野菜ひっこ抜き」は、地面から野菜をひっこ抜き、相手に投げつける。ひっこ抜く野菜の威力は、表情によって異なる。普通の表情や、笑顔の野菜は並みの攻撃力だが、おじいさんのような表情は、攻撃力が高めだ。まれに、ボムへいやどせいさんが出ることも。
  • (FC) スーパーマリオブラザーズ (1985/09)
  • (NDS) スーパープリンセスピーチ (2005/10)
[for フィギュア名鑑] ピーチブラッサム
ピーチ姫の切りふだは、とてもファンタジック。発動すると左右からイラストのピーチ姫が出現。体力を回復する大きなモモが降り注ぐと同時に、ライバルたちが一斉に深い眠りにつく。眠っている時間は、ピーチ姫に近いほど長い。モモを拾い集めて体力回復に専念するのもよし、ライバルに痛い一撃を見舞うのもよしのワザだ。

動作などの元ネタ

ワザ

  • 弱攻撃:ロイヤルびんた (DX-for)
    • 『スーパーマリオRPG』で、グローブ系武器を装備することでビンタ攻撃を行う。
  • 横スマッシュ攻撃:ピーチスマッシュ (DX-for)
    • フライパンは『スーパーマリオRPG』の武器。
      • 『ゲームボーイギャラリー2』でも、「シェフ」のいまモードにおいて使用している。
    • ゴルフクラブは『マリオゴルフ64』より。
    • テニスラケットは『マリオテニス64』より。
      • 原作同様、桃色のラケット。ガットにピーチの王冠が描かれているのも再現。
  • 上必殺ワザ:ピーチパラソル (DX-for)
    • 『スーパーマリオRPG』で、"パラソル"という武器があり、また空からパラソルでおりてくるシーンがある。
    • 『スマブラDX』以降、操作キャラとしてのピーチには「パラソルでゆっくり下りる」能力が付くことが多い。パラソルのデザインは『スーパーペーパーマリオ』で使われているものに近い。
  • 下必殺ワザ:野菜引っこ抜き (DX-for)
    • 『スーパーマリオUSA』より。
      • 原作では野菜の葉が出ている地面からしか引っこ抜けない。また、野菜の種類の違いはあるが、表情は固定となっている。
    • また、稀にボム兵を引っこ抜くが、これは『スーパーマリオRPG』のヒステリックボムを彷彿とさせる。
      • ヒステリックボムは『スーパーマリオRPG』におけるピーチ唯一の攻撃魔法で、放り投げた爆弾が雨のように降り注ぐという攻撃である。
  • 最後の切りふだ:ピーチブラッサム (X-for)
    • ワザは完全にオリジナル。流れている曲は『スーパーマリオブラザーズ3』のワープゾーンの早送り。
    • 元ネタではないが、『スーパーマリオRPG』では「ねむれよいこよ」という技で相手を眠らせることができた。

その他

  • しゃがみ (DX-for)
    • 『スーパーマリオUSA』の背の小さいときのしゃがみ、または『スーパーマリオコレクション』でリメイクされた『スーパーマリオUSA』のしゃがみに少し近い。
  • 空中浮遊 (DX-for)
    • 『スーパーマリオUSA』から。ジャンプボタンを押しっぱなしにする操作などもよく似ているが、スマブラほど浮遊できない(約1.5秒)。
  • 巨大化時のポーズ (X-for)
    • 右手を挙げる。『スーパーマリオUSA』のキャラ選択でピーチを選んだときのポーズにちょっと近い。
    • ただし原作では左手を挙げ、反対の手は腰の前にある。
  • ミニ化時のポーズ (X-for)
    • 両手を頬に当てる。『スーパーマリオUSA』でミスしたときのポーズにちょっと近い。なお『スーパーマリオコレクション』ではマリオ達のように両手を上げる。
  • 勝利演出・Y(『スマブラX』での操作):手を組み、上を見上げる「This is fun!(楽しいわね!)」 (DX-X)
    • 『スーパーマリオ64』以降のピーチ城のステンドグラスに描かれたピーチと同じ祈りのポーズ。
    • 『スマブラfor』ではハートを散らしながら1回転するものに変更されている。

主な登場作品

他多数

関連キャラクター

脚注

  1. アンケート集計拳!!
  2. Nintendo DREAM スマブラ談DX
    “―N64版のときの『スマブラ拳!!』で、『2』が出るとしたら、出して欲しいキャラランキングをやってましたけど、ある程度は反映されてますよね。
    桜井 反映しようと思わなければ、クッパとピーチを真っ先に出そうとは思いませんでしたね。”
  3. 『スマブラfor』ではサム・キャリー(Sam Kelly)名義

外部リンク


ファイター(シリーズ統合)
64 マリオ - ドンキーコング - リンク - サムス - ヨッシー - カービィ - フォックス - ピカチュウ - ルイージ - ネス - キャプテン・ファルコン - プリン
DX クッパ - ピーチ - アイスクライマー - シーク - ゼルダ - マルス - ピチュー - ガノンドロフ - ドクターマリオ - ファルコ - ミュウツー - ロイ - こどもリンク - Mr.ゲーム&ウォッチ
X ピット - ワリオ - ゼロスーツサムス - アイク - ポケモントレーナー ( ゼニガメ - フシギソウ - リザードン ) - ディディーコング - メタナイト - スネーク - リュカ - ソニック - デデデ - ピクミン&オリマー - ルカリオ - ロボット - トゥーンリンク - ウルフ
for むらびと - ロックマン - Wii Fit トレーナー - ロゼッタ&チコ - リトル・マック - ゲッコウガ - Miiファイター - パルテナ - パックマン - ルキナ - ルフレ - シュルク - ブラックピット - クッパJr. - ダックハント - リュウ - クラウド - カムイ - ベヨネッタ
SP インクリング - デイジー - リドリー