【おしらせ】スマブラ for 3DS/Wii UまとめWikiはシリーズ全体を統括するサイトに拡張しました。
現在各ページを『スマブラfor』からシリーズ全体に拡充するための総合化の編集をしております。
詳しくは、大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U まとめWIKI・シリーズ統合Wiki化‎をご覧ください。

【おしらせ】ログインをしていないと編集に失敗する不具合を修正しました。

プリン

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
2018年6月14日 (木) 21:56時点におけるWIKIMASA (トーク | 投稿記録)による版 (1版 をインポートしました: 今度こそ)
移動先: 案内検索
プリン
デビューポケットモンスター 赤・緑(1996年2月27日/GB)
スマブラへの出演スマブラ64スマブラDXスマブラXスマブラforスマブラSP

プリン(Jigglypuff)は、ポケットモンスターシリーズに登場するキャラクター。

概要

『ポケットモンスター』シリーズに登場する“ふうせんポケモン”。
大きな瞳で相手を誘い込んで、歌をうたい相手を眠らせるのが得意技。
第1作の『ポケットモンスター 赤・緑』から登場しており、当時はノーマルタイプのみだったが、『ポケットモンスター X・Y』からフェアリータイプが追加された。

登場当初はピカチュウ、ピッピと共に可愛いポケモンの代表格として扱われており、実際にアニメ版では準レギュラーとして頻繁に登場していたり、かなり目立っていた。しかしピカチュウが不動の人気になり、アニメ版でも第2シリーズの『アドバンスジェネレーション』に移ってからは準レギュラーから降板したためかつてほど目立たなくなり、現在では可愛いポケモンの1種類ぐらいの扱いに落ち着いている(ただし近年でも、『ポケモン+ノブナガの野望』のヒロインの手持ちであったりと、地味なところで目立ってはいる)。

初期のころは目がかなり大きかったが『ポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーン』からは目が少し小さくなっている。

進化すると"プクリン"になり、進化前は『ポケットモンスター 金・銀』より登場の"ププリン"である。
ステータスとしては進化前なだけあり、HPが高い以外他の能力はかなり低く、あまり強力とは言えない。しかし、『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』で登場した隠れ特性「フレンドガード」という特性を手に入れた際には、ダブルバトルにおいて進化系であるプクリンよりも対戦で活躍した(プクリンに進化すると特性が「おみとおし」に変化する)。そのため、進化前でありながら対戦の実用に耐えうる、数少ないポケモンの1種になっている。

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ

シリーズ1作目から登場。『スマブラDX』では2001年12月25日に、『スマブラX』には2008年3月25日に、『スマブラfor』には2014年11月6日に公式サイトで参戦が発表された。『スマブラ64』から『スマブラfor』3DS版までは隠しキャラクターとして、Wii U版では最初から選択可能なファイターとして登場している。


デザインは『スマブラ64』から『スマブラX』までは『ポケットモンスター ルビー・サファイア』以前のデザイン、『スマブラfor』では『ポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーン』以降の目が小さくなったデザインに準じている。

日本版での声は、アニメ版『ポケットモンスター』で準レギュラーとして登場した野生のプリンを担当した、かないみかが務める。なお、プリンのボイスの殆どは、アニメ版の第45話「うたって!プリン!」と第62話「ピッピVSプリン」で収録された音声が使用されている。ボイスの構成は『スマブラDX』で変わり、以降もほぼ同じ構成が使われている。


『スマブラ64』では他の参戦キャラクターが全員各シリーズの主役級キャラクターなのに対し、可愛いポケモンの代表格程度でしかないプリンの参戦は異彩を放っていた。参戦した理由は、大人気のポケモンからはもう1体出したいということで既に制作されたピカチュウ以外の人気ポケモン(当時のポケモン総数は151匹)で、なおかつ制作時間の都合上により既存キャラの骨格を流用できるという条件に当てはまったため、カービィの骨格の流用[1]でプリンが制作され、参戦を果たした。 なお、プリンではなくピッピ参戦の案もあったが、プリンのほうがやられ役っぽいということから、プリンが優先された[2]

「そういうキャラが、ひとつは欲しい」という理由で[3]、『スマブラ64』では意図的に弱いキャラクターとして作られた。「かよわい」ことが特徴とされ[4]、最もふっとばされやすい、“ふうせんポケモン”である為かシールドブレイクすると一発でKOになるほど上にふっとんでいく、使い道があまり無いワザを複数持っている、地上の運動性能が最低クラス、などの露骨なハンデを多く抱えている。しかし、開発者が「空中戦を制する者はスマブラを制す」と語る[5]中で抜群の空中移動能力を持つことや、下必殺ワザ「ねむる」による一発逆転を秘めているなど、やりこんでその強みを引き出すことができれば十分に戦えるキャラクターになっている。それをあえて公式が「弱い」と明言しているのは、前述のようなハンデだけを見て「バランスが悪い」と取られたくなかったためだと開発者は語っている[6]

『スマブラDX』では最弱の座を公式にピチューに明け渡した[7]。そのため、前作で充分高かった空中の移動性能や「ねむる」のふっとばし力が更に大幅上昇するなど、長所が大胆に強化され、ハンデキャラクターではないことが強調された。ちなみに、『スマブラDX』のプリンは強力な復帰阻止が可能だったり、「ねむる」でかなり早い段階(20%~30%)から撃墜が狙えるということで、プレイヤーに高く評価されたファイターだった[8]

『スマブラX』以降はピチューが参戦していないが、開発者からプリンが最弱の座に戻ったとは語られていない。しかし性能を見る限り、基本は『スマブラ64』の路線に戻しつつ、パワーや「ねむる」などの攻撃面は『スマブラDX』に準じるという、いわゆる「良くも悪くも一芸タイプ」なイメージになったと考えられる。

『スマブラ64』から参戦している縁からか、なんだかんだで皆勤賞であり、原作では影が薄くなってもスマブラでは依然として存在感を放ち続けている。今ではスマブラには欠かせないキャラクターの1人として、確固たる地位を築いている。

公式イラスト

亜空の使者

本編には登場しない。本編クリア後"湿地"に現れる赤い扉に入るとプリン登場のショートムービーが流れ、その後の戦いに勝つと仲間になる。
ショートムービーでは、"ポケモンスタジアム2"で歌うプリンの姿が描かれている。

ゲーム中の解説

[64 キャラクター紹介] プリン
大きくまるいひとみがポイントの、ふうせんポケモン。ここちよい歌をうたい、聞くものをねむりにさそう。おこるとプクーッとふくれる。ふうせんポケモンなのでからだが軽く、かよわくてふっとびやすい。
  • ポケットモンスター(96.2/GB)
[DX フィギュア名鑑] プリン
ふうせんポケモン。丸くて大きい瞳で誘い込み、心地よい歌をうたい、相手を眠らせる。気に食わないことがあると、プーッと風船のようにふくれる。一見かわいらしいが、覚えるわざは多彩である。"つきのいし"を使うことでプクリンに進化する。
  • ポケットモンスター赤緑(GB)
  • ポケットモンスター金銀(GB)
[DX フィギュア名鑑] プリン(SMASH)
ふつうの攻撃はかよわく、軽いためふっとびやすい。しかし、すさまじい空中制御力で宙を舞う。空中戦を制すものは「スマブラ」を制すため、活躍がすこし期待される。"ころがる"は高速回転して体当たりできる。自滅注意。"はたく"はシールドを削りやすく、復帰にも役立つ。
  • B:ころがる
  • 横+B:はたく
[DX フィギュア名鑑] プリン(SMASH)
"うたう"を当てると、相手を眠らせることができる。空中にいる相手には無効。"ねむる"はプリンが深いねむりに入ってしまう。が、ねむる瞬間にだけカラダの中心部に強い攻撃が出る。
相手にめりこみながらうまく使うことで、相手を大きくふきとばすことができる。プリンの最後の切りふだ。
  • 上+B:うたう
  • 下+B:ねむる
[X フィギュア名鑑] プリン
ふうせんポケモン。丸くて大きい瞳で相手を誘い、心地よい歌を聴かせて眠らせる。絶対に眠ってしまうその歌の秘密は声の波長にあり、相手が一番眠くなる波長で歌うことができる。さわった相手をメロメロにする"メロメロボディ"の持ち主。"つきのいし"を使うことでプクリンへと進化する。
  • ポケットモンスター 赤・緑 (GB)
  • ポケットモンスター ダイヤモンド・パール (DS)
[X フィギュア名鑑] おおきくなる
自らの身体をドンドン大きくするという特殊な最後の切りふだ。移動や攻撃など一切できず、ただ大きくなっていくのをジッと見ている、というわざ。ただし、この時プリンは無敵のまま大きくなり続けて、ほかのプレイヤーをドンドン画面外へ押しやっていく。やることは地味だが、使いかた次第で幅が広がるわざである。
  • (Wii) 大乱闘スマッシュブラザーズX
[for フィギュア名鑑] プリン
心地よい子守歌で相手を眠らせる特技をもつ、ノーマル・フェアリータイプのふうせんポケモン。『スマブラ』での特徴は、計6回までのジャンプができることと、空中における抜群の動きやすさ。空中戦主体で戦ったほうが能力を発揮できる。
シールドブレイクで場外にふっとんでしまう点と軽量で非常にふっとびやすい点に注意しよう。
  • (GB) ポケットモンスター 赤・緑 (1996/02)
  • (3DS) ポケットモンスター X・Y (2013/10)
[for フィギュア名鑑] プリン(EX)
「ねむる」は強烈な一撃を相手に食らわすも、プリンが深い眠りについてしまう下必殺技。ワザを出した時に、体の中央を相手に当てると、真上に向かってとてつもない勢いでふっとばす。ただし、簡単には当たらず、ヒットしたとしても大きなスキができるため、使いどころが難しい。ヒットした後も相手に徐々にダメージを与える。
  • (GB) ポケットモンスター 赤・緑 (1996/02)
  • (3DS) ポケットモンスター X・Y (2013/10)
[for フィギュア名鑑] おおきくなる
相手を強烈にふっとばすわけでもなく、強力なダメージを与えるわけでもない、単純にプリンがおおきくなるだけの、特殊な最後の切りふだ。しかし、発動すると画面いっぱいに巨大化するプリンを止めるすべはない。攻撃は一切効かず触れた相手をドンドン画面の外へ通しやる。逃げ場が少ない、狭いステージだと脅威だ。

動作などの元ネタ

ワザ

  • 横強攻撃:まわしげり (64-for) / ダッシュ攻撃:ダイビング (※『スマブラ64』では「スライディング」) (64-for)
    • どちらも原作に存在する技だが、本来プリンは覚えられない。
    • 「まわしげり」は、アニメ版の第45話で歌でサトシに褒められたピカチュウに嫉妬した際の攻撃が同じだった。
    • 「ダイビング」は原作では水にもぐって相手を攻撃する技であり、名前が同じなだけでまったく別の技といえる。
  • 通常必殺ワザ:ころがる (DX-for) / 横必殺ワザ:はたく (※『スマブラ64』では通常必殺ワザ) (64-for)
    • どちらも原作中で序盤に覚えるわざ。
    • 「はたく」はアニメでも使っている。
  • 上必殺ワザ1・3:うたう (64-for)
    • 相手を「ねむり」状態にするノーマルタイプのわざ。命中率は低い。
    • メロディは『赤・緑』のニビシティのポケモンセンターにいるNPCのプリンに話しかけたときに流れるもの。アニメでは声優によってそのメロディに合わせて「プ~プリン~」といったように歌われた。スマブラも同様。
    • アニメのプリンは、歌を相手に聞かせるのが好きだが、その効果が強力ゆえに寝てしまった人やポケモン達に怒り、マイク型油性マジックペンで顔に落書きをして去っていく、という話になるのがお約束。
  • 上必殺ワザ2:ハイパーボイス (for)
    • 相手全体を攻撃できるノーマルタイプの特殊わざ。「みがわり」も貫通する高性能。
  • 下必殺ワザ:ねむる (64-for)
    • 2ターンの間「ねむり」状態になるかわりに自分のHP、状態異常を全回復するエスパータイプのわざ。
    • スマブラでは「眠る瞬間にプリンの中心からものすごいエネルギーが出る」という独自の設定になっている[9]。回復効果はそれ狙いで逃げ回るプレイが頻発するのを避けるために搭載されなかった[10]
    • 原作では「ねむる」そのもので相手にダメージを与えることはできないが、「ねむり」状態の時のみ使える攻撃技の「いびき」や、覚えている技の中から一つがランダムで使用される「ねごと」というわざを使って、攻撃技を出させることは出来る。
  • 最後の切りふだ:おおきくなる (X-for)
    • 原作には存在しないスマブラオリジナルのワザ。余談だが、逆に縮こまって自身の回避率を上げる「ちいさくなる」というわざは存在する。
  • 下アピール (X-for)
    • 『ポケモンスタジアム』シリーズや『ポケモンバトルレボリューション』で戦闘不能になった時の動作。

主な登場作品

他多数

備考

  • 『スマブラDX』では隠しキャラクターであるにも関わらず、オープニングムービーに登場している。登場するシーンは、ピカチュウをはじめとしたポケモンたちの集合シーンで、ポケモンたちの手前に登場する。
  • スマブラでは『ポケットモンスター』シリーズのキャラクターのワザ名は全て仮名のみで統一されているが、『スマブラ64』と『スマブラDX』のプリンの弱攻撃だけは「左たたき」と「右たたき」で漢字が使われていた。『スマブラX』からは平仮名に変更されている。
  • スマブラでのプリンのカラーバリエーションは、どれもリボンなどアクセサリーを身に着けたもので、プリンの体色はあまり変わらない。ポケモンは生き物としての体色が個性としてどれだけの範囲で認められているかということがあらかじめ決められており、充分に異なって見えるカラーバリエーションを作れないため、その対処策としてアクセサリーをつけて区別化を図っているのである[11][12]

脚注

  1. 『スマブラDX』以降はカービィの流用ではなく、専用の骨格が作られている。
  2. The 64DREAM 1999年5月号 桜井政博インタビューより。
  3. ほぼ日刊イトイ新聞 - 樹の上の秘密基地
  4. スマブラ拳!! プリン
  5. スマブラ拳秘伝ビデオ YOUTUBE - 3分20秒付近
  6. アンケート集計拳!!
    “本当は、プリンでも慣れれば充分に戦えるバランスのはずなのです。(いろいろな方の投稿を見てもわかりますよね?)そこをあえて「プリンは弱い」と明言しているのは、性能的なハンデを、「バランスが悪い」と取られるのがイヤだったから、というのがあります。”
  7. 速報スマブラ拳!! : プリン
  8. Tier list - SmashWiki, the Super Smash Bros. wiki
  9. 『スマブラX』のステージ"シャドーモセス島"でのスマッシュアピールによるスネークの通信より
  10. アンケート集計拳!!
    “これは当然考えられるのですが、しませんでした。対戦中、ひんぱんに流れを止めてねむりに走るのは、やる側もイヤでしょう。きっと。”
  11. アンケート集計拳!!
  12. アンケート集計拳!!

外部リンク


ファイター(シリーズ統合)
64 マリオ - ドンキーコング - リンク - サムス - ヨッシー - カービィ - フォックス - ピカチュウ - ルイージ - ネス - キャプテン・ファルコン - プリン
DX クッパ - ピーチ - アイスクライマー - シーク - ゼルダ - マルス - ピチュー - ガノンドロフ - ドクターマリオ - ファルコ - ミュウツー - ロイ - こどもリンク - Mr.ゲーム&ウォッチ
X ピット - ワリオ - ゼロスーツサムス - アイク - ポケモントレーナー ( ゼニガメ - フシギソウ - リザードン ) - ディディーコング - メタナイト - スネーク - リュカ - ソニック - デデデ - ピクミン&オリマー - ルカリオ - ロボット - トゥーンリンク - ウルフ
for むらびと - ロックマン - Wii Fit トレーナー - ロゼッタ&チコ - リトル・マック - ゲッコウガ - Miiファイター - パルテナ - パックマン - ルキナ - ルフレ - シュルク - ブラックピット - クッパJr. - ダックハント - リュウ - クラウド - カムイ - ベヨネッタ
SP インクリング - デイジー - リドリー