【おしらせ】スマブラ for 3DS/Wii UまとめWikiはシリーズ全体を統括するサイトに拡張しました。
現在各ページを『スマブラfor』からシリーズ全体に拡充するための総合化の編集をしております。
詳しくは、大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U まとめWIKI・シリーズ統合Wiki化‎をご覧ください。

ポケモントレーナー

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
移動先: 案内検索
ポケモントレーナー
主人公・男の子 (ポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーン).png
『ポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーン』の主人公(男の子)
シンボル ポケットモンスター.png
出典ポケットモンスターシリーズ
デビューポケットモンスター 赤・緑(1996年2月27日/GB)
スマブラへの出演スマブラXスマブラforスマブラSP

ポケモントレーナー(Pokémon Trainer)は、『ポケットモンスター』シリーズに登場する人達の総称で、主にポケモンをつかまえ、育てたり、戦わせたりする人のことを指す。
ここでは、『ポケモン』における主人公と、『スマブラ』のファイターとして参戦するポケモントレーナーについて解説する。ポケモントレーナーの詳細についてはポケモントレーナー - ポケモンWikiを、『スマブラ』でその他に登場するポケモントレーナーについては、ポケットモンスターシリーズを参照。

概要

『ポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーン』の主人公(女の子)

『ポケットモンスター』の本編シリーズで、プレイヤーである主人公は、ポケモン研究所の博士からポケモンをもらい、野生のポケモンを捕まえたり、他のトレーナーとのポケモンバトルや、悪の組織との戦いなどを通して成長していく。ゲームにおける主な最終目標はポケモンリーグの優勝、ポケモン図鑑の完成である。最近のシリーズでは、ポケモンと触れ合う「ポケパルレ」(X・Yから)や、ポケモンの美しさやかっこよさなどを競う「ポケモンコンテスト」(ルビー・サファイアなど)など、ポケモンバトル以外の大きなやりこみ要素があるのが特徴。

『ポケモン』の主人公は基本的に喋らず、性格も特に決められてはいない。名前もプレイヤーの自由だが、一応デフォルトの名前は存在する。各作品の主人公を指す場合、そのデフォルトの名前や、選ばれなかった性別の主人公が友達・ライバルとして登場した時の名前、メディアで公開されたゲーム画面での主人公の名前などで、プレイヤーから呼ばれることが多い。

『スマブラ』のファイターとして登場するポケモントレーナーは、第1作『ポケットモンスター 赤・緑』のリメイク作にあたる『ポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーン』の男の子主人公(レッド)がモデルになっている。『スマブラSP』では色変えで女の子主人公(リーフ[1])も登場する。

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ

[icon] この節の加筆が望まれています。

シリーズ3作目の『スマブラX』で初登場。2007年8月13日に公式サイトで参戦が明らかにされ、最初から選択可能なファイターとして登場した。『スマブラfor』では3DSの性能の問題で全面的に変身システムが廃止となり、それありきのポケモントレーナーは参戦できなかった[2]が、リザードンだけは単体で参戦した。ポケモントレーナーと参戦しなかったポケモンたちは鑑賞用フィギュアとして登場している。『スマブラSP』には、2018年6月13日に放送された『Nintendo Direct: E3 2018』で当作の情報が公開されると同時に参戦することが明らかになった。

日本版での声の担当は、半場友恵が務める。

原作で最初に選択する3体のポケモン(ゼニガメフシギソウリザードン)を切り替えて戦う変則ファイター。開発者曰く、3体の進化段階がバラバラなのは、大きさや進化段階のバランス、キャラ立ちを考えた結果だという[3]

トレーナー本人はステージの奥で指示を出したり交代させるだけで、対戦に直接の関与はしない。"ノルフェア"などの奥に足場がないステージの場合、専用の浮遊する台に乗って指示を出す[3]

対戦開始時に繰り出すポケモンはランダムだが、キャラクターセレクト時に任意のポケモンのグラフィックにカーソルを合わせて決定ボタンを押せば、そのポケモンを最初に繰り出すことが出来る。

ポケモン一体一体にスタミナという概念が存在し、一体のポケモンを使い続けるとスタミナが無くなって攻撃力が下がってしまう。時間経過だけでなく、ワザを使うことでも低下する。他のポケモンを使用するかバーストすると回復する。
また、それぞれのポケモンには得意な属性と苦手な属性(水、火、草)が設定されていて、 得意属性の攻撃を受けると通常より小さく、苦手属性だと通常より大きく吹っ飛ぶ。
原作のタイプ相性を再現したモノだが、水属性、草属性の攻撃は殆ど存在しないので非常によく見受けられる火属性が弱点のフシギソウ以外、まず意識する必要はない。

ゼニガメは軽量級で素早い動きができ、出の早いワザが多い。
フシギソウは中量級で動作はあまり早くないが、攻撃範囲が広いワザが多い反面扱いが難しい。上必殺ワザがワイヤーワザなので復帰力は高いとは言えない。
リザードンは重量級だが、翼があるため滑空ができ、復帰力は低くはない。攻撃は大振りなものが多く、スーパーアーマーが付与されているものも多い。

アートワーク

亜空の使者における役割

[icon] この節の加筆が望まれています。

ゲーム中の解説

[Xフィギュア名鑑] ポケモントレーナー
己のパートナーとなるポケモンを育成し、バトルを行う人々。バトルではポケモンへの指示を出したりどうぐを使用する。トレーナーが思い描いている戦略ひとつで勝負が決まるといっても過言ではない。ポケモンに愛情を注ぎ込み、ともに怒り、悲しみ、喜びながら最強のポケモントレーナーを目指して冒険の旅を続けている。
  • (GBA)ポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーン
[Xフィギュア名鑑] さんみいったい
ゼニガメ、フシギソウ、リザードンの3体が集合。それぞれ“だいもんじ”、“ハイドロポンプ”、“ソーラービーム”を一気に放つポケモントレーナーの最後の切りふだ。3体が同時に出てくるのはこのわざだけであり、まさに三位一体の威力を誇る。なぜか画面にウィンドウが表示されるが、気にしない。
  • (Wii) 大乱闘スマッシュブラザーズX
[3DSWiiUフィギュア名鑑] ポケモントレーナー
カスミ、タケシ、シロナ。アイリス、そしてサトシ。彼らの共通点は、そう、ポケモントレーナー!ここで紹介している赤い帽子が似合う彼も、『スマブラX』で活躍したポケモントレーナーだ。負けずぎらいで、ポケモン好きで、友達思い。……これも彼らの共通点のひとつかもしれない。たぶんだけど、キミとの共通点ともいえそうだ。
  • (GB) ポケットモンスター 赤・緑 (1996/02)
  • (GBA) ポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーン (2004/01)

動作などの元ネタ

ワザ

  • 下必殺ワザ:ポケモンチェンジ
    • バトル中にポケモンを交代できるシステムの再現。
      「もどれ!」「いいぞ!」「よくやった!」「ゆけ!○○」「がんばれ!○○」という台詞は全て、交代時に表示されるメッセージ。
  • 最後の切りふだ:さんみいったい
    • 3匹が使う技はいずれも、『赤・緑』の時点では各タイプの最強技だったものである。「ハイドロポンプ」と「ソーラービーム」はゼニガメ系統とフシギダネ系統がレベルアップで最後に覚え、「だいもんじ」はヒトカゲ系統にわざマシンを使うことで覚えさせられる。
    • メッセージウィンドウとフォントは、『スマブラX』では『ダイヤモンド・パール』、『スマブラSP』では『サン・ムーン』を再現している。『ダイヤモンド・パール』の後に発売された『プラチナ』ではウィンドウが少し変わっている。
    • 最後に表示される「こうかはばつぐんだ!」は相手のポケモンが苦手としているタイプのわざで攻撃した際のメッセージ。『赤・緑』から現在に至るまで使用されている。
    • 小学館の学年誌に連載されていた漫画『ポケットモンスターSPECIAL』の第33話「VS伝説の鳥ポケモン」には、これに似た一斉攻撃の描写がある。そちらは、3匹が最終進化系、別々のトレーナーのポケモン(レッドのフシギソウ、ブルーのカメックス、グリーンのリザードン)であり、フシギソウは「つるのムチ」、リザードンは「かえんほうしゃ」を放つ。また、フシギソウは攻撃の途中でフシギバナに進化し、直後に「ソーラービーム」を放つ描写となっている。
      • 劇中では、ロケット団が伝説の鳥ポケモン(フリーザー・サンダー・ファイヤーの三体)を融合させ、その力を利用して世界を制圧しようと目論んでいた。この技はそれに対抗するために放たれた技というもの。

その他

  • 対戦後のリザルト画面で2位以下になった時 X / ストック制乱闘でストックが0になった時
    • 帽子を深くかぶり目を伏せる仕草は、原作のポケモンバトルで手持ちポケモンがすべて瀕死になったときに表示されるメッセージの「めのまえがまっくらになった!」(作品や主人公の性別によっては「まっしろ」)を表現した物。
  • ポケモンのスタミナ X
    • 『ポケモン』の本編でバトルで長く居続けると攻撃力が落ちるというシステムはなく、一般的なスタミナ(持久力)の概念と同じだが、PP(パワーポイント)が元になっていると思われる。PPはポケモンが技を使うために必要なポイントで、これがないと技を使うことができず、道具を使わないと回復できない。
  • 『スマブラfor』でのフィギュア解説で挙げていたトレーナー
    • カスミとタケシは『赤・緑』及びそのリメイク作『ファイアレッド・リーフグリーン』に登場するジムリーダー。アニメ版『ポケットモンスター』では主人公サトシの仲間として登場している。
    • シロナは『ダイヤモンド・パール・プラチナ』の舞台であるシンオウ地方のチャンピオン。『スマブラWii U』には彼女との戦闘BGMが収録されている。
    • アイリスは『ホワイト』に登場するジムリーダー及び続編の『ブラック2・ホワイト2』でのイッシュ地方のチャンピオン。アニメ『ポケットモンスター ベストウイッシュ』ではサトシの仲間として登場している。
    • そしてサトシは相棒のピカチュウと仲間とともにポケモンマスターを目指して旅をするアニメシリーズの主人公。

主な登場作品

備考

  • ポケモントレーナーは、実質3体分のキャラクターを作る労力が必要となるため、本当に作るべきか迷ったと開発者は語っている[4]

脚注

  1. ゲーム開始時や名前を付ける時に何も入力せずに決定すると自動で付けられる名前の一つや、内部データのトレーナーリスト内に「しゅじんこうの リーフ」とあることなどに由来した通称。他には『リー"フグリ"ーン』から取ったフグリがある。
  2. 桜井政博のゲームについて思うこと VOL.462
    (forでゼルダとシークなどが別キャラクターになった理由について)“基本的には3DSの限界によるものです。携帯機ですしね、どうひっくり返っても、3DSでふたりのキャラクターを共存させることは無理ですので。ポケモントレーナーは3匹だから、もっと無理。”
  3. 3.0 3.1 『週刊ファミ通 2008年2月29日増刊号』 直撃!!桜井政博さんインタビュー 新規参戦キャラクターについて聞く 後編
    “最初は3匹とも進化の第一段階、もしくは第三段階に統一することも考えたんです。進化の過程という位置づけ上、第二段階にあるポケモンは、わりと忘れられがちなこともあって。今回の場合はフシギソウですね。しかし、リザードンは入れたい。カメックスよりはゼニガメのほうがキャラが立ちそうだ。と考えた結果、大きさでも進化の意味でも大中小のバランスを取るのがいいだろうと考えました。ポケモントレーナー自身については、どのステージでも必ず画面中に出すという点で、専用のお立ち台を描き入れるなど、かなり無茶をしましたね(笑)。”
  4. 『週刊ファミ通 2008年2月29日増刊号』 〃
    “ポケモントレーナーは、本当に作るべきか迷いました。なにしろ実際に3体分のキャラクターを作る労力が必要なわけですし。3体増やすのなら、ほかのキャラクターにしたほうがいいかもしれないので……。だけど、遊ぶ人によってリザードンをメインで使ったり、状況に応じてゼニガメを使ったりと、セオリーができると思います。ということは、ポケモンを途中でチェンジするだけで、キャラクターが3人いることと変わらないと思ったんです。”

外部リンク


ファイター(シリーズ統合)
64 マリオ - ドンキーコング - リンク - サムス - ヨッシー - カービィ - フォックス - ピカチュウ - ルイージ - ネス - キャプテン・ファルコン - プリン
DX クッパ - ピーチ - アイスクライマー - シーク - ゼルダ - マルス - ピチュー - ガノンドロフ - ドクターマリオ - ファルコ - ミュウツー - ロイ - こどもリンク - Mr.ゲーム&ウォッチ
X ピット - ワリオ - ゼロスーツサムス - アイク - ポケモントレーナー ( ゼニガメ - フシギソウ - リザードン ) - ディディーコング - メタナイト - スネーク - リュカ - ソニック - デデデ - ピクミン&オリマー - ルカリオ - ロボット - トゥーンリンク - ウルフ
for むらびと - ロックマン - Wii Fit トレーナー - ロゼッタ&チコ - リトル・マック - ゲッコウガ - Miiファイター - パルテナ - パックマン - ルキナ - ルフレ - シュルク - ブラックピット - クッパJr. - ダックハント - リュウ - クラウド - カムイ - ベヨネッタ
SP インクリング - デイジー - リドリー - シモン - リヒター - クロム - ダークサムス - キングクルール

テンプレート:ポケットモンスターシリーズ