メインメニューを開く

大乱闘スマッシュブラザーズWiki β

強攻撃

強攻撃は、主にファイターが地上にいるときに、コントロールスティックがあるコントローラーなら、それを倒しながら攻撃ボタンを押すと繰り出すワザ。ただし、コントロールスティックを勢いよく倒す(弾く)とスマッシュ攻撃になる。強攻撃を行うためには、コントロールスティックをゆっくり倒すか、倒してしばらくしてから攻撃ボタンを押すか、倒し切らず途中で止めた状態で攻撃ボタンを押す必要がある。最も簡単で確実な強攻撃の出し方は、歩行状態で攻撃ボタンを押すことである。

強攻撃には横・上・下の三種類があり、それぞれスティックを倒す方向によって使い分けることができる。強攻撃の性能はそのファイターが持つ弱攻撃スマッシュ攻撃の中間のものが多い。稀にだが、弱攻撃よりも力が弱く隙が短いものや、同方向のスマッシュ攻撃よりもパワーも隙も大きいものもある。

横強攻撃編集

主にファイターが地上にいるときに、横に方向入力をしながら攻撃ボタンを押すと繰り出すワザ。

全ての横強攻撃は、使用者にとっては前方に大きな攻撃範囲を持ち、中には上や後方もカバーしているものもある。

横強攻撃の中にはシフトに対応したものがある。メタナイトなど、攻撃ボタンを連続で押すことによって弱攻撃のようにコンビネーションできる性質を持っているものもある。


上強攻撃編集

 
ピーチの上強攻撃。

主にファイターが地上にいるときに、上に方向入力をしながら攻撃ボタンを押すと繰り出すワザ。

大半は上寄りの攻撃範囲を持ち、横への範囲は小さい。前方よりも後方に寄ったものも多くある。全体モーションが短くてふっとばしベクトルが真上に向いたものが多く、それらは低%の相手に連続でヒットさせやすい。


下強攻撃編集

主にファイターが地上にいるときに、下に方向入力をしながら攻撃ボタンを押すと繰り出すワザ。

全ての下強攻撃は、使用者の前方に攻撃判定が現れる。横強攻撃よりも攻撃範囲が前方に長いものも複数あるが、判定の位置は横強攻撃よりも低く、上空にいる相手には当たりにくいものが多い。スマブラX以降、一部の下強攻撃はヒットした相手を一定確率で転倒させる効果を持つようになった。

桜井政博は、下攻撃や下スマッシュは「意外と使える」路線で性能を決めたと述べている[1]


関連項目編集

脚注編集