【編集に関するおしらせ】編集に参加する際には、大乱闘スマッシュブラザーズWiki:編集ガイドライン‎をご確認ください。

【編集に関するおしらせ】ファイターページなどの編集後に一部のセクションが正常に表示されない場合は、アドレスに「?action=purge」を付けてアクセスし、ページをパージすることで改善できます。詳しくは一部のセクションが表示されない場合の改善方法をご確認ください。

「リュカ (SP)/ワザ」の版間の差分

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
タグ: モバイル編集モバイルウェブ編集
350行目: 350行目:
 
*下投げの埋まりは演出で、[[状態異常]]の[[埋まり]]とは異なる。
 
*下投げの埋まりは演出で、[[状態異常]]の[[埋まり]]とは異なる。
 
----
 
----
*相手がふっとび始めるのと投げ動作の終了がほぼ同じなので、上空中攻撃などで追撃しやすい。
+
*相手がふっとび始めるのと投げ動作の終了がほぼ同じなので、前空中攻撃などで追撃しやすい。
 
*他の投げとは違い、[[サドンデス]]でも撃墜には届かない。
 
*他の投げとは違い、[[サドンデス]]でも撃墜には届かない。
 
----
 
----

2019年12月5日 (木) 08:29時点における版

リュカ (SP) > リュカ (SP)/ワザ

弱攻撃

"ショートキック" → "リバースキック" → "ターニングキック"
SP Lucas NA 01.jpg

右足でキック → もう一度右足でキック → 左足でキック

  • ダメージ: 2.5% → 1.5% → 3.5% [1段目→2段目→3段目]
  • 発生: 2F → 3F → 6F-7F [1段目→2段目→3段目]
  • 全体: 19F → 19F → 29F
  • 撃墜%: ?% → ?/? [1段目→2段目]
  • 誰にも当たっていない場合、攻撃ボタン押しっぱなしで1段目を連発する。

  • リーチは短いが出が早く、使いやすい。
  • 地上での暴れに非常に効果的。困ったときに置いておくと吉。


ダッシュ攻撃

"PKパームプッシュ"
SP Lucas DA 01.jpg

少し振りかぶってから、掌からPKを放出して攻撃。

  • ダメージ: 13.0%/9.0% [先端/先端以外]
  • シールド削り値: +1%
  • 発生: 13F-17F
  • 全体: 37F
  • 撃墜%: 131%/203% [先端/先端以外]

  • 発生は遅いが後隙は少なく、慣れればなかなか使いやすい。
  • あまり滑らないがPK部分のリーチが長く、判定も強いので先端をかすらせるように心がけよう。


横強攻撃

"PKスラッシュ"
SP Lucas Ftilt 01.jpg

掌からPKを放ちながら腕を横に振る。

  • ダメージ: 11.0%/7.5% [PK/腕]
  • 発生: 7F-9F
  • 全体: 25F
  • 撃墜%: 148%/378% [PK/腕]
  • シフト攻撃対応ワザ。
  • 腕部分にのみ相殺判定がある。

  • 攻撃後のスキが小さく、先端ならガードをされても反撃を受けにくい。


上強攻撃

"PKリバーサルキック"
SP Lucas Utilt 01.jpg

逆さまになって上方向にPKを伴った蹴りを繰り出す。

  • ダメージ: 1.5% + 8.0%->5.0% [2段目:始->持続] 計6.5%~9.5%
  • 発生: 4F , 7F-10F -> 11F-14F [始->持続]
  • 全体: 33F
  • 撃墜%: 167%

  • 発生時、狭いが前後にも攻撃判定がある。
  • PKワザのセオリー通り上方向への判定が強力で、低く浮かせた相手への追撃や対空に向いている。発生の早さもあり、狙うのは容易。
    • ネスの上強攻撃と比べると前後両面への相手への判定は広く、使いやすい。


下強攻撃

"スピニングリープキック"
SP Lucas Dtilt 01.jpg

しゃがんだまま回転足払いを繰り出す。

  • ダメージ: 5.0%
  • 発生: 3F-4F
  • 全体: 15F
  • 撃墜%: 727%/768% [根本/先端]



  • 隙とふっとばし力が非常に少なく、連発することができる。弱攻撃やつかみなどに繋ぎやすく、序盤から終盤まで役立つダメージソース。
  • 根本で当てると上に、先端を当てると横に軽くふっとばす。


横スマッシュ攻撃

"ぼうっきれ"
SP Lucas Fsmash 01.jpg

木の棒を思いっきりスイングする。

  • ダメージ [先端/先端以外]
    • 【ホールドなし】 15.0%/14.0%
    • 【ホールド最大】 21.0%/19.6%
  • 反射倍率: 1.5倍
  • 発生: 14F-15F (反射: 11F-21F) / ホールド開始: 7F
  • 全体: 45F
  • 撃墜%: 107%

  • ネスの横スマッシュ攻撃よりもダメージとふっとばし力は劣るが、発生が早めで実用的。野球少年のネスと比べると、ややフォームが悪い。
  • やや使いづらいものが多いリュカの撃墜手段としては、最も使いやすい。ただし、ふっとばし力はリュカのワザの中では地味。


上スマッシュ攻撃

"PKスマッシュゲイザー"
SP Lucas Usmash 01.jpg

強力なPKを上に向かって放出する。

  • ダメージ [2段目:始->持続2->持続3->持続4(対空限定)]
    • 【ホールドなし】 2.0% + 21.0% -> 20.0% -> 18.0% -> 16.0% -> 14.0%
    • 【ホールド最大】 2.7% + 29.3% -> 28.0% -> 25.1% -> 22.3% -> 19.6%
  • フレーム
    • 攻撃: 28F , 30F-32F -> 33F-37F -> 38F-42F -> 43F-47F -> 48F-52F [2段目:始->持続2->持続3->持続4(対空限定)]
    • ホールド開始: 2F
    • 無敵: 1F-7F (全身:当たり有り無敵) , 15F-29F (頭:当たり無し無敵)
  • 全体: 98F
  • 撃墜%: 81%

  • 全ファイターの上スマッシュ攻撃中最強クラスの威力・ふっとばし力・判定の強さを持つ。そしてそれ相応の発生の遅さと後隙のデカさ。
  • デカいPK部分以上に、発生直後のリュカの周囲が一番威力とふっとばし力が高い。
  • 1on1でバカ正直に使えば余裕でガードされて余裕で反撃を食らうレベル。復帰時や着地隙などを的確に狙わないと当てるのは難しい。


下スマッシュ攻撃

"PKブロウ"
画像は3発目のもの。

前方地面にPKを3連射する。

  • ダメージ
    • 【ホールドなし】 17.0% , 14.0% , 11.0%
    • 【ホールド最大】 23.7% , 19.6% , 15.3%
  • シールド削り値: -9% , -8% , -5%
  • 発生: 20F-22F , 29F-31F , 39F-41F / ホールド開始: 5F
  • 全体: 59F
  • 撃墜%: 88%
  • 3回攻撃するが、ふっとびが強いので以降の段はヒットしにくい。
  • 相殺判定が無い。

  • 3回の攻撃で威力がだんだん弱くなるが、攻撃範囲はその逆。3発目の攻撃範囲の高さはリュカの背以上になる。
  • 下方向へのリーチが広いため、ガケつかまりしてる相手や、戦場などでの床下の相手に有効。発生は遅いので、早出し気味に使おう。
  • 背後にはわずかにしか攻撃判定が無いため、前後に攻撃判定を持つ他の多くのファイターの下スマッシュ攻撃と同じ感覚では使えない。


ニュートラル空中攻撃

"PKフライングアタック"
SP Lucas Nair 02.jpg

PKをまとった体で回転しながら体当たり。

  • ダメージ: 2.0%*3+4.0% 、全4段ヒットで計10.0%
  • 発生: 7F-21F (ヒット間隔: 5F) , 26F
  • 全体: 44F
  • 着地硬直: 12F
  • 撃墜%: ?%
  • 最終段以外はオートリンクベクトル
  • 相殺判定が無いワザ。

  • PKを体にまといながらの回転攻撃。見た目通り全体に判定があり当てやすい反面、判定自体はそれほど強くない。


前空中攻撃

"PKエアフロントキック"
SP Lucas Fair 01.jpg

蹴りつつ足先からPKを放つ。

  • ダメージ: 12.5%/9.0% [PK/足]
  • 発生: 9F-12F / 9F-10F [PK/足]
  • 全体: 41F
  • 着地硬直: 7F
  • 撃墜%: 123%/192% [PK/足]
  • 足部分には相殺判定がある。

  • 発生の割に一発の威力は大きめ。PKの攻撃判定はリュカ一人分くらい長く、且つ足より持続するので当てやすい。


後空中攻撃

"PKメテオキック"
SP Lucas Bair 01.jpg

回転しながらPKを纏ったキックを繰り出す。

  • ダメージ: 9.0%/12.0%/7.0% [根本/中間/先端]
  • 発生: 15F-22F
  • 全体: 39F
  • 着地硬直: 9F
  • 撃墜%: ?%/200%/?% [根本/中間/先端]

  • 発生は遅いが、メテオワザにしては着地隙がかなり短い。
  • 足を振り下ろし終わった後も少し持続する。


上空中攻撃

"ジャンピングヘッドバット"
SP Lucas Uair 01.jpg

上に向けての頭突き。

  • ダメージ: 11.0%
  • 発生: 7F-10F
  • 全体: 31F
  • 着地硬直: 7F
  • 撃墜%: 161%

  • 攻撃判定が比較的狭く、ほぼ頭上にしかない分、ふっとばし力は高い。


下空中攻撃

"PKフットスタンプ"
SP Lucas Dair 01.jpg

下方向に連続でPKを伴った蹴りを放つ。

  • ダメージ: 3.5%*3+5.0% 、全4段ヒットで計15.5%
  • 発生: 10F-12F , 18F-20F , 26F-28F , 34F
  • 全体: 56F
  • 着地硬直: 16F
  • 撃墜%: ?%
  • 4段目は弱めのメテオスマッシュ
  • 最終段以外は上から当てると下に、横から当てると横にふっとぶ。オートリンクベクトルではない。
  • 最終段以外は蓄積ダメージの影響がほぼ無いに等しく、999%でもふっとびは非常に弱い。

  • 後空中攻撃に比べると決め手に欠けるが、崖下で決めれば復帰の弱い相手には十分決め手となり得る。地上で決めればダウン連のチャンス。
  • 持続が長く、対地への置き技としても使える。
  • リュカ自身が上昇中に当てると多段ヒットしやすい。


空中ワイヤー

"空中ヒモヘビ"
SP Lucas Grap air 01.jpg

ヒモヘビを前に伸ばして攻撃。

  • ダメージ 5.0%->3.0% / 3.0% [ヒモヘビ:始->持続 / 手]
  • 発生: 9F-12F -> 13F-21F [始->持続]
  • 全体: 51F
  • 着地硬直: 8F
  • 撃墜%: 876%>?%/?% [ヒモヘビ:始->持続 / 手]

  • リュカの貴重な押し付け技であり、牽制にも非常に有効。


つかみ

"つかみ"
SP Lucas Grap 01.jpg

手に持ったヒモヘビが伸びていき目の前の相手を咥えて引き寄せる。

  • 発生
    • 立ちつかみ: 12-17F
    • ダッシュつかみ: 14-19F
    • 振り向きつかみ: 15-20F
  • 全体
    • 立ちつかみ: 46F
    • ダッシュつかみ: 54F
    • 振り向きつかみ: 59F
  • ワイヤーつかみの中では最もリーチが短い。

  • ワイヤー系つかみの中では最もリーチが短く、多くのファイターにおける普通のつかみにすら劣ってしまうほど。ただし、相応に隙も小さい。
  • 判定と持続が弱いため当てるのはコツが要るが、投げでの撃墜や下投げからのコンボが可能で、リターンは高い。



つかみ攻撃

"つかみPKショック"
SP Lucas Grappummel 01.jpg

つかんでいる相手をPKで攻撃する。


  • ダメージ、硬直時間共に並程度のつかみ攻撃。マリオとほぼ同じ中量級タイプの性能。
    • このタイプのつかみ攻撃は平均的なDPS(時間毎のダメージ効率)を持ち、ダメージ稼ぎ、ワンパターン相殺の両方をこなせるバランス型の性能をしている。
  • マリオより若干リーチが長く、周囲の相手を巻き込みやすい。


前投げ

"PKスルー"
SP Lucas Fthrow 02.jpg

つかんでいる相手をPKで後方に振り回した後、前に大きく投げ飛ばす。

  • ダメージ: 10.0%
  • 無敵: 1F-23F
  • 撃墜%: 178%

  • ネスの同名ワザと比べるとリアクション影響値とリアクション固定値の差がマイルドになっている。
    高ダメージ時に進行方向の崖際で使えば撃墜も可能。


後投げ

"リバースPKスルー"
SP Lucas Bthrow 02.jpg

つかんでいる相手をPKで後ろに投げ飛ばす。

  • ダメージ: 10.0%
  • 無敵: 1F-20F
  • 撃墜%: 153%

  • ネスの同名ワザと比べるとリアクション影響値とリアクション固定値の差がマイルドになっている。
    ネス程強くはないが、撃墜には十分。


上投げ

"PKリフティング"
SP Lucas Uthrow 02.jpg

つかんでいる相手をPKで上に投げ飛ばす。

  • ダメージ: 10.0%
  • 無敵: 1F-25F
  • 撃墜%: 147%

  • ネスの上投げと比べふっとばし力が高い。
    高ダメージ時に使えば撃墜も可能。


下投げ

"PKパイルドライバー"
SP Lucas Dthrow 01.jpg

つかんでいる相手を頭から地面に思いきりたたきつけて埋める。その後相手は上にふっとぶ。

  • ダメージ: 11.0%
  • 無敵: 1F-41F
  • 撃墜%: 307%
  • 下投げの埋まりは演出で、状態異常埋まりとは異なる。

  • 相手がふっとび始めるのと投げ動作の終了がほぼ同じなので、前空中攻撃などで追撃しやすい。
  • 他の投げとは違い、サドンデスでも撃墜には届かない。


通常必殺ワザ

"PKフリーズ"
少々わかりにくいが、菱形のエフェクトは『MOTHER3』のPKフリーズβ等のエフェクトに似ている。

相手を氷づけにする弾を撃ち出す。弾をあやつり遠くに飛ばすことができる。

  • ダメージ: 10.0%~23.0%
  • 吸収:
  • 発生: 40F-43F / 92F-95F [溜めなし/最大溜め]
  • 全体: 66F~118F
  • 撃墜%: ?%
  • ボタンを押しっぱなしで溜めるためワザ。中断はできない。溜めるほど爆発の威力が増す。
  • ボタンを離すか、最大まで溜まると爆発する。攻撃判定は爆発にのみあり、ヒットした相手を氷結させる。
    • ワザを入力すると光球がリュカから現れゆっくり上昇していく。ある程度の高さまで達すると、今度はゆっくり下降していく。
    • 溜め中にリュカが攻撃を受けると光球が消滅、不発となる。
    • 溜め中にスティックを左右に倒すとその方向にわずかずつ光球を動かすことができる。
    • 光球は地形に当たると動かせなくなり、壁に当たった場合はゆっくり落下する。すりぬけ床はすり抜ける。
    • 光球は、ワザ発動時のリュカの立つ地面に接した瞬間当たりで最大威力になる。
  • 爆発はエネルギー系の飛び道具。貫通系で、相殺判定は無い。

  • ネスの「PKフラッシュ」との違い
    • 弾速が速い。
    • 溜めが最大になるまでの時間が短い。
    • 「PKフラッシュ」は前方よりも後方に大きく動かせるが、「PKフリーズ」は前方の方が大きく動かせる。
    • ボタンをはなすと即爆発する(「PKフラッシュ」はワンテンポ置いたあと爆発する)。
    • ダメージが小さい。
    • ヒットした相手を凍らせる。

  • 「PKフラッシュ」より溜め時間が短くなっているとはいえ警戒されているとまず当たらないが、混戦地帯になら放り込むと誰かしら当たってくれることが多い。対戦相手が近くにいるときに使用すると隙だらけのところに強烈な攻撃を受けることは必至。
  • 1on1の状況では復帰を妨害するのに使える。前作と比べふっとびベクトルが横寄りに変更されたため、ダメージが溜まっている復帰中の相手に当たるとほぼ確実に撃墜可能。


横必殺ワザ

"PKファイヤー"
『MOTHER3』のPKファイアーα等に見られる菱形のエフェクトが出ている。

放った光弾はヒットすると爆炎を巻き上げる。勢いよく立ちのぼる業火で相手をふきとばす。

  • ダメージ: 光弾: 3.0% / 炎: 7.0%
  • 発生: 光弾: 21F-38F / 炎: 1F-19F
  • 全体: 52F
  • 着地硬直: 19F
  • 撃墜%: ?%
  • シールドに当たった場合、爆炎は起きない。
  • 動作中に着地するとそこで着地モーションに移行するため、不発になる。
  • 発射時に反動で僅かに後退する。
  • 光弾が飛び道具とぶつかる場合、相手の飛び道具の威力に関わらず相殺が発生する。光弾は相殺した場で爆炎を起こす。
  • 相殺判定が無いワザ。

  • ネスの「PKファイヤー」との違い
    • 光弾がヒットすると斜め方向に爆炎が発生して相手をふっとばす。
    • 空中で使っても水平に飛ばす。
    • 飛距離が少し長い。
    • 発射時に後退する。
    • 後隙が若干少ない。

  • 小ジャンプしながら出しても地上の相手に攻撃できるので、後方に小ジャンプしながら発射する逃げ撃ちが強力。


上必殺ワザ

"PKサンダー"
『MOTHER3』のPKサンダーγ等で見られる六角形のエフェクトが出ている。

相手を突き抜ける電撃弾をあやつる。自分に当てて突進攻撃や復帰としても使える。

  • ダメージ: 弾: 2.5% / 尾: 0.7%
  • 吸収:
  • 発生: 20F-139F
  • 弾が消えた後の硬直: 44F
  • 撃墜%: ?%
  • ワザを発動すると、弾がリュカから発射される。
    その間リュカは行動不能になるが、スティックを倒すと弾の進行方向を自由に変えることができる。
  • 弾とそこから引く尾に別々の攻撃判定がある。どちらもエネルギー系なので吸収はできるが、反射できるのは弾部分のみ。尾には相殺判定が無い。
  • 弾は貫通系の飛び道具で、何かにヒットしたり相殺したりしても消えない。
  • 弾をリュカに当てると、弾の中心点とリュカの中心点を結んだ方向に「PKサンダー体当たり」をする。
    何らかの原因で弾が消失 または 反射などにより操作権を失った場合は、しりもち落下になる。
    • 弾がリュカに接近すると、リュカの近くにPKサンダー体当たりで進む方向を示す矢印のマーカーが表示される。

PKサンダー体当たり

PKサンダー体当たり
弾が近くに来た時の矢印。これで復帰も安心?
  • ダメージ: 5.0% + 2.0%*5 + 1.5*5 + 10.0% 、全12段ヒットで計32.5%
  • 発生: 1F-2F , 4F-5F , 6F-7F , 8F-9F , 10F-11F , 12F-13F , 14F-15F , 17F-18F , 20F-22F , 23F-25F , 26F-28F , 29F-30F
  • 無敵: 1F-9F
  • 体当たり開始から少しの間は無敵。
  • 浅い角度で床に接触すると床に沿って進み、壁に接触すると進行方向が反転する。直角に近い角度で接触すると弾かれ、そこで体当たりは終わる。
    • 壁に衝突してバウンドした直後、すぐに上必殺ワザ入力を行うと、バウンド動作をキャンセルして再度このワザが使用できる。着地までに一度だけ可能。
  • 最終段がヒットすると必殺ズーム演出が入る。
  • 体当たり後はしりもち落下になる。

  • ネスの「PKサンダー」とは、次のような違いがある。
    • PKサンダー
      • ネスより弾速が遅い。
      • ネスより弾のダメージが小さい。
      • ふっとばしベクトルが前向き。
      • 最初から最後まで弾が何かにヒットしても消えない。そのため連続ヒットしやすく、相殺が起きても消えない。
      • 後隙が大きい。
    • PKサンダーたいあたり
      • 連続ヒットし、最後で大きくふっとばす。
      • 移動距離が長い。
      • 相手にヒットしたり相殺が起きても移動距離の減少が無い。

  • 性質上、復帰阻止として非常に優秀。復帰技の判定が弱い相手なら一方的に打ち負かすことも可能。
    • 反面、操作解除時の隙がネスよりも格段に大きく、相手が復帰安定している場面での使用は危険。
  • 体当たりはネスのものよりも攻撃性能は劣るが、移動距離が長く、相手にヒットしても移動距離が縮まないので、突進の狙いさえ間違えなければ安定して復帰ができる。1段あたりのダメージが少ないので、大ダメージの単発攻撃であるネスよりもカウンターを決められた時の被害も小さい。


下必殺ワザ

"サイマグネット"
バリアの模様は原作のサイマグネットのエフェクト。『MOTHER2』のものに近い。

前方に磁場を発生させエネルギー系の飛び道具を吸収する。

  • ダメージ: 8.0%
  • 吸収倍率: 2倍
  • 回復上限: 30.0%
  • 発生
    • 吸収: 7F-
    • 攻撃: 1F (解除時)
  • 解除時の硬直 9F
  • 撃墜%: ?%
  • ボタンを押し続けている間、リュカの正面にバリアを展開し続け、接触したエネルギー系の飛び道具を吸収し、そのダメージの2倍の量を回復する。
  • 吸収した瞬間はシールドと同じ回避行動が可能。
  • バリアを解除する時、バリアの中心に攻撃判定が発生する。ヒットすると真横へ大きく吹っ飛ばす。
  • バリアを展開した瞬間に前方に相手をバリア側へ引き寄せる風が発生する。
  • 背中ががら空きに見えるが、僅かに背中側にバリアがはみ出している部分にも吸収判定が存在し、先にこちらに触れれば吸収できる。
    • 後ろから来た飛び道具を吸収するとその瞬間に後ろに向き直る。
  • バリアの展開中は落下速度が緩やかになる。

  • ネスの「サイマグネット」との違い
    • ネスは自身を中心にバリアを張るが、リュカは正面に張る。そのため後ろからの飛び道具を吸収しにくい。
    • 回復倍率がネスより高い(ネスは1.6倍)。
    • ネスは展開中のバリアに攻撃判定があり、またバリア解除時には弱いを起こすが、リュカはバリア解除時のみバリア中心部に攻撃判定が発生する。

  • 解除時に中心に発生する攻撃は、メインにはしづらいものの実用的な撃墜技であるため、覚えておこう。
  • 空中で使うと落下へのブレーキが大きくかかる。着地狩りへのフェイントに使える。
  • チーム戦でチームアタックありにすると、味方から飛び道具を恵んでもらって無制限に回復することができる。


最後の切りふだ

"PKスターストーム"
SP Lucas Final Smash 03.jpg

クマトラボニーの支援を受けて放つPSI。無数の流れ星が落下し相手をふっとばす。

  • ダメージ: 一発あたり6.5%
  • 撃墜%: ?%
  • 降ってくる流星はネスとは軌道が異なり、リュカのいる場所めがけて収束するように降る。時間が経つほど降る間隔が少し長くなり、流星の出現位置が離れていく。
    • スティックを上下左右に入力することで、流星が収束する箇所をずらすことができる。
  • 流星は計14発降ってくる。

  • 主な用途は復帰妨害だが、狭いステージなら撃墜も容易。
  • 発動の際は、なるべく相手をステージの左右どちらかに寄らせてから使いたい。分散してる時に発動した場合は、どちらか一方に絞ろう。下手に左右に振っても効果はイマイチ。


おきあがり攻撃

【あおむけおきあがり攻撃】起き上がりながら後ろ→前と蹴る。
【うつぶせおきあがり攻撃】起き上がりながら前→後ろと蹴る。
【転倒おきあがり攻撃】起き上がりながら後ろ→前と両足で蹴る。

  • ダメージ: 7.0%/7.0%/5.0% [あおむけ/うつぶせ/転倒]


ガケのぼり攻撃

SP Lucas EA 01.jpg

ガケを登り、蹴りを出す。

  • ダメージ: 9.0%


アピール

  • 上アピール
    滑ってしりもちをつく。その後頭を振って起き上がる。
  • 横アピール
    ヒモヘビが出てきて肩すくめ。何かを話している様子。
  • 下アピール
    指先を額に当て、PKを出してなぎ払う。
上アピール 横アピール 下アピール
リュカ (SP) 上アピール.gif リュカ (SP) 横アピール.gif リュカ (SP) 下アピール.gif



脚注


外部リンク