大乱闘スマッシュブラザーズWikiでは、記事の加筆・検証・修正等に参加・協力してくださる方を必要としています。編集に参加する際には必ず大乱闘スマッシュブラザーズWiki:編集ガイドライン‎及びファイターページの編集をご確認ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。また、デスクトップビューではモバイルビューよりも高機能な編集が可能です。

ニンテンドウオールスター! 大乱闘スマッシュブラザーズ

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニンテンドウオールスター! 大乱闘スマッシュブラザーズ
スマブラ64 パッケージ.jpg
ジャンルアクション
対応機種NINTENDO64
発売元任天堂
主な開発元HAL研究所
発売日NINTENDO64
Flag of Japan.svg1999年1月21日
Flag of the United States.svg1999年4月27日
Flag of Europe.svg1999年11月19日
iQue Player
Flag of the People's Republic of China.svg2005年11月15日
Wii バーチャルコンソール[1]
Flag of Japan.svg2009年1月20日
Flag of Europe.svg2009年6月12日
Flag of the United States.svg2009年12月21日

ニンテンドウオールスター! 大乱闘スマッシュブラザーズ』(英題: Super Smash Bros.)は、1999年1月21日に任天堂より発売されたNINTENDO64用対戦アクションゲーム。大乱闘スマッシュブラザーズシリーズの第1作目。公式が使っている略称は『スマブラ64』。海外での略称は『SSB』。


キャラクター

計12体のプレイヤーキャラが登場し、その内4体は隠しキャラクター。この12体は『スマブラSP』までのシリーズ全作に参戦し続けている。

基本キャラクター(8体)
公式絵 初代 マリオ.gif
シンボル スーパーマリオブラザーズ (64-DX).png
マリオ
公式絵 初代 ドンキーコング.gif
シンボル ドンキーコング (64-DX).png
ドンキーコング
公式絵 初代 リンク.gif
シンボル ゼルダの伝説.png
リンク
公式絵 初代 サムス.gif
シンボル メトロイド (64-DX).png
サムス
公式絵 初代 ヨッシー.gif
シンボル ヨッシーアイランド (64-DX).png
ヨッシー
公式絵 初代 カービィ.gif
シンボル 星のカービィ.png
カービィ
公式絵 初代 フォックス.gif
シンボル スターフォックス (64-DX).png
フォックス
公式絵 初代 ピカチュウ.gif
シンボル ポケットモンスター (64-DX).png
ピカチュウ
隠しキャラクター(4体)
公式絵 初代 ルイージ.gif
シンボル スーパーマリオブラザーズ (64-DX).png
ルイージ
公式絵 初代 ネス.gif
シンボル MOTHER (64-DX).png
ネス
公式絵 初代 キャプテン・ファルコン.gif
シンボル F-ZERO.png
キャプテン・ファルコン
公式絵 初代 プリン.gif
シンボル ポケットモンスター (64-DX).png
プリン

ステージ

対戦ステージ
ピーチ城 上空.gif
シンボル スーパーマリオブラザーズ (64-DX).png
ピーチ城 上空
コンゴジャングル (64).gif
シンボル ドンキーコング (64-DX).png
コンゴジャングル
ハイラル城.gif
シンボル ゼルダの伝説.png
ハイラル城
惑星ゼーベス.gif
シンボル メトロイド (64-DX).png
惑星ゼーベス
いにしえの王国.gif
シンボル スーパーマリオブラザーズ (64-DX).png
いにしえの王国
ヨッシーアイランド (64).gif
シンボル ヨッシーアイランド (64-DX).png
ヨッシーアイランド
プププランド (64).gif
シンボル 星のカービィ.png
プププランド
セクターZ.gif
シンボル スターフォックス (64-DX).png
セクターZ
ヤマブキシティ.gif
シンボル ポケットモンスター (64-DX).png
ヤマブキシティ


ゲームモード

公式サイト

開発経緯

格闘ゲーム竜王の対戦時の画面。背景は竜王町の風景。
竜王町の風景以外にも幾つかの背景が用意されていた。これはその一つ。

HAL研究所に入社以降ずっと『星のカービィ』シリーズのディレクターを担当していた桜井政博が、『星のカービィ スーパーデラックス』完成後に初めて違うことをして良いと言われ、4本のオリジナル作品の企画書を書いた。その中の1本、1996年の10月頃に上げられた企画「4人同時対戦可能ダメージ排除型バトルロイヤル格闘」[2]が『スマブラ』の原型となるものであった。

1996年の11月頃には桜井政博、岩田聡、サウンドクリエイターの3人という少人数でテスト版の制作が開始された。仕様、デザイン、モデリング、モーションを桜井政博が担当。岩田聡は平日は64版『カービィのエアライド』のプログラムをし、休日に桜井政博から渡された指示書に従ってプログラムを書き上げるというほぼ二人三脚の体制だった。ファイターは最初、おはじきから腕が生えたようなもの[3]だったが、これでは製品としては魅力に欠けるとの判断で、キャラクターを作ることになり、ひとまずは「ペプシマン」のような見た目の簡素な人型のモデルが作られた。この時点ではまだ任天堂キャラクターを使用する構想は無かったが、製品版の基本的な仕様は既にほぼできていた。ゲームの背景にHAL研がある山梨県竜王町の風景写真を使っていたため『格闘ゲーム竜王』のコードネームがつけられた。

1997年の5月のゴールデンウィーク、HAL研は任天堂の宮本茂に、桜井政博が書いた4本の企画書の中から、格闘ゲーム竜王と、アクションアドベンチャーゲームのテストバージョンのロムのプレゼンをした。そこではアクションアドベンチャーが採用され、格闘ゲーム竜王は一旦はお蔵入りとなった。だが、後に『カービィのエアライド』の制作が仕切り直しとなり、HAL研はまだNINTENDO64でソフトを1本も出せていなかったこともあり、「すぐに作れるソフト」ということで格闘ゲーム竜王の企画を復活させた。

使用するキャラクターは様々なものが検討された末、「家庭用オリジナルの対戦格闘ゲームで、これまでヒットしたものはあまりない」、「64ソフトのラインナップにニュース性を持たせること」、「他のゲームに真似のできないセールスポイントがあること」といったことを考えた結果、任天堂キャラクター達を使用することに決まった。それ以外では、有名漫画家を起用することや、HAL研社内で作るといった案が検討されていた。

この案は構想段階で宮本茂に却下されたが、HAL研は無断でマリオ・ドンキーコング・サムス・フォックスだけが使えるテストバージョンを作成し、それを宮本茂に見せる作戦に出た。1997年末、そのテストバージョンに触れた宮本茂の評価は良好で、HAL研はそれに任天堂キャラクターを使用する許可を得た。

発売前評判

現在でこそ任天堂のビッグタイトルである大乱闘スマッシュブラザーズシリーズであるが、初代の発売前の評判は、ダメージ蓄積などの前例の無いシステムの理解がされなかったり、キャラクターに頼った底の浅いゲームという誤解を受けることがあって、非常に悪かった。

桜井政博は悪評を払拭するため、自らが『スマブラ』を解説する公式WEBサイト『スマブラ拳!!』を開設したり、ビデオを作って雑誌社に配布(後にスマブラ拳の読者にも配布)した。そのような努力の甲斐あってか、『スマブラ』は瞬間的な売れ行きで終わらず、ロングランを記録し、キャラクター人気に頼っただけのものではないことを証明した。

ギャラリー

脚注

  1. 現在は配信終了。
  2. The 64DREAM スマブラ談
  3. 水口哲也と平林久和の東京ゲームラウンジ ゲスト:桜井政博 2002年7月17日放送 ニコニコ動画


大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ
64ニンテンドウオールスター! 大乱闘スマッシュブラザーズ - DX大乱闘スマッシュブラザーズDX - X大乱闘スマッシュブラザーズX - 3U大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U - SP大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL
ファイター (64)
基本キャラクター マリオ - ドンキーコング - リンク - サムス - ヨッシー - カービィ - フォックス - ピカチュウ
隠しキャラクター ルイージ - プリン - キャプテン・ファルコン - ネス
ステージ (64)
基本ステージ ピーチ城 上空 - コンゴジャングル - ハイラル城 - 惑星ゼーベス - ヨッシーアイランド - プププランド - セクターZ - ヤマブキシティ
隠しステージ いにしえの王国
1人用ゲーム専用 メタ・クリスタル - デュエルゾーン - 終点
ゲームモード (64)
1人用ゲーム 1人用ゲーム - トレーニング - ターゲットをこわせ! - 台を乗りついでいけ!
対戦ゲーム 対戦モード
総合オプション オプション
記録・資料 キャラクター紹介 - 対戦成績 - サウンドテスト