大乱闘スマッシュブラザーズWikiでは、記事の加筆・検証・修正等に参加・協力してくださる方を必要としています。編集に参加する際には必ず、大乱闘スマッシュブラザーズWiki:編集ガイドライン‎及びファイターページの編集をご確認ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。また、デスクトップビューではモバイルビューよりも高機能な編集が可能です。

ニンテンドー ゲームキューブ コントローラ

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
Gamecube-controller-breakdown.jpg

ニンテンドー ゲームキューブ コントローラは、任天堂が発売したニンテンドーゲームキューブ用のコントローラー。主な略称はGCコン。ゲームキューブの後継機のWii、Wii U、Switchでも使用できるようになっている。
ゲームキューブ向けに販売された『スマブラDX』ではGCコンでの操作ができるようにソフトレベルから設計されている。その後のシリーズでもGCコンへの対応を継続していると同時に、『スマブラ』用に関連商品が発売され続けたこともあり、『スマブラ』との縁は深い。

Wiiはゲームキューブの下位互換性を持つためGCコン用の接続端子があり、そこに接続することで使用できる。なお、バーチャルコンソールでも使用できるので、バーチャルコンソール版『スマブラ64』をGCコンで操作することもできる。

Wii UとNintendo Switchには接続端子は存在しないが、ニンテンドー ゲームキューブ コントローラ接続タップを介してUSB接続できる。ただし、この接続タップはWii Uでは『スマブラWii U』専用で他ソフトは一切対応しておらず、SwitchではJoy-ConNintendo Switch Proコントローラーよりもボタンの数が少ないため、完全対応されている『スマブラSP』以外での実用性はソフトによって異なる。詳しくは専用ページにて。

ちなみに、後発の任天堂ハード用コントローラーにはない機能として、L・Rがアナログトリガー式で押し込むことができる仕様となっている。『スマブラDX』ではトリガーを押し込む具合によってシールドの濃さを変えることができたが、Wii以降でこの仕様に対応しているソフトは登場していない。

ゲーム大会におけるGCコン

『スマブラ』において、ゲーム大会におけるGCコンは『スマブラDX』から長く使われ、最も広く浸透した伝統的なコントローラーである。

多くのプレイヤーからは、後発のコントローラーにはなく、特徴的なボタン配置と大きさの差異などのデザインが好評を得たほか、有線接続を前提としたほぼ唯一の純正コントローラーであり、無線コントローラーの欠点であるバッテリー切れや入力遅延・電波干渉や、コンソールへの接続設定をする煩わしさがないことといった、ゲーム大会で使用するコントローラーでは最も実用的な選択肢であることが支持されている。また機能が少ない分、高度なプレイヤーによるゲームプレイの最適化を目的としたコントローラーの改造も比較的容易な設計となっている。

ちなみに、GCコンのバリエーションに無線接続が可能な『ウェーブバード』というコントローラーがあるが、そちらは複数で使用すると無線の送信・受信チャンネルが被り容易に電波干渉が発生しやすいという問題があるため、大規模な大会での使用は認められていない。

スマブラ仕様GCコン

スマブラWii U』の発売に合わせて、特別カラーのGCコンが発売された。『スマブラWii U』、Wii U用 ゲームキューブコントローラ接続タップと同日の2014年12月6日発売。「スマブラホワイト」と「スマブラブラック」の2種類があり、表面はゲームキューブのロゴの代わりに『スマブラfor』のロゴで使用されたものと同デザインの『スマブラ』のシンボルがプリントされている。

スマブラSP』では2018年11月16日に新デザインの「スマブラブラック」が発売された。表面はアウトラインで描かれた『スマブラ』のシンボルがプリントされている。

仕様はゲームキューブ販売当時のものと変わらないが、使用されているパーツに多少の変化があるので、ボタンの押し心地が若干異なる(後発のGCコンの方がトリガーの押しが重いなど)。

備考

  • ニンテンドー3DSは携帯ゲーム機であるため、コントローラーを使用することはできないが、3DS本体を改造してGCコンと接続し『スマブラ3DS』をプレイするユーザーの投稿が話題になった[1]
  • 任天堂のライセンス、非ライセンスを問わず、GCコンをモチーフにしたサードパーティ製のコントローラーが数多く存在している。

関連項目

脚注

外部リンク