【編集に関するおしらせ】編集に参加する際には、大乱闘スマッシュブラザーズWiki:編集ガイドライン‎をご確認ください。

【編集に関するおしらせ】ファイターページなどの編集後に一部のセクションが正常に表示されない場合は、アドレスに「?action=purge」を付けてアクセスし、ページをパージすることで改善できます。詳しくは一部のセクションが表示されない場合の改善方法をご確認ください。

連続ヒットワザ

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
移動先: 案内検索
『スマブラDX』以降のリンクの空中上必殺ワザは連続ヒットワザ(『スマブラWii U』)。

連続ヒットワザ、または多段攻撃とは、複数回ヒットするワザのこと。2ヒット以上し得るものならそれは連続ヒットワザであり、最大で何回ヒットするかはワザによって異なる。

多くの連続ヒットワザは各段のダメージが極端に低いが、全段ヒットさせることができれば累計で大きいダメージを与えることができる。ふっとばし力は最後の段以外は次の段に連続ヒットしやすいように弱く、最後の段で強くふっとばすものが多い。

マルスのニュートラル空中攻撃など、着地隙の少なく、最後の段以外はあまりふっとばさない空中連続ヒットワザであれば、最後の段を当てる前に着地してワザを中断し、弱くふっとんだ相手にすかさず追撃する、という連係ができる。

多くの連続ヒットワザは、「隙の割には合計ダメージが大きい」、「攻撃判定が出ている時間が長い」、「コンボ連係の起点となる」(上述)、「複数回ヒットによって長時間相手を拘束するためにチーム戦では味方との連携が取りやすい」などの多くの長所があり使い勝手が良いものが多い。しかし、「各段のダメージは小さいために全段ヒットさせなければダメージは小さい」、「ヒットストップずらしによって途中で抜け出されることがある」、「ふっとばすまでの時間が長いために相手に最適なふっとびずらしをするための猶予を与えやすい」、「乱戦では他の相手による妨害を受けやすい」、などの短所もある。

ヒットした相手を引っ張る連続ヒットワザ[編集]

『スマブラ3DS/Wii U』以降のフォックスの前空中攻撃は相手をひっぱるため、フォックスの速い空中移動でも全段ヒットさせやすい(『スマブラ3DS』)。

ふっとばしベクトルが「オートリンク」と呼ばれる数値に設定されてあるワザは、ヒットした相手をワザの使用者の移動方向と同じ方向にふっとばす。また、ふっとばし力はワザの使用者の移動速度の影響を受け、速く動いているほど強くふっとばす。この性質のため、ベクトルがオートリンクに設定されてある連続ヒットワザは、使用者が上下左右に激しく動きながら繰り出しても、ヒットしている者は使用者に追随するようにふっとんでいくため、最後までヒットしやすい。

この相手を引っ張る性質を利用して、メテオのように相手を下にふっとばすテクニックがある。詳細は疑似メテオにて。

連続ヒットしにくい多段攻撃[編集]

リンクの下スマッシュ攻撃など、複数の異なる攻撃判定が出てはいるが、どの段も強いふっとばし力を持つために次の段に連続してヒットしにくいものがある。それらは前後に広い攻撃判定を持ったものが多い。また、その中では前→後ろの順で攻撃判定が出るものが多い。

これらは通常では連続ヒットしにくいが、相手の蓄積ダメージが低い時は連続ヒットすることがある。また、巨大化している相手や、ボス敵などふっとばない相手にも連続ヒットさせやすい。各段のダメージは単発攻撃のような高さがあるため、連続ヒットすれば大きなダメージとなる。

備考[編集]

  • ボタン連打などでずっと動作を続けることができるものを除いて、スマブラ史上最も多くヒットする通常攻撃は、『スマブラ64』のヨッシーの下空中攻撃。計14ヒット。