【編集に関するおしらせ】編集に参加する際には、大乱闘スマッシュブラザーズWiki:編集ガイドライン‎をご確認ください。

【編集に関するおしらせ】ファイターページなどの編集後に一部のセクションが正常に表示されない場合は、アドレスに「?action=purge」を付けてアクセスし、ページをパージすることで改善できます。詳しくは一部のセクションが表示されない場合の改善方法をご確認ください。

アピール

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
移動先: 案内検索
ピカチュウのアピール。

アピールは、ファイターが地上にいるときにアピールボタンを押すと繰り出す行動。『スマブラ64』と『スマブラDX』では各ファイターごとに1種類、『スマブラX』以降は3種類持つ。右向きと左向きでわずかにモーションが異なるものがある。

アピールはファイターがポーズを取るだけで、ほとんどは対戦相手に影響を与える能力を持たない。主に勝利の誇示や相手への挑発に使われる。CPもプレイヤーを倒すとアピールをすることがある。『スマブラX』と『スマブラ3DS/Wii U』のオンラインのフレンド対戦では、アピールをするとあらかじめ設定した短いメッセージをファイターの頭上に表示することが可能。

特殊なアピール[編集]

  • 『スマブラX』のサムス - アピール中に十字ボタンの上と下を素早く入力することを繰り返すと、ゼロスーツサムスに変身する。
  • カービィの各アピール - コピー能力を捨てる。
  • ルイージのアピール - 小さな攻撃判定を持つ。『スマブラDX』以降はメテオスマッシュ効果があり、『スマブラX』以降はふっとばし力が非常に大きくなっている。
  • ワリオの各アピール - 横必殺ワザ「ワリオバイク」に乗ったまま行える。このときのモーションは共通。
  • スネークの各アピール - ダンボールが投擲アイテム扱いとなっている。
  • ゲッコウガの下アピール - 小さな攻撃判定を持つ。

この他、特定のキャラクターが特定のステージで下アピールを1Fだけ入力すると、キャラクターが通信や会話を始めるスマッシュアピールがある。なお、ステージセレクト画面で特定の操作をして"オービタルゲート周域"で聞ける会話もスマッシュアピールに含まれる。

アピールの一覧[編集]

ショートメッセージ[編集]

『スマブラX』のショートメッセージ。

『スマブラX』と『スマブラ3DS/Wii U』では、フレンドとの対戦中にアピールをすると、あらかじめ設定した短いメッセージがファイターの頭上に表示される。上アピール、下アピール、横アピールの右と左の4種にそれぞれ異なるメッセージを設定可能。不適切な単語は挿入できない。メッセージ無しにすることも可能。

初期設定は以下の通り。

  • 上:よろしく!
  • 左:ありがとう!
  • 右:やった!
  • 下:しまった!

スマブラSP』ではアピールでのショートメッセージは無いが、対戦開始時のカウントダウン中と対戦後のリザルト画面でなら、十字ボタンを押すことでショートメッセージを表示することができる。

備考[編集]

  • 『スマブラSP』では攻撃力を持たない全てのアピールは50F目からキャンセルできる。
  • 『スマブラ3DS/Wii U』のオンラインの「だれかと」では、アピールは1戦につき2回+撃墜数分しかできないように制限されている。『スマブラSP』の「だれかと」では、カービィがコピー能力を解除する場合を除いてアピールが出せない。


ワザ
弱攻撃 - ダッシュ攻撃 - 強攻撃 - スマッシュ攻撃 - 空中攻撃 - つかみ - 投げ - 必殺ワザ - 最後の切りふだ - おきあがり攻撃 - ガケのぼり攻撃 - 特殊ワザ - アピール