【編集に関するおしらせ】編集に参加する際には、大乱闘スマッシュブラザーズWiki:編集ガイドライン‎をご確認ください。

【編集に関するおしらせ】ファイターページなどの編集後に一部のセクションが正常に表示されない場合は、アドレスに「?action=purge」を付けてアクセスし、ページをパージすることで改善できます。詳しくは一部のセクションが表示されない場合の改善方法をご確認ください。

空中攻撃

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
移動先: 案内検索

空中攻撃は、ファイターが空中にいるときに攻撃ボタンを押すと繰り出すワザ。ニュートラル空中攻撃・前空中攻撃・後空中攻撃・上空中攻撃・下空中攻撃・空中ワイヤーがある。空中ワイヤーは一部ファイターのみ可能。地上攻撃と異なり、弾き入力によるワザの変化は無い。ルフレだけは特別で、弾き入力で出すと、強化されたものが繰り出される。

空中攻撃はモーションの途中で着地するとモーションが中断され完全に無防備な着地動作(着地隙)に移行する。

開発者の桜井政博は、「空中攻撃は強めに設定されている」と述べている[1]

ニュートラル空中攻撃[編集]

デデデのニュートラル空中攻撃。

ファイターが空中にいるときに、方向入力をしない(ニュートラル状態)で攻撃ボタンを押すと繰り出すワザ。

身体を回転させる、手足を短く突き出すものが大半で、蹴り上げなど攻撃の軌道が線を描くものは少ない。他の空中攻撃と比べるとリーチが短く遠くにいる対戦相手には当てにくいが、前後に攻撃判定が出るため、複数の相手に囲まれた時に使いやすい。また、持続や発生に優れるものも多く、取り回しが良い傾向にある。

『スマブラ3DS/Wii U』から使われている最新の公式用語は「通常空中攻撃」だが、空中の通常攻撃(攻撃ボタン攻撃)と混同されやすいため、当Wikiでは過去作のときに公式で使われていた「ニュートラル空中攻撃」を使っている。

前空中攻撃[編集]

リュウの前空中攻撃。

ファイターが空中にいるときに、前に方向入力をしながら攻撃ボタンを押すと繰り出すワザ。ファイターの前方に向けた攻撃が主である。

ふっとばしは全体的に控えめだが、判定や隙の少なさに優れたワザが多く、大半のファイターにおいて気軽に振れる攻撃となっている。

後空中攻撃[編集]

ゼルダの後空中攻撃。

ファイターが空中にいる時に、後ろに方向入力をしながら攻撃ボタンを押すと繰り出すワザ。ファイターの後方に向けた攻撃が主で、その大半はふっとばしが強い。

狙って当てにくい分使い勝手のいい性能であることが多く、目前の対戦相手に背を向けて対峙するプレイヤーも少なくない。

上空中攻撃[編集]

ピーチの上空中攻撃。

ファイターが空中にいるときに、上に方向入力をしながら攻撃ボタンを押すと繰り出すワザ。ファイターの上方に向けた攻撃が主である[2]

上方向に長いリーチと強い判定を持ったものが多く、真上にいる相手の出した攻撃と重なった場合には打ち勝ちやすい。

下空中攻撃[編集]

こどもリンクの下空中攻撃。

ファイターが空中にいるときに、下に方向入力をしながら攻撃ボタンを押すと繰り出すワザ。メテオワザが最も多い攻撃である。

ソニックのものなど、下空中攻撃の中には発動時に急降下以上の速さで降下するものもある。

空中ワイヤー[編集]

ダークサムスの空中ワイヤー。

『スマブラDX』以降にあるワザ。一部のファイターだけが可能な空中攻撃で、空中でつかみボタンを押すか、空中回避中に攻撃ボタンを押すことによって発動し、ファイターからワイヤーが一直線に伸びる。ワイヤーというのは使用する道具の総称で、例えばサムスならグラップリングビームを使用する。空中ワイヤーができるファイターは全て、それで使う道具によるワイヤーつかみを持っている。

『スマブラDX』では、使用後はしりもち落下になる。

その場アイテム投げと入力方法が同じである。『スマブラ3DS/Wii U』以外では、アイテムを持っている場合にはその場アイテム投げが優先される。『スマブラ3DS/Wii U』では、その場アイテム投げと空中ワイヤーが同時に行われる。ただし、アシストフィギュアは投げられないので空中ワイヤーだけが行われる。

攻撃としての空中ワイヤー[編集]

ほとんどのワイヤーは伸びていくときに攻撃判定を持つ。どれもダメージは小さいが、リーチが長い。『スマブラX』以降は着地隙が短いため、ローリスクで繰り出せる優秀な攻撃手段の一つとなっている。『スマブラX』での着地隙は何も攻撃を出さずに普通に着地した場合と同じ。『スマブラ3DS/Wii U』では空中回避を介さずに繰り出した場合の着地隙は8Fで、一瞬でも空中回避を介して繰り出した場合は空中回避の着地隙と同じになる。『スマブラSP』ではどのように出しても着地隙は一律8F。

復帰ワザとしての空中ワイヤー[編集]

『スマブラ3DS/Wii U』のリンクサムスのワイヤー復帰。

空中ワイヤーは復帰の補助にもなる。これをワイヤー復帰という。各スマブラでその挙動は異なる。ワイヤー復帰ができるのは空中ワイヤーだけでなく、ゼロスーツサムスの横必殺ワザなど、一部の必殺ワザや空中攻撃の中にも対応しているものがある。

『スマブラDX』では、伸びたワイヤーをに刺すことが出来る。そのままファイターはワイヤーを出したままぶら下がることができ、攻撃ボタンをおすと手繰り寄せた後にジャンプする(空中ジャンプは消費されない)。しりもち落下にはならないが、着地するまで空中ワイヤーは再使用できない。壁に突き刺しても位置によってはぶら下がれず、そのまま落下することがある。が、落ちる前に攻撃ボタンを押せばジャンプは可能。

『スマブラX』では、が近くにある場合、ワイヤーが崖に向かって伸びていく。このとき攻撃判定は無い。ワイヤーは崖に引っかかり、そのままファイターはワイヤーを出したままぶら下がることができる。下に方向入力をするとワイヤーを解除し、攻撃ボタンを押すかジャンプ入力をするとワイヤーを手繰り寄せてガケつかまりをする。既に誰かが崖に掴まっている場合は、攻撃としての空中ワイヤーになる。着地するまでにワイヤーを崖に引っ掛けることが出来るのは3回までで、それ以降はワイヤーは勝手に崖から離れてしまう。

『スマブラ3DS/Wii U』は『スマブラX』と殆ど同じだが、既に誰かが崖に掴まっていてもワイヤー復帰ができるようになった。一方で、次のような制約が追加された。

  • ダメージ落下中は掴みボタンを押しても空中攻撃になる。空中回避、空中ジャンプ、空中攻撃などでダメージ落下を解除する必要がある。
  • 攻撃を喰らった後とガケつかまり解除後の約1秒はワイヤーが崖に向かわない。ダメージ落下を解除してもこの仕様は残る。

『スマブラSP』では『スマブラ3DS/Wii U』から上記の制約を除いた仕様になっている。

脚注[編集]

  1. スマブラ拳秘伝ビデオ
  2. 上空中攻撃は蹴り・頭突き・武器での攻撃が主で、腕を使ったものはわずか。パンチに至ってはリトル・マックリュウのみだったりする。


ワザ
弱攻撃 - ダッシュ攻撃 - 強攻撃 - スマッシュ攻撃 - 空中攻撃 - つかみ - 投げ - 必殺ワザ - 最後の切りふだ - おきあがり攻撃 - ガケのぼり攻撃 - 特殊ワザ - アピール