【編集に関するおしらせ】編集に参加する際には、大乱闘スマッシュブラザーズWiki:編集ガイドライン‎をご確認ください。

【編集に関するおしらせ】ファイターページなどの編集後に一部のセクションが正常に表示されない場合は、アドレスに「?action=purge」を付けてアクセスし、ページをパージすることで改善できます。詳しくは一部のセクションが表示されない場合の改善方法をご確認ください。

スマッシュ攻撃

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
移動先: 案内検索

スマッシュ攻撃は、ファイターが地上にいるときに、コントロールスティックがあるコントローラーならそれを弾いてすぐに攻撃ボタンを押すと繰り出すワザ。コントロールティックが無いWiiリモコンでは、十字横を素早く二度押しして攻撃ボタンを押すことで繰り出せる。

スマッシュ攻撃には横・上・下の三種類があり、それぞれコントロールスティックを倒す方向によって使い分けることができる。『スマブラDX』以降は、スマッシュ攻撃を入力してから攻撃ボタンを離さずに押し続けると、スマッシュ攻撃の力を溜めるスマッシュホールドができる。

多くのスマッシュ攻撃は大きな攻撃力とふっとばし力を持っていて対戦相手を撃墜するのにうってつけだが、一方で隙が大きくリスクが高いワザという位置付けになっている。

横スマッシュ攻撃[編集]

しずえの横スマッシュ攻撃。

ファイターが地上にいるときに横に弾き入力をして攻撃ボタンを押すと繰り出すワザ。

殆どの横スマッシュ攻撃は(使用者にとっては)前方に大きな攻撃範囲を持つ。中には後方もカバーしているものもある。前進しながら繰り出すものが多い。殆どのファイターにとって一番出が遅く、最も強いふっとばし力を持ったスマッシュ攻撃となっている。開発者の桜井政博曰く、「勝負の決め手になるワザ」[1]

横スマッシュ攻撃の中にはシフトに対応したものが多くある。また、リンクのものなど、攻撃ボタンを連続で押すことによって弱攻撃のようにコンビネーションが可能なものもある。

『スマブラ3DS/Wii U』からは、後ろ側へ横スマッシュ攻撃を入力すると、ファイターが振り向きつつ横スマッシュ攻撃を繰り出す。モーションが変わるだけで、性能の変化はない。

上スマッシュ攻撃[編集]

ロゼッタ&チコの上スマッシュ攻撃。

ファイターが地上にいるときに上に弾き入力をして攻撃ボタンを押すと繰り出すワザ。

攻撃範囲は上寄りで、横への範囲は小さい。前方よりも後方に寄ったものも多くある。中には密着しても同じ高さの相手には当てられないものもある。威力と発生は横スマッシュ攻撃と下スマッシュ攻撃の中間であることが多い。

通常攻撃の中で唯一、地上ジャンプの踏み切りをキャンセルして使用することができる。すなわち地上ジャンプができる状況は上スマッシュ攻撃ができる状況でもあるため、最も使用可能な状態が多いワザとなっている。

下スマッシュ攻撃[編集]

Mr.ゲーム&ウォッチの下スマッシュ攻撃。

ファイターが地上にいるときに下に弾き入力をして攻撃ボタンを押すと繰り出すワザ。

攻撃範囲は縦に狭く横に広いものが多い。下強攻撃の攻撃範囲は前方のみのものが多かったが、ほとんどの下スマッシュ攻撃は後方もカバーする。攻撃力はスマッシュ攻撃の中では最も低い反面、出の早いスマッシュ攻撃である場合が多く、わずかな隙に対しての撃墜択として使える。また、前後を攻撃できるものの場合、混戦や近距離戦でも使いやすい。

開発者の桜井政博は、下強攻撃や下スマッシュ攻撃は「意外と使える」路線で性能を決めたと述べている[2]

さまざまな性質のものがあるため、大まかな攻撃タイプを紹介、解説する。

時間差前後タイプ
最初に前方を攻撃してから、少し間を置いて後方を攻撃する。
基本的にこの手のタイプは時間差で前後がガラ空きになり、最も攻撃判定発生後のモーション時間が長い。
しかし、後ろにも攻撃するので先読みで後ろに回りこんだ相手に攻撃を当てることができるのが強み。
なおこの手のタイプは一部を除き、遅れて発生する後ろの攻撃の方が威力が高く、中には横スマッシュ攻撃に匹敵する場合もある。
クラウドガノンドロフ、『スマブラ3DS/Wii U』までのトゥーンリンクMii 射撃タイプのものは、初段で相手を後ろにずらし、後方を当ててふっとばす流れになっている。
一人用モードに登場する大型のボスキャラに密着して繰り出すと、前と後ろで連続ヒットして大ダメージを与えられるため、短時間クリアを目指すプレイヤーに重宝される。
前後同時タイプ
時間差前後タイプと違い、攻撃判定を前後に同時発生させる。
このタイプは一度に前後を全く同じ威力で同時にカバーするため、時間差前後タイプと比べれば死角は少なめ。
キャラによって攻撃判定の持続が大きく異なっており、「一定時間攻撃判定を発生させるタイプ」「判定が出た瞬間しかないタイプ」に大別される。
「一定時間攻撃判定を発生させるタイプ」は多少出すのが早くても、その場回避と横回避した相手にも当てられる事が多い。
しかし一番威力が高いのは出た瞬間なので、よほどダメージが溜まってなければ、持続の攻撃判定で倒せるとは考えにくい。
例外としてロボットなど多段ヒットするタイプの一部は、最後の一発でふっとばすのでその限りではない。
「判定が出た瞬間しかないタイプ」は文字通り一瞬しか出ないため、その場と横回避に対応できないが、その分一定時間攻撃判定を発生させるタイプより後隙が少ない。
リドリーキングクルールガオガエンは、小さく飛び上がってから着地際に攻撃するものになっており、一部のワザを避けながら攻撃することが出来る。
前攻撃タイプ
前後をカバーするのではなく、前方向を中心に攻撃判定をだす。殆どは足元から一定の範囲にのみ攻撃が及び、空中の相手にはほぼ当たらない。
このタイプはゼロスーツサムスミュウツーリュカリュウケンベヨネッタテリーのみで、リュウ・ケン・テリー以外は下スマッシュの「比較的低威力だが発生が早め」という傾向にはあてはまらない。
リュウは最も出が早いが、後ろを全くカバーしない。
ミュウツー、リュカはふっとばし力と前隙が下スマッシュ攻撃の割には大きめ。リュカにおいては下スマッシュの共通傾向は横スマッシュが持っている。
ベヨネッタは出が遅い代わりに縦に判定が長く、空中の相手に当てるとメテオ効果を持つの攻撃となっている。
ゼロスーツサムスは通常ワザの中でも最も異質で、ふっとばさずに麻痺させて身動きを封じるタイプの攻撃。要は非常に長い硬直時間を与え、その間に別の攻撃を叩き込むといった感じの技である。
その他
『スマブラX』のスネークの下スマッシュ攻撃は、その場に地雷を設置する特殊な性質。後から誰かが踏むと爆発してダメージを与える。

スマッシュホールド[編集]

『スマブラDX』以降にあるシステム。全てのスマッシュ攻撃は、前隙の中にスマッシュホールド開始フレームが設定されてあり、その時点で攻撃ボタンが押されていると、ファイターはスマッシュ攻撃のモーションを一旦停止し、スマッシュホールド状態になる。この間は身を震わせたりなど力を溜めるような動作をし、全身が点滅する。

スマッシュホールドは攻撃ボタンを離すか、時間経過で自動で解除され、スマッシュ攻撃のモーションが再開される。『スマブラ3DS/Wii U』以降はスマッシュ攻撃を設定したCスティックを倒しっぱなしにしていてもスマッシュホールドをすることができる。

多くのスマッシュ攻撃は、スマッシュホールドをした時間に比例して攻撃力が増す。ダメージ倍率は最大で、『スマブラDX』では1.3671倍、『スマブラX』以降は1.4倍になる。『スマブラ3DS/Wii U』まではスマッシュホールドの維持はちょうど1秒まで続けられる。『スマブラSP』では最大3秒まで続けられる。威力の増加は過去作同様に最大1秒で、残りの2秒は身の震えが止まった状態になる。

威力の増加以外の効果を持つスマッシュホールドもある。スネークの上スマッシュ攻撃、ロックマンダックハントの横スマッシュ攻撃は、スマッシュホールドするほど攻撃の飛距離が増す。『スマブラ3DS/Wii U』以外のネスの上・下スマッシュ攻撃、カムイの横スマッシュ攻撃は、溜めている動作中にも攻撃判定がある。

『スマブラDX』『スマブラX』『スマブラ3DS/Wii U』では、スマッシュホールド中に攻撃を受けたファイターは、通常よりも強くふっとばされる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. 桜井政博のゲームについて思うこと VOL.498
  2. アンケート集計拳!!


ワザ
弱攻撃 - ダッシュ攻撃 - 強攻撃 - スマッシュ攻撃 - 空中攻撃 - つかみ - 投げ - 必殺ワザ - 最後の切りふだ - おきあがり攻撃 - ガケのぼり攻撃 - 特殊ワザ - アピール