大乱闘スマッシュブラザーズWikiでは、記事の加筆・検証・修正等に参加・協力してくださる方を必要としています。編集方法や注意事項については、大乱闘スマッシュブラザーズWiki:編集ガイドライン‎及びファイターページの編集をご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。また、デスクトップビューではモバイルビューよりも高機能な編集が可能です。

KO

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

KOは、knock-outの略で、キャラクター#画面外に出ること。対戦相手をKOすることを撃墜、対戦相手にKOされることを落下、自ら落下することを自滅と言う。撃墜・落下・自滅することによる影響は対戦ルールによって異なるが、基本的には撃墜すると勝利になり、落下・自滅すると敗北になる。

ユーザーの間ではKOのことを非公式用語でバーストと呼ぶことが多い。落下したときに表示されるエフェクトがバースト(爆発)のように見えるため。これに因んで#画面外バーストラインと呼ぶ。「バーストさせる」というと主にバーストラインまでふっとばしてKOすることを言う。

撃墜

ファイターが落下した場合、そのファイターを最後に攻撃したプレイヤーが「撃墜した」ことになる。

スマブラ3DS/Wii U』以降は、撃墜したファイターに達成を示す、炎が湧き上がるようなエフェクトが一瞬表示される。このエフェクトは自身のプレイヤーカラーと同じになっている。

ルール別の撃墜の得点への影響

  • タイム制:撃墜したプレイヤーはスコア1点を獲得。自らの手で撃墜した回数がカウントされ、そこから落下回数と自滅点を差し引いた数がゲームの得点となる。
    • ただし、チームアタックで味方を撃墜した場合は撃墜ではなく自滅としてカウントされてしまう。味方の落下点も加わり、チーム合わせて2点を失うことに。
  • ストック制コイン制:撃墜したプレイヤーそのものへの影響はない。
  • 評価制:撃墜したプレイヤーは基本スコア500ポイント獲得。さらに、撃墜の仕方に応じた得点ボーナスが入ることがある。

落下

落下したファイターは、残りストックが0になった場合を除いて、蓄積ダメージがリセットされ、復活足場に乗って画面の中央上から再出現する。

ルール別の落下の得点への影響

  • タイム制:落下した回数がカウントされ、最終スコアにおいて撃墜数から1失う。自滅した場合は別途カウントされ、『スマブラDX』から『スマブラ3DS/Wii U』では設定によって1回の自滅ごとに2点失うことがある。
  • ストック制/体力制:落下するとストックが1減少。残りストックが1のときに落下すると、同チームのプレイヤーがストックを2以上残している場合を除き、復活不可能でそのゲームは敗北となる。
  • コイン制:落下すると所持しているコインの半分(『スマブラX』と『スマブラ3DS/Wii U』で200枚以上持っている場合は100枚)を失い、落下した方向からコインが放出される。
  • 評価制:落下すると得点を500失う。落下の仕方によっては、得点にボーナスやペナルティが入ることがある。

上方向への落下条件

「上方向の#画面外に侵入している」場合は、『スマブラDX』以降では以下いずれかの状態であるときのみ落下したと判定される。

  • 上方向への一定以上のふっとび速度を受けている状態
  • 着地している状態
  • ワリオの下必殺ワザによる上昇中

スマブラ64』のみは、以上の条件にかかわらず、上方向の画面外に入っただけで落下判定となる。

落下演出

ファイターが横・下の#画面外へ侵入した場合、その位置からステージ中央へ向けて自身のプレイヤーカラーと同じ爆発のような撃墜エフェクトが走る。

ファイターが上方向の#画面外へ侵入した場合は星やられ手前やられになる場合があり、それらは実際にKO判定となるまで数秒かかる。

画面外

普通は、一番引いたカメラから更に一回り離れたぐらいがKO判定となる。

全てのステージには長方形のプレイ領域が設定されており、ここからはみ出た領域を画面外または場外とし、そこから中央(尻の部分)を超えてしまったファイターは落下したと判定される。

スクロールがあるステージ、アシストフィギュアデビルシオカラーズの登場中、『スマブラSP』のサドンデスや、マスターハンド&クレイジーハンドの「ファインダー」効果中はこの領域がカメラのスクロールに合わせて移動する。
また『SP』ではメテオスマッシュによって下方にふっとばされてカメラから外れたファイターは、一時的に下側の領域がファイター約1.5体分ほど収縮した状態で判定される。

関連項目

外部リンク