大乱闘スマッシュブラザーズWikiでは、記事の加筆・検証・修正等に参加・協力してくださる方を必要としています。編集方法や注意事項については、大乱闘スマッシュブラザーズWiki:編集ガイドライン‎及びファイターページの編集をご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

相殺

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
地上攻撃同士が接触すると、お互いのワザが相殺・中断され、のけぞる。

相殺は、スマブラシリーズの全てに存在する、攻撃判定同士が接触すると、両者、または一方の攻撃判定が消失するシステム。攻撃判定の消失は相殺を起こした相手に対してのみで、他の相手には攻撃をヒットさせることができる。また、飛び道具へ相殺を起こした場合は、攻撃判定を消失するのはその飛び道具に対してのみで、飛び道具の使用者へ攻撃をヒットさせることはできる。なお多くの場合、相殺が起きるとすぐさま#相殺モーションに移行して攻撃が中断される。

相殺の本来の意味は「互いに損得なしにすること」であるが、『スマブラ』ではどちらか一方だけに相殺が起きることがある。

相殺の条件

相殺の発生には次のルールがある。

  • 地上攻撃同士、またはどちらかが飛び道具であること(「地上攻撃-地上攻撃」「飛び道具-地上攻撃」「飛び道具-空中攻撃」「飛び道具-飛び道具」の組み合わせ)。
    • 直接攻撃の必殺ワザの場合、必殺ワザを出しているファイターが地上にいる時には地上攻撃、空中にいる時は空中攻撃と同じ扱いになる。
  • 両方とも#相殺判定が有効であること。
  • 互いの攻撃のダメージ%の差が一定未満であること。威力差が大きかった場合、与ダメージが低い方にのみ相殺が起き、大きい方は攻撃が続行されて一方的に打ち勝つ。
    • 64』では10%未満。『DX』以降は9%未満の差であれば互いに相殺される。

ただし、#特殊な相殺判定を持つ攻撃は上記のルールにあてはまらない。

相殺判定

全ての攻撃判定には相殺を起こすかののOn/Offが設定されている。Offになっているワザは、お互いのワザに相殺を発生させない。相殺パラメータがOnであることを「相殺判定が有る」、Offであることを「相殺判定が無い」というのが一般的である。

相殺判定があっても、#相殺の条件をすべて満たさなければ相殺は発生しない。例えばある空中攻撃が相殺判定を持っていたとしても、それが飛び道具以外のワザとぶつかった場合は相殺しない。相殺判定が無い地上攻撃は、ワザが重なった時に空中攻撃のようなふるまいをするというイメージである。
一方、空中攻撃はそもそも相殺がほぼ全く起きないため(飛び道具や#特殊な相殺判定を持つワザとぶつからない限りは)、相殺判定の有無でワザの性質はあまり変わらない。

相殺判定が無いワザは、場合によっては相手の攻撃を一方的に潰せることがあるが、その逆もまた然りである。そしてこれらは相手の飛び道具を消せないという大きなデメリットを持つ。

相殺判定の有る無しは見た目では判断できず、ゲームプレイでは攻撃同士を接触させて相殺が発生したかどうかで確認するしかない。
地上・空中共に大多数のワザには相殺判定が有る。相殺判定が無いワザには、魔法、光線、衝撃波の類が多い。
一つのワザでも、部位によって相殺判定が有る箇所、無い箇所とで分かれているものや、連続ヒットワザの段によって相殺判定の有無が異なるものもある。

たとえば、『3DS/Wii U』のマリオの横スマッシュ攻撃は、手の部分には相殺判定が有り、炎の部分には無い。
『3DS/Wii U』のネスの前空中攻撃は、最終段には相殺判定があるが、それ以外の段には無い。

相殺モーション

#相殺判定を持つワザは、さらに相殺モーションを持つものと持たないものに分けられる。相殺モーションを持つワザは、相殺発生後、のけぞるような相殺モーションに移行し、その後に待機状態に戻る。相殺モーションの長さはワザのダメージが大きいほど長くなる(動作がゆっくりになる)。相殺モーションが無いワザが相殺を起こした場合、ワザの動作は止まらずに通常通り進行する。

地上攻撃の大半は相殺モーションを持つワザであり、一方で空中攻撃や飛び道具には相殺モーションが無い[1]。相殺モーションが無いワザは、相手の飛び道具を相殺したついでに相手に攻撃、ということがしやすいという長所があるが、一方で相手まで攻撃が届かなかった場合には、ワザの隙を最後まで晒してしまうという短所がある。

なおここでは相殺時の動作を相殺モーションとしているが、これは公式名称ではない。公式名称は不明で、相殺モーションのほかには、相殺動作、相殺硬直、相殺反動などと呼ばれることがある。

相殺後の攻撃判定の復活

相殺モーションが無いワザは、相殺後に攻撃判定が復活することがある。

一つは、相殺モーションが無い多段攻撃が相殺した場合。多段攻撃の空中攻撃や飛び道具などが該当する。これらは相殺を起こして攻撃判定を失っても、次の段に移行すれば攻撃判定が復活する。

もう一つは、相殺モーションが無い地上攻撃が相殺した場合。『SP』のプリンのダッシュ攻撃などが該当する。これらは相殺後に攻撃判定が切り替わる、すなわち攻撃がカス当たりに移行すると、相手に再びヒットさせることができる。なお例外的に、ロックマンの下空中攻撃は地上攻撃ではないがこの現象が起きる。

特殊な相殺判定

X』以降にある判定。ネスの上スマッシュ攻撃などのごく一部のワザは、次のような特殊な相殺ルールを持っている。

  • 相殺判定のあるワザになら何でも相殺される。例えば、地上攻撃であっても、空中攻撃に相殺される。
  • 相手の攻撃よりどれだけダメージが上回っていても、必ず相殺される。
  • この判定に接触した空中攻撃は、必ず相殺される。
  • この判定に接触した地上攻撃は、この判定よりもダメージが*%(#相殺の条件参照)以上あれば相殺されない。

要はこの特殊相殺判定のワザは何にでも相殺されてしまうので、基本的にワザ同士の接触に弱い。更にこの判定を持つワザは、直接攻撃でありながら、飛び道具のように攻撃部分と使用者本体が別の喰らい判定を持っているものが多い。そのような場合、飛び道具を相殺した攻撃で飛び道具の使用者を攻撃することができるように、この判定を相殺した攻撃でこの判定の使用者を攻撃することができる。そのため、ワザのぶつかり合いには非常に弱い。この性質を持つネスの上スマッシュ攻撃で説明すると、ヨーヨーが相手の空中攻撃とぶつかって互いに相殺が起きた場合、ヨーヨーは相手へ、相手の空中攻撃はヨーヨーへの攻撃判定を失うが、相手の空中攻撃のネス本体への攻撃判定は残ったままとなるため、そのままネスへ攻撃することができる。

特殊な相殺判定の一覧
ファイター ワザ ゲーム
ロゼッタ&チコ チコの全ての通常攻撃 3USP
ゼロスーツサムス 横S(根本以外)・上S・空N・上B X
メタナイト DA・滑空攻撃・NB・横B・転倒起き上がり攻撃 X
フォックス 横B X3USP
ファルコ 横B X3USP
ネス 上S・下S X3USP
ピクミン&オリマー 全てのスマッシュ X3USP
ピクミン&オリマー ピクミンを使った空中攻撃 X3U
むらびと 下Bの木 X3USP
カムイ 横S(溜め部分除く)、NB(噛み付き)、横B(槍部分) 3USP
ベヨネッタ 全てのスマッシュ 3USP

※チコは他の特殊相殺判定と違い、相手の攻撃より9%上回っている場合は相殺されない。

特殊な相殺判定の多段攻撃

上述の通り、基本的には脆いのが特殊相殺判定だが、#相殺モーションが無く、且つ多段ヒットするものだと、一転して極めて強力なものとなる。

多段攻撃は#相殺後の攻撃判定の復活でも解説した通り、相殺を起こしても次の段に移行すれば攻撃判定が復活して相手を攻撃するということが可能になる。その仕組みと、あらゆる攻撃と相殺を起こす特殊相殺判定が組み合わさると、あらゆる攻撃を相殺しつつ、次の段で攻撃判定を復活させて相手を攻撃するという強力な判定が出来上がる。この攻撃を真っ向から潰せる可能性のある攻撃は、「この攻撃よりもダメージが9%以上ある地上攻撃または飛び道具」、「この攻撃よりも早い間隔で切り替わる相殺モーションが無い多段攻撃」、「相殺判定の無い攻撃」しかない。

この性質を持つワザには、『X』のメタナイトの「マッハトルネイド」空中版やピクミン&オリマーの上空中攻撃、『3DS/Wii U』のロゼッタ&チコの百裂攻撃などがあり、いずれも強判定で優秀なワザとして名高い。その中でも「マッハトルネイド」は群を抜いた優秀さで、

  • 「この攻撃よりも早い間隔で切り替わる相殺モーションが無い多段攻撃」が存在しない。ヒットストップが無いうえに段の切り替わりが早く、そもそもずらすこと自体が不可能。
  • 使用中に高速で動けるために、「マッハトルネイド」を真っ向から潰せるほどの威力を持った地上攻撃または飛び道具(得てして大振りのワザ)を重ねることが難しい。
  • 空中攻撃では真っ向からの対抗は不可。頭上に判定の隙間はあれども、使用中は高速で動けるのでそこを狙うのは難しい。

という強力さを持つ、『スマブラ』シリーズ屈指の高性能ワザである。

補足

  • 相殺ではワンパターン相殺は蓄積しない。
  • 相殺では撃墜権は移らない。
  • ペナルティが発生するワザは、相殺でモーションが中断されてもペナルティが発生し保持している状態になる。
  • 攻撃判定が2か所以上設定されているワザは、そのうちどこか1か所が相殺すると残りも相手への当たり判定を失う。ただしカムイの横スマッシュ攻撃は例外で、「同じフレームに根本が相殺し、先端がヒットする」という現象が起こる。
  • X』以降のみ確認。衝突した攻撃の力の差が9%以上でも、攻撃が衝突した瞬間の1Fだけはダメージの大きいほうの攻撃も当たらない。2F目からはヒットするようになる。この仕組みのため、攻撃判定が1Fしか発生しない攻撃が相手の攻撃と衝突した場合、相手の攻撃のダメージが自分のよりも9%以上低かったとしても、相手に攻撃を当てることが出来ない。
  • SP』では、相殺時のSEが2種類用意されている。剣による攻撃同士とそれ以外とで分けられている。

ギャラリー

関連項目

脚注

  1. 内部データ上は空中攻撃や飛び道具にも相殺モーション有りと記述されていることが多いが、ゲーム内でモーションを取ることは無い。

外部リンク