大乱闘スマッシュブラザーズWikiでは、記事の加筆・検証・修正等に参加・協力してくださる方を必要としています。編集方法や注意事項については、大乱闘スマッシュブラザーズWiki:編集ガイドライン‎及びファイターページの編集をご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

ワンパターン相殺

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ワンパターン相殺は、ヒットさせたワザの攻撃力が、次に別のワザを何度か当てるまで低下するというシステム。「OP相殺」の略称が広く使われている。
現行では同じ攻撃をヒットさせればさせるほど、ワンパターン相殺は累積していく。ダメージだけでなくふっとばし力も影響を受けるが、ダメージのものほどは低下しにくい。

1度の攻撃でかかるワンパターン相殺は1回分のみで、たとえば多段攻撃が複数回ヒットしたり、1度に複数のファイターにヒットしたりしても、かかるワンパターンは1回分のみとなる。複数の段があるコンビネーションワザは、弱攻撃などの通常ワザのものなら各段で別々の攻撃としてカウントされる。ただし、百裂攻撃と百裂フィニッシュは同じ攻撃としてカウントされる。必殺ワザのコンビネーションワザはワザによって異なる。

ワンパターン相殺によって減少した攻撃のダメージは、別の攻撃をヒットさせる度に徐々に元に戻る。そのかわり、新たにヒットさせた攻撃にワンパターン相殺がかかっていく。撃墜されて復活するとリセットされる。

基本的には不利益をもたらすワンパターン相殺だが、ふっとばし力の低下を利用し、コンボを繋げやすくすることもできる。投げ連や上強攻撃の連発のような、同じワザを繰り返すコンボは、ワンパターン相殺の影響で繋がりやすさが増していることが多い。

64

64』では『DX』以降と違いやや仕様が単純で補正の重複がなく、2連続目の攻撃ヒットからいきなり最大までダメージが低下する(0.75倍)。他の攻撃を当てる度に0.7倍ずつ回復していき、4回他の攻撃をヒットさせると元のダメージまで全快する。
なお、『64』はダメージの小数点以下が切り上げられる仕様上、3%以下の攻撃はワンパターン相殺がかかっても小数点切り上げにより効果がない。
また、4~5%のワザの場合は1回、6~9%のワザの場合は2回、10~24%のワザの場合は3回他の攻撃を当てれば元のダメージと同じになる。

反射した飛び道具がヒットすると、ワンパターン相殺は反射に使ったワザや飛び道具にかかるのではなく、反射した飛び道具と同じコマンドのワザにかかる。たとえば、フォックスが「リフレクター」でサムスの「チャージショット」を反射してヒットした場合、「チャージショット」のコマンドは通常必殺ワザなので、フォックスの通常必殺ワザの「ブラスター」にワンパターン相殺がかかる。

倍率
最大 1回復 2回復 3回復 4回復(全快)
0.75x 0.82x 0.89x 0.96x 1.0x

DX以降

ヒットさせた攻撃が直近9回まで記録され、それに応じて威力減少が累積するようになった。記録が若い攻撃ほど大きく影響を受けるが、複数回記録されると履歴の位置に対応するものが重複して反映される。

X』以降は、直近9回で1度も使っていない攻撃は、ダメージが1.05倍になるボーナスがかかる。

履歴 1回前 2回前 3回前 4回前 5回前 6回前 7回前 8回前 9回前
DX 0.09 0.08 0.07 0.06 0.05 0.04 0.03 0.02 0.01
X 0.1 0.09 0.08 0.07 0.06 0.05 0.04 0.03 0.02
3U 0.08 0.07594 0.06782 0.06028 0.05274 0.04462 0.03766 0.02954 0.022
SP(ヒット) 0.09 0.08545 0.07635 0.0679 0.05945 0.05035 0.04255 0.03345 0.025
SP(ガード)
  1. ワンパターン相殺の倍率の初期値/最大値は1.0
  2. 履歴に攻撃が記録されていれば、上記の表に対応した分だけ倍率を減らす。
  3. 履歴を1回前から9回前まで順番に見て処理する。
  4. 『X』以降は、履歴に無い攻撃は1.05倍になる。

『DX』を例にとると、履歴に無ければワンパターン相殺の倍率は1.0。"1回前"に記録されていれば、「1.0-0.09=0.91」。"1回前"と"2回目"に記録されていれば、「1.0-0.09-0.08=0.83」。"1回目"と"2回目"と"9回目"に記録されていれば、「1.0-0.09-0.08-0.01=0.82」。本来のダメージが20%の攻撃が履歴の"1回目"と"2回目""と"9回目"に記録されている場合のダメージは、「20*(1.0-0.09-0.08-0.01)=16.4%」。

同じ攻撃を連続して使用した場合のワンパターン相殺の倍率の推移は、

  • DX: 0.91→0.83→0.76→0.7→0.65→0.61→0.58→0.56→0.55
  • X: 0.9→0.81→0.73→0.66→0.6→0.55→0.51→0.48→0.46
  • 3DS/Wii U: 0.92→0.84406→0.77624→0.71596→0.66322→0.6186→0.58094→0.5514→0.5294
  • SP: 0.91→0.82455→0.7482→0.6803→0.62085→0.5705→0.52795→0.4945→0.4695

DX

ふっとばし力の計算に使われる値の中には攻撃のダメージが含まれるが、本作(と『64』)では、非飛び道具の攻撃に限り、ワンパターン相殺がかかってない場合のダメージが使われる。攻撃後の蓄積ダメージも計算に使われるので、その分のふっとばし力は低下するものの、飛び道具に比べればふっとばし力の減少は少ない。20%ダメージの非飛び道具を蓄積が100%の相手にヒットさせたときと、ワンパターン相殺がかかって10%ダメージが低下したその攻撃で蓄積が110%の相手にヒットさせたときのふっとびは、同じである。これが飛び道具だと、大きく違う結果になる。

多段攻撃がヒットした場合、最初のヒットでワンパターン相殺が記録され、2ヒット目からは記録後のダメージで計算されるという現象が起きる。つまり、2ヒット目は1ヒット目よりもワンパターン相殺が1回多くかかっている状態になる。

X

本作から、ワンパターン相殺が一切かかっていない攻撃にはダメージが1.05倍になるボーナスが適用されるようになった。

ホームランコンテストを除く一人用モードではワンパターン相殺が無効化される。トレーニングも同様。1.05倍ボーナスも無い。ただし、亜空の使者での対ファイター戦では有効になる。

『DX』以前とは異なり、ふっとびの計算に使われる攻撃ダメージは、非飛び道具であっても、ワンパターン相殺を適用したものになる。1回ワンパターン相殺がかかっただけで撃墜に必要な蓄積ダメージが10%以上増すワザも多々あり、撃墜に使うワザの使用タイミングの見極めが重要となる。

マリオの上強攻撃など、絶え間なく連続で出し続けると、その間は一連の動作とみなされ、幾ら当てても最初の1回分しかワンパターン相殺がかからないワザがある。横強攻撃、上強攻撃、空中攻撃、掴み攻撃に多い。掴み攻撃は2%以下のダメージのものに多い。この仕様を持つワザに毎回ワンパターン相殺をかけたければ、しゃがみを挟んだり、一旦間を置いたりするといい。

シリーズで唯一アイテム投げにワンパターン相殺がかかる。アイテム投げのワンパターン相殺は3種類で、「地上その場投げ」「通常投げ」「スマッシュ投げ」を全アイテムで共有している。地上・空中の区別は無い。

空中その場落しにはワンパターン相殺がかからない。ただし、ワンパターン相殺が発生するワザでアイテム取得をすると、そのワザにかかっていたワンパターン相殺が、そのアイテムの空中その場落としに適用されるようになる。ヒット履歴には記録されない。これはアイテムを一旦捨てて普通に拾い直しても適用されたままになる。他のプレイヤーが拾っても変わらない。他のワザのワンパターン相殺で上書きすることは可能。

3DS/Wii U

『X』ではふっとばし力の計算にはワンパターン相殺が適用されたダメージをそのまま使っていたが、本作ではふっとび計算に用いる攻撃力のみ、ワンパターン相殺によるダメージ量変化が0.3倍しか影響しないようになっている。そのため、ワンパターン相殺によるふっとばし力の低下量は大幅に軽減されている。

アイテム投げにはワンパターン相殺が適用されなくなったが、ヒット履歴には記録され、他の攻撃のワンパターン相殺を回復させることが出来るという仕組みになっている。

攻撃を絶え間なく連発すると一連のワザとみなされる仕様は廃止された。ただし、一部のファイターの掴み攻撃だけは依然として同じ仕様をもっている。そのような掴み打撃で毎回ワンパターン相殺をかけるには、少し間をおきつつ攻撃を入れる必要がある。以下、連発すると1回分のワンパターン相殺しかかからない掴み攻撃をもつファイター[1]

  • ピーチ、ヨッシー、ロゼッタ&チコ、クッパJr.、ドンキーコング、ディディーコング、リトル・マック、リンク、トゥーンリンク、サムス、ゼロスーツサムス、ピット、ブラックピット、マルス、ルキナ、アイク、カービィ、デデデ、フォックス、ファルコ、ピカチュウ、リザードン、ルカリオ、プリン、ロボット、ネス、キャプテン・ファルコン、パックマン、ソニック、ミュウツー、リュカ、ロイ、リュウ、カムイ

SP

[icon] この節の加筆が望まれています。

前作よりも少しワンパターン相殺によるダメージ減少量が大きくなり、『DX』以上『X』未満の影響度に。シールドに攻撃がヒットしたときにもワンパターン相殺がかかるようになったが、それによる影響は普通にヒットした場合よりも軽微となっている。

アイテム投げは『DX』以前のように完全にワンパターン相殺に影響しなくなった。

ワンパターン相殺がかかるケースとかからないケース

  • ファイターへの攻撃 → 一部の攻撃を除き、基本的にかかる。詳細は#ワンパターン相殺がかからない攻撃にて。
  • 攻撃の空振り → かからない。他のワザのワンパターン相殺を回復することもできない。
  • シールドへの攻撃 → 『3DS/Wii U』以前はかからない。『SP』より、ヒットしたときほどではないがかかるように。
  • 飛び道具への攻撃 → かからない。ただし、リンクの「爆弾」のような、やられ判定のある飛び道具の場合はかかることがある。詳細は#ファイターの生成物への攻撃にて。
  • 相殺 → かからない。
  • 無敵状態の相手への攻撃 → かからない。ただし、カービィの「ストーン」とゼニガメの「からにこもる」へ攻撃した場合にはかかる。
  • 攻撃が反射カウンターをされた → かからなくなる。
    • カウンターによる反撃自体は、飛び道具反射を除いて他のワザと同様にかかる。
  • 攻撃可能なステージオブジェクトへの攻撃 → 『X』以前はかからない。『3DS/Wii U』以降はかかる。
  • アシストフィギュアどせいさんなどのやられ判定のあるアイテムへの攻撃 → 『DX』以前はかからない。『X』以降はかかる。

ワンパターン相殺がかからない攻撃

攻撃がヒットしても、ヒット履歴には記録されない攻撃。これらは常に同じダメージを与える。『X』以降の1.05倍ボーナスはかからない。ほかほか補正もかからない。

  • 『X』以外、アイテム投げ。ファイターが生成したアイテムを含む。ロックマンの「メタルブレード」のような、ワザの使用と同時にアイテムを発射するものも含む。『X』については#Xを参照。
  • 反射された飛び道具。
  • アピール(ルイージの下アピールなど)。
  • ロイの「エクスプロージョン」最大溜め等の、ワザの使用に伴う反動ダメージ
  • ノーダメージの攻撃。ただし『X』のMr.ゲーム&ウォッチの上空中攻撃のはかかる。
  • 『DX』と『X』のみ、空中ワイヤー
  • Wii Fit トレーナーの「ヘディング」のサッカーボール。

『3DS/Wii U』では、アイテム投げとWii Fit トレーナーの「ヘディング」のサッカーボールによる攻撃は攻撃のヒット履歴には記録され、他の攻撃のワンパターン相殺を回復させることができる。サッカーボールだけは『SP』でも同様にヒット履歴に記録され、相殺を回復可能。

やられ判定のあるファイターの生成物への攻撃

アイテムやられ判定のあるファイターの生成物への攻撃は、『DX』以前はワンパターン相殺がかからない。『X』以降は物によって異なる。以下は『X』以降のリスト。○はワンパターン相殺がかかる。×はワンパターン相殺がかからない。-はその作品には存在しない或いは攻撃不可。

ファイター X 3U SP
リンク系 爆弾
× ×
シーク 仕込針 × - -
炸裂丸 -
ゼルダ ファントム - × ×
アイスクライマー 「アイスショット」の氷 - ×
ピット・ブラックピット 鏡の盾 × - -
衛星ガーディアンズ - × ×
ワリオ ワリオバイク
スネーク 手榴弾 -
ニキータ - ×
サイファー × - ×
ディディーコング ピーナッツ × × ×
デデデ ワドルディ・ワドルドゥ - -
ゴルドー - × ×
ロボット ジャイロ
ピクミン&オリマー ピクミン × ×
むらびと ハニワくんロケット - × ×
風船 - × ×
- × ×
ロゼッタ&チコ チコ -
ゲッコウガ みがわり人形・丸太 -
パックマン フルーツ -
パワーエサ -
トランポリン - - ×
消火栓 - × ×
クッパJr. メカクッパ -
ダックハント - × ×
クレー - × ×
ガンマン - × ×
しずえ しかけハニワくん - - ×
風船 - - ×
パックンフラワー シューリンガン - - ×
バンジョー&カズーイ おケツタマゴ - -

アイテムによる攻撃

アイテム投げのワンパターン相殺は『X』でのみ行われ、『64』『DX』『SP』ではかからない。『3DS/Wii U』はやや特殊になっている。詳細は#X#3DS/Wii Uにて。

ビームソードなどのアイテムを使った打撃のワンパターン相殺は、かかるものとかからないものがある。たとえば、ビームソードなどの通常横攻撃を置き換えるタイプは全作かかるのに対し、ハンマーなどの特殊な打撃アイテムは『X』ではかかるが、『SP』ではかからない。かかるものは、そのアイテムを使った各攻撃種(弱攻撃や強攻撃)ごとにワンパターン相殺が管理されている。たとえば、ビームソードホームランバットの弱攻撃は、別々の攻撃として管理される。しかし、使っていたビームソードを捨てて新たなビームソードを拾っても、以前のワンパターン相殺が引き継がれる。

射撃アイテムのワンパターン相殺は、『X』以前はかかり(クラッカーランチャー等かからないアイテムも有り)、『3DS/Wii U』以降はかからない。

備考

  • 英語では「Stale-move negation」または「Repetition Effect」。

脚注

外部リンク