【編集に関する重要なおしらせ】ファイターページの編集について、編集者のご協力をお願いします。
詳しくは、大乱闘スマッシュブラザーズWiki:編集ガイドライン/ファイターページの編集‎をご覧ください。

【おしらせ】『スマブラ64』『スマブラDX』『スマブラX』のコンテンツ記事を加筆してくださる協力者を求めています。
詳しくは、大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U まとめWIKI・シリーズ統合Wiki化‎をご覧ください。

「フォックス・マクラウド」の版間の差分

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
移動先: 案内検索
(動作などの元ネタ: 波動ブラスター)
(修正と少し追記)
15行目: 15行目:
  
 
== 概要 ==
 
== 概要 ==
『スターフォックス』シリーズの主人公。本名は"フォックス・マクラウド"。やとわれ遊撃隊"スターフォックス"の若きリーダーで、超高性能全領域戦闘機"アーウィン"などに乗り込んで戦う。
+
『スターフォックス』シリーズの主人公。本名は"フォックス・マクラウド"。<br />
 +
やとわれ遊撃隊"スターフォックス"の若きリーダーで、超高性能全領域戦闘機"アーウィン"などに乗り込んで戦う。
  
 
名前の通り狐の姿をしており、年齢は『スターフォックス アサルト』時点で27歳。
 
名前の通り狐の姿をしており、年齢は『スターフォックス アサルト』時点で27歳。
  
 +
『スターフォックス64』以降の作品では、正義感が強く非常に真面目で仲間思いであり曲がった事が大嫌いといった性格がシリーズを通して描かれており、真面目すぎて少々融通が利かないという短所も持ち合わせているため、それが災いして時折仲間と衝突する事もあるようだ。
  
フォックス以外の基本メンバーは第1作から[[ファルコ・ランバルディ|ファルコ]]、スリッピー、ペッピー、『スターフォックス アドベンチャー』以降からクリスタルが加わって計4人ある(スターフォックスの活動拠点である母艦のグレートフォックスにいるロボットのナウスを加えると計5人)。
+
フォックスと共に出撃する基本メンバーは第1作から[[ファルコ・ランバルディ]]、ペッピー・ヘア、スリッピー・トードの4人。<br />
『スターフォックス コマンド』ではストーリー分岐が多くあり、メンバーの出入りが激しい。
+
『スターフォックス アサルト』では高齢の為にパイロットを引退したペッピーに代わり、『スターフォックス アドベンチャー』で初登場したクリスタルが加わっている。<br />
 +
『スターフォックス コマンド』ではストーリー分岐が多くあり、メンバーの出入りが激しい。<br />
 +
また、『スターフォックス64』以降ではオペレーターロボットのナウスがいる。
  
必殺ワザに使用する「ブラスター」、「リフレクター」や、機敏な格闘スタイルといった設定はスマブラオリジナルのもの。『アドベンチャー』や『アサルト』では魔法の杖やSF兵器で白兵戦などを行うが、スマブラとは異なった戦い方をする。
+
必殺ワザに使用する「ブラスター」、「リフレクター」や、機敏な格闘スタイルといった設定はスマブラオリジナルのもの。『アドベンチャー』や『アサルト』では魔法の杖やSF兵器で白兵戦などを行うが、スマブラとは異なった戦い方をする。[[最後の切りふだ]]で登場する"ランドマスター"は原作にも登場する戦車で、原作ではアーウィンやランドマスターの他に潜水艦なども扱う。
[[最後の切りふだ]]で登場する"ランドマスター"は原作にも登場する戦車で、原作ではアーウィンやランドマスターの他に潜水艦なども扱う。
 
 
 
 
 
欧米では独自の設定があり([[ウルフ・オドネル|ウルフ]]とは兄弟弟子の関係など)日本とはキャラクターのイメージがずいぶん違うようだ。
 
  
  
39行目: 39行目:
 
デザインは『[[スマブラ64]]』では『スターフォックス64』のものをベースにしている。『スマブラDX』も『スターフォックス64』ベースだが、描き込みが深くなりより狐らしくなっている。『スマブラX』と『スマブラfor』では『スターフォックス コマンド』のものをベースにした独自のデザインとなっている。
 
デザインは『[[スマブラ64]]』では『スターフォックス64』のものをベースにしている。『スマブラDX』も『スターフォックス64』ベースだが、描き込みが深くなりより狐らしくなっている。『スマブラX』と『スマブラfor』では『スターフォックス コマンド』のものをベースにした独自のデザインとなっている。
  
声は『スマブラ64』と『スマブラDX』では『スターフォックス64』で担当した里内信夫<ref>ステージ"[[惑星コーネリア]]"での[[アピール#スマッシュアピール|スマッシュアピール]]による通信でも担当する。この音声は『スマブラDX』からの流用である。また、里内信夫は『スターフォックス64』と『スターフォックス アサルト』でスターウルフのレオン・ポワルスキーの声を担当しており、レオンは"[[ライラットクルーズ]]"の通信に登場する</ref><ref>日本・海外版共通で担当するが、海外版『スマブラDX』ではアピールの台詞が「かかってこい!」から「Camon!」に、対戦勝利時の台詞が全て「Mission complete!」に差し替えられる。また、「アドベンチャー」及びスマッシュアピールによる通信では別の声優が担当する</ref>が、日本版の『スマブラX』及び『スマブラfor』では『スターフォックス アサルト』で担当した野島健児が務める。
+
声は『スマブラ64』と『スマブラDX』では『スターフォックス64』で担当した里内信夫<ref>日本・海外版共通で担当するが、海外版『スマブラDX』ではアピールの台詞が「かかってこい!」から「Camon!」に、対戦勝利時の台詞が全て「Mission complete!」に差し替えられる。また、「アドベンチャー」及びスマッシュアピールによる通信では別の声優が担当する</ref><ref>ステージ"[[惑星コーネリア]]"での[[アピール#スマッシュアピール|スマッシュアピール]]による通信でも担当する。この音声は『スマブラDX』からの流用である</ref><が、日本版の『スマブラX』及び『スマブラfor』では『スターフォックス アサルト』で担当した野島健児が務める。
  
  
103行目: 103行目:
 
=== 動作などの元ネタ ===
 
=== 動作などの元ネタ ===
 
==== ワザ ====
 
==== ワザ ====
上記の[[#大乱闘スマッシュブラザーズ]]の節で述べたように、スマブラ独自の体術を駆使して戦う。
+
上記の[[#大乱闘スマッシュブラザーズ]]の節で述べたように、独自の体術を駆使して戦う。
  
 
*通常必殺ワザ:ブラスター (64-for)
 
*通常必殺ワザ:ブラスター (64-for)
138行目: 138行目:
 
== 主な登場作品 ==
 
== 主な登場作品 ==
 
*[http://www.nintendo.co.jp/n02/shvc/fo/ スターフォックス](1993/SFC)
 
*[http://www.nintendo.co.jp/n02/shvc/fo/ スターフォックス](1993/SFC)
*[http://www.nintendo.co.jp/n01/n64/software/nus_p_nfxj/ スターフォックス64](1997/N64)
+
*[http://www.nintendo.co.jp/n01/n64/software/nus_p_nfxj/ スターフォックス64](1997/N64)<br />
 +
**[http://www.nintendo.co.jp/3ds/anrj/ スターフォックス64 3D] (2011/3DS)
 
*[http://www.nintendo.co.jp/ngc/gsaj/ スターフォックスアドベンチャー](2002/GC)
 
*[http://www.nintendo.co.jp/ngc/gsaj/ スターフォックスアドベンチャー](2002/GC)
 
*[http://www.nintendo.co.jp/ngc/gf7j/ スターフォックス アサルト](2005/GC)
 
*[http://www.nintendo.co.jp/ngc/gf7j/ スターフォックス アサルト](2005/GC)
 
*[http://www.nintendo.co.jp/ds/asfj/ スターフォックス コマンド](2006/DS)
 
*[http://www.nintendo.co.jp/ds/asfj/ スターフォックス コマンド](2006/DS)
*[http://www.nintendo.co.jp/3ds/anrj/ スターフォックス64 3D] (2011/3DS)
+
 
  
 
== 備考 ==
 
== 備考 ==
163行目: 164行目:
  
 
{{テンプレート:ファイター-統合}}
 
{{テンプレート:ファイター-統合}}
{{デフォルトソート:ふぉっくす}}
+
{{デフォルトソート:ふおつくす}}
 
[[カテゴリ:フォックス]]
 
[[カテゴリ:フォックス]]
 
[[カテゴリ:ファイター]]
 
[[カテゴリ:ファイター]]

2015年10月9日 (金) 10:23時点における版

フォックス
デビュースターフォックス
(1993年2月21日/SFC)

フォックス・マクラウド(Fox McCloud)はスターフォックスシリーズに登場するキャラクター。

概要

『スターフォックス』シリーズの主人公。本名は"フォックス・マクラウド"。
やとわれ遊撃隊"スターフォックス"の若きリーダーで、超高性能全領域戦闘機"アーウィン"などに乗り込んで戦う。

名前の通り狐の姿をしており、年齢は『スターフォックス アサルト』時点で27歳。

『スターフォックス64』以降の作品では、正義感が強く非常に真面目で仲間思いであり曲がった事が大嫌いといった性格がシリーズを通して描かれており、真面目すぎて少々融通が利かないという短所も持ち合わせているため、それが災いして時折仲間と衝突する事もあるようだ。

フォックスと共に出撃する基本メンバーは第1作からファルコ・ランバルディ、ペッピー・ヘア、スリッピー・トードの4人。
『スターフォックス アサルト』では高齢の為にパイロットを引退したペッピーに代わり、『スターフォックス アドベンチャー』で初登場したクリスタルが加わっている。
『スターフォックス コマンド』ではストーリー分岐が多くあり、メンバーの出入りが激しい。
また、『スターフォックス64』以降ではオペレーターロボットのナウスがいる。

必殺ワザに使用する「ブラスター」、「リフレクター」や、機敏な格闘スタイルといった設定はスマブラオリジナルのもの。『アドベンチャー』や『アサルト』では魔法の杖やSF兵器で白兵戦などを行うが、スマブラとは異なった戦い方をする。最後の切りふだで登場する"ランドマスター"は原作にも登場する戦車で、原作ではアーウィンやランドマスターの他に潜水艦なども扱う。


ちなみに、『F-ZERO』シリーズとパラレルワールド的に世界観を共有している。
アーウィン等の戦闘機とF-ZEROマシンの両方に、"G-ディフューザーシステム"という機能が搭載されているほか、フォックスの父親である"ジェームズ・マクラウド"と同姓同名の人間キャラがF-ZEROパイロットになっていたりするが、完全に別人である(平和過ぎて傭兵業が成り立たないなど発言している)。

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ

シリーズ1作目から登場。『スマブラDX』には2001年5月16日に『E3 2001』で、『スマブラX』には2006年5月10日に『E3 2006』で、『スマブラfor』には2013年6月11日に放送された『Ninetndo Direct@E3 2013』で参戦が明らかにされた。4作全てに最初から選択可能なファイターとして登場している。


デザインは『スマブラ64』では『スターフォックス64』のものをベースにしている。『スマブラDX』も『スターフォックス64』ベースだが、描き込みが深くなりより狐らしくなっている。『スマブラX』と『スマブラfor』では『スターフォックス コマンド』のものをベースにした独自のデザインとなっている。

声は『スマブラ64』と『スマブラDX』では『スターフォックス64』で担当した里内信夫[1][2]<が、日本版の『スマブラX』及び『スマブラfor』では『スターフォックス アサルト』で担当した野島健児が務める。


原作ではアーウィンから降りると攻撃手段が乏しく、そのためスマブラではファイターとして成立させるためオリジナルの体術で戦う。
狐らしい俊敏な動きと柔軟な体術、スリッピーが開発したという設定[3]の武器を駆使して戦う。各攻撃の威力は低めだが、スピードがあり、コンボを繋げやすい、1体1の状況が得意なファイターという個性付けがされている。

『スマブラDX』では前作ではマリオと同じだけあった重量が、大幅にダウンしてピカチュウ未満(欧州版だとカービィ未満)の軽量級になっている。だが落下速度はそれに見合わず速いため、ふっ飛び時に浮きにづらくお手玉コンボをされやすくなってしまっている。結果、軽い上にコンボされやすいため、一度攻められると脆い。その上、誤って発動してしまいやすい横必殺技が制御が難しく長距離を移動するものであったり、そもそも速すぎる落下速度のためにちょっとした操作ミスでさえ自滅に繋がりやすい。しかしその一方でコンボは前作のように得意なまま、多くのワザのスピードや威力が向上。当てやすくて強力なふっ飛ばし力や鋭いふっとばしベクトルを持った技を持ち、極めて高い攻撃性能を手に入れている。よく撃墜し、よく撃墜される…長所と短所がはっきりした尖った性能なのである。

『スマブラX』では僅かに重量が増え、コンボが繋がりにくいシステムになったために『スマブラDX』と比べると耐久性が増したが、それに合わせて攻撃面もマイルドなものになった。しかしそれでも『スマブラX』の中では、よくコンボし、よくコンボされるファイターとしてその個性は際立っている。

公式イラスト

亜空の使者

単身アーウィンに乗り込んで戦艦ハルバードに攻撃をかけるも撃墜されてしまい、墜落した先でディディーコングがレックウザに襲われている場に遭遇し、ディディーと協力してレックウザを退ける。
その後はディディーに半ば強引に連れられる形で共に行動を始める。

ゲーム中の解説

[64 キャラクター紹介]
亡き父の遺志をつぎ、やとわれ遊撃隊「スターフォックス」の若きリーダーとして宇宙狭しと転戦している。
高性能戦闘機・アーウィンを駆って、ライラット系のために一肌ぬいだことは記憶に新しい。チームメイトの信頼を得るには、やや経験不足とも言われているようだ。
  • スターフォックス(93.2/SFC)
  • スターフォックス64(97.4/N64)
[DX フィギュア名鑑] フォックス
本名フォックス・マクラウド。やとわれ遊撃隊スターフォックスのリーダー。母艦グレートフォックスと戦闘機アーウィンを駆り、
父、ジェームズを葬った悪の科学者アンドルフに立ち向かう。チームメイトにペッピー、スリッピー、そしてファルコがいる。
  • スターフォックス(SFC)
  • スターフォックス64(N64)
[DX フィギュア名鑑] フォックス(SMASH)
フォックスは全キャラ中でも1,2を争うほど俊敏で、軽快に動くことができる。その分攻撃力は低めで、多人数より1対1が得意。
”ブラスター”は、当てても相手がひるまないというきわめて特殊な飛び道具。”フォックスイリュージョン”は移動と攻撃をかねたワザで主に奇襲につかう。
  • B:ブラスター
  • 横+B:フォックスイリュージョン
[DX フィギュア名鑑] フォックス(SMASH)
落下の速度が速いので、上ふっとばしによるミスはしにくい恩恵を得ている。逆に、横に飛ばされたときは必要以上に位置を低めてしまうため、かえって不利となる。ちなみに体重は前作よりかなり軽くなった。
”ファイアフォックス”はため最中にスティックの方向で、向きを変えられる。
  • 上+B:ファイアフォックス
  • 下+B:リフレクター
[X フィギュア名鑑] フォックス
本名、フォックス・マクラウド。有事の際に依頼を受けて出撃する、やとわれ遊撃隊”スターフォックス”のリーダー。
母艦グレートフォックスと戦闘機アーウィンに乗り込み、悪の科学者アンドルフに挑む。パイロットとして一流だが、最近は戦士として冒険したり、兵士として白兵戦をこなしたりとこれまでとは違う一面も見せた。
  • (SFC)スターフォックス
  • (NDS)スターフォックス コマンド
[for フィギュア名鑑] フォックス
戦闘機「アーウィン」に乗り込んで、悪の科学者アンドルフに戦いを挑む、「スターフォックス」のリーダー。正義感が強くパイロットの腕は確か。
『スマブラ』では俊足を活かして相手を翻弄し、スキなく攻めて手数で圧倒するスピードタイプ。「リフレクター」は、ライバルからの飛び道具を威力をあげて跳ね返す、便利かつ強力なワザ。
  • (SFC) スターフォックス (1993/02)
  • (N64) スターフォックス64 (1997/04)
[for フィギュア名鑑] フォックス(EX)
「サマーソルトキック」は、フォックスの中でも特にふっとばし力が高い、上スマッシュ攻撃だ。撃墜狙いとして空中の相手に使っていくといい。
必殺ワザの「ファイアフォックス」は、炎をまとい突進する攻撃。方向を入力することで360度、どの方向にも突進することができる。密着した相手に出せば全段ヒット、大ダメージを与える。

動作などの元ネタ

ワザ

上記の#大乱闘スマッシュブラザーズの節で述べたように、独自の体術を駆使して戦う。

  • 通常必殺ワザ:ブラスター (64-for)
    • 「ブラスター」というのは元々は銃器ではなく、初代『スターフォックス』でアーウィンに装備されているレーザー砲のこと。『スターフォックス64』からは名称が「レーザー」に変更された。
    • 『スターフォックス64』のイラストの一つに、フォックスがブラスターと思しき銃を持っているものがある。
    • 原作の本編中に出てきたのは『スターフォックスアドベンチャー』の会話から。使用し始めたのは『アサルト』から。
    • 『スマブラX』・『スマブラfor』のデザインは『スターフォックス アサルト』とも違うオリジナルのもの。
  • 通常必殺ワザ3: 波動ブラスター (for)
    • 『スターフォックス アサルト』の最大まで溜めたブラスターの弾に似ている。
  • 横必殺ワザ:フォックスイリュージョン (DX-for)
    • 高速で移動するという点において、一時的にエンジンの出力を上げて加速するアーウィンの機能「ブースト」に通じるものがある。
  • 横必殺ワザ2:ウルフフラッシュ (for)
    • 元は『スマブラX』に参戦したウルフが使うワザ。また、上必殺ワザ3「メガドリル」もウルフの上必殺ワザ「ウルフシュート」と性質が似ている。いずれもスマブラオリジナルのワザである。
  • 上必殺ワザ:ファイアフォックス (64-for)
    • フォックスイリュージョン同様にアーウィンの機能「ブースト」に通じるものがある。また、見た目はアーウィンが大気圏に突入したときのものに似ている。
  • 下必殺ワザ:リフレクター (64-for)
    • 回転して敵の弾を弾くアーウィンの機能「ローリング」に通じるものがある。
  • 最後の切りふだ:ランドマスター (X-for)
    • 『スターフォックス64』と『スターフォックス アサルト』より。
    • スターフォックスが保有する地上探査用車両を改良した戦闘車両で、"超高性能回転式地対空戦車"の肩書きを持つ。『64』と『アサルト』の一部のステージで操作する。
    • スマブラでのデザインは『スターフォックス アサルト』の外観に『スターフォックス64』のようなキャタピラが付いたオリジナルのもの。『スターフォックス アサルト』ではキャタピラではなく四輪。

その他

  • 画面内登場:アーウィンから飛び降りて登場 (64・X-for)
    • スターフォックスの主力で、"超高性能全領域戦闘機"の肩書きを持ち、その言葉通り大気圏内のみならず宇宙空間や超高温の領域などあらゆる空間、領域を活躍の場としている。主にシリーズを通して自機として登場する。
    • 『スターフォックス コマンド』では"アーウィンⅡ"という、アーウィンをフォックス向けにカスタマイズしたものと思われる個別の機体に乗り換えている。

台詞

雑多なものや、説明不要と思われるものは省く。

  • 勝利演出・上(『スマブラfor』での操作):「作戦完了!」 (DX-for)
    • 『スターフォックス64』でステージクリア後に表示される。
    • 「作戦完了」はルート分岐が特に無いステージの場合か任務を完全遂行すれば表示され、任務を完全に遂行しないままクリアすると「作戦終了」となる。「作戦完了」でクリアすると高難易度のルートを選択できるようになる。また、ゲームオーバー時は「作戦失敗」が表示される。

主な登場作品


備考

  • スマブラ64』の没企画の中に「チームスターフォックスがそろって一斉にブラスターを乱射する」というのがあった[4]。これは、当時は構想されていたが没になった最後の切りふだのことだと思われる。
  • スマブラDX』の公式サイト「速報スマブラ拳!!」で最初にキャラクター紹介ページが公開されたキャラクターである。

関連キャラクター

脚注

  1. 日本・海外版共通で担当するが、海外版『スマブラDX』ではアピールの台詞が「かかってこい!」から「Camon!」に、対戦勝利時の台詞が全て「Mission complete!」に差し替えられる。また、「アドベンチャー」及びスマッシュアピールによる通信では別の声優が担当する
  2. ステージ"惑星コーネリア"でのスマッシュアピールによる通信でも担当する。この音声は『スマブラDX』からの流用である
  3. フォックス
  4. アンケート集計拳!!

外部リンク


ファイター(シリーズ統合)
64 マリオ - ドンキーコング - リンク - サムス - ヨッシー - カービィ - フォックス - ピカチュウ - ルイージ - ネス - キャプテン・ファルコン - プリン
DX クッパ - ピーチ - アイスクライマー - シーク - ゼルダ - マルス - ピチュー - ガノンドロフ - ドクターマリオ - ファルコ - ミュウツー - ロイ - こどもリンク - Mr.ゲーム&ウォッチ
X ピット - ワリオ - ゼロスーツサムス - アイク - ポケモントレーナー ( ゼニガメ - フシギソウ - リザードン ) - ディディーコング - メタナイト - スネーク - リュカ - ソニック - デデデ - ピクミン&オリマー - ルカリオ - ロボット - トゥーンリンク - ウルフ
for むらびと - ロックマン - Wii Fit トレーナー - ロゼッタ&チコ - リトル・マック - ゲッコウガ - Miiファイター - パルテナ - パックマン - ルキナ - ルフレ - シュルク - ブラックピット - クッパJr. - ダックハント - リュウ - クラウド - カムイ - ベヨネッタ
SP インクリング - デイジー - リドリー - シモン - リヒター - クロム - ダークサムス - キングクルール - しずえ - ケン - ガオガエン - パックンフラワー