ベヨネッタ

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U まとめWIKI
移動先: 案内検索
ベヨネッタ
デビューベヨネッタ
(2009年10月29日/Xbox360・PS3)
スマブラへの出演スマブラfor

ベヨネッタ(Bayonetta)は、ベヨネッタシリーズに登場するキャラクター。

概要[編集]

『ベヨネッタ』シリーズの主人公。500年前に滅んだ世界の観測者達の片割れで、魔界と月の力を操る“アンブラの魔女”の生き残りである、記憶喪失の女性。
両手両足に装備した四丁一組の銃を駆使した格闘術「バレットアーツ」の使い手。銃以外にも様々な拷問器具や刀、鞭などを操るほか、自身の長い黒髪を依り代に魔人や魔獣を召喚する「ウィケッドウィーブ」によって敵を一掃する。黒いボディスーツは実は彼女の髪の毛で、ウィケッドウィーブ使用時や魔獣召喚時には召喚媒体として髪の毛を使用するため、肌が露になる。蝶の翅をもつ魔界の淑女"マダム バタフライ"と契約しているため、地面に映るベヨネッタの影には蝶の翅が生えている。


第1作では、天使を狩る日々を送る中、自らと同じ力を使いベヨネッタを知る女性ジャンヌとの出会い、情報屋エンツォが提供した記憶の手掛かりとなる"光の左目"という宝石がヨーロッパの辺境ヴィグリッドにあることを切っ掛けに旅を始める。行く手を阻む天使たちとの戦い、20年前にベヨネッタの目覚めと同時に父が四肢を引き裂かれ死亡する様を目撃して以来彼女を父の仇とするフリージャーナリストのルカ・レッドグレイヴ、ヴィグリッドをさまよう少女セレッサを通して、記憶を取り戻す物語が進む。

記憶を取り戻したベヨネッタは、第2作では髪をショートカットにし、コスチュームを一新してイメージチェンジ。
前作から数ヵ月後、パレードで賑わう街に突如襲来した天使たちに対抗するが、ベヨネッタが召喚した魔獣ゴモラが暴走し、共に戦っていたジャンヌがベヨネッタを庇い致命傷を受けてしまう。魂が魔界に引きずり込まれたジャンヌを救うため、魔界への扉"ゲイツ・オブ・ヘル"がある絶界の霊峰"フィンブルヴェドル"へと向かうベヨネッタは、水の都ノアトゥーンで出会った不思議な力を使う少年ロキ、彼を仇と付け狙う仮面の賢者と予言の者との邂逅を経て、500年前の魔女狩りの悲劇の真相、そして混沌たる人間界の運命を決する戦いに巻き込まれていく。

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ[編集]

スマブラfor』で初参戦。発売後の2015年12月16日に放送された『【スマブラ3DS・WiiU】 最後の特別番組』で有料の追加コンテンツファイターとしての参戦が発表され、2016年2月4日に販売が開始された。

『スマブラfor』において最後に参戦が発表されたファイター。キャラクターの参戦要望を投稿するアンケート企画「スマブラ投稿拳」に寄せられた交渉・実現可能なキャラクターの内、欧州第1位、北米5位以内、世界第1位に輝いた結果を受けて制作された[1]

デザインは第2作に準拠し、色変えとして第1作のコスチュームのカラーバリエーションもある。
登場に際して『スマブラ』の推奨年齢制限に抵触させない関係で、『2』コスチュームにおける臀部~足首までのひし形模様のスリットの肌の露出部分を暗く調整したり、ウィケットウィーブを使った攻撃時の肌露出を抑えるなど、レーティング審査を通すためのアレンジが施されている[2]。なお、頭身は原作と比べて若干低めになっている。

日本版のみ、コスチュームによって喋る言語が日本語か英語に変わる特殊な仕様がある。
声は『ベヨネッタ2』コスチュームでは初めて日本語音声が当てられた映画『BAYONETTA Bloody Fate』から担当する田中敦子、『ベヨネッタ』コスチュームでは原作と同じくヘレナ・テイラー(Hellena Taylor)が務める。

攻撃後にボタン押しっぱなしで追加銃撃する「バレットアーツ」、魔人の手足を召喚する特大級のスマッシュ攻撃「ウィケットウィーブ」、相手をスローにするカウンターワザの「ウィッチタイム」といった原作の要素を多く盛り込んでいる。多くのワザがコンボ向けに設定されており、使いこなすほどに原作を思わせるスタイリッシュな操作感になっている。

公式イラスト[編集]

ゲーム中の解説[編集]

[for フィギュア名鑑] ベヨネッタ
『ベヨネッタ』から参戦。数百年前に滅亡したアンブラの魔女の生き残り。打撃と射撃で織りなす格闘術バレットアーツ、自身の髪を触媒にして魔人の手足を召喚するウィケッドウィーブは『スマブラ』でも健在。また、全ての通常ワザはボタンを長押しにすると銃弾を連射できる。追加ダメージが狙えるだけでなく、牽制にも有効。
  • ベヨネッタ (2009/10)
  • (Wii U) ベヨネッタ2 (2014/09)
[for フィギュア名鑑] ベヨネッタ(EX)
横必殺ワザを空中で使うと、斜め上に突進するアフターバーナーキックを出せる。キックを出す直前に下へ入力すると急降下攻撃になるので状況によって使い分けよう。このワザは空中で相手に当てた後、もう一度だけ使うことが可能。他のワザとのコンボに組み込めるので、空中を華麗に飛び回りながらの連続攻撃に適する。
  • ベヨネッタ 2009/10
  • (Wii U) ベヨネッタ2 (2014/09)
[for フィギュア名鑑] 大魔獣召喚
ウィッチタイム中に攻撃を重ね、クライマックスゲージが最大になると魔獣ゴモラを召喚する。ゴモラは、巨大な口で激しく相手にかみついて攻撃する。この間にボタンを連打することで追加ダメージを稼ぐことができる。ゴモラが雄叫びをあげて退場するまでに、相手の蓄積ダメージが100%以上になっていると即撃墜になる。
[for フィギュア名鑑] ベヨネッタ(1)
数百年の時を経て目覚めたアンブラの魔女。記憶を失っており、過去の素性の一切が謎に包まれている。普段はシスターになりすまして、葬儀場に現れる天使たちを狩る日々を送るが、自身と同じ力を持つ魔女ジャンヌとの出会いをきっかけに少しずつ失われた記憶を取り戻し、世界の存亡をかけた宿命の戦いへ身を投じる。
  • ベヨネッタ (2009/10)

動作などの元ネタ[編集]

ワザ[編集]

  • 一部を除く各種通常攻撃 / 長押し射撃
    • パンチとキックを組み合わせで、自由にコンボを出せる基本アクション。ボタン長押しで出す銃撃と合わせて絶え間なく敵を攻撃できるのが特徴。
    • 『スマブラ』で使うワザは、基本的に『2』の銃器系武器装備時のアクションが基になっている(『1』のアクションでも概ね同じ)。以下は基になったアクションのコマンドを記載。
      • 弱攻撃:PPPPP
      • 横強攻撃:KKK
      • 上強攻撃:構えながら後ろ入力+P
      • 下強攻撃:PPKの3段目K
      • ニュートラル空中攻撃:スティック一回転+K
      • 前空中攻撃:「スカボロウフェア」装備時(『1』仕様)の空中PPK
      • 上空中攻撃:構えながら後ろ入力+K(蹴りの回転は原作とは逆)
      • 下空中攻撃:空中K
ベヨネッタ 元ネタ解説 アクション.jpg
  • 各種スマッシュ攻撃:ウィケッドウィーブ
    • 自らの髪を触媒とし、魔界の住人を召喚する魔導術。強大な力と知恵を得る代償に、魂を悪魔に捧げねばならず、力尽きた者は魔界に取り込まれ永遠に苦しみ続けることが運命付けられている。
    • 主にコンボの締めに魔人の巨大な手足を召喚して、強力な打撃で敵に大ダメージを与え大きく吹き飛ばす、重要なアクションの一つ。
      原作ではボス戦で本気になったり(『1』)、「魔力解放」でアンブランクライマックス状態になると(『2』)、普段の攻撃でも魔人を召喚し、派手で豪快になる。
      • 『スマブラ』で基になったモーションはそれぞれ、横スマッシュ攻撃はパンチで締める多くのコンボ、上スマッシュ攻撃はPPKPの4段目P、下スマッシュ攻撃はテクニック(後述)の「ヒールストンプ」から。
        • スマッシュホールド開始時の効果音は「ウィケッドウィーブ」発動時と同じ。
    • 召喚する魔人マダム バタフライは、無念の内にこの世を去った高貴な女性が地獄で転生した魔人。上記の他にも、ジャンプでベヨネッタの背中に現れる羽や彼女の影がマダム バタフライの形になっていることから、ベヨネッタが契約している魔界の住人の中で特に繋がりが深いことが窺い知れる。
ベヨネッタ 元ネタ解説 マダム バタフライ.jpg
▲『2』では手足のみならず、本人も登場。
  • ダッシュ攻撃:スティレット
    前投げ:鉄山靠
    横必殺ワザ:ヒールスライド / アフターバーナーキック
    上必殺ワザ:ウィッチツイスト
    • 魔界の名工ロダンが営むバー"ゲイツ・オブ・ヘル"(ショップ)で購入できるテクニック(追加アクション)。おおよそ原作を再現している。
      • 前投げの「鉄山靠(テツザンコウ)」は、元は『バーチャファイター』シリーズの主人公結城晶が使う技。
        台詞の「10年早いんだよ!」もアキラの有名な台詞。『1』ではチャプターの最後の敵にこの技でトドメを刺し、評価が最高のピュアプラチナだった場合に聞くことができる。ちなみに、英語ボイスは「ジュネンハヤインダヨ」とかなりカタコトな日本語でしゃべるので一聴の価値あり。
      • 上必殺ワザの「ウィッチツイスト」は原作では回避しながら出すテクニックで、上昇前に回りながら両膝で滑り込む動作があるが『スマブラ』では省かれている。これよりも『2』のテクニック「ウィッチストライク」が『スマブラ』のワザに近い。ジャンプを挟めば2度使えるのも同じ。
  • つかみ攻撃:銃を持ったまま往復ビンタ
    • 『1』でダウン状態の敵に追撃するお仕置き攻撃で、手の装備が銃器の時に行うアクションが同じ。原作は馬乗りでビンタする。
  • 通常必殺ワザ:バレットクライマックス
    • 周囲を乱射するアクション。周囲360度を自由に銃撃できるが、移動はできなくなる。パンチかキックで入力するかでモーションが異なり、キックの場合は逆立ちして銃撃する。『スマブラ』のモーションは『2』準拠。
    • 『2』で追加されたテクニック「チャージバレット」は、『スマブラ』ではこれの拡張的な扱いだが、原作の方は独立した別のアクションである。ただ、魔力がある場合はそれを消費して弾が強力になるので、そういう意味では通じる点がある。エフェクトは同じ。
  • 下必殺ワザ:ウィッチタイム
    バットウィズイン
    • 極限まで高めた精神力と更に極限まで高めた身体能力を持って、ほんの一瞬の時の中を自由に動ける「光陰術」。
    • 敵の攻撃をギリギリで回避すること等で発動する、『ベヨネッタ』の肝となるシステム。原作ではしばらく周囲の時間が遅くなり、敵を無防備な状態にする事ができる。発動中は敵にガードや回避をされることがなく、敵の攻撃がヒットすることもない。戦闘では一対多の状況が多く、さらに敵の多くは攻撃弾きやコンボ脱出をしてくるので、まずは「ウィッチタイム」を狙っていくのが基本。
    • 「バットウィズイン」は自らの姿を獣に変えることで野生の力を得る変身術「ビーストウィズイン」の一つ。原作ではダメージを受けた瞬間に回避を入力すると、ダメージを無効にして「ウィッチタイム」を発動する。失敗気味の回避でも「ウィッチタイム」を発動できる保険として大事なテクニック。
  • 最後の切りふだ:大魔獣召喚
    • 原作ではボス級の敵を相手にした時、クライマックスで召喚し、敵を蹂躙し尽くして葬る必殺の大技。
    • 『スマブラ』で登場するのは“滅びを喰らうもの”ゴモラ。魔界の森ジョンスン フォレストに生息する、竜のような姿をした怪物。 非常に獰猛な性格であり、動く物は全て獲物とみなして食らいつく。
    • 召喚の際の呪文はエノク語という16世紀後半ジョン・ディーと霊視者エドワード・ケリーの日誌に記録されている天使の言語とされるもの。
      • 「CARR-MMA BOWE-COOW」は「主よ、来たれ、喰らい、滅ぼせ」の意味。
    • 原作においてはほぼ全裸に近い状態になるが、『スマブラ』ではレーティング(年齢制限)の都合上、手足が露になるのみに留まっている。
ベヨネッタ 元ネタ解説 ゴモラ.jpg

その他[編集]

  • 上アピール
    • 『2』の長押し挑発のダンス部分と台詞が同じ。敵を怒り状態にし攻撃頻度を上げる効果がある。怒り状態中の敵に対してコンボで獲得できるスコアが多くなる。
  • 下アピール
    • 『1』のチャプター6の、ベヨネッタに化けた天使ジョイとのダンス対決で見せたダンスの一つと同じ。
  • 待機モーション:銃を構える姿勢
    • 原作において構えボタンがあり、それと同じ。構え状態から出せるアクションがある。
  • 立ち姿勢 / 歩行・走行 / ジャンプ / 着地
    • 原作と同じ。
  • カベジャンプ / カベ張りつき / 踏み台ジャンプ / 緊急回避
    • 原作でもできるアクション。
    • カベ張りつきができるのは、月が出ている特定の場面において、壁や天井を歩ける魔導術「ウィッチウォーク」を使っているのが由来。
    • 回避のモーションが遅いのは、5回連続で回避を行うと、大きく跳び上がる回避になり隙を晒してしまうことを意識したものなのかもしれない。
  • その場回避のポーズ
    • 『2』の銃器系武器装備時の短押し挑発のポーズと同じ。
  • アシストフィギュアスペシャルフラッグ取得後に取る投げキッスの仕草
    • 敵をロックオンする時の仕草と同じ。ダメージはないが、怯ませる効果がある。また、Verse(チャプターの一節)をクリアした際に天使の封印を破壊するために魔界の門を開く時にも同じ仕草を取る。
  • 取得時のモーション:草を蹴飛ばして引っこ抜く
    • トーチャーアタックで倒した敵が落とす巨大な武器を拾う時と同じ。
  • 登場演出
    • 髪をたくし上げる仕草は、『1』のボス戦前などで取る。ベヨネッタが本気を出すことを表すシーン。
  • 横アピール、勝利演出の台詞
    • 『2』の短押し挑発時の台詞と同じ。装備によって台詞とポーズが変わる。
      横アピールの「動くと死ぬわよ」は「サラマンドラ」
      勝利演出・十字ボタン←の「私はここよ?」は「チェルノボーグ」
      勝利演出・十字ボタン↑は「遠慮しないで」が「武甕槌」、「退屈だわ」が銃器系の装備
      勝利演出・十字ボタン→は「楽勝ね」が「ラークシャサ」と「修羅刃」、「全力を見せてよ?」が「アルーナ」装備時の台詞
  • 勝利演出・上:ブレイクダンスの後、女豹のポーズでウィンク。眼鏡が光る。
    • 「ブレイクダンス」はテクニックの一つ。最後まで出すと女豹のポーズを決める。
  • エフェクト
    • ダメージを受けると散る赤いバラは、己の体から流れ出た血が魔力でバラの形になったものとされている[3]
    • Wii U版の土地影がマダム・バタフライの物になっているのは彼女と契約しているため。
  • カラーバリエーション
    • 『1』コスチュームのアートワークのポーズは『マックス アナーキー』に登場した時のアートワークと同じ。画像
    • ジャンヌカラーで変わる「ウィケッドウィーブ」の色はジャンヌの髪と同じ。

主な登場作品[編集]

備考[編集]

  • 『ベヨネッタ』シリーズはプラチナゲームズが制作し、版権をセガが所有しているシリーズである。セガは第2作では制作に直接関与しておらず、また、任天堂は第2作及び第1作のWii U版から発売元として携わっている関係があり、それゆえしばしば誤解されるが、ベヨネッタはセガからのゲスト参戦ではなく、立場上はあくまで任天堂側のキャラクターである。
    なお、第1作はオリジナルがXbox360版で、PS3版はセガが移植した物であり、それぞれプラチナゲームズとセガが発売元である。

脚注[編集]

  1. 【スマブラ3DS・WiiU】 最後の特別番組 12分50秒付近
  2. ニンテンドードリーム 2016年4月号 スマブラ談!! FOR NINDORI 桜井政博さんインタビュー
    “--- ベヨネッタは露出の高いキャラですよね。『スマブラ』は全年齢対象のゲームですが、そういった部分はどう調整していったんでしょうか?
    桜井 そこは苦労しました(笑)。例えば『ベヨネッタ2』のベヨネッタは、太ももの後ろにひし形のスリットがあるんですね。その部分の肌色が目立つと推奨年齢制限に引っかかると言われ、スリット部分の色を暗く調整したりしました。ウィケッドウィーブを使う時も露出が上がりますが、そこも非常に難航しましたね。世界各国のレーティングで通るようにしなければならないので仕方ないことではありますが。”
  3. ベヨネッタのエフェクトについて | BAYONETTA - ベヨブログ

外部リンク[編集]


ファイター(シリーズ統合)
64 マリオ - ドンキーコング - リンク - サムス - ヨッシー - カービィ - フォックス - ピカチュウ - ルイージ - ネス - キャプテン・ファルコン - プリン
DX クッパ - ピーチ - アイスクライマー - シーク - ゼルダ - マルス - ピチュー - ガノンドロフ - ドクターマリオ - ファルコ - ミュウツー - ロイ - こどもリンク - Mr.ゲーム&ウォッチ
X ピット - ワリオ - ゼロスーツサムス - アイク - ポケモントレーナー ( ゼニガメ - フシギソウ - リザードン ) - ディディーコング - メタナイト - スネーク - リュカ - ソニック - デデデ - ピクミン&オリマー - ルカリオ - ロボット - トゥーンリンク - ウルフ
for むらびと - ロックマン - Wii Fit トレーナー - ロゼッタ&チコ - リトル・マック - ゲッコウガ - Miiファイター - パルテナ - パックマン - ルキナ - ルフレ - シュルク - ブラックピット - クッパJr. - ダックハント - リュウ - クラウド - カムイ - ベヨネッタ