【おしらせ】スマブラ for 3DS/Wii UまとめWikiはシリーズ全体を統括するサイトに拡張しました。
現在各ページを『スマブラfor』からシリーズ全体に拡充するための総合化の編集をしております。
詳しくは、大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U まとめWIKI・シリーズ統合Wiki化‎をご覧ください。

【おしらせ】ログインをしていないと編集に失敗する不具合を修正しました。

ロイ

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
移動先: 案内検索
ロイ
デビューファイアーエムブレム 封印の剣(2002年3月29日/GBA)
大乱闘スマッシュブラザーズDX(2001年11月21日/GC)
※初登場作品
スマブラへの出演スマブラDXスマブラforスマブラSP

ロイ(Roy)は、『ファイアーエムブレム 封印の剣』に登場するキャラクター。

概要[編集]

『ファイアーエムブレム 封印の剣』の主人公。
リキア地方の最東端の地域・フェレの嫡男。15歳。父は次回作『烈火の剣』の主人公の一人、エリウッド。大賢者アトスが死の間際に予言した、凶星よりエレブの大地を救う炎の子。属性が炎であったり真っ赤な色の髪や専用武器の封印の剣から炎を飛ばすことができるなど炎をイメージする少年。オスティアに留学していたところを故郷フェレの危機により呼び戻され、病で動けない父に代わってリキア同盟の盟約に従って家臣と共に旅立つも同盟軍は既に壊滅しており、死を悟った父の盟友ヘクトルより残りの兵と一人娘を託され、一軍の将として本格的に戦いへと身を投じていく。

『ファイアーエムブレム 覚醒』では、オンライン配信・DLC限定のキャラクターとして、"異界のロイ"が登場する。

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ[編集]

シリーズ2作目から登場。『スマブラDX』では隠しキャラクターとして参戦した。『スマブラX』では参戦せず、シールと名前入りの楽曲が収録されただけに留まった。『スマブラfor』でも発売時は参戦していなかったが、2015年6月14日に有料の追加コンテンツ第2弾のファイターとしての参戦が発表。翌日15日から販売が開始された。

『スマブラDX』の参戦は『封印の剣』の発売(2002年3月29日)よりも先で、シリーズ全編を通しても、発売前のゲームのキャラクターがファイターとして登場した事例はロイが唯一である。誤解されがちだが、参戦は桜井政博から提案したことであり、インテリジェントシステムズや任天堂側から販促のために促されたのではない[1]


デザインは『スマブラDX』では『封印の剣』のものをベースに、『スマブラfor』では『封印の剣』をベースにしつつ、籠手などには『覚醒』の要素を取り入れ、更に現代に合わせたオリジナルの解釈[2]によってブラッシュアップされている。

声の担当は福山潤が務め、マルスと同じく海外版でも日本語の同じボイスが使用されている。その詳細についてはマルス#備考にて。


『スマブラDX』ではモーションの大部分がマルスの流用でできているモデル替えキャラクター。コンセプトは15歳という若さを演出するための「未熟だが潜在力がある剣質」[3]。速く小回りの利く機動力と、長い剣の先端に最大威力があることによるシナジーで「流麗な剣質」が体現されているマルスに対し、ロイはマルス以上のリーチがある剣を持っているが、それ故にやや大振りで隙が大きく、また、最大威力は先端ではなく根元にあってリーチを活かせていないという「未熟」さがあるが、一方で、根元ヒット時の強力な威力は「潜在力」を感じさせる。

『スマブラfor』ではモーションの多くが独自のものになりマルスのモデル替えキャラクターを脱した。剣を使ったワザの動作は開始から終了まで流れるように行われるマルスに対し、ロイは構え・振り・止めにメリハリがあるのが特徴。また、幾つかのワザでは剣を逆手持ちする。剣の長さは短くなりマルス未満になったが、動作がコンパクトになり、隙が控えめになった。また、マルス以下だった移動の最高速度は大幅に強化されてマルスを上回り、より剣の根元ヒットを狙いやすい性能になった。「剣の最大威力は根元」という特徴はそのままに、それを発揮しやすい方向性の強みを揃え、「未熟」とは言い難い、若さと勢いを感じさせるファイターになっている。

公式イラスト[編集]

ゲーム中の解説[編集]

[DX フィギュア名鑑] ロイ
都市フェレとその周辺をおさめる領主の息子。病に倒れた父に代わりフェレの軍をひきいて出陣、ベルンの王国の進攻に敢然と立ち向かっていく。その途上、ベルン王国の姫ギネヴィアと出会い、それがきっかけとなって彼自身の運命が大陸全体を動かすものに変化していく。
  • ファイアーエムブレム封印の剣 (GBA)
[DX フィギュア名鑑] ロイ(SMASH)
英雄”ハルトムート”が用いていた「封印の剣」は、ロイには大柄なのでリーチはあるが動きはすこし鈍い。攻撃力はまずまずだが空中戦はすこし苦手。”エクスプロージョン”は最大ためで一撃必殺に。”マーベラスコンビネーション”は、マルスと異なる性質の攻撃になっている。
  • B:エクスプロージョン
  • 横+B:マーベラスコンビネーション
[DX フィギュア名鑑] ロイ(SMASH)
剣による攻撃の性質はマルスと逆で、剣の中心でアタックしたほうが、高いダメージを与えられる。恐れずに猛進すべし。”ブレイザー”は、マルスの”ドルフィンスラッシュ”よりすこし遅いが威力があり、相手を燃やす効果もある。”カウンター”は、ヒット後の攻撃の質がマルスと異なる。
  • 上B:ブレイザー
  • 下+B:カウンター
[for フィギュア名鑑] ロイ
『ファイアーエムブレム 封印の剣』の主人公。病気の父に代わり、フェレの群を率いて戦う。マスターロードにクラスチェンジでき“封印の剣”を装備できる唯一のキャラクター。『スマブラ』では他の剣士と異なり剣の根元部分が強い。機動力を活かして素早く相手の懐にもぐり込み、ロイの得意な近距離で勝負!
  • (GBA)ファイアーエムブレム 封印の剣 (2002/03)
[for フィギュア名鑑] ロイ(EX)
通常必殺ワザの「エクスプロージョン」は前方に爆炎を巻き起こすワザ。ボタンを押し続けることでためが可能。威力が最大になるとロイ自身も炎によるダメージを受けてしまう。横必殺ワザの「マーベラスコンビネーション」は、2発目以降に上下入力を組み合わせて打ち分けできる。状況に応じで上下の派生をうまく使い分けよう。
  • (GBA)ファイアーエムブレム 封印の剣 (2002/03)
[for フィギュア名鑑] 必殺の一撃(ロイ)
炎をまとった剣を、円を描きながら回して構えふれた相手を巻き込みつつ、勢い良く後ろに振りかぶる。その直後、周囲に発生した炎でロイの正面にふっとばし思いっきり斬り下ろす。構えた後の斬り下ろしだけでも十分強力だが、リーチは長くないので、うまく相手に近づいて発動した瞬間の構えから連続ヒットを狙おう。

動作などの元ネタ[編集]

ワザ[編集]

  • 後空中攻撃・つかみ・前投げ・後投げ・上投げ・マーベラスコンビネーション (for)
    • マルスと同じだが、空中版マーベラスコンビネーションの3段目上下は、『スマブラDX』の頃のモーションだったりする。
  • 下強攻撃、下スマッシュ攻撃、通常空中攻撃、上空中攻撃 (for)
    • マルスよりやや豪快な動きになっており、『スマブラDX』時代のコンセプトを仄かに感じさせる。
  • 弱攻撃・横強攻撃・上強攻撃・上必殺ワザ (for)
    • それぞれDX→forへの移行の際逆手持ちに変更されたワザ。
      彼は原作において"封印の剣"を装備している場合、剣を逆手に携える。
ロイ逆手持ち.jpg
▲原作やマルスとの比較画像。
  • 横スマッシュ攻撃 (for)
    • マルスとは異なり両手持ちになっている。
      これは、原作における"封印の剣"装備時の近接攻撃モーションに似ている。
ロイ横スマモーション.jpg
▲左右反転しているが、殆ど同じモーションである。
  • 下必殺ワザ:カウンター (DX・for)
    • 攻撃モーションは『紋章の謎』での"封印の剣"装備時の再攻撃のモーションに、相手の攻撃を受ける構えは、一般的な剣を装備している時の回避ポーズに近い。
  • 最後の切りふだ:必殺の一撃 (for)
    • 専用武器"封印の剣"装備時のアニメーション。
原作封印の剣モーション.gif
▲それぞれの動作タイミングは大幅にいじられているものの、動きはほとんど完全に再現されている。

その他[編集]

  • 通常立ち、微速歩行、待機、ジャンプ、空中ジャンプ、ガード以外の基本モーション。
    • マルスと同じ。
  • 後ろ空中ジャンプ、最後のきりふだ空中発動後の空中ジャンプ (for)
    • "封印の剣"装備による攻撃後、敵と距離を置く際のモーション。
      最後の切りふだ空中発動Verでも同様のモーションを取るため、原作の動きをきっちり再現できるようになっている。
      • 一応、後ろ空中ジャンプはマルスと共通のモーションなのだが、上記の理由に加えて、最後の切りふだ空中発動後のマルスやルキナのジャンプは彼と異なるモーションが与えられている為、ちゃんと意識しているものと思われる。
  • 上アピール (for)
    • マップ上のロイにカーソルを合わせたときの動き。
  • 登場演出(for)
    • "ワープの杖"による転送。
      • また、関連性は不明だが、地面に突き刺した剣を抜くモーションは、『ファイアーエムブレム覚醒』のクロムの戦闘開始モーションである。

主な登場作品[編集]

備考[編集]

  • 公式イメージイラスト・フィギュアのロイは背中に鞘をつけているが、最後の切りふだ発動中や勝利演出の一部を除き、ゲーム中では省略されている。これは、鞘をつけたままにすると、鞘がマントを突き抜けるので、それを回避するためである[4]
  • 勝利演出の一つ、「真の戦いは、これからだ」というセリフには、「これからロイのソフトが出る」(『スマブラDX』発売時は未発売)という意味が込められている[5]
  • ロイが登場する『封印の剣』は2015年現在、日本国内のみの発売である。日本のみで発売されたタイトルのキャラクターがスマブラに登場するのは彼以外にも『スマブラDX』からあるが、ファイターとしては初めてである。なお、『封印の剣』の20年前を舞台にした続編の『ファイアーエムブレム 烈火の剣』は海外でのシリーズ第1作『FIRE EMBLEM』として発売されている。
  • 『スマブラX』の内部データには、ロイの名前が入った空のファイルがある[6]
  • 『スマブラfor』の参戦ムービーでは、週刊ファミ通誌上で開催していた『スマブラDX』のカメラモードコンテストで優秀賞を受賞した作品を基にしたと思われるカットがある[7]
  • 『スマブラfor』では『マリオ』シリーズからクッパJr.のカラーバリエーションとして同名のロイがファイターとして参戦している。シリーズ全編を通して同名の別キャラクターが参戦した事例はこれが初となる。ナレーションのコールは両者で異なるものが用意されている。

脚注[編集]

  1. 速報スマブラ拳!! : アンケート集計拳!!
    “エムブレムの新作があるなら、それを推進できる、とは私から提案したことですよ。”
  2. 【スマブラ3DS・WiiU】 2015年6月 新要素のお知らせ - YouTube 2分00秒付近
  3. 速報スマブラ拳!! : ロイ
  4. 速報スマブラ拳!! : アンケート集計拳!!
    “ロイは背中にさやがついていますが、ゲーム中でさやをつけたままにすると、マントをさやが突き抜けるので、省略しています。ただ、アピールなどで、さやを意識したポーズづけはしていたりします。 ”
  5. 速報スマブラ拳!! : アンケート集計拳!!“ちなみにロイの「真の戦いはこれからだ!」 は、これからロイのソフトが出る、という隠喩にしています。 ”
  6. Super Smash Bros. Brawl - The Cutting Room Floor
  7. 速報スマブラ拳!! : カメラモードコンテスト結果発表!

外部リンク[編集]


ファイター(シリーズ統合)
64 マリオ - ドンキーコング - リンク - サムス - ヨッシー - カービィ - フォックス - ピカチュウ - ルイージ - ネス - キャプテン・ファルコン - プリン
DX クッパ - ピーチ - アイスクライマー - シーク - ゼルダ - マルス - ピチュー - ガノンドロフ - ドクターマリオ - ファルコ - ミュウツー - ロイ - こどもリンク - Mr.ゲーム&ウォッチ
X ピット - ワリオ - ゼロスーツサムス - アイク - ポケモントレーナー ( ゼニガメ - フシギソウ - リザードン ) - ディディーコング - メタナイト - スネーク - リュカ - ソニック - デデデ - ピクミン&オリマー - ルカリオ - ロボット - トゥーンリンク - ウルフ
for むらびと - ロックマン - Wii Fit トレーナー - ロゼッタ&チコ - リトル・マック - ゲッコウガ - Miiファイター - パルテナ - パックマン - ルキナ - ルフレ - シュルク - ブラックピット - クッパJr. - ダックハント - リュウ - クラウド - カムイ - ベヨネッタ
SP インクリング - デイジー - リドリー