【おしらせ】スマブラ for 3DS/Wii UまとめWikiはシリーズ全体を統括するサイトに拡張しました。
現在各ページを『スマブラfor』からシリーズ全体に拡充するための総合化の編集をしております。
詳しくは、大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U まとめWIKI・シリーズ統合Wiki化‎をご覧ください。

ロボット

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
移動先: 案内検索
ロボット
ファミリーコンピュータ ロボット.jpg
ファミコンの周辺機器『ファミリーコンピュータ ロボット』
シンボル ファミリーコンピュータ ロボット.png
出典ファミリーコンピュータ ロボットシリーズ
デビューファミリーコンピュータ ロボット(1985年7月26日/FC)
スマブラへの出演スマブラXスマブラforスマブラSP

ロボット(R.O.B)とは、ファミリーコンピュータ用の周辺機器の一つ、ファミリーコンピュータ ロボット(Robotic Operating Buddy)の略称(愛称)である。ロボット単体の型番はHVC-012

概要[編集]

周辺機器としての概要[編集]

『ファミリーコンピュータ ロボット』はテレビ画面から信号を読み取り、それに応じて動く仕組みになっている。ちなみに、ロボット本体からファミコンへのフィードバックはない。ロボットに信号を送る際は画面を一瞬だけ信号用の画面に切り替えてロボットに読み取らせている。

ロボットはアームを常に水平にに突き出しており、アームを回転させて5方向に向ける、アームを上下させる、アームの開閉しかできない。

単三電池4本で動く。

カラーリングは日本ではいわゆるファミコンカラーの白と赤の配色で、海外では海外版ファミコン、NESの配色に合わせて赤の部分が灰色になっている。そのため、日本版と海外版では色が異なっている作品がある。

対応しているゲームは2つのみで、一つ目は『ブロックセット(STACK-UP)』、二つ目は『ジャイロセット(GYROMITE)』。これらはゲームソフト本体とロボットに装着するアタッチメントとのセットになっている。どちらもゲーム内にロボットそのものは表示されないが、"ヘクター博士"という人物が登場している。

『ブロックセット』には、ソフト本体である『ブロック』、赤、白、青、黄、緑の5つの平たい円柱状の「ブロック」、ロボットの下部5方向に取り付ける「ブロックトレイ」(ブロックを置く台座のようなもの)、ロボットアームの先端につける「ブロックハンド」が付属している。

ゲーム内容は5色のブロックをロボットに一手ずつ指示し、指定された形に積み替える「DIRECT」、指定された形にするにはどうすれば良いかを考えてロボットを動かさずに入力していき、最後にロボットを動かして確認する「MEMORY」などがある。但し、先述の通りファミコンへのフィードバックがないので、正しいかの判断はプレイヤーによる目視のみである。

『ジャイロセット』には、ソフト本体である『ジャイロ』、「コマ」2つ、コマを挿して置いておくための「コマホルダー」、ファミコンの「Ⅱコントローラー」のA Bボタンをロボットがコマで押せるようにする「コマトレイ」、コマを高速回転させる「コマスピナー」、ロボットアームの先端につける「コマハンド」が付属している。「コマスピナー」には単一電池一本が必要。

ゲーム内容については「GAME A」ではプレイヤーがヘクター博士を操作し、爆弾を回収するというもので、「GAME B」はひたすらに右へ歩き続けるヘクター博士をゴールまで導くというもの。ロボットに指示を出すことでマップに配置されている二色のゲート(長い棒)をロボットが「コマ」で「Ⅱコントローラー」の対応するボタンを押すことで下げることができる。

ボタンを二つ同時に押すのは、一つ目の「コマ」を「コマスピナー」で高速回転させ、片方の「コマトレイ」上のボタンに乗せると高速回転によるジャイロ効果により「コマ」が自立し、ボタンを押し続けるので「コマホルダー」にあるもう一つの「コマ」でもう一方のボタンを押すことにより可能としている。

キャラクターとしての概要[編集]

周辺機器としては二つしか対応ソフトがないままだったが、スマブラだけでなく、他のゲームシリーズにゲスト出演のかたちで登場することが多い。

  • 『星のカービィ3』
    • ステージ3-6の不気味な遺跡にて5つのロボットのパーツを集めるイベントがある。ロボットのデザインは実物のそれとは大きく異なっているが、同じものだと判別できる。ヘクター博士も一緒に登場する。
  • 『メイド イン ワリオ』シリーズ
    • 多くのシリーズ作でNintendoゲームマニアである"ナインボルト"のプチゲームや、彼のコレクションとして登場する。
  • 『ピクミン2』
    • お宝としてロボットの頭部とブロック5色全てが登場する。ゲーム内での名称は白"たからものジャイロブロック"、青"おきにいりジャイロブロック"、緑"なくしていたジャイロブロック"、黄"わすれえぬジャイロブロック"、赤"なつかしのジャイロブロック"、頭部"オヤジのおもいで"となっている。全て同じ洞窟で連続して入手できる。
  • 『マリオカートDS』
    • プレイヤーキャラとして、型番である"HVC-012"の名前で登場している。ハンドルは握れないが、左右に腕を振ってハンドル代わりにしている。専用のカートにHVC-BLSとHVC-LGSがある。HVC-BLSはブロックセットのアタッチメントを付けたときのような見た目になる。HVC-LGSは細長い二本の脚のようなものにタイヤを付けたもので、元ネタは存在しないと思われる。また、ロボットのカラーは海外版ではR.O.Bのものになっている。なお、実物やスマブラで登場する際についている台座部は、そのままではカートの座席に乗れないためか、かなり小さなファミコンカラーの箱になっている。

…など。

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ[編集]

過去に開発者から「ロボット関連はムズカシイ」と言われていたが[1]、シリーズ3作目の『スマブラX』からロボットの名称で登場。『スマブラX』には発売後の2008年3月6日に公式サイトで、『スマブラfor』には3DS版発売後の2014年10月15日に参戦が発表された。『スマブラSP』には2018年6月13日に放送された『Nintendo Direct: E3 2018』で当作の情報が公開されると同時に参戦することが明らかになった。『スマブラfor』までの作品において、隠しキャラクターとして登場している。

また、『スマブラfor』以降は、日本版と海外版でデフォルトカラーが異なっており、海外版はR.O.Bの灰色カラーとなっている。これは国外で販売されているamiiboにも反映されている。

『スマブラX』の「亜空の使者」では、ファミコンロボットの姿をした敵キャラクターが登場し、ロボット自身も重要な役回りで登場する。ロボットの出典作品を表わすシンボルは、『ジャイロ』とロボットが司令官をしていた「亜空軍」のマークを内包したオリジナルのものになっている。
なお、参戦は「亜空の使者」先行ではなく、その逆で、ロボットの参戦が先に決まり、その後「亜空の使者」が構成された。参戦した理由は、前作『スマブラDX』で参戦したMr.ゲーム&ウォッチのような意表をつくタイプになれるため[2]。『スマブラX』の発売よりやや前に『マリオカートDS』でロボットがプレイアブルキャラクターになり話題を生んだが、『スマブラX』でのロボットの参戦はそれよりも前に決まっており、その影響では無い[2]

デザインは細かいディテールが追加され、台座部にはホバリングをするためのユニットが取りつけられたり、目がフラッシュできるようになり、アーム部分が派手に動かせるなどとリアルな戦闘用ロボットの印象を強調したものになっている。必殺ワザでは『ジャイロ』で使う周辺機器のコマを使用するものがある。『スマブラSP』では脊髄に、上必殺ワザで飛ぶための燃料を視認するためのゲージ機能が搭載された。

アートワーク[編集]

亜空の使者における役割[編集]

「亜空の使者」では最初、敵役「エイシャント卿」として登場。大勢のロボット達を指揮し、亜空間爆弾の設置・起動を担当している。
ゲーム中最初に姿を現す亜空軍主要キャラクターで、目以外全身をローブで包んで正体を隠している。しかしストーリーが進むにつれ、作戦に苦悩している様子が伺えたり、ロボット軍団が身を挺してまで守ろうとするなど、謎が深まる描写をされている。
後半に判明するその正体は、エインシャント島のロボットたちのリーダー、マスターロボットである。ロボット軍団のエインシャント卿に対する絶対的な忠誠心はこのため。
彼らロボットたちが亜空軍にいたのは、自分たちが生活していたエインシャント島を科学技術に目をつけたタブーに占拠され、むりやり協力させられていたため。姿を隠して「エインシャント卿」として行動しているのは、亜空軍に加担することになった罪の意識からであり、本意ではないことを示すものだった。
ファイターたちが亜空間爆弾工場に攻めて来た時には、自分たちに敵意がないことを示し、ロボット軍団にもこれ以上ガノンドロフの命令を聞かないよう促す。しかし最終兵器・亜空砲戦艦が完成し、エインシャント島は既に用済みとなっていたため、ガノンドロフは大量の亜空間爆弾を起爆させて戦艦用の通行口となる穴を作るべく、ロボット軍団に強制命令を下す。これを止めるべく、正体であるマスターロボットの姿を現してファイターたちに協力し、亜空軍を撃退する。しかし最早手遅れの状態であり、ファイターたちと共に工場からの脱出には成功するものの、亜空間爆弾の起爆は止められなかった。さらにあまりにも大量の亜空間爆弾によって亜空間に落とされてしまったエインシャント島は、タブー撃破後、亜空間の穴が収束した後も消失したまま行方知れずになってしまった。

ゲーム中の解説[編集]

[Xフィギュア名鑑] ロボット
ファミリーコンピュータの周辺機器として登場。「ジャイロセット」などと組み合わせることで、2種類の遊びが楽しめた。ヘクター博士を操作することでテレビ画面が光を発し、その光に反応して動くという仕組み。当時としては画期的な遊びだった。近年では「マリオカートDS」にもドライバーとして登場している。
  • (FC) ファミリーコンピュータロボット
[Xフィギュア名鑑] 拡散ロボビーム
目から発射されるビーム。拡散しながら飛んでいくうえに、さらにうねりが加わったり、扇状に広がったりと多種多様な飛びかたをする。最後の切りふだとして異質なところは、このワザを出してから自由に行動できること。単純にワザを当てるだけでなく、通常攻撃などと連携して使うことで、さらに有効活用できる。
  • (Wii) 大乱闘スマッシュブラザーズX
[3DSWiiUフィギュア名鑑] ロボット
ファミコンの周辺機器として、1985年に登場。ゲームと連動してロボットが動くという画期的なシステムが、当時話題となった。『スマブラ』では2種類の飛び道具と、:ホバーによる復帰能力の高さが魅力的なファイターだ。「ロボビーム」は、発射時に角度調整ができる。連射はできないが、しばらく使わないでいると強力なビームになる。
  • (FC) ファミリーコンピュータロボット 1985/07
  • (NDS) マリオカートDS 2005/12
[3DSWiiUフィギュア名鑑] ロボット(EX)
「S3」はロボットが放つ横スマッシュ攻撃。密着して当てたほうが威力が上がる。また、攻撃するまでに上下を入力し続けると、ビームの発射方向を変化させることが可能。「ジャイロ」はコマを回して放つ下必殺ワザ。力をためている間は、左右方向に入力すると緊急回避できる。ためは途中から再開可能だ。
  • (FC) ファミリーコンピュータロボット 1985/07
  • (NDS) マリオカートDS 2005/12
[WiiUフィギュア名鑑] スーパー拡散ロボビーム
両腕を折り曲げて射撃形態へと移行した後、前方にビームを発射するロボットの最後の切りふだ。ビームは途中で枝分かれし、一度当たると中央に寄せながら連続でダメージを与える。ゆっくりだが、上下に操作も可能だ。最後に強くふっとばす太いビームを発射する。ビームを発射している最中は、無敵になる。


使用ワザの名称一覧[編集]

[icon] この節の加筆が望まれています。
  • 通常攻撃のワザ名は公式攻略本より引用。
  • ロボットの通常・空中・つかみのワザ名は英数字だが、これはおそらく攻撃の種類と操作法の意味と思われる。
    弱攻撃→1 強攻撃→2 スマッシュ攻撃→3 ダッシュ攻撃→Dash
    空中攻撃→Air つかみ攻撃→Catch 投げ→Throw
    Aボタン(単発)→A Aボタン(連続)→1、2
    スティックの方向→S、Hi、Lw、N、F、B
    (side、high、low、neutral、forward、backの略)
スマブラX スマブラfor スマブラSP
弱攻撃 11 → 12
ダッシュ攻撃 DashA
横強攻撃 S2
上強攻撃 Hi2
下強攻撃 Lw2
横スマッシュ攻撃 S3
上スマッシュ攻撃 Hi3
下スマッシュ攻撃 Lw3
ニュートラル空中攻撃 AirN
前空中攻撃 AirF
後空中攻撃 AirB
上空中攻撃 AirHi
下空中攻撃 AirLw
つかみ攻撃 CatchA
前投げ ThrowF
後投げ ThrowB
上投げ ThrowHi
下投げ ThrowLw
通常必殺ワザ (1) ロボビーム
通常必殺ワザ2 ワイドアングルビーム
通常必殺ワザ3 無限ロボビーム
横必殺ワザ (1) アームスピン
横必殺ワザ2 リフレクトアーム
横必殺ワザ3 反転アームスピン
上必殺ワザ (1) ロボバーナー
上必殺ワザ2 ロボロケット
上必殺ワザ3 高速ロボバーナー
下必殺ワザ (1) ジャイロ
下必殺ワザ2 ファイアジャイロ
下必殺ワザ3 スリップジャイロ
最後の切りふだ 拡散ロボビーム スーパー拡散ロボビーム

動作などの元ネタ[編集]

ワザ[編集]

  • 下必殺ワザ:ジャイロ
    • 専用ソフト『ジャイロセット』付属のコマ&コマスピナー。
    • 実物のコマスピナーは単二電池が必要なのでもっと大きく、ロボットから見て左側にセットするようになっている。
    • スマブラのものは、スピナーで回したコマを置くところ(ファミコンのABボタンと連動する)の形状が近い。
    • なお、コマを回す際には『ジャイロセット』に付属している「コマハンド」を付ける必要があるが、スマブラでは「ブロックハンド」のまま回している。

その他[編集]

  • 容姿
    • アームの先端につけている赤い三角形のようなものは、『ブロックセット』に含まれている「ブロックハンド」である。
    • ちなみに、これが唯一の『ブロックセット』要素である。

主な登場作品[編集]

  • ファミリーコンピュータ ロボット(周辺機器) (1985/FC)
  • マリオカートDS(2005/DS)

など

脚注[編集]

  1. アンケート集計拳!!
    “「ロボット」関連はムズカシイでしょう!”
  2. 2.0 2.1 ニンドリアンケート集計拳前編
    “―これは「亜空の使者」が、先行だったわけじゃないんですか?
    桜井 じゃないですよ。最初にロボットありきです。新登場のキャラを選んでいるときに、例えば前作でいうMr.ゲーム&ウォッチのような意表を突くタイプのものはないかな?と思って入れたんです。
    ―なるほど。
    桜井 実はそのロボットを入れるということを決めて、任天堂にプレゼンをしたのが2005年の7月とかなんですけども…。
    ―あ。『マリオカートDS』の発売前ですね。
    桜井 ええ。もちろん『マリオカートDS』に登場するなんて知らなかった。

外部リンク[編集]


ファイター(シリーズ統合)
64 マリオ - ドンキーコング - リンク - サムス - ヨッシー - カービィ - フォックス - ピカチュウ - ルイージ - ネス - キャプテン・ファルコン - プリン
DX クッパ - ピーチ - アイスクライマー - シーク - ゼルダ - マルス - ピチュー - ガノンドロフ - ドクターマリオ - ファルコ - ミュウツー - ロイ - こどもリンク - Mr.ゲーム&ウォッチ
X ピット - ワリオ - ゼロスーツサムス - アイク - ポケモントレーナー ( ゼニガメ - フシギソウ - リザードン ) - ディディーコング - メタナイト - スネーク - リュカ - ソニック - デデデ - ピクミン&オリマー - ルカリオ - ロボット - トゥーンリンク - ウルフ
for むらびと - ロックマン - Wii Fit トレーナー - ロゼッタ&チコ - リトル・マック - ゲッコウガ - Miiファイター - パルテナ - パックマン - ルキナ - ルフレ - シュルク - ブラックピット - クッパJr. - ダックハント - リュウ - クラウド - カムイ - ベヨネッタ
SP インクリング - デイジー - リドリー - シモン - リヒター - クロム - ダークサムス - キングクルール

テンプレート:ファミリーコンピュータ ロボットシリーズ