【おしらせ】スマブラ for 3DS/Wii UまとめWikiはシリーズ全体を統括するサイトに拡張しました。
現在各ページを『スマブラfor』からシリーズ全体に拡充するための総合化の編集をしております。
詳しくは、大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U まとめWIKI・シリーズ統合Wiki化‎をご覧ください。

フシギソウ

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
移動先: 案内検索
フシギソウ
フシギソウ (ポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーン).png
『ポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーン』以降使用されているフシギソウの公式イラスト
シンボル ポケットモンスター.png
出典ポケットモンスターシリーズ
デビューポケットモンスター 赤・緑(1996年2月27日/GB)
スマブラへの出演スマブラDXスマブラXスマブラforスマブラSP

フシギソウ(Ivysaur)は、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター。

概要[編集]

『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』で最初に選べるポケモンの内の一体"フシギダネ"が進化したポケモン。全国図鑑No.002“たねポケモン”。たかさ1.0m、おもさ13.0kg、くさタイプ。原作では特殊攻撃と防御のステータスに優れる。フシギダネがレベルアップで進化した姿で、更にレベルアップしていくことで"フシギバナ"へと進化する。

進化の中間に当たるためフシギダネ、フシギバナがゲーム、アニメ、他メディアで幅広く活躍しているのに対し、フシギソウはこれといった活躍はなく、ポケモントレーナーの他の手持ちポケモンである、ゼニガメリザードンと比べても露出の幅はかなり狭い。これらのことから、フシギソウが『スマブラX』のファイターとして抜擢されたのは、非常に強運なことであったと言える。

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ[編集]

[icon] この節の加筆が望まれています。
主に: 現状スマブラXのファイター解説のみ

シリーズ3作目の『スマブラX』で初登場し、ポケモントレーナーの3体の手持ちの一匹として参戦した。『スマブラfor』では観賞用フィギュアとしてのみ登場。『スマブラSP』では再びポケモントレーナーの手持ちとして参戦している。

『スマブラX』の日本版での声の担当は、川上とも子が務める。

中量級の位置づけだが、地上・空中共にふっとばし力の高いパワフルな攻撃を持ち、リーチの長い技に飛び道具をも兼ね備え、中~遠距離が得意なキャラ。ツタの部分にやられ判定が存在しないのも大きい。ただし全体的に攻撃の出が遅くスキも大きいため、接近戦は苦手。威力の高い技も当てるには慣れが必要。さらに体の上のつぼみにもやられ判定があるので相手からの攻撃を思いのほか受けやすく、復帰技もあまり頼りなく使いどころが難しい。

おまけに草タイプなので炎攻撃に弱く、炎属性の攻撃では強めに飛ばされてしまう。多くのキャラクターが炎属性の技(しかもほとんどが決め技)を持っている上、 ボムへい火薬箱などの爆弾系のアイテムも炎属性のため、中量級でありながら軽量級並に事故死に対する配慮を強いられることになる。一応水属性に耐性を持っているものの、ダメージを受けるような水属性の攻撃ワザを持つのはゼニガメぐらいなのであまり意味はない。

中々あるリーチと高い破壊力の技々は魅力的だが、前述のとおり喰らい判定が大きい、復帰が弱い、メジャーな炎技が弱点、技後の隙が大き目と、多めの短所を補う技量が必要になってくる。常時4足歩行であるため、傾斜であっても地面に対して常に垂直に立つという性質がある。

アートワーク[編集]

亜空の使者における役割[編集]

ゲーム中の解説[編集]

[X フィギュア名鑑] フシギソウ
たねポケモン。フシギダネが進化した姿。背中につぼみがあり、それを支えるために足腰が強くなる。そのつぼみが大きく育ってくると2本足では立てなくなるという。レベルアップするとフシギバナへと進化を遂げる。その際、背中の大きなつぼみが養分を吸収することで見事な大輪の花を咲かせる。
  • (GB) ポケットモンスター 赤・緑
  • (GBA) ポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーン
[for フィギュア名鑑] フシギソウ
ポケモンが進化するのは初めて目撃したのはフシギダネがフシギソウに変わったとき……。かつての少年少女は、あのシーンを忘れない。フシギダネとの別れと、フシギソウとの出会い。それらが同時にやって来たことの興奮と戸惑い。そのフシギソウもやがては進化の時を迎え、ツボミが花開く未来を背負っていたことを知る。
  • (GB) ポケットモンスター 赤・緑 (1996/02)
  • (GBA) ポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーン (2004/01)

使用ワザの名称一覧[編集]

[icon] この節の加筆が望まれています。
  • 通常攻撃のワザ名は公式攻略本より引用。
スマブラX スマブラSP
弱攻撃 ムチはたき → ムチコンボ → ムチれんだ
ダッシュ攻撃 すべりこみ
横強攻撃 ふうしゃカッター
上強攻撃 ムチリフト
下強攻撃 あしもとはたき
横スマッシュ攻撃 ムチチャージ
上スマッシュ攻撃 ばくれつフラワー
下スマッシュ攻撃 ダブルムチ
ニュートラル空中攻撃 フシギドリル
前空中攻撃 ムチダンク
後空中攻撃 ムチホイール
上空中攻撃 ばくれつきゅうこうか
下空中攻撃 うらばくれつフラワー
つかみ攻撃 はがいじめ
前投げ つるなげ
後投げ つるとばし
上投げ つるつきあげ
下投げ つるおとし
通常必殺ワザ タネマシンガン
横必殺ワザ はっぱカッター
上必殺ワザ つるのムチ
下必殺ワザ ポケモンチェンジ
最後の切りふだ さんみいったい

動作などの元ネタ[編集]

  • 弱攻撃:ムチはたき→ムチコンボ→ムチれんだ / 下強攻撃:あしもとはたき / 下スマッシュ攻撃:ダブルムチ / 前空中攻撃:ムチダンク / 後空中攻撃:ムチホイール
    • 「つるのムチ」のバリエーション攻撃。
  • ダッシュ攻撃:ふうしゃカッター
    • 『ルビー・サファイア』が初出の「リーフブレード」を彷彿とさせる。
  • 上スマッシュ攻撃:ばくれつフラワー / 上空中攻撃:ばくれつきゅうこうか / 下空中攻撃:うらばくれつフラワー
    • 草タイプが使う爆発に関係する技で、「タネばくだん」に通じるものがある。なお、「タネばくだん」は硬い殻を持つ大きな種を上からたたきつけて攻撃する技。
  • 通常必殺ワザ:タネマシンガン / 横必殺ワザ:はっぱカッター / 上必殺ワザ:つるのムチ
    • 「タネマシンガン」は『ルビー・サファイア』以降、わざマシンで覚えることができる。「はっぱカッター」と「つるのムチ」はレベルアップで覚えることができる。

主な登場作品[編集]

他多数

外部リンク[編集]


ファイター(シリーズ統合)
64 マリオ - ドンキーコング - リンク - サムス - ヨッシー - カービィ - フォックス - ピカチュウ - ルイージ - ネス - キャプテン・ファルコン - プリン
DX クッパ - ピーチ - アイスクライマー - シーク - ゼルダ - マルス - ピチュー - ガノンドロフ - ドクターマリオ - ファルコ - ミュウツー - ロイ - こどもリンク - Mr.ゲーム&ウォッチ
X ピット - ワリオ - ゼロスーツサムス - アイク - ポケモントレーナー ( ゼニガメ - フシギソウ - リザードン ) - ディディーコング - メタナイト - スネーク - リュカ - ソニック - デデデ - ピクミン&オリマー - ルカリオ - ロボット - トゥーンリンク - ウルフ
for むらびと - ロックマン - Wii Fit トレーナー - ロゼッタ&チコ - リトル・マック - ゲッコウガ - Miiファイター - パルテナ - パックマン - ルキナ - ルフレ - シュルク - ブラックピット - クッパJr. - ダックハント - リュウ - クラウド - カムイ - ベヨネッタ
SP インクリング - デイジー - リドリー - シモン - リヒター - クロム - ダークサムス - キングクルール

テンプレート:ポケットモンスターシリーズ