【おしらせ】スマブラ for 3DS/Wii UまとめWikiはシリーズ全体を統括するサイトに拡張しました。
現在各ページを『スマブラfor』からシリーズ全体に拡充するための総合化の編集をしております。
詳しくは、大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U まとめWIKI・シリーズ統合Wiki化‎をご覧ください。

亜空の使者

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
移動先: 案内検索
執筆の途中です この項目「亜空の使者」は、まだ書きかけの項目です。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています。
ロゴ。

亜空の使者とは、『スマブラX』にあるゲームモードで、『スマブラDX』における「アドベンチャー」に相当する、本作を代表するゲームモード。正式名称は、『大乱闘スマッシュブラザーズX ~亜空の使者~』(英題: Super Smash Bros. Brawl:The Subspace Emissary)。2人協力プレイに対応している。

概要[編集]

「亜空の使者」は、『スーパーマリオ』や『星のカービィ』のように横スクロールステージを中心に進めていくモードで、そのステージ数は31面もあり、製作者が言うように「横スクロールアクションゲーム1本分」に相当する大ボリュームとなっている[1]。このモードではほぼ全員のファイターを操作する機会があり、このモードのクリアが、隠しキャラクターを早くそろえるのに良い効率のやり方の一つでもある。

操作方法は他のモードと変わりないが、移動能力を筆頭にある程度性能調整されている(#他のモードとの違い)。

シールによるファイターの強化や、専用アイテムのスマッシュプレートで敵キャラをフィギュアに変えるなどのやりこみ要素など、ロールプレイングゲーム的な要素も多い。

ストーリー[編集]

公式サイトにおいて"この世界"と呼ばれる場所が舞台。戦うことしか知らない、そして戦うことで存在できるフィギュアたちで成り立った世界。その規律の破ろうとする未知の軍勢"亜空軍"に立ち向かう。最初はマリオカービィしか選択できないが、ファイターたちが合流したり衝突したりしながら集結して、物語は進んでいく。

本モードは現在のところ、『スマブラ』で唯一となる、公式による明確なストーリーが用意されたモードとなっている。

ストーリーには幾つか分岐要素があり、操作するファイターが変わったり、ムービーでのファイターの立ち位置が変わるが、エンディングに変わりはない。

ステージ[編集]

亜空の使者のステージは全部で31個。ただしラストステージである大迷宮は特殊なステージで入口が4つある。
ステージの中に複雑なギミックのある長いステージからボス戦だけのステージまで様々。

亜空の使者のステージの場面場面をステップと言う。基本は操作ファイターを中心にカメラが動くが、ステップによっては強制スクロールやロックゾーンが発生する。

ステージは登場順に掲載。ステージ名に括弧がつけられているものは識別のためにつけたものでゲーム内には無い。

システム等[編集]

亜空の使者のストーリー

アイテム[編集]

ステージギミック[編集]

敵キャラ[編集]

やりこみ要素[編集]

他のモードとの違い[編集]

備考[編集]

脚注[編集]

  1. スマブラ拳!! (X):『亜空の使者』とは

外部リンク[編集]