メインメニューを開く

大乱闘スマッシュブラザーズWiki β

ソリッド・スネーク

ソリッド・スネーク
デビューメタルギア
(1987年7月13日/MSX2)
スマブラへの出演スマブラXスマブラSP

ソリッド・スネーク(Solid Snake)は、コナミのメタルギアシリーズに登場するキャラクター。

概要編集

『メタルギア』シリーズの主人公。身長182cm、体重75kg。職業は傭兵、もしくは元特殊部隊(FOXHOUND)隊員。

"ソリッド・スネーク"という名前はコードネームで本名はデイビット。ファミリーネームは不明。
1972年生まれで日本人とアメリカ人の血を引くとされている。IQは180で、6ヶ国語に精通している。
『メタルギアソリッド』の小説版によると2005年時点で33歳とされる。

銃器、近接戦闘、語学などさまざまな分野に長ける潜入工作のエキスパート。
スキューバダイビングや落下傘降下の技能も持っている。

通称「不可能を可能にする男」であり、過去3度にわたり、メタルギアと核兵器の脅威から世界を救った伝説の英雄。
目下、核搭載二足歩行兵器"メタルギア"撲滅のため、オタコンことハル・エメリッヒらと共に活動する。
ダンボール箱好き。敵の目を欺くためよくダンボール箱に隠れるため、「ダンボール箱に隠れているどっかの傭兵」と、他の作品で揶揄られる事が多い。
禁煙運動のせいで喫煙者が少なくなった、という設定の世界において、かなりのスモーカーらしい。任務中でも煙草が手放せないようだ。本人曰く「煙草はお守り」。また冷静沈着な皮肉屋だが、かなりの女性好きでその性格はサムスなどに対する無線会話にも現れている。

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ編集

シリーズ3作目の『スマブラX』に登場。2006年5月10日に『E3 2006』で参戦が発表された。隠しキャラクターとして登場している。

コナミからのゲスト参戦。シリーズ初のゲストキャラクターであるスネークの参戦の経緯は、『スマブラDX』の完成時に、スネークの生みの親でスマブラのファンの小島秀夫が桜井政博にスネークの参戦を希望したことから始まる[1]。『スマブラX』でスネークの参戦が企画されてから決定するまでには、権利などの交渉や議論が1年近く続き、最終的に各方面から認められ参戦が決定した[2]。他社のキャラクターが参戦すること自体についての任天堂の見解は、「桜井政博に任せる」「滅多にないお祭りなので、より盛り上がって、より広がりが出たほうがいい」ということで難なく纏まった。


デザインは『MGS2』のスニーキングスーツ、そして『MGS3』のネイキッド・スネーク[3]の顔立ちと迷彩服をベースとしており[1]、"ソリッド・スネーク"として参戦しているが、『メタルギア』シリーズの各主人公の要素が散りばめられている。食べ物系アイテムを取得したときに時々「うますぎる!」「もっと食わせろ!」というセリフを発するときがあるが、これもネイキッド・スネークのみに見られる特徴である。

日本版での声は原作同様、大塚明夫が務める。


コンセプトは「豊富な重火器」[4]。主にCQCと呼ばれる格闘技と、重火器を用いて戦う。原作ではナイフや実銃も多用するが、スマブラでは他キャラクターとの絡みの配慮や[1]、一般人が手に入れる可能性のある凶器は使わないという方針により、[5]、使わない。重火器も爆発がリアル・残酷に見えないように、冗談で済まされるように工夫されている[1]。下スマッシュ攻撃の地雷のデザインが開発中に本物っぽいものからオモチャっぽいものに変更された経緯もある。

敵に見つからないようにコソコソ動くことが重要なことや、ジャンプ操作がないという原作のゲーム性を体現し、そのゲーム性を体現して各種運動性能は低く、特にジャンプ力など空中関係の移動性能は極端に悪い。そのかわり、コソコソ動いているときに繰り出せる攻撃の弱攻撃や強攻撃は高性能で、うまく操ろうとするほどコソコソした戦法になるようになっている[6]

また、ステージ"シャドーモセス島"ではスマッシュアピールをすることで無線通信をし、『MGS1』に登場した人物と共に対峙するファイターについて会話をする。これは『スマブラfor』のピットに継承されている。

公式イラスト編集

亜空の使者編集

"戦艦ハルバード"に潜入しており、ダンボールから出て調査を始める。
途中、侵入してきたメタナイトルカリオから身を隠すためダンボールに入るが、ルカリオの波導(気やオーラ)を感じる力に見破られてしまう。
あっけなくバレてしまったが、ルカリオはスネークが敵ではないことを感じ、追ってきた亜空軍を対処するためメタナイト達とともに戦う。

このルカリオに気付かれるシーンで出る!マークと効果音は『MGS』シリーズで敵に見つかった時の警告表示である。

ゲーム中の解説編集

[X フィギュア名鑑] ソリッド・スネーク
元FOXHOUND部隊隊員で、IQは180、6カ国語に精通。いかなる状況下におかれても任務をまっとうする潜入任務のスペシャリスト。そのため、“伝説の傭兵”や“不可能を可能にする男”などの名称で呼ばれるに至る。3度にわたって世界を核搭載型二足歩行戦車メタルギアの魔の手から救った。
  • メタルギア ソリッド
  • (GC) メタルギア ソリッド・ザ・ツインスネーク
[X フィギュア名鑑] グレネードランチャー
ヘリコプターについたハシゴにつかまって画面の手前に登場。画面奥のフィールドに向かってグレネードランチャーを発射する。着弾で爆発、周囲を巻き込む。ランチャーの総弾数は6発。途中でグリップを使って弾を装填する様が見られる。最大12発発射可能だが、一定時間が経過して終了するので撃っておいた方がおトク。
  • (Wii) 大乱闘スマッシュブラザーズX

動作などの元ネタ編集

ワザ編集

  • 弱攻撃:ジャブ→ストレート→ローリングソバット
    • 『MGS2』のモーションとほぼ同じ素手攻撃。
  • ダッシュ攻撃: 前転
    • 『MGS2』以降でおなじみの跳びこみ前転。
  • 横強攻撃:膝蹴り→ハンマーナックル
    • 『ツインスネークス』のサイボーグ忍者戦デモムービーに似たような動作がある。
 
▲膝蹴りと見せかけて実はスネで蹴っている。ハンマーナックルは構える向きが異なり、ふっとばさないでその場にとどめるために使った
  • 下強攻撃: 匍匐攻撃
    • 『MGS3』において、倒れていたネイキッド・スネークがザ・ボスに寝たまま攻撃を加えようとした際の動きと似ている。ザ・ボスにはあっさりかわされた。
  • 横スマッシュ攻撃: ロケットランチャー(正式名称: RPG-7)
    • 『MGS3』、『MPO』、『MGS4』に登場する重火器で、シャゴホッド、戦闘ヘリなど大型兵器を破壊する際に必要な武器。
    • 余談だがRPG-7は厳密に言うとロケットランチャーと言うよりは無反動砲に分類される。
    • スマブラのように地面に向けて撃つのは自殺行為(致命傷を喰らう上に爆音で敵に発見される)。
  • 上スマッシュ攻撃: 迫撃砲
    • 『MGS4』の序盤に登場。原作では携行こそできないものの、高威力・広範囲かつ弾数無限の強力な兵器である。
    • ちなみに自分の真上に撃つのは自殺行為。
  • 下スマッシュ攻撃: マイン
    • 地雷のデザインは、初代『メタルギア』のもの。開発中はもっと本物っぽいデザインだった。
  • つかみ、つかみ攻撃: 締め付け / 前投げ: 投げ倒し / 下投げ: 拘束解除
    • 『MGS1』『MGS2』で敵兵に可能な攻撃動作。
    • (ナイフを使わず、かつ)片手で掴みにかからない、拘束方法が違う事などから、『MGS3』以降のCQCではない。
  • 通常必殺ワザ: 手榴弾
    • 『MGS』シリーズではグレネードと呼ばれている。
      ピンを抜くと投擲姿勢になり、ボタンを離すと投げる。スマブラもこれと同じような操作方法。
    • 原作の『MGS』1、2ではスマブラ同様持っているだけで数秒で自爆するが、『MGS3』からは投げないと信管が作動しなくなっている。
  • 横必殺ワザ: リモコンミサイル (通称: ニキータ)
    • 発射時の「ピピッ」という音声は『MGS2』とほぼ同じもの。ミサイルを一定時間操作しないでおくと加速する仕様は『MGS1』から。
  • 上必殺ワザ: サイファー
    • 『MGS2』で飛んでいる飛行型偵察カメラ。普通は敵として登場し、ガンサイファーという機銃の付いたモデルもある。
  • 下必殺ワザ: C4爆弾
    • 『MGS』1、2、4等に登場する、敵施設を破壊できるプラスチック爆弾。『MGS2』では各地に仕掛けられたC4を処理するイベントも存在する。
      スマブラに近い要領で敵兵の背中にC4をくっつけることが出来る。
    • たまに蝶型になるのは『MGS3』のC3爆弾関連のデモムービーから。「今度は逃がさない!」
  • アピール
    • 『MGS』シリーズでおなじみのダンボール。隅でかぶっていれば何故か敵の目を欺いてやり過ごせる。ただし敵兵の目の前で動いたり変な所でかぶったりしているとばれる。
    • スネークはダンボールに異様な愛着がある。
    • ダンボールのデザインはロゴとタイトルが印字されたスマブラオリジナル。なお、『スマブラX』でのアピールはすべてこれである。
  • 無線通信
    • 『MGS』シリーズで無線を聞く場面が描写されたときと同じポーズになる。しゃがんでこめかみ付近に手を当てる。
    • メッセージウィンドウのキャラの顔グラフィックは『MGS1』仕様。
    • 実際はその間は無線の番号などのみが表示され、メッセージは下に出る。
    • 会話の内容はサイコ・マンティス(『MGS1』の中ボス、人の心を読む能力に長ける超能力者)、オセロット(『MGS』全シリーズに登場し影で暗躍する敵役、銃と拷問のスペシャリスト)など原作に登場した人物の名前や、恐るべき子供達計画(最強の兵士のクローンを作成する計画)、「らりるれろ」("愛国者達"という組織名の隠語…というより『MGS』世界の要人は「愛国者達」と喋ろうとすると体内のナノマシンによって舌がもつれてしまいこうなる)など、原作を知らないとわからないマニアックな内容がちらほら。ただ「らりるれろ」のインパクトは初めて見る人にはかなり強烈。

その他編集

  • しゃがみ / しゃがみ歩き
    • 『MGS』シリーズおなじみの匍匐、および匍匐前進。ただしスマブラではサイドビューでの見栄えを重視して[7]原作と違い右肩を上げている。
  • ガケつかまり
    • 『MGS2』以降におけるエルード(ぶらさがり)。両手で崖につかまっている。『MGS1』でも崖につかまる場面はあるが、こちらは片手である。
    • 『MGS』シリーズの多くは、エルード中は握力ゲージを消費し、これが切れるとスマブラ同様に手を離す。
  • 画面内登場
    • 『MGS2』のOP。着地の衝撃でステルス迷彩が壊れた、というもの。
    • 登場する時の台詞「待たせたな」はソリッド・スネークの有名な台詞。
  • 食べ物アイテム取得時
    • 時々「うますぎる!」「もっと食わせろ」と呟くが、この台詞の元ネタは『MGS』1・2のソリッド・スネークではなく、『MGS3』の主人公ネイキッド・スネークが最高に美味い食料を食べた時に発する台詞である。
  • 無線通信に登場する人物
    • 『MGS1』で登場したテロリスト鎮圧作戦の関係者で、原作では彼ら以外の人物も登場する。なお、通信中にスネークが撃墜された時の叫びは、『MGS』シリーズでゲームオーバーになった際の無線通信の再現。
      • ロイ・キャンベル
        元アメリカ陸軍軍人で旧FOXHOUND司令官。スネークからは大佐と呼ばれている。日本版での声は原作同様、青野武が務める。
        『MGS1』時点では退役していたが、シャドーモセス事件発生により現場へ復帰し、かつての部下であり友人でもあるスネークを呼び戻して作戦遂行を依頼する。基本的に相手の情報や所属、特技などを教えてくれるのだが、ルイージを対象にした通信では「永遠の二番手」「日陰者」「兄に勝る弟などいない」とやたら酷く罵ったあと、「らりるれろ!らりるれろ!らりるれろ!」と発狂している。「らりるれろ」については上述の通り、「愛国者達」という単語を喋ろうとすると体内のナノマシンの作用により、強制的に「らりるれろ」という言葉に置き換えられ、名称を口にすることもできなくなってしまう故の事である。『E3 2006』のムービーでは彼がスネークにスマブラ参戦への招待状が来たことを知らせる。
      • オタコン
        本名ハル・エメリッヒ。兵器開発の天才。日本版での声は原作同様、田中秀幸が務める。
        メタルギアの演習参加中にFOXHOUNDの蜂起に巻き込まれ、最終調整のために協力を強いられていた。スネークと合流後は、無線で彼をサポートするようになる。オタコンという愛称は、実在するアメリカのオタクイベント『オタク・コンベンション』の略称であり、彼がその常連であることに由来する。カービィを危険な生物だと思い込んでいるほか、キャプテン・ファルコンを対象にした通信では必殺ワザをスネークと共に叫んでくれる場面があるが、これは担当声優の田中秀幸がアニメ『F-ZERO ファルコン伝説』でファルコンの声を担当していた事に由縁する。なお、スマブラでのファルコンの担当声優は堀川りょうでアニメとは異なる。
      • メイ・リン
        中国系アメリカ人の現役学生。画像・データ処理の専門家。日本版での声は原作同様、桑島法子が務める。
        『MGS1』では彼女に無線をすることでセーブすることができるが、特定のシーンで失礼なことをするとセーブしてくれないことも。スネークが使用するソリトンレーダー(スネークの周囲の敵の位置とその視界、地形を表示するレーダー)や無線機の開発者で、中国の故事・諺に詳しい。『MGS1』では最年少の10代であり、ピーチについてスネークが「二度とさらわれないように警備を強化したほうがいい」と現実的な事を発言した際に呆れたり、ピカチュウをゲットしてきてほしいと懇願するなど、子供らしさが出ている。

主な登場作品編集

任天堂ハードで発売されている作品を記述する。

他多数。 公式のシリーズ一覧

備考編集

 
『スマブラX』での旧・公式絵。
  • 『スマブラX』の公式サイト「スマブラ拳!!」が公開された当初にスネークのページに載せられていた公式イラストは、後に「スマブラ拳!!」がリニューアルした際にピットと共に差し替えられた。差し替えられたイラストとはポーズが異なっている。


脚注編集

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 桜井政博のゲームについて思うことDX VOL.155
  2. HIDECHAN! ラジオ 第86回 (06.07.14) - 13分20秒付近。
  3. 『MGS3』の主人公。"ソリッド・スネーク"とは別人だが、顔は似ていて声優も同一人物。後の"ビッグ・ボス"」。
  4. 桜井政博のゲームについて思うことDX 2ページ
  5. 宮本&桜井氏のトークから、最新作『スマブラ』を探る【動画を追加】 - ファミ通.com
  6. 2008年2月29日ファミ通増刊号「直撃!!桜井政博さんインタビュー 新規参戦キャラクターについて聞く後編
    原作のスネークはジャンプしませんし、基本的にコソコソ動くため、あまりスピーディに動かず、ジャンプ力も最低という設定にしようと思いました。とにかく、地道だけど効くというバランスに徹していて、うまく操ろうとするほどコソコソした戦法になるような。たとえば手榴弾を置き逃げしたり、C4爆弾をこっそり仕掛けるといった戦法ですね。ただ、動きが遅い分は破壊力を大きくしてあります。
  7. 桜井政博のゲームについて思うことDX 2ページ
    “注目はホフク。オリジナルは肩も地面につけるものですが、『スマブラ』では見た目重視で、右肩を上げます”

外部リンク編集