【編集に関する重要なおしらせ】ファイターページの編集について、編集者のご協力をお願いします。
詳しくは、大乱闘スマッシュブラザーズWiki:編集ガイドライン/ファイターページの編集‎をご覧ください。

【おしらせ】『スマブラ64』『スマブラDX』『スマブラX』のコンテンツ記事を加筆してくださる協力者を求めています。
詳しくは、大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U まとめWIKI・シリーズ統合Wiki化‎をご覧ください。

対戦ルール

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
移動先: 案内検索

スマブラ』は様々な対戦ルールで遊ぶことができ、4人で入り乱れて戦うか1対1で勝負するか、ポイント制かストック制か、アイテムは使えるか使えないかなどといった様々な設定ができる。それに加えて制約が少ない自由度の高いシステムなため、プレイヤーの工夫次第で様々な遊び方ができる。このことから開発者はしばしば『スマブラ』のことを「遊び道具」[1]や「遊び場」[2][3]と形容しており、用意されているものに囚われ過ぎずに遊んでほしい」と述べている[4]

なお、オンライン対戦の「だれかと」では対戦ルールが固定されている。

対戦形式[編集]

2つの形式があり、これはキャラクターセレクト画面で変更できる。

大乱闘
各個人が独立し、入り乱れて戦う。
チーム戦
個人または複数人で組まれたチーム同士で戦う。2対2は勿論のこと、3対1、2対1、2対1対1など変則マッチも可能。

ルール[編集]

以下の対戦ルールがあり、時間切れなどで決着が付かなかった場合は、サドンデスで勝者を決める。

タイム制[編集]

任意に決めた対戦時間が過ぎるまで戦うルール。「相手を撃墜した回数 - 自分が撃墜されたまたは自滅した回数」で点数が計算され、最もポイントの高かった者が勝利する。通常、撃墜スコアは試合が終わるまで確認できない。チーム戦の場合は、そのチームに所属しているプレイヤーの得点の合計点で競う。

自滅とは、相手ファイターの攻撃を一度も受けず(撃墜点を取る権利が誰にも行かないまま)に場外に出ること。自ら場外に出る以外にも、いきなりステージの仕掛けやアイテムの爆発などに巻き込まれて復帰できなかった場合でも該当する。#チームアタックありのルールで味方を攻撃後、その味方が落下してしまった場合も自滅として扱われる。 自滅点は「-1」だが、#追加ルールの自滅点で得点を変えることが可能。 なお、得点を得るプレイヤー(≒自滅になるかどうか)の判定は、初代~DXでは攻撃されたプレイヤーが地上に戻ると一旦リセットされるが、X以降では1度でも攻撃判定に触れると、その後一度撃墜されるまで、チームアタックを受ける以外に自滅判定をされることはなくなる。

ストック制[編集]

各者に初期値一律のストック数を設定して戦うルール。設定回数分ミスした者から脱落となり、最後に残った者(チーム)が勝利する。『スマブラDX』以降ではオプションで時間制限を設けることも可能。

誰かとチームを組んでいる場合は、自分のストックが無くなって脱落しても、仲間のストックを一つ分けてもらって復活することが可能。詳しくはチーム戦#ストックをもらうにて。

コイン制[編集]

『スマブラDX』以降に登場。任意に決めた対戦時間が過ぎるまで戦うルール。相手に攻撃をヒットさせた時や撃墜したときに出現するコインを多く集めた者(チーム)が勝利する。

評価制[編集]

『スマブラDX』のみのルール。任意に決めた対戦時間が過ぎるまで戦うルール。

最大の特徴は、「1分間ダメージなし」「3連続同じアイテム」「空中攻撃全種類」「まっさきにヒット」「ミュウをゲット」「(タイム制準拠の撃墜点順位が)ビリだった」「ワンパターン戦法」など、対戦内容に応じて生じるスペシャルボーナスの加減点で総点数が計算され、そのスコアの高さで順位が決まることである。 単純に相手を倒す事以上にボーナスを狙った行動をすることが重要である。もちろん相手を倒しまくるのも戦術ではある。

ルール設定[編集]

  • 一部のルールは隠し要素となっており、特定の条件を満たすと利用可能になる。それらは以下の表中では●で表記する。

設定できる項目[編集]

ルール 説明 64 DX X 3DS Wii U
制限時間 / ストック数 ストック制以外では制限時間、ストック制ではストックが表示される。制限時間は1分~99分までの1分刻みまたは∞分(なし)、ストック数は1個~99個まで設定できる。
ハンデ 『64』『DX』:攻撃を受けた時のふっとびの強さを変える。
『X』以降:対戦開始時の蓄積ダメージの量を変える。

オートに設定すると、前の試合の結果に応じてハンデが付けられる。
ふっとび率 攻撃を受けた時のふっとびの強さを変える。
ステージ選択 ステージの選択をランダムをするなど、選ばれ方を決める。
アイテムスイッチ 出現するアイテムの頻度や、出現の有無を設定する。
カスタマイズ カスタマイズキャラの使用の有無を設定する(この項目をOFFにしても、Miiファイターは必殺ワザのセットのみ適用された状態で参加可能)。 × × ×
  • 64アイテムスイッチは、対戦回数が100回を超えると出現。

追加ルール[編集]

『スマブラX』と『スマブラ3DS』では、対戦での総撃墜数が200回を超えると利用可能になる。

追加ルール 説明 64 DX X 3DS Wii U
ストック制制限時間 ストック制乱闘ルールに、制限時間を付ける。 ×
チームアタック チーム戦で、攻撃が味方に当たるようにすることができる。
ポーズ機能 試合中にポーズができないようにすることができる。大会などに向いたルール。 ×
スコア表示 タイム制乱闘で、試合中に得点を表示することができる。 ×
ダメージ表示 画面下の蓄積ダメージ表示を消すことができる。 ×
自滅点 タイム制で自滅した時に引かれる点数を「-2」にできる。大会などに向いたルール。『スマブラDX』のみ「0」にすることも可能。 ×
ランダムステージスイッチ ステージの選択が「ランダム」だった時に選ばれなくなるステージを決めることができる。 ×
  • DXスコア表示は、対戦での総撃墜数が5000回を超えると出現。
  • ランダムステージスイッチは、すべての隠しステージが利用可能になると出現。

ルール設定の詳細[編集]

ハンデ[編集]

[icon] この節の加筆が望まれています。

『スマブラ64』『スマブラDX』と、『スマブラX』以降でシステムが異なる。

64・DX[編集]

攻撃を受けた時のふっとびの強さを変える。

設定値は1~9で、数値が大きいほど吹っ飛ばされやすくなる。初期値は5。

X以降[編集]

対戦開始時の蓄積ダメージを増やす。最大で300%まで上げることができ、疑似的にサドンデスを再現することも可能。

設定値は、『スマブラX』では0から十の位で、『スマブラfor』では0%,10%,20%,30%,40%,60%,80%,100%,125%,150%,200%,300%で決められる。「ハンデあり」にして自分で蓄積ダメージを決めるときも同じ。

ふっとび率[編集]

『スマブラ64』と『スマブラDX』以降で設定の表記が異なる。『スマブラ64』ではパーセンテージで50%~200%、『スマブラDX』では倍率で0.5倍から2.0倍までの幅で設定できる。

ステージ選択[編集]

64[編集]

ON/OFFのスイッチがあり、OFFにするとステージがランダムで選ばれる。

DX以降[編集]

以下の他にも、『スマブラfor』からは終点化ステージ用のランダムとじゅんぐりの項目がある。

  • あり(DX) / 毎回えらぶ(X以降):全員が自由にステージを選択できる。『スマブラ3DS』のローカル通信では多数決で選ばれる。
  • ランダム:ステージセレクトを行わず、適当に選ばれる。
  • じゅんばん:複数のプレイヤーで遊ぶ時用の項目。1P,2P,3P,4P……と、試合ごとに順番にステージを選ぶプレイヤーが変わる。
  • じゅんぐり:ステージセレクトを行わず、決まった順番でステージが送られる。順番は、ステージセレクト画面の左上にあるステージから。
  • 敗者がえらぶ:「みんなで大乱闘」用の項目。前回の試合で最下位だった人がステージを選べる。
  • 3DS親がえらぶ:『スマブラ3DS』のローカル通信用の項目。「あたらしくゲームをはじめる」で参加者を募集した人だけがステージを選べる。

アイテムスイッチ[編集]

アイテム全体の出現頻度は、『スマブラDX』までは6段階、『スマブラX』以降は4段階の頻度で設定可能。『スマブラ3DS』のみ出現頻度を決める項目はなく、アイテム出現の有無を決める項目がある。

『スマブラDX』までは、キャリアアイテムのスイッチはない。『スマブラX』からは「キャリア」の項目に一括りされてある。

『スマブラ64』のミドリのこうらアカのこうらは、「カメのこうら」の項目に一括りされている。

チームアタック[編集]

味方を撃墜したファイターはその分が自滅数として減点されるため、仲間をサポートするのも慎重にならざるを得なくなる。

普通はデメリットでしかないが、吸収ワザを能動的に発動する、あえて攻撃することで落下から救い上げるなどといったチームアタック独特の協力プレイを取ることが可能になる。ファイター単体で限ったものでいえば、カービィの「すいこみ」でチームを組んだファイターのコピー能力を得ることもできる。

ポーズ機能[編集]

制限時間なしのルールでポーズを「なし」にすると、ゲームを終了するしか止める方法がなくなってしまう。

『スマブラX』以降のインターネット対戦、『スマブラ3DS』のローカル通信では「なし」固定で変更できない。

ダメージ表示[編集]

どれだけダメージを受けているかわからなくなるが、『スマブラfor』以降は蓄積ダメージ100%以上になるとほかほか状態になるので、多少は見た目でも判別可能。

ちなみに、『スマブラ3DS』のみ、オプション設定で常にダメージ表示を消すことができる。

ランダムステージスイッチ[編集]

ステージセレクト画面でランダムを選んだ時、#ステージ選択ルールが「ランダム」の時以外にも、「じゅんぐり」にも適用され、スイッチが「OFF」になっているステージは飛ばされて次のステージが選ばれる。

ステージ作りで作ったステージのスイッチも変えることができる。初期設定は、『スマブラX』ではOFF、『スマブラWii U』ではON。なお、『スマブラWii U』の8人乱闘では「作ったステージ」は選べず、8人乱闘でスイッチを「作ったステージ」のみにした場合は、"戦場"が選択されるようになっている。

ステージ全体の有無を決めるスイッチがあり、押すとそれらすべてのステージのON/OFFが切り替わる。
さらに『スマブラX』では通常ステージ、DXステージ全体のスイッチがある。
『スマブラfor』では終点化ステージ用のスイッチがあり、通常ステージとは別に切り替えることができる。

脚注[編集]

  1. スマブラ拳秘伝ビデオ - YOUTUBE 21分30秒付近
  2. ほぼ日刊イトイ新聞 - 樹の上の秘密基地
    “いわば遊び場みたいなものですよ。他のソフトによく、小説とか映画のような、というたとえ方がありますけど、これは例えるなら、砂場とか原っぱ、ですね。”
  3. 速報スマブラ拳!! : アンケート集計拳!!
    “スマブラは、自分は遊び場を提供しているつもりでいます。そこで何をして遊ぶのかは、ユーザー次第。工夫すればするほど、楽しめると思いますよ。戦って結果出すだけがスマブラではなし。”
  4. スマブラ拳秘伝ビデオ - YOUTUBE 24分付近