【おしらせ】URLが変わりました。早めにブックマークの変更をお願いします。

シンプル

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U まとめWIKI
移動先: 案内検索
3DS版戦士の天秤。
Wii U版戦士の天秤。
スロット式の報酬選択。
ボタンを押して止めることもできる。

シンプル(Classic Mode)とは、順番にCPUと闘い、勝ち抜いていく1人用モード。3DS版とWii U版とではゲームの進行が大きく異なるが、CPUを倒していき最後にマスターハンドと戦うという大まかな内容や、難易度設定の仕様などは共通している。
クリアすると使用したファイターのフィギュアが入手でき、クリアイラストを完成させるミニゲームを兼ねたスタッフロールと、クリアムービー(Wii U版のみ)を見ることができる。

戦士の天秤[編集]

ファイターを選ぶと、ゲームを始める前に戦士の天秤に賭けるゴールドを決める。今作では賭けたゴールドの多さによって、クリアしたときに手に入る報酬の量や質が良くなる仕組みとなっている。また、一定以上のホンキ度だと最終戦で戦うボスに変化が現れる。

難易度を意味する「ホンキ度」は0.0~9.0までで、0.1刻みで調節できる。標準となるホンキ度は2.0で、それ以外ではゴールドが必要。

ゲームオーバーになってしまうと、獲得ゴールドが減らされ、報酬の一部が没収されてしまう。コンティニュー時には強制的にホンキ度が0.5下げられ(2.0以下にはならない)、スコアも半分になるが、ホンキ度が下がる分クリアしやすくなる。

このシステムは『新・光神話 パルテナの鏡』で用いられた“悪魔の釜”が基になっている。

ホンキ度 必要G
0.0 ほぼ無敵 100
1.0 楽勝 50
2.0 標準 0
3.0 強め 80
4.0 挑戦的 200
5.0 激アツ 350
6.0 地獄級 550
7.0 昇天必至! 800
8.0 最大最強!! 1250
9.0 空前絶後!!! 2200

ルール[編集]

CPUとさまざまなシチュエーションで乱闘して勝ち進んでいく。
前作ではある程度決められた対戦形式の乱闘を勝ち抜くスタイルであったが、自分でどの難易度の乱闘に挑戦するかをある程度決められるようになった。

一回の乱闘でのストックは2個。これによって、一試合に一回はミスしてもよいこととなっている。
全てのステージ共通で5分の制限時間があり、時間切れになると負けと同じ扱いとなる。
最終戦を除く全てのステージでアイテムが出現するが、スペシャルフラッグは出現しない。

報酬は、ゴールドフィギュアカスタマイズパーツ、クレイジーサイド入場チケット(Wii Uのみ)の4種。
対戦開始前のイントロ画面で決められるほか、3DS版はルートマップを進む途中で、Wii U版は報酬を持ったファイターを倒すことでも入手できる。
勝利すると報酬がストックされ、最後までクリアするかゲームオーバーになると獲得することができる。途中で中断すると報酬は手に入らないので注意。

対戦形式[編集]

敵を全滅する軍団戦と最終戦がある面以外では、以下の対戦形式のいずれかになる。

  • バトルロイヤル - 自分を含めた4人(Wii U版は最大8人まで)が乱闘し、最後まで生き残ればクリアとなる。
  • 1on1 - 純粋な1対1の勝負。相手を1回撃墜すればクリア。
  • チーム戦 - 味方と組んで敵チームと戦う。味方が生き残っていても自分のストックが0だと負けとなってしまう。3DS版は味方のAIレベルはホンキ度に比例しており、高いほどレベルが低くなる。Wii U版ではこれまでに撃墜したファイターから味方を選ぶことができる。また、2対2だけでなく、3・4チームが入り乱れる形式にもなる。
  • ジャイアント戦 - 3DS版のみ。巨大化した相手と戦う。2面と3面で当たった場合は味方が1~2人付く。
  • メタル戦 - 3DS版のみ。メタル化した相手と1対1の勝負。

3DS版[編集]

公式 きょうの1枚 2014年08月25日b.jpg
  • 4面+軍団戦+最終戦の全6ステージ構成

難易度によって枝分かれしたルートマップを進んで対戦相手を決める。道中ではゴールドやフィギュアが置かれていることがある。

マスの上にはシンボルが描かれており、そこから次の対戦相手やステージをある程度予測できる。
ホームステージを持たないロボットWii Fit トレーナーは、バルーンファイト子犬がいるリビングすれちがい伝説トモダチコレクションピクトチャット2の中から選ばれる。

難易度は青<緑<赤。難易度が高いルートほど道中に報酬が置かれる傾向にある。
軍団戦では難易度が2択になり、謎のMii軍団10体か同じファイター10体が対戦相手になる(両方とも謎のMii軍団になる傾向が高い)。
最終戦は青と、ホンキ度3.0以上で出現する黒の2つ。ホンキ度8.0以上の場合は黒ルート一択となる。

Wii U版[編集]

公式 きょうの1枚 2014年10月29日a.jpg
公式 きょうの1枚 2014年10月29日b.jpg
  • 3面+2面+軍団戦(謎のMii軍団20体)+最終戦の全7ラウンド構成。2人協力プレイ対応。

武闘会風のボードの中央に置かれる自分のファイターのフィギュアを動かし、ボード上の相手ファイターのフィギュアに触れると対戦がはじまる。
ちなみに、ボードの背景はホンキ度が高いほどが過酷なものに変わっていく。

ボード上の相手ファイターのフィギュアは1~7人ごとのグループに分かれており、その中の誰かに触れるとそのグループとの対戦になる。
対戦ステージはボード上のグループの足下に描かれている。カスタマイズパーツはそのステージをホームとするファイターにまつわるものが出やすい。

ラウンドをクリアする度に、乱闘に敗れたフィギュアはボード上から退場する。自分と戦っていない他のグループ内のファイターも一部が退場され、次のラウンドで選べるグループの数が絞られていく。

1~3ラウンドの敵ファイター全てが退場すると、色違いのカスタマイズキャラが途中参戦し、4~5ラウンドはこれらと進行していく。
6面の軍団戦と7面の最終ボス戦はボード上のフィギュアを動かさずに即座に開始される。

相手ファイターのフィギュアの中には、報酬を持っている個体もいる。そのファイターを自分か味方が撃墜できれば持っていたアイテムを獲得できるが、自分か味方以外が撃墜した場合は獲得できない。
後述のライバルと乱入者は必ずアイテムを持っている。謎のMii軍団とボスはアイテムを持っていない。

ゲーム開始時には必ず「ライバル」となるファイターが1人いる。ほかの相手よりも強く、ラウンドが進む度に強化されていくが、得られる報酬も増えていく。自分と直接対決になるまで生き残るが、ごくまれに退場する場合がある。

ボード上で相手フィギュアと接触して対戦画面に変わる直前、乱入者がグループ内のライバル以外の誰かを退けて出現する場合がある。乱入者は必ず巨大化またはメタル化状態。乱入者は1人だが、まれに2人出現することがある。

チーム戦になった場合、これまでに撃墜したファイターの中から味方を選出する。撃墜したファイターが1人もいない時にチーム戦は発生することはない。

2人プレイの場合、2人で1つのフィギュアとなって動く。ライバルは自分と同じようにタッグを組んでいる。クリアすると2人が使ったファイターのフィギュアを同時に入手できる。スタッフロールのイラストとクリアムービーは1Pのファイターの物が優先される。