【おしらせ】URLが変わりました。早めにブックマークの変更をお願いします。

リザードン (3DS/Wii U)

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U まとめWIKI
移動先: 案内検索
執筆の途中です この項目「リザードン (3DS/Wii U)」は、まだ書きかけの項目です。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています。
曖昧さ回避 この項目では、『スマブラfor』のファイターとしてのリザードンについて説明しています。このキャラクターの原作での活躍、アクションの元ネタなどについては「リザードン」をご覧ください。
警告.png この項目には、まだ更新データVer.1.1.6以前のデータが記載されている可能性があります。更新データで最新のデータを確認してください。
リザードン
公式絵 4 リザードン.png
シンボル ポケットモンスター.png
種類基本キャラクター

リザードン(Charizard)は、『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U』で最初から使えるファイター


目次

ワザ目次

弱攻撃
ダッシュ攻撃
横強攻撃
上強攻撃
下強攻撃
横スマッシュ攻撃
上スマッシュ攻撃
下スマッシュ攻撃
ニュートラル空中攻撃
前空中攻撃
後空中攻撃
上空中攻撃
下空中攻撃

つかみ
つかみ攻撃
前投げ
後投げ
上投げ
下投げ
通常必殺ワザ
横必殺ワザ
上必殺ワザ
下必殺ワザ
最後の切りふだ
あおむけおきあがり攻撃
うつぶせおきあがり攻撃
転倒おきあがり攻撃
ガケのぼり攻撃
アピール


ファイター性能[編集]

速い走行速度と2回可能な空中ジャンプを持ち、機動力に優れる重量級のファイター。スーパーアーマーふっとび耐性の効果を持つワザも豊富で、多少なら強引に攻撃を通していくこともできる。

通常ワザは発生がやや遅く後隙も大きめだが、吹っ飛ばし力とリーチを高いレベルで兼ね備えたものが多い。中間距離での牽制に使える「かえんほうしゃ」の存在もあり、相手の差し込みに対する牽制能力はなかなかのもの。#弱攻撃#ニュートラル空中攻撃、「かえんほうしゃ」などを中心とした牽制主体の立ち回りには定評がある。

多段ジャンプと落下速度の遅さを活かし、フェイントをかけながら相手の空振りを誘ってその後隙を叩く戦法も有力。また、ダッシュスピードが速いため、相手を浮かせた際に相手の着地点に先回りしやすく、着地狩りの展開に持ち込めれば優位に立ちやすい。

乱戦においては「フレアドライブ」で離れた位置から混戦に突っ込んでいけることも強み。

牽制と着地狩りは水準以上にこなせるものの、優秀な飛び道具を持つ相手や素早い相手には得意の牽制が機能しにくく苦戦を強いられる。ブレーキ力ルイージに次ぐワースト2位で、ガード時のノックバックが大きくガードからの反撃が苦手。こちらの攻撃が届く間合いならばさほど問題はないが、ダッシュつかみの伸びが悪いため、機動力の割に大きく離されると反撃が困難になる。

それから、空中ジャンプが2回可能とはいえ、リザードン自身の空中制動は悪く、落下速度および空中横移動速度も遅いため、着地は弱い部類。リーチと判定は抜群なので、大した機動力を持たない相手なら、実力で大きく上回られていない限り着地は取られないが、空中攻撃の着地硬直が長いので機動力が高い相手にはかなり着地を取られやすい。

空中ジャンプ・空中回避を活用することはもちろん、「いわくだき」のアーマー効果で強引に着地したり、素直に崖に逃げたりするなど、着地にはひと工夫必要。他の重量級のファイターと同様、浮かされると連続で攻撃を受けるリスクが高いので、投げや浮かしワザに対しては細心の注意を払う必要がある。

平時は得意分野である中間距離での牽制を中心に立ち回り、スマッシュ攻撃や「フレアドライブ」などの撃墜ワザを当てる機会をうかがっていくことになる。


  • 長所
    • 体格に見合った重量があり、ほとんどのファイターよりもふっとびにくい。もちろん、ワザの威力もかなり高い。
    • 尻尾や翼を使った攻撃が多いため、リーチが長く攻撃範囲も広い。
    • 走行速度が速く、地上での優れた機動力を持つ。素早く相手との距離を詰めたり離したりすることができる。
      差し込みや着地狩りの場面においても威力を発揮する。
    • 空中ジャンプが2回できる。1回の上昇量はさほどでもないが、動きに幅を持たせることができる。
    • 多段ジャンプと落下速度の遅さのおかげで、復帰阻止およびメテオワザが比較的狙いやすい。
    • リーチの長い牽制ワザ(#通常必殺ワザ「かえんほうしゃ」)を持つ。
    • 上投げの吹っ飛ばし力が非常に高い。すり抜け床の影響を受けるので早期撃墜も狙える。
    • スーパーアーマーふっとび耐性の効果を持つワザを多く持つ。
    • 突進する#横必殺ワザ「フレアドライブ」による乱戦での撃墜能力および荒らし性能が高い。一部の飛び道具への対抗手段にもなる。
      また、「フレアドライブ」による横方向の復帰距離が長く、高速で移動するうえ、ふっとび耐性があるため、少なくとも移動中に妨害する手段は限られる。
  • 短所
    • 体が大きく攻撃に当たりやすい。飛び道具を掻い潜ることにも苦労する。
    • 当たり判定が大きいことに加えて、重量があるため、相手の連係や運びから脱出しにくい。
    • 攻撃の後隙が大きめ。発生も早いほうではない。特に撃墜ワザのリスクは大きめ。
    • 「フレアドライブ」は予備動作があるため見切られやすく、慣れている相手には手痛い反撃をもらいやすい。特に1on1では使いどころが難しい。
    • 遠距離戦に持ち込まれると力を発揮しにくい。飛び道具はあれど、射程距離は長くない。
    • 落下速度が遅い。着地するまでに時間がかかる。
      また、重量の割には上方向への耐性が低い。決定機をつかめずジリ貧になると競り負けることもしばしば。
    • 空中横移動が遅い。空中ではリーチに頼らないと攻め込まれ放題なので、機動力のあるキャラが相手だと迂闊に高く飛べない。
    • 空中攻撃の着地隙が大きい。リーチが長く、ショートジャンプから最速で出すことで隙が出ないワザもあるが、相手の機動力が高いとそれも通じにくいため、対地攻撃のリスクが跳ね上がる。
    • 複数回のジャンプができるわりには、縦方向の復帰距離は平凡。特にジャンプを消費した状態ではかなり弱い部類。
      (上必殺ワザに攻撃判定があり、スーパーアーマーもあるため、崖が上必殺ワザで届く範囲になれば妨害には強いのだが)

運動技能[編集]

ジャンプ回数 カベジャンプ カベ張りつき しゃがみ歩き
3 × × ×

前作からの変更点[編集]

前作では変則的なキャラチェンジファイターだったポケモントレーナーが繰り出す一匹であったリザードンが、独立した一体のファイターとして参戦。大きな体躯から繰り出す力強いワザはそのままに、新たな必殺ワザと最後の切りふだを得て大幅にパワーアップした。

重量級のパワーファイターでありながらフィニッシャーとしてはイマイチで乱戦が苦手だったが、今回新たに獲得した「フレアドライブ」で、パワーファイターの名に恥じぬフィニッシュ力を獲得した。「フレアドライブ」は、原作ゲーム同様に反動でダメージを受けるものの、判定・ダメージ・ふっとばし力・移動距離とどれも隙がなく、ふっとび耐性もあり高性能。移動距離が長く復帰ワザとしても使用するため、下手に乱用すると事故のリスクが増えてしまうものの、乱戦ではこのワザを連発しているだけで撃墜数を稼げるほどの荒らし性能がある。

持て余し気味だった空中ジャンプ2回による復帰力も、上必殺ワザ「そらをとぶ」と「フレアドライブ」により縦横ともに大幅に改善され、
どっしりと腰を落ち着けて戦いながら要所要所で爆発力が出るファイターになった。

  • ポケモントレーナーの3匹の手持ちポケモンのうちの1匹だった存在から独立した一体のファイターになった。
    • 下必殺ワザの「ポケモンチェンジ」が変更された。
    • 「草」属性に強く「水」属性の攻撃に弱いといった原作のタイプ相性を再現したシステムや、同じポケモンを使い続けていると疲れてワザの威力が落ちるといったスタミナシステムが廃止された。
    • これまでポケモントレーナーがポケモンを称えていた対戦勝利時の演出がすべて一新された。
  • 弱体化空中ジャンプ後にボタンを押しっぱなしで翼を広げて横に移動する「滑空」ができなくなった。
  • 強化体重増加: 110 ⇒ 116
  • 強化歩行速度上昇: 0.7 ⇒ 1.2
  • 強化走行速度上昇: 1.8 ⇒ 2.0
  • 弱体化ブレーキ力低下: 0.055 ⇒ 0.04
  • 弱体化空中横移動最高速度低下: 0.987 ⇒ 0.92
  • 落下最高速度上昇: 1.35 ⇒ 1.4
  • 弱体化その場回避と前方・後方回避の無敵F減少: 2F-20F/4F-19F ⇒ 3F-18F/4F-18F [その場/前方・後方]
  • 弱体化その場回避の後隙増加: 25F ⇒ 28F
  • 強化前方・後方回避の後隙減少: 35F/36F [前方/後方] ⇒ 33F
  • 強化空中回避の後隙減少: 39F ⇒ 34F
  • 弱体化ジャンプ踏切鈍化: 6F ⇒ 7F
  • 強化アイテム投擲能力増加: 1.198 ⇒ 1.208
  • その他走行モーションが若干変わり、翼をはためかせるようになった。
  • 弱攻撃
    • 強化次の段へつなぐ間隔が短くなり、連続ヒットしやすくなった。
    • 弱体化最終段のダメージ減少: 6% ⇒ 5%
    • 強化最終段のリアクション値増加: 40/110 ⇒ 60/130
  • 強化ダッシュ攻撃の後隙減少: 44F ⇒ 40F
  • 横強攻撃
    • 弱体化尻尾部分のダメージ減少: 10% ⇒ 7%
    • 強化炎部分のBKB増加: 35 ⇒ 40
    • 強化発生高速化、持続F増加: 12F-13F ⇒ 11F-13F
    • 弱体化後隙増加: 41F ⇒ 43F
    • 強化以前はカス当たりだった判定の一つがクリーンヒットになった。
  • 上強攻撃
    • ワザ変更モーションが少し変わり、翼を三角形に組み合わせなくなった。ワザ名が「トライアングル」から「はねあげ」に変更された。
    • 弱体化持続F減少: 9F-15F ⇒ 9F-13F
    • 弱体化後隙増加: 33F ⇒ 34F
  • 下強攻撃
    • ワザ変更モーションが少し変わり、攻撃方法が噛みつきから頭突きになった。ワザ名も「すねかじり」から「ていくうずつき」に変更された。
    • 弱体化ダメージ減少: 12%/8% [頭/首] ⇒ 10%
    • 弱体化リアクション値変更: 40/100 ⇒ 60/60
    • 弱体化発生鈍化、後隙増加: 8F/27F ⇒ 9F/31F [発生/後隙]
  • 横スマッシュ攻撃
    • ワザ変更「ショルダーチャージ」から「ぶちかまし」に変更され、2段ヒットのワザから単発ヒットのワザになった。
    • 強化リーチが伸びた。
    • 弱体化ダメージ減少: 計23% (5%+17%) ⇒ 17%->14% [出始め->出始め以降]
    • 強化リアクション値変更: 40/98 ⇒ 60/94
    • 弱体化後隙増加: 68F ⇒ 70F
  • 上スマッシュ攻撃
    • 弱体化後隙増加: 48F ⇒ 49F
    • 弱体化判定が弱くなった。
  • 下スマッシュ攻撃
    • ワザ変更モーションが少し変わり、両足ではなく片足で踏むようになった。また、翼を広げるようになり、ワザ名が「じひびき」から「つばさでうつ」に変更された。
    • 強化空中の相手にも当たるようになった。
    • 強化KBG増加: 75 ⇒ 79/85
    • 弱体化後隙増加: 60F ⇒ 61F
    • ベクトル変更: 80 ⇒ 33/46
  • 強化ニュートラル空中攻撃、上空中攻撃、下空中攻撃の着地隙減少: 22F/35F ⇒ 20F/33F [ニュートラル・上/下]
  • ニュートラル空中攻撃
    • 弱体化発生鈍化、後隙増加: 8F/59F ⇒ 9F/60F
    • 弱体化持続F減少: 8F-28F ⇒ 9F-25F
    • 弱体化攻撃判定のサイズ縮小: 4/4/4/4 ⇒ 3.5/3/1.5/3.5
  • 前空中攻撃
    • ワザ変更「ひのこ」を吐き出すものから、「くうちゅうひっかき」に変更された。
      「ひのこ」は連続ヒットし、ダメージは低いがベクトルが低く復帰阻止向けのワザだったが、「くうちゅうひっかき」は純粋に撃墜に使える単発攻撃となった。
    • 強化ダメージ増加: 2%-4% ⇒ 12%/13% [先端以外/先端]
    • 強化発生高速化: 9F ⇒ 8F
    • 強化着地隙減少: 32F ⇒ 22F
  • 後空中攻撃
    • ワザ変更「ダブルヒート」から「くうちゅうしっぽ」に変更され、以前は翼と尻尾を振る2段攻撃が、今回は尻尾だけを振る単発攻撃になった。
    • 強化ダメージ増加: 5%+7%/9% [翼+尻尾/炎] ⇒ 11%/14%/16% [本体/尻尾/炎]
    • 弱体化後隙増加: 41F ⇒ 46F
    • 弱体化着地隙増加: 22F ⇒ 24F
    • 強化炎部分の攻撃判定のサイズ拡大: 4.5 ⇒ 5
    • 強化炎以外の攻撃判定が外側に移動した。
    • 弱体化ショートジャンプから出して着地キャンセルできなくなった。
  • 上空中攻撃
    • 強化ダメージ増加: 10%->7% [始->終] ⇒ 13%
    • 強化BKB増加: 20 ⇒ 30
    • 弱体化発生鈍化: 6F ⇒ 12F
    • 弱体化後隙増加: 45F ⇒ 46F
    • その他モーションが変わり、頭を上に突き出すものから、頭を弧を描いて大きく振るものになった。
    • 弱体化攻撃判定の持続がなくなった。
  • 下空中攻撃
    • カス当たりが追加された: ダメージ: 8% ベクトル: 55/361
    • 弱体化後隙増加: 51F ⇒ 52F
    • その他モーションが若干変わり、両足で踏まず、片足で踏むようになった。
  • つかみ
    • 弱体化リーチが短くなった。
    • 弱体化ダッシュつかみと振り向きつかみの発生鈍化: 8F/10F ⇒ 10F/11F [ダッシュ/振り向き]
  • 上投げ
    • ワザ変更相手を首で大きく上方向に突き上げる「ブルホーン」から、「ちきゅうなげ」に変更された。
      カービィメタナイトの上投げと同じ性能になり、ふっとばし力も大幅増加した。
    • 強化リアクション値増加: 70/140 ⇒ 50/220 [BKB/KBG]
  • 下投げ
    • 強化リアクション値変更: 40/300 ⇒ 70/130 [BKB/KBG]
      • 以前はリザードンの投げの中で最もダメージは低くて最もふっとばし力が高い投げだったが、今回はダメージに合った弱めの吹っ飛びになったため、追撃向きの性能になった。なお、撃墜向きの投げは上投げが担うようになった。
    • 強化後隙減少: 80F ⇒ 70F
  • 弱体化通常必殺ワザ「かえんほうしゃ」の後隙増加: 67F ⇒ 71F
  • ワザ変更「ポケモンチェンジ」に代わる新たな必殺ワザとして「フレアドライブ」が追加された。
    「フレアドライブ」は横必殺ワザとなり、以前の横必殺ワザだった「いわくだき」は下必殺ワザになった。
  • 「いわくだき」(旧横必殺ワザ、現下必殺ワザ)
    • 弱体化ダメージ減少: 18% / 10+5%*3 最大43% ⇒ 14% / 6%+3%*3 最大29% [衝撃/破片]
    • 弱体化後隙増加: 61F ⇒ 72F
  • 上必殺ワザ「そらをとぶ」
    • 強化上昇量が増加した。
    • 強化1段目と最終段のふっとばし力が増加し、連続ヒットと撃墜がしやすくなった。
  • ワザ変更最後の切りふだがゼニガメフシギソウとともに「だいもんじ」・「ハイドロポンプ」・「ソーラービーム」で一斉攻撃する「さんみいったい」から「メガシンカ」して操作するものに変更された。

更新履歴[編集]

Ver.1.0.4
  • シールド開始から4Fまでは身体の一部が無敵になるようになった。
    • リザードンはシールドを開始すると一時的に頭などがジャストシールドの範囲からもはみ出るが、この変更により、そこが攻撃を受けることがなくなった。
  • 横必殺ワザ3「ドラゴンダイブ」
    • 合計ダメージが 15% ⇒ 11% に減少した。
Ver.1.0.6
  • 下強攻撃
    • 全体F減少: 32F ⇒ 30F
      • 1F~10FのFSM: - ⇒ 0.8
    • 発生・持続変更 11F~12F ⇒ 9F~10F *FSM
  • ニュートラル空中攻撃
    • 発生・持続F変更: 8F~27F ⇒ 9F~25F *Timer
    • Bone: 2(恐らく胴体)の攻撃判定消去
    • 攻撃判定のサイズ縮小: 4/4/4/4 ⇒ 3.5/3/1.5/3.5 [先端/中間1/中間2/根元]
  • 前空中攻撃
    • KBG変更: 100->80 ⇒ 92->98 [始->持続]
    • BKB変更: 45->25 ⇒ 35->32 [始->持続]
  • 後空中攻撃
    • 炎(15%部分)の攻撃判定のサイズ拡大: 4 ⇒ 4.5
    • 尻尾の先端辺り(13%部分)の攻撃判定の中心の位置変更: (X, Y, Z) = (-1.3, 0, 0) ⇒ (-1.2, 0, 0.5) ※Bone=3ec
    • 尻尾の付け根辺りの攻撃判定の中心の位置変更: (X, Y, Z) = (2, 0, 0) ⇒ (2, 0.5, 1) ※Bone=3eb
  • 上投げ
    • ダメージ増加: 6%+2% ⇒ 8%+3%
  • 横必殺ワザ1
    • 始動時の反動ダメージ増加: 4% ⇒ 5%
Ver.1.0.8
  • 弱攻撃
  • 1段目のWBKB増加: 15/10 ⇒ 26/22
  • 1段目のコンボ接続F変更: 10F~18F ⇒ 9F~18F
  • 2段目のコンボ接続F変更: 10F~18F ⇒ 9F~18F
  • これらの変更により次の段に繋がりやすくなった。
  • 3段目のKBG増加: 110 ⇒ 130
  • 前空中攻撃
    • 持続F増加: 8F~11F ⇒ 8F~12F *Timer
    • 先端の攻撃判定の持続部分(12%になってから)のKBG減少: 98 ⇒ 97
    • 先端の攻撃判定のサイズ拡大: 4.3->4.5 ⇒ 4.6->4.8 [始->持続]
    • 先端の攻撃判定の位置変更: X = 7 ⇒ 7.5 ※Bone=10
  • 上投げ
  • ベクトル変更: 60 ⇒ 70
  • KBG増加: 160 ⇒ 220
  • これにより追撃向けのワザから撃墜向けのワザに一転した。
  • 下投げ
    • ベクトル変更上昇 361 ⇒ 70
  • KBG減少: 300 ⇒ 130
  • BKB増加: 40 ⇒ 70
  • これにより撃墜向けのワザから追撃向けのワザに一転した。
Ver.1.1.0
  • 横強攻撃
    • ダメージ増加: 7%/10% ⇒ 7%/11% [尻尾/炎]
    • 炎と尻尾の境目辺りの攻撃判定(ID=2)が尻尾判定(7%)から炎判定(11%)になった。
    • 尻尾のBKB増加: 30 ⇒ 40
  • 下強攻撃
    • 6F~8Fの根元に追加
      • これにより密着している相手を正面に押し出すようになり攻撃判定のある頭部がヒットしやすくなった。
  • 後空中攻撃
    • 着地隙減少: 36F ⇒ 33F
  • 下投げ
    • 全体F減少: 73F ⇒ 70F
      • FAF: 74F ⇒ 71F
Ver.1.1.1
  • 下必殺ワザ2「ヘッドバット」
    • ダメージ増加: 10%/9% ⇒ 12%/10% [地上版/空中版]
    • 全体F減少(9F減少?)
      • 11F~20FまでのFSM: 1 ⇒ 0.8
    • 発生高速化(2F高速化?) *FSM
Ver.1.1.3
  • ダッシュ攻撃
    • 全体F減少: 44F ⇒ 39F
    • ベクトル変更: 70/80 ⇒ 50/60 [ID=0/ID=1]
  • 上スマッシュ攻撃
    • 攻撃判定に多くの微細な変更がされた。
  • 下スマッシュ攻撃
    • KBG増加: 76/82 ⇒ 79/85 [先端/先端以外]
Ver.1.1.4
  • 転倒直後の無敵と転倒からの起き上がり動作各種の無敵が1F減少した。
    • 他のファイターと同じになった。
  • 上スマッシュ攻撃
    • 1段目のふっとばし力やふっとばし角度、攻撃判定の位置などが細かく調整された。これによって前・上にいる相手にヒットしたときは2段目に繋がりやすくなったが、後方にいる相手には繋がりにくくなった。
    • 2段目のKBG増加: 105/103/101 ⇒ 107/107/107
Ver.1.1.5
  • 体重が増加: 115 ⇒ 116
  • 空中横移動速度が上昇: 0.87 ⇒ 0.92
  • アイテム投擲能力が上がった。1.198 ⇒ 1.208
  • 各種空中攻撃の着地硬直が減少。
    • ニュートラル空中攻撃(-2F): 22F ⇒ 20F
    • 前空中攻撃(-9F): 31F ⇒ 22F
    • 後空中攻撃(-9F): 33F ⇒ 24F
    • 上空中攻撃(-2F): 22F ⇒ 20F
    • 下空中攻撃(-2F): 35F ⇒ 33F
  • ニュートラル空中攻撃
    • ダメージが 2% 増加: 10%/7% ⇒ 12%/9% [尻尾先端/それ以外]
    • KBG減少: 90 ⇒ 78
      • KBGは減少したがふっとばし力はほんの僅かに増加している。
  • 前空中攻撃
    • ダメージが 1% 増加: 11%/12% ⇒ 12%/13% [持続先端以外/持続先端]
  • 後空中攻撃
    • ダメージが 1% 増加: 15%/13%/10% ⇒ 16%/14%/11% [先端/中間/根元]
    • 先端の攻撃判定のサイズ拡大: 4.5 ⇒ 5
  • 横必殺ワザ1「フレアドライブ」


ワザ[編集]

弱攻撃[編集]

"ひっかき" → "れんぞくひっかき" → "ウイングカッター"
1段目
2段目
3段目

手前の手でひっかく → 反対の手でひっかく → 手前の翼を振り上げて切り裂く。

  • ダメージ: 3%→4%→5% [1段目→2段目→3段目]
  • 発生: 1段目: 4F-5F
  • ボタン押しっぱなしでも次の段を出せる。

  • 出の早さの割には、威力が12%と高めな優秀な弱攻撃。吹っ飛ばし力も高く、相手が軽量級ならこれで撃墜も可能。範囲も優秀なので、相手の空中ワザの性能次第では対空になることも。
  • 1段目から2段目は相手のガードが間に合いやすい。ボタン押しっぱなしよりもボタン連打のほうが短い間隔で攻撃を繰り出せ、少しは割り込まれにくくなる。
  • 1段目はふっとばし力固定だが、2段目は蓄積ダメージの影響を受けるため、サドンデスのときのようなかなりダメージが溜まっている相手にはふっとびすぎて3段目が当たらない。
  • 2段目の後隙が小さく、つかみに繋げやすい。シールド張りっぱなしの相手にはよく決まる有用な手段。


ダッシュ攻撃[編集]

"まえげり"
ファイター解説 リザードン ダッシュ攻撃.JPG

前進しながら前方にキックを繰り出す。

  • ダメージ: 11%-8% [出始め-持続]
  • 発生: 10F-12F, 13F-20F

  • 威力はそれなりにあるが、ダッシュ攻撃らしく隙が大きめ。防がれると反撃を受けやすい。


横強攻撃[編集]

"ほのおのしっぽ"
上シフト
シフトなし
下シフト

しっぽを前方に振り回して攻撃する。

  • ダメージ: 11%/7% [炎/尻尾]
  • 発生: 11F-13F
  • シフト対応。

  • 隙がやや大きいが、リーチがとても長い。先端は根元よりも威力が大きく上回る。反撃を受けにくくするためにも、使う場合は先端当てを狙うこと。
  • 下シフトはガケに掴まっている相手に当たる。先端を当てるチャンスでもある。


上強攻撃[編集]

"はねあげ"
ファイター解説 リザードン 上強.JPG

小さく飛び上がりつつ2枚の翼を突き上げる

  • ダメージ: 8%
  • 発生: 9F-13F
  • 翼の部分は無敵。

  • 相手が低%の時は、これを続けてお手玉コンボできる。
  • 攻撃判定が大きく、翼部分は無敵になるので対空に便利。発生と持続、威力は上スマッシュ攻撃に劣るが、全体動作の短さと無敵判定の有無では勝る。


下強攻撃[編集]

"ていくうずつき"
ファイター解説 リザードン 下強.JPG

しゃがんだまま頭を振って頭突き。

  • ダメージ: 10%
  • 発生: 11F-12F

  • 横強攻撃同様、リーチが長い。こちらはダメージが安定している。
  • 吹っ飛ばし力は横強攻撃の先端当てに劣るが、ベクトルはこちらの方が低い。


横スマッシュ攻撃[編集]

"ぶちかまし"
ファイター解説 リザードン 横スマッシュ.JPG

首を思い切り振って横殴りに攻撃。

  • ダメージ [出始め-出始め以降]
    • 【ホールドなし】 17%-14%
    • 【ホールド最大】 23.8%-19.6%
  • 発生: 出始め: 22F , 出始め以降: 23F-24F
  • 攻撃時に一瞬無敵になる。

  • どこを当ててもよくふっとぶ。特に根元はフレアドライブをも上回るふっとばし力を持っている。
    攻撃時に無敵になるため、相殺判定の無い攻撃や空中攻撃に対しても強い。上方向の攻撃範囲は小さいため空中攻撃に合わせるのは難しいが、攻撃開始前に後ろに大きくのけ反るので、これを利用してなるべく近くまで引きつけてから攻撃を繰り出すと合わせやすい。
  • 発生は遅いので、発生負けには注意。


上スマッシュ攻撃[編集]

"ウイングバッシュ"
ファイター解説 リザードン 上スマッシュ (1).JPG
ファイター解説 リザードン 上スマッシュ (2).JPG

片方の翼を振り上げる→もう片方の翼を振り上げる。

  • ダメージ
    • 【ホールドなし】 5%+11%、計16%
    • 【ホールド最大】 7%+15.4%、計22.4%
  • 発生: 6F-11F , 17F-21F

  • 発生、範囲、判定、ダメージ、ふっとばし力どれも優秀。しかもガードキャンセルの選択肢やリザードンの速い走行を活かして滑りながらに繰り出せるとても頼もしいワザ。
  • 1段目は後方にまでも攻撃判定が及ぶ。しかし後方ヒットは打ち上げる力が弱いのと、2段目の攻撃判定の出現開始位置が高いため、小さい相手には後方ヒットでは2段目が当たらないことも。


下スマッシュ攻撃[編集]

"つばさでうつ"
ファイター解説 リザードン 下スマッシュ.JPG

地面を強く踏みならし、周囲に地響きを発生させその衝撃で攻撃する。

  • ダメージ:
    • 【ホールドなし】 16%
    • 【ホールド最大】 22.4%
  • 発生: 14F-16F

  • 隙は少々大きいが横への広い攻撃範囲と、強いパワーと鋭いふっとばしベクトルがある。
  • 大きくはないが縦にも範囲がある。そのため、似たような地面を叩いて衝撃波で攻撃するドンキーコングの下必殺ワザと違い、空中にいる相手にもヒットする。リザードンの近くのほうが縦の範囲が大きい。


ニュートラル空中攻撃[編集]

"リザードンターン"
ファイター解説 リザードン N空中 (1).JPG
ファイター解説 リザードン N空中 (2).JPG

一回転して体当たり。

  • ダメージ: 12-9% [尻尾先端/それ以外]
  • 発生: 9F-25F

  • リザードンが一周回転するワザで、持続が長い。扱いが難しいが、差し込みには非常に優秀。
  • リザードンの空中攻撃の中では着地隙は少なめで、終わり際のふっとばしベクトルの低さを生かして序盤では、弱攻撃やつかみに繋げることができる。
  • 当てる時は、引きながら先端を当てるように意識すると反撃をもらいにくくなる。


前空中攻撃[編集]

"くうちゅうひっかき"
ファイター解説 リザードン 前空中.JPG

ツメで前方をひっかく。

  • ダメージ: 12%/13% [先端以外/先端]
  • 発生: 10F-11F

  • クッパの前空中攻撃とよく似たワザ。小ジャンプと同時に出せば着地隙なしで攻撃できる。
  • 吹っ飛ばし力は抜群に高い。リーチも長いので牽制と撃墜狙いを同時に行なえる。


後空中攻撃[編集]

"くうちゅうしっぽ"
ファイター解説 リザードン 後空中.JPG

尻尾を振って後方を攻撃。

  • ダメージ: 11%/14%/16% [本体/尻尾/炎]
  • 発生: 14F-16F

  • 非常に長いリーチと驚異的な吹っ飛ばし力をもつリザードンの主要な撃墜ワザ。根元も充分強いが、先端を当ててこそなので、技のリーチをよく把握する必要がある。
  • 後隙がデデデのダッシュ攻撃並みと、とても大きいので、まずは着地隙の発生しない大J空後、崖外での空後を練習するとよい。SJ→急降下空後は身長の低い相手にも当たるが、着地隙が発生するため最低でもガードさせるよう意識したい。
  • 着地隙を狙ってダッシュで近づいてくる相手に刺す、掴みをすかしてSJ→急降下空後、崖際にわざと立って崖上がり攻撃読みでダッシュ→SJ→急降下空後などなど。リーチがかなり長いため、それ以外にも狙える場面があると思われる。


上空中攻撃[編集]

"ヘディング"
ファイター解説 リザードン 上空中.JPG

頭を大きく振って上を攻撃。

  • ダメージ: 13%
  • 発生: 12F-15F
  • 攻撃中は頭部が一時的 (11F-15F) にすり抜け無敵になる。

  • ふっとばし力は高いが、当たり判定が小さく発生も特別早くないため使いどころが難しい技。
  • 当たり判定は背中側の方が大きい。
  • 地上の相手に急降下しながら出すと当たるが、かなりタイミングがシビア。


下空中攻撃[編集]

"メテオスタンプ"
ファイター解説 リザードン 下空中.JPG

勢いよく足を下に伸ばして踏みつける。


  • リザードンは滞空時間が長いので、崖外ならば様々な場所の相手にメテオを当てにいくことができる機会が多い強力なメテオワザ。慣れれば復帰も容易になる。
  • 同じようなモーションの他キャラのメテオワザと比べてメテオとなる範囲がかなり広く、多少狙いが大雑把でも叩き落とすことができる。
  • 急降下をうまく使ってメテオを当てていきたいので、Cスティック(右スティック)で出すことをお勧めする。
  • 相手の復帰技にあわせてメテオをするのが強く、判定がとても強いのでほとんどすべての復帰技にメテオが決まる。
  • カス当たりをすることもあるが、斜めにふっとばしてステージ方向に飛べば崖メテオにつながることがあり、崖外方向に飛んでも引き続き良い状況の場合が多い。


つかみ[編集]

"つかみ"
ファイター解説 リザードン つかみ (1).JPG
ファイター解説 リザードン つかみ (4).JPG

首を伸ばして相手を咥える。

  • 発生: つかみ: 8F-9F / ダッシュつかみ: 10F-11F / 振り向きつかみ: 11F-12F

  • 一般的なつかみと比べて少々出が遅い。首が長いのでリーチが多少長めで、走行速度も早いので奇襲として有効だが、ダッシュつかみが機動力の割にはあまり伸びないので過信は禁物。


つかみ攻撃[編集]

"かみちぎり"

顎を閉じて、銜えた相手に噛みつく。

  • ダメージ: 2%

  • 連射速度は速い。
  • 相手によっては、つかみ抜けから弱攻撃が繋がる。ダメージを溜めたいときにつかみ攻撃とあわせて。


前投げ[編集]

"かみとばし"
ファイター解説 リザードン 前投げ (1).JPG
ファイター解説 リザードン 前投げ (2).JPG

咥えている相手を振り回して、前に投げ飛ばす。

  • ダメージ: 10%

  • 後投げよりもわずかに低いベクトルで吹っ飛ばす。


後投げ[編集]

"うしろかみとばし"
ファイター解説 リザードン 後投げ.JPG

振り向きつつ、咥えている相手を投げ飛ばす。

  • ダメージ: 10%

  • 低%なら、追いかけてからの前空中攻撃が繋がる。


上投げ[編集]

"ちきゅうなげ"
ファイター解説 リザードン 上投げ (1).JPG
ファイター解説 リザードン 上投げ (2).JPG
ファイター解説 リザードン 上投げ (3).JPG

相手を抱えて一瞬で空高くまでとびあがり、きりもみ回転しながら急降下して地面に叩きつける。

  • ダメージ: 計11% (8%+3%)
  • 投げが始まると、相手を掴んだまままっすぐ上に上昇していく。その後まっすぐ降下していき、地面に叩きつける。叩きつけは他の相手にもヒットする
  • 上昇・下降ともに地形の影響を受ける。たとえば、すり抜け床の下で投げれば、すり抜け床の上に着地する。

  • Ver.1.0.8からネスの後投げを越えるふっとばし力を持った全ファイター中最強の投げワザ。
  • カービィメタナイトの上投げと同じ投げ方で、身体の大きいリザードンにとって横からの妨害を受け難い投げでもあるため、使う価値は高い。
    しかし、彼らほどベクトルは高くないため、すり抜け床の下で投げて床の上の高い位置でふっとばしてKO、ということがやや狙いにくい。


下投げ[編集]

"あぶりやき"
ファイター解説 リザードン 下投げ (1).JPG
ファイター解説 リザードン 下投げ (2).JPG

地面に寝かせた相手を足で押さえつけ、口から炎を吐きだして浴びせる。


  • ver.1.0.8より前では、高%の相手には、崖際ならば撃墜技となる(ほかほか補正にもよるが大体130~150%)。
  • Ver1.0.8から上投げとは逆にふっとばし力が大幅に低下したが、代わりに投げ後に追撃を入れられるようになった。


通常必殺ワザ[編集]

通常必殺ワザ1[編集]

"かえんほうしゃ"
ファイター解説 リザードン NB (1).JPG

ボタンを押しているあいだ炎を吐き続ける。首が上下に動かせるが段々勢いが低下。

仕様[編集]
  • ダメージ: 1ヒットあたり2%-1% [始-終]
  • エネルギー系の飛び道具
  • ボタンを押してから離すまで炎を吐き続ける。
    • 炎は吐き続けるほど小さくなっていき、このワザを使用していない間に大きさが徐々に元に戻っていく。
    • スティックの上下で、わずかに炎の角度を調節できる。
    • 炎は連続ヒットし、相手を後方へ押し出す。一定以上ヒットするとそれ以降にヒットした時、リザードンが少しずつ後退するようになる。
解説[編集]
  • クッパブレス」とほぼ同じ性能のワザで用途も変わらない。あちらとの違いは、遠くでヒットしてものけぞることと炎のサイズが小さいこと。
  • 根元で当てれば一度に大量のダメージを与えることができる。この時くらった相手はヒットストップずらしで被害を軽減可能。
  • 一定時間以上炎を当て続けると、当てている間はリザードンが後ろに後退していくようになる。このため、ガケ際で出して当てていると落ちてしまうので注意。


通常必殺ワザ2[編集]

"ほのおのキバ"
ファイター解説 リザードン NB2 (1).JPG
ファイター解説 リザードン NB2 (2).JPG

強力で小さい炎を連続して吐き、最後にキバで噛み砕く。

仕様[編集]
  • ダメージ: 炎: 1ヒットあたり2% / 噛みつき: 8%
  • ボタン押しっぱなしで炎を吐き、離すと口を閉じる攻撃で吹っ飛ばす。
解説[編集]
  • 飛び道具としての性能を失った代わりに、リザードンの通常必殺ワザの中では唯一、吹っ飛ばし力がある。


通常必殺ワザ3[編集]

"ほのおだま"
ファイター解説 リザードン NB3.JPG

広く遠くまで炎の弾を飛ばす。当てやすいが攻撃力は少し低い。

仕様[編集]
  • ダメージ: 1発あたり3%-2% [始-終]
解説[編集]
  • 遠くまで飛ぶ飛び道具。最初に3発発射し、その後はボタン押しっぱなしで出し続ける。かなりの長時間出し続けなければ勢いは減衰しない。


横必殺ワザ[編集]

横必殺ワザ1[編集]

"フレアドライブ"
突進を始める前に体が青く光る溜めが入る。
ファイター解説 リザードン 横B (2).JPG
ファイター解説 リザードン 横B (3).JPG
相手に当たった後は1秒間操作できない。地上で使ってヒットした場合はダウン確定。

絶大な力を誇る突進で相手を爆発に巻き込む。そのかわり自らも蓄積ダメージを受ける。

仕様[編集]
  • ダメージ: 計19% (4%+15%)
  • 使用すると5%の反動ダメージを受けると同時に突進を始める。突進中は15%未満の攻撃に対するふっとび耐性が付く。
    • 突進距離は終点の9割ほど。突進の攻撃判定がつくのは7割ほどまで。
    • 突進の中盤までは台端に達すると外へ飛び出すが、終わり際では飛び出さず、そこより先に進まなくなる。
    • 突進の攻撃判定が消える寸前は当たっても爆発せず、突進のダメージ(4%)を与えるのみになる。
  • 何かにぶつかると爆発を起こして相手を大きく吹っ飛ばすと同時に5%の反動ダメージを受ける。
    その後はダメージ落下状態になりながら後ろに跳ね返る。約1秒ほどリザードンの操作ができなくなり、その間はガケつかまりや受け身もできない。
    • 基本的に喰らい判定のある物に当たると爆発するが一部例外がある[1]
    • 反動ダメージの増え方は、普通は約1秒かけて1%ずつ増加していくものと、空中で地形以外のものに衝突した場合のみ一度に5%増加する、2つのパターンがある。
      1%ずつ増加していくパターンでは、増加中にダメージを受けるとそこでダメージの増加が止まる。
  • 空中で使った場合、ワザ終了後はダメージ落下状態になる。約1秒ほどリザードンの操作ができなくなり、その間はガケつかまりと受け身ができない。
解説[編集]
  • 威力がかなり高い代わりに使うたび反動ダメージを受けたり、位置によっては当たっても自分自身のダウンが確定し、相当大きな隙が発生するといった弱点を持ったハイリスク・ハイリターンなワザ。
    • 乱戦時では不意打ちや、投げをしているところに対して使用したりで相手に当てる機会はそれなりにあるが、タイマンの状態では確定場面はなかなかなく、どうしてもギャンブル要素はぬぐえない。タイマン時では相手の動きを読み、より一層慎重に使用すぺし。
  • ニュートラル空中攻撃などで相手が低く吹っ飛んだ後に使うと、受け身失敗or後ろ受け身をした相手に当たることが多い。外れても衝突はしないため、リスクが少ないシチュエーションと言える。
  • 大きく移動するため、横方向への復帰に使用できる。ただし、足場の上に乗れる位置や直接崖に掴まれる位置で使用しないと、崖ではなく崖の直ぐ下の壁部分に激突して多大な硬直が生まれたり、移動距離が長いが為に足場の下に入り込んで絶対に復帰ができないような位置に行ってしまったりと、逆に復帰しにくくなってしまう。


横必殺ワザ2[編集]

"ブラストバーン"

より強力な突進と大爆発になるが、スピードは遅く受ける蓄積ダメージも増える。

仕様[編集]
  • ダメージ: 4%+5*3%+9%、全5段ヒットで計28%
解説[編集]
  • 威力、ふっ飛ばし力はフレアドライブを上回るが、速度は遅く、ほとんど移動せず、反動ダメージも大きい。
  • フレアドライブとは違い、爆風部分が連続ヒットになっている。爆発部分が計4ヒットし、最後に大きく吹っ飛ばす。直撃はもちろん、ガードされたとしてもガードをかなり削り取る&シールドから漏れた部分が爆風に当たってヒットということが多く、回避されなければ基本的にいい結果になる。
  • 移動距離は終点の3分の1程度。奇襲に使うにはリーチ不足か。攻撃判定がなくなると滑らずにその場に着地する。
  • 使用時の反動ダメージが6%、激突時のダメージが10%と跳ね上がっている。多用するとあっという間にバーストラインまっしぐらなのでここぞの場面で決めよう。


横必殺ワザ3[編集]

"ドラゴンダイブ"
ファイター解説 リザードン 横B3.JPG

前方への突進に相手を巻き込める。自分への蓄積ダメージはない。

仕様[編集]
  • ダメージ 1.2%*6+4%、全7段ヒットで計11.2%
  • 相手に当たってもそこで止まらず進む連続ヒットワザ
解説[編集]
  • 反動ダメージがなくリスクも少なくて扱いやすいのが売り。火力が少ないのは目をつぶろう。
  • 移動距離はフレアドライブと同じくらい。弱い吹っ飛び耐性もあるのでバンパー程度のものならかい潜れる。
  • 巻き込みはするものの、高%の相手には密接して使用しないとカス当たりすることも。
    • サドンデスで使用した場合、クリーンヒットしないとカス当たりして悲しいことになってしまう。注意しよう。


上必殺ワザ[編集]

上必殺ワザ1[編集]

"そらをとぶ"
ファイター解説 リザードン 上B.JPG

カラダを回転させて上空にジャンプ。相手を巻き込んで連続ヒットする。

仕様[編集]
  • ダメージ5%+2%*4+4%、全6段ヒットで計17%
  • 飛び上がるまでに方向入力していると飛距離が変化する。前に入力すると前進距離が増すが上昇量は少なくなり、後ろに入力するとその逆になる。
  • 発動してから少しの間はスーパーアーマー状態になる。
解説[編集]
  • 高%ほど、弱攻撃の1・2段目からこのワザが繋がり、フィニッシュワザとなる。当然外せば反撃は免れないので、慎重に。
  • 相手が高%のとき、着地隙を狙おうとダッシュ掴みを狙ってきたところにワンチャンで出すのもあり。自分の%が高い時は控えよう。
  • エッジキャンセルを利用すると、「崖外で空を飛ぶを当てる→最終段まであたらず、相手はステージにおちる→受け身を取り損ねた相手には崖離し前空中攻撃or崖離しメテオ」というコンボが決まることがある。
  • 回転攻撃ではあるが、攻撃判定は前方にしか無い。背後に相手がいる状況でうっかり使ってしまわないように。


上必殺ワザ2[編集]

"まきあげる"

その場で小さくジャンプして、近くの相手を巻き込みふっとばす。

仕様[編集]
  • ダメージ: 4%+2%*?+6%
  • 地上で使った場合、上昇量が低くなる。
解説[編集]
  • 威力、ふっ飛ばし力は強化されているが、その分隙も増大してしまっている。
  • なお、地上で使うとショートジャンプ並みの上昇になる。空中版の上昇量は上必殺ワザ1と比べてあまり差は大きくない。
  • 上必殺ワザ1とは異なり、見た目通り前後に攻撃判定がある。


上必殺ワザ3[編集]

"たかくとぶ"
ファイター解説 リザードン 上B3.JPG

大きな翼で羽ばたいて一気に上昇。攻撃はできないけれど高く飛びあがる。

仕様[編集]
  • ダメージ: なし
解説[編集]
  • 上方向への復帰距離が伸びるが、攻撃判定が無くスーパーアーマーも無いので復帰阻止されやすい。


下必殺ワザ[編集]

下必殺ワザ1[編集]

"いわくだき"
ファイター解説 リザードン 下B (1).JPG
ファイター解説 リザードン 下B (2).JPG

岩を砕く強烈な頭突きで攻撃。飛び散る石つぶてにも攻撃力がある。

仕様[編集]
  • ダメージ 14% / 6%+3%*3 [衝撃/破片]
  • 飛び散る石つぶては物理系の飛び道具で、ランダムに飛びちる。
  • 岩に伝わる衝撃+飛び散る岩の破片で最大5ヒットする。
  • 岩に頭突きをする少し前から頭突きをするまでスーパーアーマー状態になる。
解説[編集]
  • スーパーアーマーがついているので、着地の弱いリザードンにはとてもありがたい。他にも空中から飛び込んで来る相手を安全に対処するのにも使える。特に場外から崖への復帰を邪魔されるのを阻止するのに有効。
  • ただ隙は大きく、掴みは無効化できない。乱用は控えよう。
  • その場崖登りor崖登り攻撃読みで使うと当たる(パルテナは崖上がり後の硬直時間が長く、当てにくい)。
  • ジャンプキャンセル下B→右or左にスティックを倒すと、その方向に少し滑る。
  • マスターハンドフィールドスマッシュの巨大な敵キャラに対しては、確実に全段ヒットする強力なワザになる。


下必殺ワザ2[編集]

"ヘッドバット"
ファイター解説 リザードン 下B2.JPG

強烈な頭突きに当たった相手は、地面にめり込んで動けなくなる。

仕様[編集]
  • ダメージ: ?: 10% / ?: 12%/9% []
解説[編集]


下必殺ワザ3[編集]

"いわとばし"
ファイター解説 リザードン 下B3.JPG

頭突きで砕いた石つぶてが、上方向に広く飛び散るようになる。

仕様[編集]
  • ダメージ: ?: 8% / ?: 4% / ?: 2%
解説[編集]
  • 下必殺ワザ1よりもダメージは落ちるが、対空性能が大幅に上昇している。



最後の切りふだ[編集]

"メガシンカ"
ファイター解説 リザードン 切りふだ (1).JPG
突進攻撃
「だいもんじ」

メガリザードンXにメガシンカ。飛行しながら突進と「だいもんじ」に広がる火の玉で戦う。

仕様[編集]

  • ダメージ: 突進: 2%*6+10%、全7段ヒットで計24% / だいもんじ: 5%+1%*6+5%、全8段ヒットで計16% 
  • 変身中は常時飛行状態になり、自由に空中を動き回れる。
  • 変身中は受けるダメージが減り、攻撃を受けても怯まなくなるが、受けたダメージ量に応じて変身時間が短くなる。
  • 攻撃ボタンを押すと、突進で攻撃。#横必殺ワザ3に似ているが、スティックを倒しながら入力するとその方向に飛ぶことができる。
  • 必殺ワザボタンを押すと、相手や地形に当たると大の字に広がる火炎弾「だいもんじ」を前方に吐く。

解説[編集]

  • 性能面ではヨッシーの「スーパードラゴン」に近く、一撃で敵をなぎ払うよいうよりは敵をぐいぐい外へと押し出していき締め出して撃墜を狙うスタイル。しかし、攻撃はどちらも隙が大きいので、確実に当てるようにしたい。


あおむけおきあがり攻撃[編集]

ファイター解説 リザードン あおむけおきあがり攻撃 (1).JPG
ファイター解説 リザードン あおむけおきあがり攻撃 (2).JPG

尻尾を前→後ろに振り回しながら起き上がる。

  • ダメージ: 7%
  • 発生: 17F-18F , 22F-23F


うつぶせおきあがり攻撃[編集]

ファイター解説 リザードン うつぶせおきあがり攻撃 (1).JPG
ファイター解説 リザードン うつぶせおきあがり攻撃 (2).JPG

尻尾を後ろに振り、次に頭を前に振って起き上がる。

  • ダメージ: 7%
  • 発生: 18F-19F, 23F-24F


転倒おきあがり攻撃[編集]

ファイター解説 リザードン 転倒おきあがり攻撃.JPG

後ろ→前に引っ掻きながら起き上がる。

  • ダメージ: 5%
  • 発生: 18F-19F , 23F-24F


ガケのぼり攻撃[編集]

ファイター解説 リザードン ガケのぼり攻撃.JPG

ガケを登って頭突き。

  • ダメージ: 8%
  • 発生: 24F-26F


アピール[編集]

  • 上アピール
    正面を向き、翼を広げながら上へ咆える。
  • 横アピール
    正面を向き、翼を一回羽ばたかせて咆える。
  • 下アピール
    正面を向き、地面を踏みしだきながら咆える。
上アピール 横アピール 下アピール
20140418 Wii U 61.jpg ファイター解説 リザードン 横アピール.JPG ファイター解説 リザードン 下アピール.JPG


待機モーション[編集]

ファイター解説 リザードン 待機モーション (1).JPG ファイター解説 リザードン 待機モーション (2).JPG


登場演出[編集]

ファイター解説 リザードン 登場演出.gif

投げ込まれたモンスターボールから登場し、地を踏みならす。

リザルト演出[編集]

  • 勝利ファンファーレ:『ポケットモンスター 赤・緑』メインテーマの1フレーズ
    • ポーズ:十字ボタン←
      雄たけびを上げる。
    • ポーズ:十字ボタン↑
      着地して、咆える。
    • ポーズ:十字ボタン→
      フレアドライブで着地してポーズ。
勝利演出・左 勝利演出・上 勝利演出・右
ファイター解説 リザードン 勝利演出・左.jpg ファイター解説 リザードン 勝利演出・上.jpg ファイター解説 リザードン 勝利演出・右.jpg
拍手
リザルト画面 拍手 (8).jpg

カラーバリエーション[編集]

頭アイコン for リザードン 01.png 通常
頭アイコン for リザードン 02.png リザードンの一つ進化前、リザードに似ている。
頭アイコン for リザードン 03.png
頭アイコン for リザードン 04.png ピンク
頭アイコン for リザードン 05.png 黄色 進化前のヒトカゲとリザードの色違いカラー。
頭アイコン for リザードン 06.png プテラを意識したカラー。
頭アイコン for リザードン 07.png ゴルバットを意識したカラー。
頭アイコン for リザードン 08.png 『ポケットモンスター 金・銀・クリスタル』での色違いリザードンのカラー。


公式スクリーンショット[編集]

リザードンが映っている発売前の公式スクリーンショットを検索
/
(検索ページにジャンプしたら、“マルチメディア”をクリック。)

脚注[編集]

  1. ヨッシーの上必殺ワザのたまご、サムスの下必殺ワザのボム爆発、ゼルダの横必殺ワザの爆発は、喰らい判定は持たないが触れると爆発する。リンク、トゥーンリンクの下必殺ワザのバクダンは、喰らい判定があるが触れても爆発しない。

外部リンク[編集]


ファイター (3DS/Wii U)
歴戦の勇者
64 マリオ - リンク - サムス - カービィ - フォックス - ドンキーコング - ピカチュウ - ルイージ - ヨッシー - キャプテン・ファルコン - ネス - プリン
DX クッパ - ピーチ - マルス - ゼルダ - シーク - ガノンドロフ - ファルコ - ドクターマリオ - Mr.ゲーム&ウォッチ
X ピット - ピクミン&オリマー - トゥーンリンク - ソニック - デデデ - ルカリオ - ディディーコング - ゼロスーツサムス - リザードン - アイク - メタナイト - ワリオ - ロボット
新たなる挑戦者 むらびと - ロックマン - Wii Fit トレーナー - ロゼッタ&チコ - リトル・マック - ゲッコウガ - Miiファイター ( 格闘剣術射撃 ) - パルテナ - パックマン - ルキナ - ルフレ - シュルク - ブラックピット - クッパJr. - ダックハント
さらなる挑戦者 ミュウツー - リュカ - ロイ - リュウ - クラウド - カムイ - ベヨネッタ