大乱闘スマッシュブラザーズWikiでは、記事の加筆・検証・修正等に参加・協力してくださる方を必要としています。編集に参加する際には必ず、大乱闘スマッシュブラザーズWiki:編集ガイドライン‎及びファイターページの編集をご確認ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。また、デスクトップビューではモバイルビューよりも高機能な編集が可能です。

モデル替えキャラ

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
ダッシュファイターから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
ピットを基にしたモデル替えキャラのブラックピット

モデル替えキャラ[1]とは、あるファイターのモデルを基に制作されたファイターを指した用語。俗称はコンパチ。海外での通称はClone

SP』では公式により、ダッシュファイター(英名: Echo Fighter[2])というモデル替えキャラに相当する概念が登場した。ダッシュファイターの定義はモデル替えキャラとは少し異なる(詳しくは#SPにて)。参戦ナンバーは、基になったファイターの番号の後ろに「′」記号[3][4]が付けられ、通常とは扱いが異なる意味のカウントがなされる。

モデル替えキャラは、基本的には既存のファイターの骨格や動きを流用し、ワザのダメージ量やふっとばし力などのデータや、体格を調整することによって、低労力で制作できてかつ、基になったキャラとは違う特徴を作り出せるといった利点がある。なお、キャラクターの個性が強く出るアピール待機モーション勝利演出はほぼ全てが固有の物として用意されている。

なお、これらのファイターは一体でも多くのファイターを出すことを目的として制作された、サービスとしての意味合いで実現できるものであり、全てカットしたとしても新規のファイターは1体も増やせないとされている。詳細はファイター#キャラクターの選定にて。

モデル替えキャラの定義

モデル替えキャラは前途の通り、他のファイターのモデルを共有・流用して制作されたものを指す言葉だが、トゥーンリンクなどのように、モデル替えではないが、元のファイターでのノウハウを再利用して制作された、モデル替えキャラと同じ制作理念で作られたと思われるファイターもいる。以下の#モデル替えキャラの一覧ではそれらのファイターについても触れる。ただし、『3DS/Wii U』以降の色変えによってキャラクター自体が変わるものについては、性能やモーションそのものに殆ど変化はないため、ここでは例外とする。

モデル替えキャラの一覧

  • 64』のネスとキャプテン・ファルコンとプリン、『DX』のガノンドロフ以外は、いずれも同じシリーズのキャラ、または原作における関連性が深いキャラという繋がりがある。

64

4体の隠しキャラクターはいずれも基本キャラクターの骨格が流用されており、ルイージ[5]ネス[6]マリオキャプテン・ファルコン[7]サムスプリン[8]カービィを基にしている[9]。しかし、ルイージ以外の3体は骨格こそ共有しているものの、流用されたワザは多くなく、必殺ワザに至っては全くの別物になっている。そのためコンパチと明確に呼べる仕様のファイターはルイージのみである。

モデル替えキャラ 基になったキャラ 主な違い
ルイージ マリオ ダッシュ攻撃と下強攻撃以外のワザはすべて同じモーション。必殺ワザに違った特性を持つ。

DX

モデル替えキャラ 基になったキャラ 主な違い
ドクターマリオ マリオ 一部のワザの性質が異なり、火力はあるが追撃しにくい。復帰力もやや心許ない。
こどもリンク リンク 体が小さいため軽くて吹っ飛びやすく、火力もない。また剣先が非常に弱く、体の小ささも相まって接近戦は不得手。そのぶん運動能力が高く、蹴りワザや飛び道具に優れている。
ファルコ フォックス ジャンプの高さに優れ、落下速度が早い。そのため横の動きに優れるフォックスに対し、縦の動きに優れる性能。また体格がやや大きめで、リーチにも優れる。
ピチュー ピカチュウ 電気系の攻撃で自傷ダメージを負ううえ、決定力もなく体重も最も軽いと公式で最弱とされるファイター。ただし体躯の小ささや機動力の高さに加え、着地隙が飛び抜けて小さいという強みがある。
ガノンドロフ C・ファルコン 非常に重く、殆ど全てのワザが決定打になるパワーファイターと化している。そのぶん運動性能は全キャラ中最低クラスで、シビアな立ち回りを要求される繊細かつ豪快なモデル替えキャラ。
ロイ マルス マルスと真逆の性質で、剣先より根本が強い。また空中ワザが弱い・体が軽いなど、基本性能が元ファイターよりかなり控えめになっているが、横スマッシュ攻撃や必殺ワザが高性能で、爆発力は高め。

X

本作からガノンドロフファルコは専用のモデルを持つようになったため、モデル替えキャラは存在しないが、トゥーンリンクリンクを基にしたワザを多く保有している。また、ウルフリュカはそれぞれフォックスネスと同じような必殺ワザを使うがモーションは異なっており、通常ワザに至ってはまったく異なるアクションを取る。

リュカについては、最初はネスのモーションを移殖してからオリジナルのアクションの制作が進められていたことが語られている[10]

3DS/Wii U

開発者によると、3体とも元々はカラーバリエーションとして制作が進められたもので、途中でバランス的な個性がついたために独自のファイターとして制作されたことが語られている[11]

モデル替えキャラ 基になったキャラ 主な違い
ドクターマリオ マリオ 『DX』のコンセプトを突き詰め、ワザの持続に優れる鈍足高火力のファイターになった。マリオの一部のワザは『X』で変更されたが、こちらは当時と同じワザを使う。
ルキナ マルス 剣の判定がマルスと異なり、どこで当てても威力が変わらない。また、マルスより体格がやや小さく、剣も短い。通常・下必殺ワザは独自のモーションが用意されている。
ブラックピット ピット 攻撃ワザは一部を除きほぼ同性能。全体的に弱体化が目立つが、横必殺ワザだけは大幅に強化されている。また、最後の切りふだが別のワザに差し替えられている。

ワザ以外の基礎的なモーションは殆ど元ファイターと同じだが、ドクターマリオは待機モーションが差し替えられているほか、アピールのキャンセルタイミングなども変更されている。
また、ルキナも体格の変更に伴って歩きや走行モーションの早さに手が加えられている。

SP

ピーチのダッシュファイターであるデイジー

本作では「ダッシュファイター」という概念が登場し、過去作以上に区別されるようになった。今までのモデル替えキャラとは異なり元のファイターと使用感に大きな差が出ないようにすることが念頭に置かれており、前作にあった細かな違いの一部は本作では統一されていたりする。

ダッシュファイターは基本的な体術が他ファイターを基にしており[12]、ワザの威力や運動性能もオリジナルファイターに対してほぼ同等となっている[13]ため、基本的な性能に大きな差異は見られない。

とはいえモーションが完全に同じというわけではなく、一部ワザのモーションや性能、基礎モーションが異なる等の違いもある。

ダッシュファイターは元のファイターと同じ番号が振られており、ファイターセレクト画面でも元キャラの右隣にマスが配置されている。また、元のファイターと同じマスにまとめて表示できるオプションの機能も付いている。


ダッシュファイター 基になったキャラ 主な違い
ルキナ マルス 通常・下必殺ワザが独自モーション。剣の判定がマルスと異なり、どこで当てても威力が変わらない。前作にあった剣の長さに体格差、またはそれに付随する性能差はほぼなくなった。
ブラックピット ピット 通常・横必殺ワザの性能差がより大きくなり、攻撃的な性能に。また、最後の切りふだの性能は全く異なる。前作における一部通常ワザの弱体化はなくなった。
デイジー ピーチ ワザの性能に一切違いがない唯一のダッシュファイター。一部基礎モーションとエフェクトの多くが変更。低めの身長と基礎モーション変更の影響で、喰らい判定がわずかに横に伸び、縦に縮んでいる。
リヒター シモン 体格が少し小さく、一部基礎モーションも異なる。また、下必殺ワザがダメージ固定の波導属性に変更されている。なお、体格が小さい割に何故か喰らい判定が横方向に伸びている。
クロム ロイ 一部基礎・ワザモーションが変更され、火炎属性も削除。剣の判定がロイと異なり、どこで当てても威力が変わらないほか、一部ワザはリーチも異なる。また、上必殺ワザと最後の切りふだは独自モーション。
ダークサムス サムス 若干体格が大きい他、多くの基礎モーションが一新され、一部ワザも電撃属性になっている。数値上の変更は少ないが、運動性能の差は意外と大きくワザのリーチも一部変更されている。
ケン リュウ 性能差やワザの差異点が多く、本来は「ダッシュファイター」の定義に当てはまらない「サービス多めのダッシュファイター」。
大まかには「リュウよりも打撃戦でのラッシュ性能・対空撃墜力に重きを置いた」性能。

この中で、待機や走行などの基礎的なモーションが元ファイターと全く同じなのはブラックピットとルキナのみ(ルキナは本作で同じになった)。
旧作でモデル替えキャラだったこどもリンクピチューは体格や運動性能のほか、ワザの性能やモーションに至るまで全く異なる。特にピチューは共通のモーションが何一つとして存在しないという徹底ぶりで、「ダッシュファイター」の定義から完全に外れている。また、基になったファイターの方がシリーズを重ねるごとが変化しているため相対的に差別化点も増えている。

ドクターマリオは前作までと同様にモデル替えキャラではあるが、ワザの性質や基礎の運動性能が「ダッシュファイター」の範疇から外れる程に大きく変化している。また、本作では下空中攻撃や横必殺ワザにも新たなモーションが与えられており、よりマリオとの差別化が進んだと言える。

新規参戦ファイターの一人であるしずえについては、むらびととは一見差異点が少ないように見えるが、性能だけでなく細かい体型・動作が大幅に異なる関係で、ダッシュファイター扱いはされていない

また追加コンテンツである切り替え式のファイターホムラ/ヒカリも、必殺ワザ・アピール以外多くの動作を共有しているが、運動性能・ワザ性能双方が差別化されているためか、ポケモントレーナーの各ファイターと同様、個別にファイター番号が振られている。

備考

脚注

  1. 用語の初出は『DX』の速報スマブラ拳!!速報スマブラ拳!!:ピチュー
  2. 「Echo」とは反響や模倣という意味の英単語。
  3. 「′」記号は、一般的にはプライム記号と呼ばれており、数学的には例としてとある要素"A"に類似するものをA′のように表記して表現する。
  4. 海外では「Echo」の頭文字を取った「ε」(イプシロン)が用いられている。
  5. 運動性能や各種演出に加え、立ち状態ダッシュ攻撃下強攻撃、各種必殺ワザが異なる。
  6. 骨格のほか、弱攻撃下強攻撃はマリオ及びルイージをベースとしている。
  7. 骨格のほか、ダッシュ攻撃上強攻撃下スマッシュ攻撃を流用している。
  8. 通常ワザの多くが流用されている。
  9. ファイアーエムブレム25周年記念インタビュー
  10. 週刊ファミ通 2008年2月29日増刊号 直撃!!桜井政博さんインタビュー 新規参戦キャラクターについて聞く 後編
    “リュカはネスの強化版というか。まずはネスのモーションをどんどん移植して、時間があったら専用の動きを作る予定でした。ですがモーションデザイナーの努力もあって、いろいろと違うワザを織り込むことができました。”
  11. 桜井政博のゲームについて思うこと VOL.463
  12. 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL E3 2018 28分10秒~
  13. シリーズ最新作『スマブラSPECIAL』は歴代ファイター全員参戦で12月7日に開幕!気になる新要素をまとめてみました。 | トピックス | Nintendo
  14. 「スマブラDX」では基礎モーションや幾ばくかの攻撃モーションにおいて、ピーチからの流用がみられる。
  15. 15.0 15.1 内部データ上はアイクとして枠が確保されていた。
  16. 内部データ上はゼロスーツサムスとして枠が確保されていた。
  17. 解析により、クッパJr.をベースに制作された痕跡が確認されている:Meshima Twitter
  18. 基礎モーションの多くがリンクと共通している。ワザのモーションはリンクなど複数のファイターからの流用が多々見受けられる。
  19. 解析により、キャプテン・ファルコンをベースに制作された痕跡が確認されている:Meshima Twitter
  20. スマブラ拳!! (64):アンケート集計拳!!
  21. 速報スマブラ拳!!:アンケート集計拳!!
  22. 桜井政博のゲームを作って思うこと2 3P 従来のファイターの調整点

外部リンク