大乱闘スマッシュブラザーズWikiでは、記事の加筆・検証・修正等に参加・協力してくださる方を必要としています。編集に参加する際には必ず、大乱闘スマッシュブラザーズWiki:編集ガイドライン‎及びファイターページの編集をご確認ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。また、デスクトップビューではモバイルビューよりも高機能な編集が可能です。

マリオ (SP)

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
曖昧さ回避 この項目では、『スマブラSP』のファイターとしてのマリオについて説明しています。このキャラクターの原作での活躍、アクションの元ネタなどについては「マリオ」をご覧ください。
マリオ
公式絵 SP マリオ.png
シンボル スーパーマリオブラザーズ.png
出典マリオシリーズ
他のスマブラへの参戦スマブラ64スマブラDXスマブラXスマブラfor
種類基本キャラクター
参戦ナンバー01

マリオ(Mario)は、『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』に登場するファイター。参戦ナンバーは01。

アドベンチャーモードでの解放地点

ファイター性能

言わずと知れたゲーム界の歴史を担うキャラクターの一人。『スマブラ』においてはオールラウンダーを体現し、様々な場面に対応できるバランスの良いファイターに仕上がっている。

マリオの強みはワザの早さ。手足が短くリーチには劣るものの、発生の無さは抜きん出ており、スピードタイプのファイターをも凌駕する。そのため連係#コンボなど、手数で攻め立てる立ち回りが得意。
また、通常ワザから必殺ワザまで多様なものを取り揃えており、やれることの多さは随一。運動性能の高さも相まって間合いをあまり気にせず戦えるので、自分の優位な土俵に相手を引き込める点こそがマリオ最大の魅力と言える。

ただし、攻撃スピードの面を除けばクッパのようなパワーと耐久力、リンクのような長リーチ、フォックスのような移動スピード、カービィのような復帰力などの突出した強みが無く、圧倒的優位な状況を作るのは難しい。
また、他ファイターでよく見られる「立ち回りの主軸となる飛び抜けて高性能なワザ」を持たないため、あらゆるワザを臨機応変に使い分けて立ち回るプレイヤーの地力が要求される。

上記の点からマリオは、基本的なアクションを覚え、ワザの性質を理解し、全てのワザを適宜使いこなす事で真価を発揮する、上級者向けとしての一面を併せもつファイター。
プレイヤーが磨き上げた経験で、持ち前の対応力をあらゆる状況に活かし、ミスタービデオゲームとして真の実力を見せつけるのだ。

長所と短所

  • 長所
    • 全体的に隙がなく、接近戦に長ける。
    • スマッシュ攻撃の隙が少なく反撃を受けにくいため、慣れていない相手に事故当たりを狙いやすい。
    • 空中攻撃の着地硬直が少なめで、出の早い攻撃に繋ぎやすい。
    • リーチの短さとの兼ね合いか、投げの性能も高め。後投げは直接撃墜が狙え、下投げ上投げはコンボ・連係の始動ワザになる。
    • 使い勝手の良い飛び道具通常必殺ワザ「ファイアボール」)と反射ワザ横必殺ワザ「スーパーマント」)を持つ。また、必殺ワザは全体的に相手の復帰ミスを誘発させやすいものが多い。
      • 「ファイアボール」は重力に従って落下するため、相手の斜め上から被せやすい。
      • 「スーパーマント」で相手の向きも変えられる。崖外の相手は行動が制限されている事が多いため、より効果的。
      • 下必殺ワザ「ポンプ」は横から復帰しようとする相手を安全に押し出せる
    • 極端な短所を持たず、どのファイターにも対抗する余地を完封されることは少ない。


  • 短所
    • つかみを含む各種打撃ワザのリーチが短いため、判定の強いファイターが苦手。
    • 「多くの場面で役に立つ優秀なワザ」が少なく、強みを一方的に押し付ける事ができない。
      • 全体的にワザの挙動自体は素直な方で、プレイヤーの癖を見切られると対処されやすい。持ち前の対応力を十分に発揮するには、ワザを使い分けるための相応の知識と対戦経験を要する。
    • ふっとばしに特に優れたワザが横スマッシュ攻撃の先端ヒットのみで、決定力は少し控えめ。
    • 上必殺ワザ「スーパージャンプパンチ」は復帰ルートの融通が利かず、距離にも劣る。

運動技能

マリオは歩行走行ステップ落下速度など、多くの性能が平均的であるものの、ジャンプ高度や空中横移動速度などは非常に高く設定されている。
空中での運動性能が高いため、マリオは非常に軽快かつ気持ち良く操作が行えるのである。

アイテム攻撃は平均的な性能のものが多いものの、ダッシュ攻撃に関してはその場で転倒(ここで判定が発生)し、→滑ったまま攻撃という流れをとるため、出始めの高威力部分で殆ど前進せず、当てにくいというデメリットがある。
ただし滑る関係上、リーチはなかなかのものである。

ジャンプ回数 2
カベジャンプ
カベ張りつき ×
しゃがみ歩き ×
各種運動性能の詳細についてはカテゴリ:パラメータの各ページを参照のこと。
他にもアクションから各種ページにてより詳しくご覧いただけます。

スマブラforからの変更点

前作ではスタンダードな性能ながら、「下投げ→上強攻撃」による高火力かつ安定したコンボ、持続部分で崖の2Fを突いた際、相手が崖メテオとなるダッシュ攻撃、上方場外付近で当てれば早期撃墜も可能な上必殺ワザなどの、尖った強みを本作では全て失った。が、その分は本作のシステム面の変更による恩恵でもって補っている。

隙の短さが優秀な弱・強攻撃がステップ走行ブレーキの直後に発動可能になり、各空中攻撃の着地硬直が減少したことでコンボ性能が更に強化。一段とコンボのレパートリーに富んだファイターになった。

  • その他マリオの帽子は、『スーパーマリオ オデッセイ』の"キャッピー"になった。キャッピーは上必殺ワザのヒット時や横アピールを出すと顔を見せる。
  • その他空中回避やガケつかまりなど、多くのモーションに細かな変更がなされた。
  • 強化歩行最高速度増加: 1.1 ⇒ 1.155
  • 強化走行最高速度増加: 1.6 ⇒ 1.76
  • 強化ステップ速度増加: 1.6 ⇒ 1.936
  • 強化ブレーキ力増加: 0.045 ⇒ 0.102
  • 強化空中横移動最高速度増加: 1.15 ⇒ 1.208
  • 落下加速度減少: 0.08715 ⇒ 0.087
  • 小ジャンプ高度増加: 17.539339 ⇒ 17.54
  • 大ジャンプ高度減少: 36.331814 ⇒ 36.33
  • 空中ジャンプ高度減少: 36.331814 ⇒ 36.33
  • 強化ジャンプ踏切高速化: 5F ⇒ 3F (※全ファイター共通)
  • 前方回避
    • 弱体化無敵F減少: 4F-16F ⇒ 4F-15F
  • 後方回避
    • 弱体化後隙増加: FAF: 30F ⇒ 35F
    • 弱体化無敵F減少: 4F-16F ⇒ 5F-15F
  • その場回避
    • 強化後隙減少: FAF: 27F ⇒ 26F
  • 空中回避
    • 強化無敵F増加: 3F-27F ⇒ 3F-29F
    • 弱体化後隙増加: FAF: 33F ⇒ 53F
  • 弱攻撃
    • 1段目と2段目のダメージ変更: 2.5%/1.5% ⇒ 2.2%/1.7% [1段目/2段目]
      • 弱体化合計ダメージは8.0%から7.9%に微減した。
    • 強化1段目のキャンセル可能F高速化: 9F ⇒ 6F
    • 強化次の段へのキャンセル可能F高速化: 8F/7F ⇒ 5F/6F [1段目/2段目]
    • 強化3段目の発生高速化: 7F ⇒ 3F
      • 上記の変更により、次の段に繋ぎやすくなった。
      • 弱体化ただし、全体Fに変更はなかったため、結果的に後隙が増加した。
  • ダッシュ攻撃
    • 強化前進距離が伸びた。
    • 強化出始めのベクトル変更: 60° ⇒ 50°
      • より水平に飛ばし、崖際での撃墜や復帰阻止がしやすくなった。
    • 弱体化持続のベクトル変更: 110° ⇒ 48°
      • 追撃しにくくなった。また、前作では後ろ向きに相手を飛ばし崖掴み中の相手に当てれば崖メテオが可能だったが、本作ではそれができなくなり、持続ヒットも前方向に飛ばすようになった。
  • 横強攻撃
    • リアクション値変更: 8/100 ⇒ 55/70 [BKB/KBG]
      • 強化低%の相手にヒットした時に牽制として機能しやすくなった。
      • 弱体化高%の相手に対するふっとばしが弱くなり、撃墜%が上がった。
    • 強化後隙減少: FAF: 31F ⇒ 25F
  • 上強攻撃
    • その他モーションが少し変わり、手前を向いてアッパーするようになった。
    • 弱体化攻撃判定の横幅が小さくなり、高い位置から発生するようになったため、体格の大きいファイター以外の一部に対しては地上で当てることができなくなった。
  • 下強攻撃
    • その他手前から奥に向けて蹴りから、奥から手前に向けて蹴る動作になった。
  • 横スマッシュ攻撃
    • ダメージ変更: 17.85%/14.7% / 17.0%/14.0% / 17.51%/14.42% [先端/先端以外][シフト:上/無/下] ⇒ 17.7%/14.7% [先端/先端以外]
      • 強化シフトによらず威力が一定になり、上シフトに近い威力に増加した。
  • 上スマッシュ攻撃
    • その他モーションが少し変わり、向いている方向が逆になった。本作ではスマッシュホールドで背を向き、攻撃時に顔を見せる。
  • 下スマッシュ攻撃
    • ワザ変更その他「ダブルキック」から「ブレイクスピン」に変更された。モーションが少し変わり、両足揃えで回し蹴りから、ワザ名の通りブレイクスピンで回し蹴りするようになった。
  • ニュートラル空中攻撃
  • 前空中攻撃
    • 強化対地メテオが受け身不可になったことにより、コンボしやすくなった。
    • その他モーションが変わり、体を大きく反らせ手前に向けてパンチするようになった。
    • 強化着地硬直減少: 26F ⇒ 17F
  • 後空中攻撃
    • 強化着地硬直減少: 12F ⇒ 6F
  • 上空中攻撃
    • 弱体化持続F減少: 4F-8F ⇒ 4F-7F
    • 強化後隙減少: FAF: 32F ⇒ 31F
    • 強化オート着地キャンセル可能F高速化: 18F ⇒ 17F
    • 強化着地硬直減少: 12F ⇒ 6F
  • 下空中攻撃
    • 強化ダメージ増加: 計10.0% (1.0%*5+5.0%) ⇒ 計12.5% (1.4%*5+5.5%)
    • 強化最終段の発生高速化: 25F ⇒ 23F
      • 連続ヒットしやすくなった。
      • 弱体化ただし、全体Fに変更はなかったため、結果的に後隙が増加した。
    • 強化オート着地キャンセル可能F高速化: 33F ⇒ 32F
    • 強化着地硬直減少: 19F ⇒ 15F
    • 弱体化Landing Sync」が使用できなくなった。
    • その他最終段のモーションが若干変わり、手を広げるポーズになった。
  • つかみ
    • 弱体化ダッシュつかみと振り向きつかみの発生鈍化: 8F/9F ⇒ 9F/10F [ダッシュ/振り向き]
    • 弱体化全てのつかみの後隙増加: FAF: 29F / 36F / 34F ⇒ 34F / 42F / 36F [立ち/ダッシュ/振り向き]
  • つかみ攻撃
    • 弱体化ダメージ減少: 3.25% ⇒ 1.3%
    • 強化動作Fが大幅に減少し、連射しやすくなった。
      • 発生: 16F ⇒ 1F / 後隙: FAF: 24F ⇒ 7F
    • ヒットストップ増加: 5F ⇒ 14F
    • その他モーションが少し変わり、両腕掴みから片腕掴みの姿勢で頭突きするようになり、掴みのモーションから一貫したものになった。
  • 投げ各種
    • 相手ファイターの体重によって、モーション速度が変化しなくなった(投げ後の追撃のしやすさが一定になった)。
    • その他全ての投げのモーションが少し変わり、体をより大きく動かすようになった。
  • 前投げ
    • ワザ変更その他ワザ名が「ヒコーキ投げ」から「ふり抜き投げ」に変更された。
  • 後投げ
    • 上記の投げ全般以外の変更点確認されず。
  • 上投げ
    • 上記の投げ全般以外の変更点確認されず。
  • 下投げ
    • その他投げ後のモーションが変わり、体を回転させなくなった。
  • 通常必殺ワザ「ファイアボール」
    • 強化後隙減少: FAF: 53F ⇒ 50F
    • その他地上で使用した時、口を閉じたままワザを出すようになった。
  • 横必殺ワザ「スーパーマント」
    • その他モーションが変わり、マントを手前に振るようになった。また、『スーパーマリオワールド』と同じようにマントを首に巻くようになった。
  • 上必殺ワザ「スーパージャンプパンチ」
    • 弱体化連続ヒットのダメージ減少: 1.0% ⇒ 0.6%
      • 合計ダメージは12.0%から11.0%に減少した。
    • 弱体化ガケつかまり可能タイミングが遅くなった。
    • 弱体化リアクション固定値ほかほか補正の適用外になり、上方場外付近で当てても早期撃墜できなくなった。
    • その他ヒットした時に表示されるコイン・効果音が、30%の確率で『スーパーマリオ オデッセイ』の"都市の国 ニュードンク・シティ"の「ローカルコイン」に変わるようになった。
    • その他使用後のしりもち落下の姿勢が少し変わり、顔を手前に向け、おしりを大きく出さずに片足を曲げたポーズになった。また、着地時のポーズはしりもちで着地から大着地に似た足を付けた着地に変わった。
  • 下必殺ワザ「ポンプ」
    • 強化放水の射程距離が伸びた。
    • 強化ジャンプでのキャンセルが可能になった。
    • 強化後隙減少: 75F ⇒ 68F
    • その他溜め中、体を高めに曲げるようになった。
  • 最後の切りふだ「マリオファイナル」
    • ダメージの判定が変更され、遠くから当てた時ほどダメージが増加するようになった。
    • 弱体化ふっとばし力が減少した。
  • ガケのぼり攻撃
    • 強化ダメージ増加: 7.0% ⇒ 9.0%
  • その他上アピールと横アピールが一新された。

更新履歴

Ver.1.1.0

変更点確認されず。

Ver.1.2.0

変更点確認されず。

Ver.2.0.0
  • ダッシュ攻撃
    • ベクトルが 60° > 58° から 50° > 40° に変更された。 [始 > 持続]
  • チャージ切りふだ
    • 最後の切りふだに対するふっとばし倍率増加が 0.9倍 から 0.91倍 に増加した。
Ver.3.0.0
  • 通常必殺ワザ
    • シールド削り値が 0.0 から -2.5/-2.0 に減少した。 [始 > 持続]
  • 最後の切りふだ&チャージ切りふだ
    • 開始時に周囲の相手をスローにする時間が 60F から 75F に変更された。
    • 開始時のスロー中のスロー倍率が 1/10倍 から 1/20倍 に変更された。
Ver.3.1.0

変更点確認されず。

Ver.4.0.0
  • その他
    • ねむり状態から醒めたときのモーションの全体フレームが他のファイターと統一された。
Ver.5.0.0
  • その他
    • 非公開その場ガケのぼりのモーションが、何らかのかたちで変更された。
Ver.6.0.0

変更点確認されず。

Ver.7.0.0

変更点確認されず。

Ver.8.0.0
  • 最後の切りふだ
    • ダメージが 2.0% > 2.5% > 3.0% (2.4% > 3.0% > 3.6%) から 2.5% > 3.0% > 3.5% (3.0% > 3.6% > 4.2%) に増加した。 [始 > 持続1 > 持続2]
    • 判定位置が (0.0, 0.0, 0.0) から (0.0, -3.0, 0.0) ~ (0.0, 3.0, 0.0) に変更された。
      • 攻撃判定が内側・外側両方に拡大した。


ワザ

  • より詳細な情報は、ワザ詳細ページを参照。
  • 与えるダメージの数値は、以下の倍率補正が適用されていない状態のものを記載する。
  • 撃墜%は、特に説明がない限り、トレーニングモードで"終点"中央のマリオ(無操作状態)を一撃で撃墜できた時の蓄積ダメージを記載する。実際の対戦では、それ以上の蓄積ダメージを要するので注意。
  • 通常攻撃のワザ名は、公式攻略本より引用。

簡易ワザ表

ワザ ダメージ 発生 撃墜%
弱攻撃 計7.9%
(全3段)
2F -
ダッシュ攻撃 6-8% 6F -
横強攻撃 7% 5F -
上強攻撃 5.5% 5F -
下強攻撃 5-7% 5F -
横スマッシュ攻撃 14.7-24.9% 15F 100-51%
上スマッシュ攻撃 14-19.6% 9F 124-83%
下スマッシュ攻撃 10-16.7% 5F 145-81%
ニュートラル空中攻撃 5-8% 3F -
前空中攻撃 10-14% 16F 61-214%
後空中攻撃 7-10.5% 6F 155-277%
上空中攻撃 7% 4F 185%
下空中攻撃 計12.5%
(全6段)
5F 184%
つかみ - 6F -
つかみ攻撃 1.3% - -
前投げ 8% - -
後投げ 11% - 168%
上投げ 7% - -
下投げ 5% - -
通常必殺ワザ 4-5% 17F -
横必殺ワザ 反射
(1.5倍)
12F -
上必殺ワザ 計11%
(全7段)
3F -
下必殺ワザ - 20F -
最後の切りふだ 計71% 4F -


アピール

  • 上アピール
    背を向けた姿勢でサムズアップ。
  • 横アピール
    帽子を投げると、キャッピーが目を見せて1ターンする。
  • 下アピール
    宙で回って背中から落ちる。『ドンキーコング』でミスした時のアニメーション。
上アピール 横アピール 下アピール
マリオ (SP) 上アピール.gif マリオ (SP) 横アピール.gif マリオ (SP) 下アピール.gif


待機モーション

  • 帽子をいじる。
  • 拳を構えてファイティングポーズ。
マリオ (SP) 待機モーション (1).gif マリオ (SP) 待機モーション (2).gif


登場演出

マリオ (SP) 登場演出.gif

土管から「Let's Go!」とジャンプして登場。

勝利演出

  • 勝利ファンファーレ:『スーパーマリオブラザーズ』ステージクリアBGM
    • ポーズ:十字ボタン←
      後ろで右腕をぐるぐる回して正面にパンチ。64の横スマッシュ攻撃が元ネタ。
    • ポーズ:十字ボタン↑
      右手を炎を出しながら正面に移動させ、右手を引きつつ逆の手を構える。
    • ポーズ:十字ボタン→
      唸ったあと回転ジャンプを決める。64のファイターセレクト画面で選択時の動作。
勝利演出・左 勝利演出・上 勝利演出・右
マリオ (SP) 勝利演出・左.gif マリオ (SP) 勝利演出・上.gif マリオ (SP) 勝利演出・右.gif

リザルト画面の拍手

やや大きめの動きで、斜めの角度で拍手。

スマブラSP 拍手 (1).gif


カラーバリエーション

頭アイコン SP マリオ 01.png
頭アイコン SP マリオ 02.png ストライプ 『ゴルフUSコース』『マリオオープンゴルフ』で見せたゴルフスーツを意識したデザイン[1]
頭アイコン SP マリオ 03.png 水色+ピンク 『マリオブラザーズ』の欧州NES版ファミコンミニ版のパッケージイラストにおける配色。
頭アイコン SP マリオ 04.png 黒い配色は『レッキングクルー』におけるブラッキーを髣髴とさせる。なお、『スマブラX』までは明確にブラッキーを意識したカラーだった。
頭アイコン SP マリオ 05.png アーケード版『マリオブラザーズ』ルイージを意識した配色だが、オーバーオールと服の色が逆になっている。また、『レッキングクルー』日本版パッケージイラストのマリオも緑色のシャツだが、あちらの帽子とオーバーオールは赤色。
頭アイコン SP マリオ 06.png ワルイージを意識した配色。ちなみに『ペーパーマリオRPG』では、特定のバッジの組み合わせで再現できる。
頭アイコン SP マリオ 07.png ビルダー 『スーパーマリオメーカー』で見せたヘルメットをかぶったマリオ、通称"ビルダーマリオ"。
頭アイコン SP マリオ 08.png ウェディング 『スーパーマリオ オデッセイ』で見せたウェディングスタイルのマリオ





戦術指南

攻撃面で最も活躍するのは隙の小さいワザでラッシュを畳み掛けることによる接近戦。ほとんどの撃墜択が100%台の蓄積ダメージを要するため、まずは近寄って攻撃を当て続けることを目指すことになる。
#コンボルートは豊富で、「#下強攻撃 or #上投げ#下投げ#上空中攻撃」などがダメージを稼ぎやすい。空中攻撃は使い分けがしやすく、地上から空中の相手を攻撃するとき或いは迎撃をするときは上空中攻撃と#上必殺ワザ、空中から攻め込むときは持続の長い#ニュートラル空中攻撃#下空中攻撃[2]、吹っ飛びを狙うのなら#前空中攻撃#後空中攻撃[3]という風に出していくと良い。

ダメージ蓄積のためのコンボが多いマリオだが、それだけではやや撃墜に困る部分があるため、時には大胆に撃墜を狙う択も重要になってくる。セオリー通りにスマッシュ攻撃をぶつける以外にも、相手を場外に飛ばした後に追撃を掛ける復帰阻止行動もできるようにすれば撃墜の選択肢を広げられる。復帰阻止に使えるワザは、空中攻撃の他にも、#横必殺ワザ#下必殺ワザがあり、これらは有効な相手や状況を選び難易度も高いものの成功すれば早い段階で相手を落下させることができる。他には下から復帰する相手に通常必殺ワザでダメージを与えるというのもある。
復帰阻止以外でも、中%台の相手に対しては、下投げ or 下強攻撃 → 小ジャンプ上空中攻撃 → 下り上空中攻撃 → 前空中攻撃 等々の撃墜を狙えるコンボもある。比較的早い段階から撃墜を狙えるため是非とも覚えたい。
更に安定した択として、高%帯の相手に対して崖奪いからの後空中攻撃で撃墜を狙うのも有効。マリオは、ステージ端から降りてすぐにガケに向けて横必殺ワザを放つことで簡単に崖奪いが出来る。

中~遠距離では、空中で#通常必殺ワザを出しながら飛び込んで連係、または後ろに引いて牽制を取ったりで揺さぶったり、飛び道具を主体とする相手には#横必殺ワザでカウンターをちらつかせる手がある。

最大の弱点である復帰は、上必殺ワザを出す前に横必殺ワザや急降下でタイミングをずらしてルートを読まれないように対策。横方向の復帰は移動空中回避が頼みの綱となる。
相手の攻撃が激しいときは、攻撃発生が早いニュートラル空中攻撃や無敵時間のある上必殺ワザで割り込んで脱出を試みて攻勢を取り返そう。

主な撃墜手段

  • 各種スマッシュ攻撃
    • 中量級なら120%程くらいからが狙い目。#横スマッシュ攻撃ならばより早い段階で撃墜できることも[4]。当てやすさはイマイチだが、隙が少なめで、外したり、ガードされたりした時のリスクが小さいため、多少強気に振っていける。特に#上スマッシュ攻撃はかなり反撃されにくい。
    • #横スマッシュ攻撃#下スマッシュ攻撃は判定が強いので突っ込んできた相手への迎撃や牽制している相手に突っ込むのにも使える。
  • #前空中攻撃
    • 場外戦で。出がやや遅いのが難点だが、場外で中間部分を当てればメテオとなり、早期から撃墜を見込める。
    • ステージ端で下投げをし、相手が空中回避をしたところに前空中攻撃を刺せる。同様にステージ端で前投げを使って少しふっとばし、相手が前慣性空中ジャンプを使って上から復帰するところに、大ジャンプからの前空中攻撃を合わせるのも王道。
    • また、下り上空中攻撃から繋ぐ事も可能。蓄積が40~50%程の相手には、小ジャンプ上空中攻撃からの下り上空中攻撃に次ぐ前空中攻撃が確定する。下投げや下強攻撃からのコンボにも組み込める。
  • #後空中攻撃 / #後投げ
    • 二つとも中量級&崖際という条件で#後投げは120%[5]程度、#後空中攻撃は150%程度から。マリオのスマッシュ攻撃やメテオは強力だが、リーチに難があるため慎重な相手には当てにくく、そのままズルズルと150%以上の蓄積になってしまう展開もありがち。それくらいの蓄積ダメージになると当てやすいこれらのワザでも撃墜可能になる。ただし、後空中攻撃のようななまじダメージ稼ぎにも使えるワザはワンパターン相殺がかかり易いため注意が必要。
    • 崖奪いから後空中攻撃を狙うのもあり。
  • #横必殺ワザ
    • 復帰阻止。上必殺ワザなどで戻ってくる相手をマントで反射。相手ファイターの向き、慣性、操作が反転するため早期撃墜も狙いやすい。
  • #下必殺ワザ
    • 復帰阻止。戻ってくる相手をポンプで押し出して落とす。復帰が弱いファイターには効果大。上下に方向調節が可能。2回連続で放つのも良い。

テクニック

[icon] この節の加筆が望まれています。

横必殺ワザ自動崖掴まり

横必殺ワザの発動直後の一瞬に崖掴まり判定が発生することを利用したテクニック。崖に向けて、崖と密着に近い距離で横必殺ワザを放つと、その直後に崖に掴まることが可能。
これを利用すると、空中ジャンプの上昇中に崖に掴まることが出来る。
また、崖からダッシュで降りた直後、後ろ向きに横必殺ワザを放つことで、台上からスムーズに崖に掴まることも出来る。崖奪いへの利用が主な用途。

コンボ

コンボルートはかなり豊富であり、それらを全て網羅することは困難なので、ここでは、基本的なもの、強力なもの、ほかのコンボを考える際のヒントになるもの、ユニークなものに絞る。

コンボが多いマリオだが、必ずしも確定コンボに拘る必要は無い。寧ろコンボの途中、確定ではないが当てればそこから新たに強力なコンボを繋げられるワザ、或いは撃墜可能なワザを、相手の回避や敢えて何もしないことを予測し、的確に当てる技術も時に重要。

下記のコンボリストでは上Bをコンボのフィニッシュとしているものが多いが、これはコンボの総ダメージを最優先にした場合のルートである(実際、コンボの〆を上Bにしたほうがダメージは多い)。もちろん上Bは相手が上方へふっとんでいく上、マリオがしりもち落下状態になるので、その後の状況はイーブンなものになりやすい。それよりも、上Bは放たずそのまま着地し、すぐに着地狩りに移行したり、近距離戦を継続するほうが、最終的にはダメージを多く稼げることもある。ただし、相手に暴れられ逆にこちらがダメージを受けたり、撃墜される可能性もあるので、相手プレイヤーの思考や傾向性を読みつつ行動を決めたい。

  • 【0~30%[6]上投げ空下空前 or 上B
    • 基本コンボその1。相手ファイターを選ばず決められるので、低%帯で掴んだらとりあえず上に投げよう。空前の方がダメージが高い。
    • 余談だが、CPのマリオもこのコンボを空下までだが繋げてくる。
  • 【25~35%】上投げ → 空上×2 → 上B or 空N or 空後
    • 基本コンボその2。空上を2回挟めるだけあって、総ダメージは上より少し高い。上Bには空Nよりもダメージを稼げるという利点が、空Nには、上Bよりも素早く次の行動に移れるという利点がある。状況に応じて〆ワザを変えよう。
  • 【25~35%】下投げ or 下強(SJ)空上 → 空上 → (SJ)空上 → (空J)空上 → 上B
    • 30%付近から使える応用コンボ。1on1なら最大52.6%与えられるため強力。
    • ピチュー以外の全ファイターに有効なので、覚えておけば戦いを大きく有利に進められる。
  • 【25~35%】下投げ → (SJ)空上 → 空N(出始め) → 横スマ
    • 応用コンボその2。横スマでステージから追い出したい時に使えるコンボ。
    • 下Bも上手く織り交ぜれば、相手によってはこれだけで撃墜できることも。
  • 【25~35%(※相手の行動に依存)】下投げ → (SJ)空上 → 空N(出始め) → D掴み → 上投げ → 空上×n → 上B
    • 応用コンボその3。つかみ部分が繋がるかは相手の行動によるので、奇襲程度に考えよう。
    • D掴みを挟まずに繋ぐ事も可能。D掴みを挟まない方がいいことも少なからずある。
  • 【35~45%】下強 or 下投げ → {(SJ)空上 →空N(出始め)}×0~2(崖際まで運ぶ) → (SJ)空上 → 空上 → 空前(メテオ)
    • 応用コンボその4。比較的早い段階から撃墜を狙えるコンボ。
  • 【30~40%(対リドリードンキーコングデデデキングクルールクッパ)】下強(密着) → 上強 → (SJ)空上×n → 空上×2 → 上B
    • 重量級の中でも特に体が大きい5体のファイターに対応した応用コンボ。上記のコンボより明らかに総ダメージ量が高く、69.3%もの大ダメージを与えることができる。
    • マリオで重量級を相手にする場合、ふっとばしによる撃墜に苦労するので、少しでもコンボでダメージを稼いでおきたい。
  • 【25~35%(対ピチュー)】下強 → (SJ)空上 → (空J)空上 → 上B
    • 対ピチュー用の応用コンボ。ピチューは上記の応用コンボが繋がらないため、コンボでダメージを稼ぐ場合、先述の基本コンボかこのコンボを使うことになる。
  • 【中%】(大J)空中NB → 空上 → 空前(メテオ)
    • 空中NBを利用したコンボ。崖際の相手なら撃墜可能。
  • 【中%】空N(出始め) or 空後 → (ダウン) → 弱×2(ダウン連) → 横スマ
    • ダウン連。受け身をとった相手には入らない。
  • 【40~65%】空前(メテオ) → 横スマ(50%以上始動で要上シフト)
    • 60%の中量級で多少崖端寄りなら、ずらされない限りそのまま撃墜できる。崖際ならクッパでさえ70%始動で撃墜確定。
    • 空前は動作中に急降下で近づいたり、小ジャンプで近づくなど、意表を突けば当てやすい。ダウン連の二択で積極的に狙ってみるのも悪くない。
    • ただし、65%からの始動でギリギリ繋がる程度なので安定して繋がるのは55~60%辺り。また、50%以上の始動なら横スマを上シフトで打ち込む必要がある。
  • 【110~130%】下強 → (反転)空後
    • 下強から撃墜を狙う際に使うコンボ。相手が中量級以下なら、崖際で決めればそのまま撃墜が可能。
      • ただし、「コンボ」としてはかなりシビアで、正確かつ迅速に操作しないと繋がらない。少しでも遅れると相手に避ける余地を与えてしまう。
    • マリオは決め手がやや少ないため、覚えておくと撃墜の幅が広がるはず。

対策

[icon] この節の加筆が望まれています。

オススメスキル

[icon] この節の加筆が望まれています。

投げ以外のあらゆる通常ワザと上必殺ワザを強化できる「身体攻撃強化」がオススメ。

装備スロットが3個あるアタッカーなら「腕攻撃強化」「足攻撃強化」「炎攻撃強化」などのスキルを持つものを選んでもよい。

1人用ゲームモード攻略

勝ちあがり乱闘

世界をまたにかけて
ROUND 1 頭アイコン SP リンク 01.png頭アイコン SP ゼルダ 01.png
通常戦 始まりの塔 地上BGM(ゼルダの伝説)[X]
ROUND 2 頭アイコン SP カービィ 01.png頭アイコン SP メタナイト 01.png頭アイコン SP デデデ 01.png
バトルロイヤル グリーングリーンズ グリーングリーンズ [DX]
ROUND 3 頭アイコン SP ドンキーコング 01.png頭アイコン SP ディディーコング 01.png
通常戦 いかだと滝 JUNGLE LEVEL [DX]
ROUND 4 頭アイコン SP ゼニガメ 01.png頭アイコン SP フシギソウ 01.png頭アイコン SP リザードン 01.png頭アイコン SP ピカチュウ 01.png ※2体ずつ登場
軍団戦 ポケモンスタジアム ポケットモンスター 赤・緑:メインテーマ [X]
ROUND 5 頭アイコン SP マルス 01.png頭アイコン SP クロム 01.png頭アイコン SP アイク 01.png
通常戦 闘技場 ストーリー5 出会い
ROUND 6 頭アイコン SP クッパJr. 02.png頭アイコン SP クッパJr. 06.png頭アイコン SP クッパJr. 04.png頭アイコン SP クッパJr. 05.png頭アイコン SP クッパJr. 03.png頭アイコン SP クッパJr. 07.png頭アイコン SP クッパJr. 08.png頭アイコン SP クッパJr. 01.png ※3体ずつ登場
軍団戦 ピーチ城 砦のボス(スーパーマリオブラザーズ3)
BONUS GAME
BOSS 頭アイコン SP クッパ 01.pngギガクッパ (SP) アイコン.png
通常戦⇒ボス戦
(連戦)
終点 魔王クッパ(スーパーマリオブラザーズ3)
ギガクッパ
元ネタ・備考
  • ROUND 5までは任天堂を代表するゲームシリーズとそのホームステージでそれぞれ統一されており、過去作の「シンプル」を踏襲した王道ルートとなっている。
    • サブタイトルは本ルートが『スーパーマリオ オデッセイ』のように世界を旅するイメージであることと、マリオが世界的に有名であることの両方の意味でつけられていると考えられる。
  • ROUND 2だけなぜかバトルロイヤルとなっている。原作初期ではこのカービィたち3名には特に同盟関係は無いことが由来か。
  • ROUND 6とBOSSは、マリオの宿敵クッパ軍団との対決。
    • ROUND 6でクッパ7人衆が登場する順番は、彼らの初登場作品である『スーパーマリオブラザーズ3』でのボスとしての登場順と一致している。
  • 全ルート中で倒すことになる敵ファイターの数が最も多い。特にROUND 6は軍団戦でありながらふっとびやすさの補正が薄くなりやすいため、ホンキ度9.9クリアの難易度が高い。

組み手

[icon] この節の加筆が望まれています。


スピリッツバトル出現データ一覧

メインファイターとして
No. 名前 ランク
0,021 メタルマリオ ACE
0,022 オバケマリオ NOVICE
0,034 キノじい NOVICE
0,075 星船マリオ HOPE
0,078 キャッピー HOPE
0,081 ぶーぶーカート HOPE
0,085 Bダッシュ ACE
0,119 キッド NOVICE
0,128 コンドゥ & トーレ NOVICE
0,130 ラビッツマリオ HOPE
0,132 マリオ(マリオテニス エース) ACE
0,299 ベビィマリオ ACE
0,816 ドドロ NOVICE
0,941 フォン・カイザー NOVICE
1,147 マルヒゲ屋店長 HOPE
1,300 サイコロ NOVICE
お供として
No. 名前 ランク
0,027 ベビィピーチ HOPE
0,029 ピーチ(ウェディングスタイル) ACE
0,079 ポリーン LEGEND
0,104 ジーノ LEGEND
0,108 イエロースター HOPE
0,118 ワンダ NOVICE
1,107 謎のザコ敵軍団 HOPE
1,321 キノピーチ ACE
1,426 オリビア HOPE

公式スクリーンショット

脚注

  1. ディレクターズルームの投稿 2014/7/10
    マリオは、まさかの出典『ゴルフUSコース』のデザインです。『マリオオープンゴルフ』の方が有名かも?
  2. #ニュートラル空中攻撃は着地間際、#下空中攻撃は空中で攻撃を出し切れる場面で使うとよりコンボがつなげやすい。
  3. 特に#後空中攻撃は硬直が極端に短いため、蓄積ダメージが少ないうちはショートジャンプと同時に出せば続けざまに空中攻撃でコンボできる。繋げやすさで考えると後空中攻撃を連続で繰り出すのが最も無難だが、反撃を許しにくい#ニュートラル空中攻撃へ繋ぐルートも悪くない選択。
  4. 崖際先端であれば70%台からの撃墜も視野に。
  5. 緩和込みなら140%ほど。
  6. 始動時の相手の蓄積%。特記なき限り、マリオを前提とする。

外部リンク


ファイター (SP)
01-12 マリオ - ドンキーコング - リンク - サムスダークサムス - ヨッシー - カービィ - フォックス - ピカチュウ - ルイージ - ネス - キャプテン・ファルコン - プリン
13-26 ピーチデイジー - クッパ - アイスクライマー - シーク - ゼルダ - ドクターマリオ - ピチュー - ファルコ - マルスルキナ - こどもリンク - ガノンドロフ - ミュウツー - ロイクロム - Mr.ゲーム&ウォッチ
27-44 メタナイト - ピットブラックピット - ゼロスーツサムス - ワリオ - スネーク - アイク - ポケモントレーナー (ゼニガメフシギソウリザードン) - ディディーコング - リュカ - ソニック - デデデ - ピクミン&オリマー - ルカリオ - ロボット - トゥーンリンク - ウルフ
45-63 むらびと - ロックマン - Wii Fit トレーナー - ロゼッタ&チコ - リトル・マック - ゲッコウガ - Miiファイター (格闘剣術射撃) - パルテナ - パックマン - ルフレ - シュルク - クッパJr. - ダックハント - リュウケン - クラウド - カムイ - ベヨネッタ
64-69 インクリング - リドリー - シモンリヒター - キングクルール - しずえ - ガオガエン
70-76
(DLC)
パックンフラワー - ジョーカー - 勇者 - バンジョー&カズーイ - テリー - ベレト/ベレス - ミェンミェン
マリオシリーズ
ファイター マリオ:64/DX/X/for/SP - ルイージ:64/DX/X/for/SP - ピーチ:DX/X/for/SP - クッパ:DX/X/for/SP - ドクターマリオ:DX/for/SP - ロゼッタ&チコ:for/SP - クッパJr.(クッパ7人衆):for/SP - デイジー:SP - パックンフラワー:SP
ステージ ピーチ城 上空 - いにしえの王国 (64) - ピーチ城 - レインボークルーズ - いにしえの王国 (DX) - いにしえの王国 USA - ドルピックタウン - いにしえっぽい王国 - エイトクロスサーキット - ルイージマンション - マリオブラザーズ - 3Dランド - 野原 - レインボーロード - ペーパーマリオ - マリオUワールド - マリオギャラクシー - マリオサーキット (Wii U) - スーパーマリオメーカー - ニュードンク市庁舎
アイテム POWブロック - キラー - - こうら(ミドリ/アカ) - サッカーボール - サンダー - スーパースターリング - スーパーキノコ - スーパーこのは - スーパースター - 毒キノコ - トゲゾーこうら - パサラン - バナナのかわ - ファイアバー - ファイアフラワー - ブーメラン - フリーザー - ボムへい - 緑ブロック
アシストフィギュア ジュゲム&トゲゾー - ドッスン - ハエと手 - ハンマーブロス - ワルイージ - ワンワン
ボスキャラ メタルマリオ(&メタルルイージ) - ボスパックン:X
敵キャラ カメック - キラー - キラー砲台 - クリボー - ケロンパ - ジュゲム&トゲゾー - でかクリボー - トゲメット - ノコノコ - ハンマーブロス - パタパタ - ヘイホー - マグナムキラー - ワンワン
その他の出演 キノピオ - キャッピー - ジーノ - トッテン - ポリーン - ポンプ
音楽 マリオシリーズの音楽の一覧 - マリオカートシリーズの音楽の一覧
スピリット マリオシリーズのスピリットの一覧/対戦データ
関連シリーズ ドンキーコングシリーズ - ヨッシーシリーズ - ワリオシリーズ - レッキングクルーシリーズ