【編集に関するおしらせ】編集に参加する際には、大乱闘スマッシュブラザーズWiki:編集ガイドライン‎をご確認ください。

【編集に関する重要なおしらせ】ファイターページの編集を円滑にするため、編集者のご協力をお願いします。
詳しくは、大乱闘スマッシュブラザーズWiki:編集ガイドライン/ファイターページの編集‎をご覧ください。

ピーチ (SP)

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
移動先: 案内検索
執筆の途中です この項目「ピーチ (SP)」は、まだ書きかけの項目です。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています。
曖昧さ回避 この項目では、『スマブラSP』のファイターとしてのピーチについて説明しています。このキャラクターの原作での活躍、アクションの元ネタなどについては「ピーチ」をご覧ください。
ピーチ
公式絵 SP ピーチ.png
シンボル スーパーマリオブラザーズ.png
出典マリオシリーズ
他のスマブラへの参戦ピーチピーチピーチ
種類アンロックキャラクター
参戦ナンバー13

ピーチ(Peach)は、『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』に登場するファイター。参戦ナンバーは13。

ワザ目次

弱攻撃
ダッシュ攻撃
横強攻撃
上強攻撃
下強攻撃
横スマッシュ攻撃
上スマッシュ攻撃
下スマッシュ攻撃
ニュートラル空中攻撃
前空中攻撃
後空中攻撃
上空中攻撃
下空中攻撃

つかみ
つかみ攻撃
前投げ
後投げ
上投げ
下投げ
通常必殺ワザ
横必殺ワザ
上必殺ワザ
下必殺ワザ
最後の切りふだ
おきあがり攻撃
ガケのぼり攻撃
アピール


解放条件[編集]

ファイター性能[編集]

キノコ王国のお姫様。家来を従えてはいるものの、王女なのか君主なのかそのあたりの事情は定かではない。
女性のファイターとはいえ、か弱さはあまり感じられず、パラソル、テニスラケット、ゴルフクラブやフライパンを用いた攻撃や、王冠やハイヒールによる打撃ワザはそれなりにパワフル。

ピーチ固有の特殊技能として「空中浮遊」を持ち、これを活かした空中戦が最大の特徴。
浮遊中は移動と攻撃が可能で、それを利用し、相手の攻撃を誘い攻撃をすかしたところにカウンターを決めていくといった使い方ができる。それから、移動しながらワザを出すことで、ガードに対しても比較的ローリスクで強気に攻撃を被せていくこともできる。入力方法によっては、地上スレスレの低空で浮遊することもでき、地上戦にも応用が利く。他のファイターには真似のできない独特な立ち回りを展開することが可能。
また、浮遊は復帰にも貢献し、さらに復帰ワザの移動性能も高いため、横方向への復帰力は非常に高い。一発の攻撃で倒されない限りほぼ確実に復帰できるほど。

また、前作と比べると地上での運動性能が劇的に改善されている。ワザの発生も全般的に早いため、今作においては地に足をつけた地上戦が立ち回りの主となる。
しかし、ややパワー不足で決定力はイマイチ。ふっとばしに関しては不得意と言わざるを得ない。…とはいえ、ふっとばしの弱さはコンボには有利に働く。ダメージを蓄積する能力も加味すると、火力はなかなか悪くない。

  • 長所
    • 空中浮遊による独特の挙動を持つ。任意の高度を維持したまま移動と攻撃ができ、地上でも空中でも差し合いの能力が高い。
    • 地上・空中ともにワザの発生が全体的に早い。魔法や道具を使った攻撃の判定は強めに設定されており、割り込みは得意分野。
    • 相手を適度に浮かせるワザが多く、攻撃の繋ぎがしやすい。強攻撃や空中攻撃を主体としたラッシュが強力。
    • 復帰力が高く、空中浮遊と#上必殺ワザ「ピーチパラソル」とを合わせた横方向の復帰距離はトップクラス。
  • 短所
    • 空中での運動性能に難がある。
      • 対地攻撃もあまり強いほうではないため、いったん空中に打ち上げられてしまうとなかなか着地させてもらえず、一方的な展開になることも。
    • ワザのふっとばし能力は全体的に低め。決定力不足が悩みの種。
    • 体重が軽いためふっとびやすく、頭身の影響で当たり判定も大きいため、コンボを受けやすい。
    • 優秀な横方向の復帰力に比べ、縦方向の復帰力は平凡以下。メテオワザにやや弱い。

運動技能[編集]

ジャンプ回数 カベジャンプ カベ張りつき しゃがみ歩き
2 × × ×
  • 固有の専用アクション・テクニック「空中浮遊」が使える。

スマブラfor Ver.1.1.7 からの変更点[編集]

  • 弱攻撃
  • ダッシュ攻撃
  • 横強攻撃
  • 上強攻撃
  • 下強攻撃
    • 強化発生高速化・後隙減少: 13F/28F ⇒ 8F/24F [発生/後隙]
    • 強化対地メテオが受け身不可になった(メテオ全般の仕様変更)。
      • 上記の変更により、コンボしやすくなった。
    • 弱体化腕部の無敵が無くなった。
  • 横スマッシュ攻撃
  • 上スマッシュ攻撃
  • 下スマッシュ攻撃
  • ニュートラル空中攻撃
    • 強化着地硬直減少: F ⇒ F
  • 前空中攻撃
    • 強化着地硬直減少: F ⇒ F
  • 後空中攻撃
    • 強化着地硬直減少: F ⇒ F
  • 上空中攻撃
    • 強化着地硬直減少: F ⇒ F
  • 下空中攻撃
    • 強化着地硬直減少: F ⇒ F
  • つかみ
  • つかみ攻撃
  • 前投げ
  • 後投げ
  • 上投げ
  • 下投げ
  • 通常必殺ワザ「」
  • 横必殺ワザ「」
  • 上必殺ワザ「」
  • 下必殺ワザ「」
  • 最後の切りふだ「」

更新履歴[編集]

Ver.1.1.0
Ver.1.2.0
Ver.2.0.0
  • 上必殺ワザ
    • 強化上昇時のリアクション値減少
  • 最後の切りふだ
    • 画面がスクロールするステージにおいて、演出が正常に動作するようになった


ワザ[編集]

弱攻撃[編集]

"ロイヤルビンタ" → "ロイヤル往復びんた"

左手で平手打ち → 返しの手で平手打ち。

  • ダメージ: 2.0% → 3.0% [1段目→2段目]
  • 発生: 2F → 2F-3F [1段目→2段目]
  • 全体: 27F → 29F [1段目→2段目]
    • 次の段の入力受付: 2F-29F [1段目]
    • 次の段への移行F: 7F~30F
  • 撃墜%: ?% → ?/? [1段目→2段目]

  • 威力は低いが発生がとても早く、驚異の割り込み性能を持つ。ふっとばし力は弱いため相手との距離はあまり離れないが、追撃するには好都合。


ダッシュ攻撃[編集]

"レディープッシュ"

両手を前に突き出し、振り払って追撃。

  • ダメージ: 4.0%+6.0% 、計10.0%
  • 発生: 6F-9F , 17F-19F
  • 全体: 37F
  • 撃墜%: ?%

  • 前進距離は短いが、リーチ・持続は長く、離れた位置にいる相手にもヒットしやすい。さらにダッシュ攻撃にしてはふっとばし力が高く、150%程度から撃墜ができる優れもの。
  • 光のエフェクトにも攻撃判定がある。


横強攻撃[編集]

"カンカンキック"

優雅かつ大胆な蹴り上げ。

  • ダメージ: 7.0% -> 8.0%/7.0% -> 6.0% [始 -> 持続1:先端/先端以外 -> 持続2]
  • 発生: 7F -> 8F-9F -> 10F-15F [始->持続1->持続2]
  • 全体: 36F
  • 撃墜%: ?%

  • 攻撃範囲が横に縦に広い。また、つま先には喰らい判定が無いため相手の攻撃に打ち勝ちやすい。斜めから飛び込んでくる相手の対空にも使える。
  • ヒットすると相手を浮かせるので、上強攻撃や各種空中攻撃に繋げられる。


上強攻撃[編集]

"ロイヤルハート"

真上に手を掲げてハート型の魔法を発生させる。

  • ダメージ: 10.0%/8.0% [ハート/腕]
  • 発生: 9F-13F
  • 全体: 37F
  • 撃墜%: ?%

  • 上方向への範囲が広く、ハート部分には相殺判定がないため、ほとんどの真上からくる攻撃には一方的に勝てる。判定の強さを優先するならこのワザ。
  • 横方向への範囲はあまり広くないので、対空として使う際には、きちんと相手の真下を取る必要がある。


下強攻撃[編集]

"足もとキック"

しゃがんで足払いを繰り出す。

  • ダメージ: 7.0%
  • 発生: 8F-9F
  • 全体: 23F
  • 撃墜%: ?%
  • 相手の硬直が大きい上吹っ飛びの地上メテオ攻撃。

  • やや出が遅いが後隙は短め。意外と横のリーチが長い。
  • 硬直時間が大きい性質を持つ地上メテオのワザ。地上にいる相手にヒットさせると低%からでもほどよく浮かし、追撃しやすいが、受け身を取られる可能性もある。
  • 空中で当てた時のふっとびはイマイチ。


横スマッシュ攻撃[編集]

"ピーチスマッシュ"

3種類の道具いずれかを取り出して大きくスイング。

  • ダメージ [ゴルフクラブ/フライパン/テニスラケット]
    • 【ホールドなし】 15.0%/18.0%/13.5%
    • 【ホールド最大】 21.0%/25.1%/18.8%
  • 発生: 15F-17F / ホールド開始: 10F
  • 全体: 45F
  • 撃墜%: ?%
  • シフト攻撃対応ワザ。シフトすると使う道具と吹っ飛ばすベクトルが変化する。無シフトでゴルフクラブ、上シフトでフライパン、下シフトでテニスラケットに変わる。
    • ホールド中でもシフト入力が可能で、道具が切り替わる。

  • シフト入力で攻撃のリーチとベクトルが変化する特殊なスマッシュ攻撃。
    • テニスラケットのダメージは3種の中で最も低いが、吹っ飛ぶベクトルも最も低く、この後復帰阻止に出たり、復帰力の低い相手に対する決め手になる。
    • ゴルフクラブのベクトルは斜め上。横方向のふっとばし力はテニスラケットと大差ないが、リーチは最も長い。
    • フライパンのベクトルは真上少し横。リーチが短いが威力は高く、吹っ飛ばし力も優秀。崖際でなければ他の2つよりも早い段階から撃墜できる。


上スマッシュ攻撃[編集]

"リボンダンス"

腕を真上に突き上げる。ピーチの周りをリボンが回り、指先からハート型の魔法が発生する。

  • ダメージ [始:ヒナギク/体 -> 持続:ハート/上半身]
    • 【ホールドなし】 17.0%/12.0% -> 12.0%/10.0%
    • 【ホールド最大】 23.7%/16.7% -> 16.7%/14.0%
  • 発生: 14F-16F -> 17F-20F [始->持続] / ホールド開始: 9F
  • 無敵: 14F-20F (頭・腕:当たり無し無敵)
  • 全体: 44F
  • 撃墜%: ?%

  • 指先はピーチのワザの中で最高のふっとばし能力を持つ。当てるのは難しいが、うまく決まれば早期撃墜が狙える。


下スマッシュ攻撃[編集]

"ドレスエッジ"

その場でグルグル回転してドレスで攻撃。

  • ダメージ (全7段)
    • 【ホールドなし】 2.0%*6+3.0% 、計15.0%
    • 【ホールド最大】 2.7%*6+4.1% 、計20.3%
  • 発生: 6F-7F , 10F-11F , 14F-15F , 18F-19F , 22F-23F , 26F-27F , 29F-31F / ホールド開始: 2F
  • 全体: 57F
  • 撃墜%: ?%

  • ふっ飛ばし力は強くないが、低いベクトルでふっ飛ばす。ピーチの得意な復帰阻止に持ち込みやすい。
  • 前後を攻撃する性質上、背後にいる相手への攻撃や、囲まれた状況で威力を発揮する。持続がそこそこあるため、その場回避に対してもそれなりに有効。
  • 発生が早いので、ガードキャンセル反撃としても使える。


ニュートラル空中攻撃[編集]

"ピーチスピン"

両腕を伸ばして横回転。

  • ダメージ: 13.0% -> 6.0%/5.0% [始->持続:腕/腰]
  • 発生: 5F-8F -> 9F-19F [始->持続]
  • 全体: 48F
  • 着地硬直: 7F
  • 撃墜%: ?%

  • 発生が早く威力も高め。割り込みや追撃に重宝する。クセがなく扱いやすい攻撃で、用途を選ばずに使える主力技。
    ガードキャンセルジャンプとほぼ同時に出すことで反撃手段としても有用。特に、相手の空中攻撃に対して反撃する際に使いやすい。
  • このワザに限った話ではないが、下入力中にジャンプ入力をすると即、超低空浮遊へ移行できることを利用し、地上攻撃の代用としても使っていける。
    弱攻撃や強攻撃よりもダメージ量が多く、技後の硬直も短い、浮遊によりヒット(orシールド)後の前進・後退も自由自在……と、メリットが多い。
    ある程度安定した操作精度が求められるテクニックとはいえ、使いこなせると便利。


前空中攻撃[編集]

"クラウンナックル"

頭の王冠を手に持って、大きく振り下ろす。

  • ダメージ: 15.0%/14.0% [王冠/腕]
  • 発生: 16F-20F
  • 全体: 57F
  • 着地硬直: 13F
  • 撃墜%: ?%
  • 使用時に僅かに前進する。

  • ピーチの主力撃墜ワザ。横方向へ飛ばすならこれ。腕を使った攻撃ではあるが、先端が王冠であるためか判定の強さはなかなかのもの。
    空中浮遊から出すことが多いが、チャンスと見たら小ジャンプから普通に出して当てに行ってもいい。最速で出せば着地隙も出ない。
  • ピーチの空中攻撃の中では最も着地硬直が長い。なるべく浮遊と組み合わせて出すか、相手の隙を突いて確実にヒットさせるようにすること。
  • 強力な技だが、使いすぎるとワンパターン補正が掛かり、肝心の時に撃墜に至らなくなることも。


後空中攻撃[編集]

"スカイヒップ"

お尻を突き出して攻撃。ハート型の魔法が発生する。

  • ダメージ: 12.0% -> 7.0% [始->持続]
  • 発生: 6F-7F -> 8F-13F
  • 全体: 53F
  • 着地硬直: 11F
  • 撃墜%: ?%
  • 使用時に僅かに後退する。
  • ハート自体に攻撃判定は無いが消滅する時に弱いが発生する。

  • 発生が早くダメージ面でも優秀。とっさの攻撃に使いやすい。ガードキャンセルからの反撃や下投げからの追撃としても便利。


上空中攻撃[編集]

"レインボーブリッジ"

左手→右手の順で腕を大きく上に振って虹を描く。

  • ダメージ: 4.0%+6.0% 、計10.0%
  • 発生: 10F-13F , 15F-19F
  • 全体: 45F
  • 着地硬直: 7F
  • 撃墜%: ?%

  • 浮かせた際の追撃や迎撃に使える。持続が長く、判定の強さも悪くない。吹っ飛びもそれなりに強く、高度の高い位置で当てれば撃墜が狙える。
  • 上強攻撃や上スマッシュ攻撃よりも横方向の攻撃範囲が広いので、斜め上にいる相手にも効果がある。相手の位置に合わせて使い分けていきたい。


下空中攻撃[編集]

"スーパーピストンキック"

下に向けて高速4連踏みつけ。

  • ダメージ: 2.0%/1.0%*3 [足/腰] + 5.0% 、全4段ヒットで計8.0%~11.0%
  • 発生: 12F-13F , 18F-19F , 24F-25F , 30F-31F
  • 全体: 38F
  • 着地硬直: 8F
  • 撃墜%: ?%
  • 連続ヒットワザではあるが、相手を引っ張る効果を持たないため、空中制御しないと連続ヒットにはなりにくい。

  • 動きながらヒットさせていると途中で漏らしてしまいやすい。上手く空中制御しながら当てよう。空中浮遊との相性も抜群。
  • 4段出し終えた後の硬直がほとんど無く、相手の蓄積ダメージが低いうちなら容易に追撃ができる。


つかみ[編集]

"つかみ"

片手を伸ばして掴みかかる。 つかみに成功するとお供のキノピオが登場して一緒に攻撃してくれる。

  • 発生: 立ちつかみ: 6F-7F / ダッシュつかみ: 9F-10F / 振り向きつかみ: 10F-11F
  • 全体: 立ちつかみ: 36F / ダッシュつかみ: 44F / 振り向きつかみ: 39F


つかみ攻撃[編集]

"つかみキノピオパンチ"

お供のキノピオがつかんだ相手にパンチする。

  • ダメージ: 1.2%
  • 撃墜%: ?%


前投げ[編集]

"キノピオロケット"

お供のキノピオが相手に頭から突進する。

  • ダメージ: 計10.0% (2.0%+8.0%)
  • 撃墜%: ?%
  • 2.0%部分は他の相手にもヒットする打撃投げ

  • ピーチの投げの中では全体動作が短い。崖近くで掴んだ相手を崖外に放り出したい時などに。
    後投げよりも吹っ飛ばし力はやや低いが、相手側とピーチ側の両方が高%かつ崖付近なら、撃墜に使えなくもない。


後投げ[編集]

"アイアンヒップ"

掴んだ相手をお尻で突き飛ばす。キノピオはピーチの真似をしている。

  • ダメージ: ?%
  • 撃墜%: ?%
  • 2.0%部分は他の相手にもヒットする打撃投げ

  • 投げの中では最もふっ飛ばし力が高い。崖を背負った際のフィニッシュに。


上投げ[編集]

"ハンドトス"

掴んだ相手を持ち上げてトスして打ち上げる。キノピオは何もしない。

  • ダメージ: %
  • 撃墜%: ?%
  • 2.0%部分は他の相手にもヒットする打撃投げ

  • 低~中%の相手には上必殺ワザでコンボが繋がる。


下投げ[編集]

"キノピオドロップ"

掴んだ相手を寝かせ、キノピオが頭突きする。

  • ダメージ: ?%
  • 撃墜%: ?%
  • 1.0%部分は他の相手にもヒットする打撃投げ

  • 比較的追撃が狙いやすい投げ。 ピーチの斜め後ろに軽く浮かせる。低%時は横強などの地上攻撃、少し浮きが高くなってきたら後空中攻撃や上空中攻撃などが当てやすい。
  • 相手のベクトル変更によっては追撃しにくい。空中回避後に攻撃を合わせたり着地を狙ったりするのも重要。


通常必殺ワザ[編集]

"キノピオガード"

キノピオが目の前で手を広げて盾になり、攻撃を受けると胞子で反撃する。

  • ダメージ: 3.5%*6、計21.0%
  • 吸収:
  • フレーム
    • カウンター受付: 8F-34F (無敵: 8F-10F)
    • 反撃: 3F-16F , 6F-19F , 9F-22F , 12F-25F , 15F-28F , 18F-31F / 無敵: 1F-3F
  • 撃墜%: ?%
  • キノピオを身を挺している間に相手の攻撃を受けると、胞子を飛ばして反撃するカウンターワザ
    • カウンター受け付け中に背後から攻撃を受けると、振り向いてカウンターを発動する。
  • カウンター時に放つ胞子は相手を貫通する飛び道具
  • 空中で使用すると落下速度が一瞬低減する。

  • カウンターワザは相手の攻撃の威力を一定倍数に上げるものが大半だが、それとは異なり威力は一定。そしてカウンターワザでは唯一飛び道具を使った攻撃。
    大技を受け止めても相手の攻撃力依存型と比べてうまみが少ない一方で、弱い攻撃を受け止めても全段ヒットで18%は美味しく、弱い攻撃をカウンターしても撃墜になり得る。
  • カウンター判定はピーチ本体にもあるため、後ろから攻撃されても胞子攻撃が発動する。その際は迅速に振り向いてからキノピオに胞子を飛ばさせる。
    ピーチに攻撃に当たっているように見えるが、ダメージを受けていない以上、キノピオがしっかり守っているということなのだろう。
  • 攻撃を受け止めてから胞子攻撃が発生するまでに、少々タイムラグがある。
    リーチが長く持続の長い多段攻撃などに対して使うと、胞子攻撃が届く前に、無敵が切れたところを2段目以降の攻撃に潰されることがある。
    めくり(裏回り)が狙える空中攻撃や移動距離の長い突進ワザ、飛び道具やアイテム投げとの相性も悪い。
  • 胞子の攻撃判定はピーチの正面にしか出ない。空中で使う場合や、相手の空中攻撃に対して使う場合は、相手と自分の位置関係に注意。
    硬直が長いため、外すとほぼ間違いなく反撃される。
  • 胞子は飛び道具判定であるため、直接攻撃に使える反射ワザを受け止めた場合、胞子を跳ね返されてうまく反撃できないことがある。


横必殺ワザ[編集]

"ピーチボンバー"

ハートをまとってヒップアタックで突っ込む。はずすと着地時に大きなスキができる。

  • ダメージ: 12.0%
  • フレーム
    • 突進(感知): 地上: 13F-27F / 空中: 13F-36F
    • 爆発: 1F-2F
  • 全体: 地上: 62F / 空中: 87F
    • 爆発時の硬直: 19F
  • 撃墜%: ?%
  • 突進自体に攻撃判定は無く、突進中に相手に触れた1F後に爆発の攻撃判定が発生する。

  • 意外と突進の持続が長く、回避しにくく、油断してシールドを解除したり突っ込んできた相手に刺さりやすい。
  • 爆発後の後隙はかなり短いので、ふっとばした後に前空中攻撃や下必殺ワザのカブ投げで追撃しやすく、ガードされても反撃を受けにくい。
    しかし外すと隙だらけに。空中で使った場合は硬直が長めで復帰に関わることも。
  • 動作中は浮いているため、打点の低い攻撃をかわしつつ決められることも。身長が高い相手には狙いやすい。


上必殺ワザ[編集]

"ピーチパラソル"

ジャンプ後にパラソルを開いてゆっくり落下。パラソルは上下方向の入力で開閉する。

  • ダメージ
    • 上昇: 3.0% + 1.0%*4 + 4.0% 、全6段ヒットで計10.0%
    • 上昇後のパラソル: 2.0%
  • 発生: (上昇) 7F-9F , 11F-27F (ヒット間隔: 5F) , 31F-32F , (上昇後) 47F-
  • 撃墜%: ?%
  • 上昇してパラソルを開いた後、落下している間は落下速度が低下し、さらに左右に移動できる。
    この状態でスティックを下に倒すとパラソルを閉じてしりもち落下になり、落下速度が上昇する。しりもち落下状態で上に倒すと再びパラソルを開いた状態に戻る。
    パラソルの開閉は何度でもできる。
  • パラソルを開いている間は背中にガケつかまり判定がないため、背中側でガケに触れてもガケつかまりができない。
    パラソルを閉じてしりもち落下状態になれば、背中側にもガケつかまり判定が現れる。
  • 発動時の上昇中と、パラソルを開いて落下しているときはパラソルは攻撃判定を持つ。

  • 復帰ワザとしては屈指の復帰距離を誇る。
    ピーチは空中ジャンプや浮遊だけでも十分に復帰距離を稼ぐことができるが、上方向へ復帰する際にはこのワザの出番。
  • 上昇中の攻撃判定は強く、復帰の助けになる。ただし、下方向を攻撃できる飛び道具には弱いので過信は禁物。
  • 判定が強いため、少々リスクは高いものの、対空ワザ・迎撃ワザとしても活用できなくはない。ダメージが溜まった相手なら撃墜できることも。
  • パラソルの開閉は、着地タイミングをずらしたり、追撃を避けたりする手段として用いる。
    一度ワザを出すと、移動、急降下、パラソルの開閉以外の操作が一切できなくなるため重要。パラソルの先端には攻撃判定がある点もうまく利用したいところ。


下必殺ワザ[編集]

"野菜ひっこ抜き"

地面から野菜やアイテムを引っこ抜く。野菜は表情によって威力が変わる。

  • フレーム
    • 生成: 1F
    • 全体: 35F
  • 撃墜%: ?%
  • 地上で立っていて、かつアイテムを手に持っていない時のみ使用可能。
  • ランダムで8種類の表情の野菜のどれかを引っこ抜く。ダメージが大きいものほど出現率が低い。引っこ抜いた野菜はこのワザの入力で前に投げる。
    • ごくまれにボムへいどせいさんを引っこ抜くことがある。これらはアイテムスイッチの設定をオフにしていても引っこ抜く。ボムへいは250分の1、どせいさんは166分の1の確率。
  • 野菜は物理系飛び道具の投擲アイテム。誰でもキャッチして使うことができる。
  • 野菜は何かに当たってもすぐ消滅はしない。地面に落ちるまでにアイテムキャッチして使いまわすことができる。5回当たるとそこで消滅する。
  • 野菜を手に持っているときに攻撃を受けて落とし、それが地面に落ちると地中に埋まる。近くで攻撃ボタンを押すと拾って再利用できる。
引っこ抜くモノのダメージ・確率
引っこ抜くモノ ダメージ 確率
通常 7.2%~12.4% 60.14%
糸目 7.2%~12.4% 10.14%
半目 7.2%~12.4% 8.62%
白目 7.2%~12.4% 5.17%
笑顔 7.2%~12.4% 5.14%
ウインク 6.89%
目が点 1.72%
しわくちゃ 1.72%
ボムへい 0.6%
どせいさん 0.6%

  • 基本的に持っていれば得なので、相手が近くに居ない場合などには常に引っこ抜くようにしよう。用途は他の投擲アイテム同様、牽制、ダメージソース、復帰してくる相手に投げる、など。 ピーチは空中移動能力が高いため、カブを避けた相手に前空中攻撃を当てにいくといった連係も容易。
  • 復帰の妨害に使う際は、相手の復帰コースを読んでその軌道上に投げておくと良い。相手の復帰力が低ければ早期撃墜も狙える。
  • カブを持っている間は各種通常攻撃が出せないが、空中浮遊中なら空中攻撃が出せる。空中攻撃を当ててからカブを投げて追撃といった動きも可能。


最後の切りふだ[編集]

"ピーチブラッサム"

拾うと回復する大きなモモが降り注ぎ、まわりの相手にダメージを与えて眠らせる。


  • ダメージ: ピーチとの距離が近い順に、30%/20%/10%
    • ダメージ(チャージ): ?%
  • 発生: ?F
  • 発動の瞬間にピーチとの距離に応じたダメージを与えると同時に深い眠りへと誘い、回復アイテムのモモ(20%回復)が3個降り注ぐ。


おきあがり攻撃[編集]

【あおむけおきあがり攻撃】後→前に回し蹴りしながら起き上がる。
【うつぶせおきあがり攻撃】前→後に回し蹴りしながら起き上がる。
【転倒おきあがり攻撃】後→前に回し蹴りしながら起き上がる。

  • ダメージ: 7.0%/7.0%/5.0% [あおむけ/うつぶせ/転倒]


ガケのぼり攻撃[編集]

ガケを登りビンタで攻撃。

  • ダメージ: 9.0%


アピール[編集]

  • 上アピール
    パラソルを掲げ、広げ回しながら「Sweets?」
  • 横アピール
    ドレスの裾を上げ、華麗なステップを刻みながら「Lan la lan la lan lan」とハミング。
  • 下アピール
    「Uh-han」と、人差し指を立てるウインクをするポーズ。
上アピール 横アピール 下アピール
ピーチ (SP) 上アピール.gif ピーチ (SP) 横アピール.gif ピーチ (SP) 下アピール.gif


待機モーション[編集]

  • 両手を組んで背伸びする。
  • 髪をいじる。
  • 服装の身だしなみをチェックして、スカートをはらう。
  • 指輪を見つめる。
ピーチ (SP) 待機モーション (1).gif ピーチ (SP) 待機モーション (2).gif ピーチ (SP) 待機モーション (3).gif ピーチ (SP) 待機モーション (4).gif


登場演出[編集]

ピーチ (SP) 登場演出.gif

傘を差して回転すると同時にハートを舞わせ、正面に手を振る。

勝利演出[編集]

  • 勝利ファンファーレ:『スーパーマリオブラザーズ』ステージクリアBGM(オーケストラアレンジ)
    • ポーズ:十字ボタン←
      地面に付けた傘を1回転した後、傘を広げて、「Oh did I win?(あら、私勝ったの?)」
    • ポーズ:十字ボタン↑
      ハートを散らしながらターンし、「This is fun!(楽しいわね!)」
    • ポーズ:十字ボタン→
      歓声に手を振り、「Peach!」と投げキッス。 
勝利演出・左 勝利演出・上 勝利演出・右
ピーチ (SP) 勝利演出・左.gif ピーチ (SP) 勝利演出・上.gif ピーチ (SP) 勝利演出・右.gif

リザルト画面の拍手[編集]

スマブラSP 拍手 (4).gif


カラーバリエーション[編集]

頭アイコン SP ピーチ 01.png ピンク
頭アイコン SP ピーチ 02.png 金色 前作までは黄色系でデイジー風のカラーだったが、今回は本人が参戦したことに伴い変更された。メタリックな色彩は、『マリオカート8』の"ピンクゴールドピーチ"を多少彷彿とさせる。
頭アイコン SP ピーチ 03.png 赤いドレスは、初代『ドンキーコング』のレディポリーン)に通じるものがある。
頭アイコン SP ピーチ 04.png
頭アイコン SP ピーチ 05.png 『マリオオープンゴルフ』のタイトル画面で登場する、ピーチのキャディー姿の服装の色に似ている。
頭アイコン SP ピーチ 06.png ウェディングドレスを彷彿とさせる配色。実際に『スーパーペーパーマリオ』のオープニング『スーパーマリオ オデッセイ』で着たことがある。
頭アイコン SP ピーチ 07.png 白+赤 『スーパーマリオ3Dワールド』においてファイアフラワーを取ると変身するファイアピーチの配色。原作では髪を束ねてポニーテールになる。さらに元を辿れば『スーパーマリオブラザーズ』のグラフィック
頭アイコン SP ピーチ 08.png





戦術指南[編集]

[icon] この節の加筆が望まれています。

テクニック[編集]

[icon] この節の加筆が望まれています。

コンボ[編集]

[icon] この節の加筆が望まれています。

ピーチ対策[編集]

[icon] この節の加筆が望まれています。

オススメスキル[編集]

[icon] この節の加筆が望まれています。

空中浮遊を活かした「空中攻撃強化」や「空中ジャンプ追加」と組み合わせて全方向への復帰を可能にしたりできる。また、一部ワザを特に強化することもできる。横スマッシュ攻撃を強化(「武器攻撃強化」)すれば撃墜力が上がる。「回復アイテム強化」がついていれば最後の切りふだの桃も回復量が上がる。

1人用ゲームモード攻略[編集]

勝ちあがり乱闘[編集]

さらわれ姫からの卒業
ROUND 1 頭アイコン SP クッパJr. 01.png
通常戦 いにしえの王国 ドルピックタウン
ROUND 2 頭アイコン SP ガノンドロフ 01.png
通常戦 いにしえっぽい王国 裏の地上 [for]
ROUND 3 頭アイコン SP ドンキーコング 03.png
通常戦 75m (戦場化) ドンキーコング / ドンキーコングJR. メドレー
ROUND 4 頭アイコン SP クッパJr. 02.png頭アイコン SP クッパJr. 03.png頭アイコン SP クッパJr. 04.png頭アイコン SP クッパJr. 05.png頭アイコン SP クッパJr. 06.png頭アイコン SP クッパJr. 07.png頭アイコン SP クッパJr. 08.png ※3体ずつ登場
軍団戦 マリオUワールド 砦のボス(スーパーマリオブラザーズ3)
ROUND 5 頭アイコン SP キングクルール 01.png
通常戦 ジャングルガーデン THE PIRATE SHIP
ROUND 6 頭アイコン SP クッパ 01.png
通常戦 ピーチ城 上空 魔王クッパ(スーパーマリオブラザーズ3)
BONUS GAME
BOSS マスターハンド (SP) アイコン.png or マスターハンド (SP) アイコン.png&クレイジーハンド (SP) アイコン.png (ホンキ度7.0以上で出現)
ボス戦 終点 マスターハンド or マスターハンド・クレイジーハンド
元ネタ・備考[編集]
  • 原作でいつもピーチをさらうクッパ軍団のほか、原作で誰かしらをさらう他シリーズのファイターも登場。
    • ドンキーコングは『ドンキーコング』などでレディ(ポリーン)をさらう。カラーも初代ドンキーを意識した赤カラー。
    • ガノンドロフ(ガノン)はよくゼルダをさらう。
    • キングクルールは『スーパードンキーコング2』『3』『ドンキーコング64』でドンキーコングなどコングファミリーをさらう。


組み手[編集]

[icon] この節の加筆が望まれています。

スピリッツバトル出現データ一覧[編集]

メインファイターとして[編集]
No. 名前 ランク
0,029 ピーチ(ウェディングスタイル) ACE
0,044 ドドリゲス HOPE
0,079 ポリーン LEGEND
0,088 スーパープクプク NOVICE
0,091 ビートデイモン ACE
0,107 ゲドンコ姫 HOPE
0,123 カッサー NOVICE
0,129 ラビッツピーチ HOPE
0,225 アゲハ NOVICE
0,561 マギアナ ACE
0,746 ショコラ姫 NOVICE
0,842 カブリバ HOPE
1,033 アネモ HOPE
1,321 キノピーチ ACE
お供として[編集]
No. 名前 ランク
0,047 マムー HOPE
0,104 ジーノ LEGEND
0,118 ワンダ NOVICE
0,128 コンドゥ & トーレ NOVICE
0,132 マリオ(マリオテニス エース) ACE
0,976 ギャング & レディ & ポリス NOVICE
1,240 天倉澪 & 天倉繭 HOPE
1,300 サイコロ NOVICE
1,311 高巻杏 HOPE
味方として[編集]
No. 名前 ランク
0,030 クッパ(ウェディングスタイル) ACE
0,137 ドンキーコング & レディ LEGEND

公式スクリーンショット[編集]

脚注[編集]


外部リンク[編集]

関連項目[編集]

ファイター (SP)
歴代参戦ファイター
01~12 マリオ - ドンキーコング - リンク - サムス - ヨッシー - カービィ - フォックス - ピカチュウ - ルイージ - ネス - キャプテン・ファルコン - プリン
13~26 ピーチ - クッパ - アイスクライマー - シーク - ゼルダ - ドクターマリオ - ピチュー - ファルコ - マルス - ルキナ - こどもリンク - ガノンドロフ - ミュウツー - ロイ - Mr.ゲーム&ウォッチ
27~44 メタナイト - ピット - ブラックピット - ゼロスーツサムス - ワリオ - スネーク - アイク - ポケモントレーナー (ゼニガメフシギソウリザードン) - ディディーコング - リュカ - ソニック - デデデ - ピクミン&オリマー - ルカリオ - ロボット - トゥーンリンク - ウルフ
45~63 むらびと - ロックマン - Wii Fit トレーナー - ロゼッタ&チコ - リトル・マック - ゲッコウガ - Miiファイター (格闘剣術射撃) - パルテナ - パックマン - ルフレ - シュルク - クッパJr. - ダックハント - リュウ - クラウド - カムイ - ベヨネッタ
新規参戦ファイター
64〜69 インクリング - デイジー - リドリー - シモン - リヒター - クロム - ダークサムス - キングクルール - しずえ - ケン - ガオガエン
70〜75 パックンフラワー - ジョーカー - 勇者 - バンジョー&カズーイ - ??? - ???
マリオシリーズ
ファイター マリオ:64/DX/X/for/SP - ルイージ:64/DX/X/for/SP - ピーチ:DX/X/for/SP - クッパ:DX/X/for/SP - ドクターマリオ:DX/for/SP - ロゼッタ&チコ:for/SP - クッパJr.(クッパ7人衆):for/SP - デイジー:SP - パックンフラワー:SP
ステージ ピーチ城 上空 - いにしえの王国 (64) - ピーチ城 - レインボークルーズ - いにしえの王国 (DX) - いにしえの王国 USA - ドルピックタウン - いにしえっぽい王国 - エイトクロスサーキット - ルイージマンション - マリオブラザーズ - 3Dランド - 野原 - レインボーロード - ペーパーマリオ - マリオUワールド - マリオギャラクシー - マリオサーキット (Wii U) - ニュードンク市庁舎
アイテム POWブロック - キラー - - こうら(ミドリ/アカ) - サッカーボール - サンダー - スーパースターリング - スーパーキノコ - スーパーこのは - スーパースター - 毒キノコ - トゲゾーこうら - パサラン - バナナのかわ - ファイアバー - ファイアフラワー - ブーメラン - フリーザー - ボムへい - 緑ブロック
アシストフィギュア ジュゲム&トゲゾー - ドッスン - ハエと手 - ハンマーブロス - ワルイージ - ワンワン
ボスキャラ メタルマリオ(&メタルルイージ) - ボスパックン:X
敵キャラ カメック - キラー - キラー砲台 - クリボー - ケロンパ - ジュゲム&トゲゾー - でかクリボー - トゲメット - ノコノコ - ハンマーブロス - パタパタ - ヘイホー - マグナムキラー - ワンワン
その他の出演 キノピオ - キャッピー - ジーノ - トッテン - ポリーン - ポンプ
音楽 マリオシリーズの音楽の一覧
関連シリーズ ドンキーコングシリーズ - ヨッシーシリーズ - ワリオシリーズ - レッキングクルーシリーズ