【編集に関するおしらせ】編集に参加する際には、大乱闘スマッシュブラザーズWiki:編集ガイドライン‎をご確認ください。

【編集に関するおしらせ】ファイターページなどの編集後に一部のセクションが正常に表示されない場合は、アドレスに「?action=purge」を付けてアクセスし、ページをパージすることで改善できます。詳しくは一部のセクションが表示されない場合の改善方法をご確認ください。

インクリング

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
移動先: 案内検索
インクリング
ガール (スプラトゥーン).png
『スプラトゥーン』のインクリング(ガール)
シンボル スプラトゥーン.png
出典スプラトゥーンシリーズ
デビュースプラトゥーン(2015年5月28日/Wii U)
スマブラへの出演スマブラforスマブラSP
このキャラクターに関する紹介記事インクリング - ピクシブ百科事典
Inkling - Inkipedia, the Splatoon wiki

インクリング(Inkling)は、『スプラトゥーン』シリーズに登場するキャラクターで、同シリーズに登場する種族の一つ。通称は「イカ」。


概要[編集]

『スプラトゥーン』のインクリング(ボーイ)

インクリングは『スプラトゥーン』の世界にすむ主要種族であるが、個人名ではない。日本では単に「イカ」や性別からとって「ガール」「ボーイ」とシンプルに呼ばれることが多い。

同作の世界では海面の異常上昇などで陸上の既存の生物が絶滅に至っており、かつての海洋生物たちがそこを埋めるようにして台頭。インクリングはその中で進化し、陸上に進出した種族の一つである。 種族全体が享楽的で細かいことを気にしないが、ナワバリ意識が高く好戦的。
現代では4vs4で戦うナワバリバトルというスポーツ化されたナワバリ争いに興じているが、過去には大ナワバリバトルと呼ばれる大きな戦争の末に、オクタリアン(タコ)という他種族とを辺境や地下の世界に追いやったこともある。

彼らはイカに変身してインクの中を泳ぐことができる。どちらかというとイカが本来の姿のようで、幼いころはヒトの姿になれないらしい。
全身がインクでできており、イカになれば金網もすり抜けることができる。そして体の中で沢山のインクを作ることができ、このインクを銃やローラーなどのブキでとばして戦う。全身インクなため水に落ちたり他の色のインクを全身に浴びると体がはじけて溶けてしまうが、少なくともナワバリバトル中では10秒もたたないうちにインクから復帰できる。
ちなみにゲーム内で性別や髪型を自由に変えることが可能で、実際にも変幻自在らしい。

プレイヤーはそんなイカ達の若者としてナワバリバトルに参加することになる。プレイヤーのイカは田舎から出てきたばかりという設定があり、はじめはイカしてないと言われてしまう。
一人用モードのヒーローモードでは"New!カラストンビ部隊"の隊員としてオクタリアンと戦うことになる。『スプラトゥーン1』主人公は"3号"、『スプラトゥーン2』主人公は"4号"に任命される。どちらも明確に性別が決まっているわけではない。

『マリオカート8 デラックス』ではレーサーとして登場し、マリオファミリーやリンク、しずえと共演している。

大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U[編集]

Miiファイターコスチューム[編集]

ボーイ&ガールセット。

Mii 射撃タイプ用のボーイ&ガールセットの帽子と服と、イカのぼうしが追加コンテンツになっている。ボーイ&ガールのコスチュームは、Miiの性別によってボーイとガールに変わる。

フィギュア[編集]

ボーイ&ガールセットの購入特典として収録されている。

[3Uフィギュア名鑑] ガール(スプラトゥーン)
ヒトの姿に変身する謎のイカ。街一番のイカしたヤツになるために、ライバル達と日々、ナワバリバトルを繰り広げている。ヒトの姿になっても、目の周りや耳、髪型にイカの特徴が残っている。オシャレにはとても気を使っているので、イカしたファッションに注目してほしい。
  • (Wii U) スプラトゥーン (2015/05)

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL[編集]

ファイター[編集]

『スプラトゥーン1』のインクリングがファイターとして初参戦。2018年3月9日に放送された『Nintendo Direct 2018.3.9』の最後に、当時『スマブラSP』がタイトル・詳細を伏せたまま公開された当作初のトレーラーでガールとボーイが登場し、その後の2018年6月13日に放送された『Nintendo Direct: E3 2018』で参戦することが明らかにされた。

色変えでは性別やギアを変えることができる。ギアは『スプラトゥーン』の制作チームから選別されており、色合い等々は『スマブラ』におけるプレイヤーカラーに合わせられている[1]

声は、辻勇旗による原作と同じ音声を使用している[2]

原作と同じようにインクを使った様々なブキと、『スマブラ』オリジナルの足技を駆使したスタイルで戦う。ペイントされた相手は受けるダメージが増えるが、インクが無くなるとワザの威力が落ちたり使えなくなるので、インクを補充しながら立ち回る原作らしい動きを楽しめる。開発者はインクが塗れるという表現が全キャラクター・全ステージに必要なため、手間がかかるファイターだと語っている[3]

アートワーク[編集]

Miiファイターコスチューム[編集]

スプラトゥーン2セット。

『スプラトゥーン2』のインクリングを基にしたMii 射撃タイプ用の「スプラトゥーン2」の帽子と服が収録されている。前作のコスチュームも引き続き収録されている。「ボーイ&ガール」は「スプラトゥーン」の名称になった。

使用ワザの名称一覧[編集]

  • 通常攻撃のワザ名は公式攻略本より引用。
  • つかみのワザ名は全ファイター「つかみ」で統一。
弱攻撃 チョップ → コンボキック → サイドキック or バーストショット → スプラフィニッシュ
ダッシュ攻撃 イカエルボー
横強攻撃 シュータースイング
上強攻撃 スプラッシュキック
下強攻撃 ブレイクキック
横スマッシュ攻撃 パブロ
上スマッシュ攻撃 ホットブラスター
下スマッシュ攻撃 バケットスロッシャー
ニュートラル空中攻撃 トルネードキック
前空中攻撃 クロスキック
後空中攻撃 シューターバックナックル
上空中攻撃 ダブルキック
下空中攻撃 メテオシューター
つかみ攻撃 つかみストンピング
前投げ バーストシューター
後投げ イカスルー
上投げ イカヘディング
下投げ グラウンドスルー
通常必殺ワザ スプラシューター
横必殺ワザ スプラローラー
上必殺ワザ スーパージャンプ
下必殺ワザ スプラッシュボム
最後の切りふだ メガホンレーザー

動作などの元ネタ[編集]

ほとんど、『スプラトゥーン1』より。

ワザ[編集]

  • 弱攻撃 / 通常必殺ワザなど:スプラシューター
    • 最も標準的なブキ種であるシューター系ブキ。とりわけスプラシューターはゲーム全体で最も基本的なブキであり、塗りも戦闘もバランスよくこなせるのでウデマエを問わず愛用された。
  • 横スマッシュ攻撃:パブロ
    • フデ系の基本ブキ。高速で振り回して正面を塗るほか、敵インクの中でもイカダッシュ並の速度で塗り進むこともできる。原作では高速に振りまいたインクを4回相手に当てないと倒せず、射程もかなり短い。ちなみに、塗り進みの体当たりで相手を攻撃することもできるが、ダメージの低さ(5回当てないと倒せない)やノックバックにより、実用性は低い。
  • 上スマッシュ攻撃:ホットブラスター
    • ブラスター系の基本ブキ。連射速度は低いが爆発するインク弾を放つ。原作では直撃すれば一撃で相手を倒せる威力が有り、爆風でもある程度ダメージを与えられる。
  • 下スマッシュ攻撃:バケットスロッシャー
    • スロッシャー種の標準的なブキ。バケツの形をしており、大量のインクを正面にぶちまける。基本的にリーチが長い分やや大振りでスキが大きめだが、山なりにインクが飛ぶため壁越しにも攻撃できる。
  • 横必殺ワザ:スプラローラー
    • ローラー種の標準的なブキで、総じて威力が高め。ローラーは転がして地面を塗るだけでなく、振り回してインクを飛ばすこともできる。スプラローラーで相手を轢くと一撃で倒せるが、あまりにも無防備すぎるので、振り攻撃を外したごく至近距離の相手や、『2』で登場した大量の敵を相手にするモード「サーモンラン」のザコ敵相手を除き、基本的には振って攻撃をすることになる。『スマブラ』では振れない。
  • 上必殺ワザ:スーパージャンプ
    • 味方の位置まで飛ぶことができるシステムの1つ。原作では飛沫でダメージを与えることができないどころかほぼ無防備で、着地地点で出待ちされると倒されてしまうことが多い。『2』では、スペシャルウェポンの「スーパーチャクチ」をスーパージャンプの着地際に使うことで、周囲の敵にダメージを与え、あわよくば返り討ちにすることができる。
  • 下必殺ワザ:スプラッシュボム
    • 大量のインクを消費するが補助に効果的な「サブウェポン」の一つで、わかばシューター(初期装備)など一部のブキに付属する最も基本的なタイプ。地面に着いた後ワンテンポ遅れて炸裂する、云わば手榴弾のような必殺ワザ。転がして投げることもできる。
    • ボタン長押しで遠くまで投げるのは、『2』で登場する、ボムを投げまくるスペシャルウェポン「ボムピッチャー」(初代の「ボムラッシュ」の後継)に近い。
  • 最後の切りふだ:メガホンレーザー
    • ある程度塗ると使えるようになる、ブキ毎に設定された最後の切りふだ「スペシャルウェポン」の1つ。これは主にスプラローラー・ホットブラスターなどに付属する。『2』ではスペシャルウェポンが総入れ替えされたため、通常のバトルで使用できるスペシャルウェポンとしては登場しない。
    • 地形を貫通する爆音波を放ち敵を一掃する装備で、原作では敵を倒せない限り地面を塗れない珍しい攻撃。なお原作では撃つ方向を決めることまではできるが、設置後に動かすことはできない。
  • アピール
    • 上方向キーで「カモン!」のコマンドを押したときの動作。仲間を呼ぶのに使う。相手チームからは見えない。
  • 下アピール
    • 下方向キーで「ナイス!」のコマンドを押したときの動作。仲間を褒めるのに使う。

その他[編集]

  • 走行
    • システムの1つ、イカダッシュ。自チーム色のインクの上でイカの姿になることで、インク残量を高速回復しながら、身を隠したり、ヒトの状態よりも速く移動したりすることができる。
    • なお、原作では自分のインクで塗られた場所以外に潜ることはできず、他のインクを踏むと足を取られてダメージを受け続ける。
  • 各種勝利ポーズ
    • それぞれ、スプラシューター、バケットスロッシャー、スプラローラーを装備して、ナワバリバトルに勝利したときのポーズと同じ。なお、スプラシューターのみ『2』仕様である。
  • インクタンクの目盛り
    • インクタンクの目盛りに付いている赤色のマークは、原作においてはサブウェポンを使用する際に消費するインク量を印したもの。よく見るとインクタンクはインクゲージと連動しており、メモリの印字もサブウェポンの消費に合わせて上下している。
    • これは『スマブラ』でも同様に下必殺ワザ「スプラッシュボム」で消費するインク量に対応しているが、消費するインク量が大きく違うことに合わせてマークの印字位置も変わっている(原作でのサブウェポンは、服装に付与された効果で消費量が軽減されていない限り、ゲージの半分以上を消費する)。
  • 水嫌い
    • インクリングはイカであるにも関わらず水に弱い。原作ではステージ外の水面に落下すると、体のインクが溶けて即ミスになる。

主な登場作品[編集]

備考[編集]

  • 『スマブラSP』でインクリングが制作されるにあたって、『スプラトゥーン』の制作スタッフはゲームに関する要素の提示だけをして、それをどう使うかは全てスマブラの制作スタッフに任せた[4]

脚注[編集]

  1. ニンテンドードリーム 2019年3月号 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL 大・特・集!! ディレクター 桜井政博さんインタビュー
  2. サウンドテストでは担当声優のクレジットがされていない。
  3. 週刊ファミ通 2018年12月27日増刊号 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL ディレクター桜井政博氏インタビュー
  4. 『スプラトゥーン2』1周年&『オクト』配信記念! 郷愁を誘う『オクト』の元ネタや8号とイイダの関係性など、秘話満載の濃厚インタビュー!(4/4) - ファミ通.com

外部リンク[編集]


ファイター
64 マリオ - ドンキーコング - リンク - サムス - ヨッシー - カービィ - フォックス - ピカチュウ - ルイージ - ネス - キャプテン・ファルコン - プリン
DX クッパ - ピーチ - アイスクライマー - シーク - ゼルダ - マルス - ピチュー - ガノンドロフ - ドクターマリオ - ファルコ - ミュウツー - ロイ - こどもリンク - Mr.ゲーム&ウォッチ
X ピット - ワリオ - ゼロスーツサムス - アイク - ポケモントレーナー ( ゼニガメ - フシギソウ - リザードン ) - ディディーコング - メタナイト - スネーク - リュカ - ソニック - デデデ - ピクミン&オリマー - ルカリオ - ロボット - トゥーンリンク - ウルフ
for むらびと - ロックマン - Wii Fit トレーナー - ロゼッタ&チコ - リトル・マック - ゲッコウガ - Miiファイター - パルテナ - パックマン - ルキナ - ルフレ - シュルク - ブラックピット - クッパJr. - ダックハント - リュウ - クラウド - カムイ - ベヨネッタ
SP インクリング - デイジー - リドリー - シモン - リヒター - クロム - ダークサムス - キングクルール - しずえ - ケン - ガオガエン - パックンフラワー - ジョーカー - 勇者 - バンジョー&カズーイ - テリー
スプラトゥーンシリーズ
ファイター インクリング:SP
ステージ タチウオパーキング
アシストフィギュア シオカラーズ
音楽 スプラトゥーンシリーズの音楽の一覧
スピリット スプラトゥーンシリーズのスピリットの一覧/対戦データ
Miiファイターコスチュームのモデルになったキャラ (3DS/Wii U)
格闘タイプ アキラ - キノピオ - キャプテン・ファルコン - キングクルール - ジャッキー - ナックルズ - フライングマン - 平八
剣術タイプ アシュリー - ギル - クロム - 漆黒の騎士 - ゼロ - 鷹丸 - ダンバン - ナチュレ - ハンター (ハンター装備/レウス装備) - リンク - ロイド
射撃タイプ エックス - サムス - しずえ - ジーノ - テイルス - とたけけ - フォックス - ブルース - ボーイ&ガール - ロックマン.EXE
ぼうしのみ 1UPキノコ - アカこうら - イカ - シーク - スーパーキノコ - ゼルダ姫 - チョコボ - デイジー - トゲゾー - バーバラ - ピーチ - ヘイホー - マリオ - ムジュラの仮面 - メタナイト - ルイージ - ワリオ - ワルイージ - ワンワン
Miiファイターコスチュームのモデルになったキャラ (SP)
格闘タイプ キノピオ - キャプテン・ファルコン - キングクルール - 毛糸のヨッシー - スタルキッド - スプリングマン - Toy-Con - ナックルズ - ニア - ビルダーマリオ - フライングマン - ぶとうか - リボンガール - ロケット団
剣術タイプ アシュリー - イーガ団 - 英傑 - クロム - ゴエモン - 自然王ナチュレ - 漆黒の騎士 - ゼロ - 鷹丸 - ダンバン - ビンス先生 - ベロニカ - ペルソナ3主人公 - ペルソナ4主人公 - リップ - リンク - レックス - ロト - ロビン
射撃タイプ サキ・アマミヤ - サムス - サンズ - しずえ - スプラトゥーン - スプラトゥーン2 - ちびロボ - テイルス - とたけけ - フォックス - ブルース - レイMkIII
ぼうしのみ 1UPキノコ - イカ - キャッピー - クマ - シーク - スライム - スーパーキノコ - ゼルダ姫 - ディクシーコング - デイジー - トゲゾー - どせいさん - バイト - バーバラ - ピーチ - ヘイホー - マリオ - マルク - ムジュラの仮面 - メタナイト - モルガナ - ルイージ - ワリオ - ワルイージ - ワンワン