【おしらせ】URLが変わりました。早めにブックマークの変更をお願いします。

ダックハント (3DS/Wii U)

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U まとめWIKI
移動先: 案内検索
執筆の途中です この項目「ダックハント (3DS/Wii U)」は、まだ書きかけの項目です。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています。
曖昧さ回避 この項目では、『スマブラfor』のファイターとしてのダックハントについて説明しています。このキャラクターの原作での活躍、アクションの元ネタなどについてはについては「ダックハント」を、同名のステージについては「ダックハント (ステージ)」をご覧ください。
警告.png この項目には、まだ更新データVer.1.1.6以前のデータが記載されている可能性があります。更新データで最新のデータを確認してください。
ダックハント
公式絵 4 ダックハント.png
シンボル ダックハント.png
種類隠しキャラクター

ダックハント(Duckhunt)は、『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U』で隠しキャラクターとして登場するファイター


目次

ワザ目次

弱攻撃
ダッシュ攻撃
横強攻撃
上強攻撃
下強攻撃
横スマッシュ攻撃
上スマッシュ攻撃
下スマッシュ攻撃
ニュートラル空中攻撃
前空中攻撃
後空中攻撃
上空中攻撃
下空中攻撃

つかみ
つかみ攻撃
前投げ
後投げ
上投げ
下投げ
通常必殺ワザ
横必殺ワザ
上必殺ワザ
下必殺ワザ
最後の切りふだ
あおむけおきあがり攻撃
うつぶせおきあがり攻撃
転倒おきあがり攻撃
ガケのぼり攻撃
アピール


出現条件[編集]

  • 3DS対戦を110回行う または シンプルを8人以上のファイターでクリアする
    • いずれかの条件を満たした後、挑戦者として出現するダックハントを倒す。対戦ステージは戦場
  • WiiU対戦を100回行う または 組み手で1人撃墜する
    • いずれかの条件を満たした後、挑戦者として出現するダックハントを倒す。対戦ステージはダックハント

ファイター性能[編集]

イヌとカモ、そしてどこからか光線銃を撃つ何者か(第三者)によるトリオ[1]。原作『ダックハント』の要素のみならず、『ワイルドガンマン』の悪漢ガンマンたち、『ホーガンズアレイ』のカンもワザとして登場する、『光線銃』シリーズの全作品の要素を併せ持ったファイター。

最大の特徴は、どれもトリッキーな使い方ができる3種類の飛び道具。
牽制・設置・ダメージ蓄積いずれにも使える飛び道具たちをどう使うかが、ダックハント上達のカギになる。
3種類の飛び道具は、的確に織りまぜれば安易な反射を許さない。
弾幕をかいくぐられたところで、運動性能も平均的かつ近接もわりかし扱いやすいものが多く、迎撃はそれほど難しくない。
防御・ダメージ蓄積に関しては大の得意分野といえよう。

反面、まともな撃墜ワザが各種スマッシュ攻撃しかなく、それらも出が遅いうえに多段ワザなので、ずらされたりカスったりすると安定性に大きな不安が残る。
また、防御面についても、上昇量の大きい上必殺ワザのおかげで単純な復帰力は高いものの、攻撃判定がないせいで復帰狩りの脅威に晒されやすい。
高低差の激しいステージでは、得意の弾幕も生かしづらいのが悩みどころ。

長期戦を覚悟で、的確に相手をハントしていこう。


  • 長所
    • 豊富な飛び道具を持っている。
      • #通常必殺ワザ「トリックショット」は攻撃可能な範囲がとても広く、相手の裏をかいたり、追撃にも使える。
    • 飛び道具に当たり判定があり、相手の飛び道具が届きにくい。
    • 「トリックショット」と#横必殺ワザ「クレー射撃」は本体が行動不能な時でも動かすことができる。
    • スマッシュ攻撃以外の通常ワザは癖がなく、扱いやすいものが揃っている。
    • #横スマッシュ攻撃のリーチが長い。
  • 短所
    • 飛び道具にはどれも癖があり、扱いにくい。
    • 全ての飛び道具に当たり判定があるため、相手の攻撃でこちらの攻撃を阻止されやすい。
    • スマッシュ攻撃の攻撃方法が特殊で、やや扱いにくい。
    • 唯一の復帰ワザである#上必殺ワザ「ダックジャンプ」には攻撃判定がなく、動きが遅いため、復帰を妨害されやすい。

運動技能[編集]

ジャンプ回数 カベジャンプ カベ張りつき しゃがみ歩き
2 x

更新履歴[編集]

Ver.1.0.4
  • 上スマッシュ攻撃
    • 1段目の空中ヒット時のベクトル 140 ⇒ 150
    • 1段目の空中ヒット時のWBKB 72 ⇒ 60
    • これらの変更により1段目ヒット時に2段目に繋がりやすくなった。
Ver.1.0.6

変更点確認されず。

Ver.1.0.8
  • ニュートラル空中攻撃
    • 着地隙減少: 22F ⇒ 17F
Ver.1.1.0
  • その場・横・空中回避の全体Fが1F減少。
    • 空中回避の無敵F減少: 2F~27F ⇒ 2F~26F
  • 弱攻撃
    • 1段目・2段目・3段目(単発)の攻撃判定が拡大したりふっとばし力が変わったりし、連続ヒットしやすくなった。
    • 3段目(単発)のダメージが1%増加。
  • 横スマッシュ攻撃
    • 2・3発目の攻撃判定のサイズ拡大: 4.5/5.1 ⇒ 5.2/7 [2発目/3発目]
Ver.1.1.1

変更点確認されず。

Ver.1.1.3

変更点確認されず。

Ver.1.1.4

変更点確認されず。

Ver.1.1.5
  • 横スマッシュ攻撃
    • 最終段のKBG増加: 123 ⇒ 125
  • 上スマッシュ攻撃
    • 最終段のKBG増加: 153 ⇒ 155
  • 下スマッシュ攻撃
    • 最終段のKBG増加: 110 ⇒ 112


ワザ[編集]

弱攻撃[編集]

"ひっかき" → "頭突き" → "両足蹴り" or "キツツキラッシュ"→ "キツツキフィニッシュ"

イヌが前足でひっかき → 頭突き → 両足蹴り or カモがくちばしでキツツキのごとく何度も突きまくる。

  • ダメージ: 2.5%→2.5%→ 5% or 1%*n+3% [1段目→2段目→3段目(単発) or 3段目(百裂)]
  • 発生: 4F-6F , 5F-8F , 6F-9F or 6F〜
  • 3段目は単発攻撃か百裂攻撃に分岐する。2段目から3段目のボタンを押す間隔が長いと3段目は単発攻撃になり、短いと百裂攻撃になる。押しっぱなしで出している場合、3段目は単発攻撃になる。

  • ダックハントの通常ワザの中で最も出が早く、接近戦で使いやすい。
  • 3段目の単発攻撃は出が遅いために、落下速度が遅いキャラには空中攻撃で割り込まれたりジャンプでかわされたりしやすく、落下速度が速いキャラにはガードされやすいので、百裂攻撃よりもやや使いにくい。
  • 百裂攻撃フィニッシュは弱攻撃の中ではふっとぶほうで、Wii U版の"終点"でほかほか補正無しならマリオを180%程度から、ダックハントの蓄積ダメージが100%なら150%程度から撃墜できる。


ダッシュ攻撃[編集]

"ダッシュ突き"
ファイター解説 ダックハント ダッシュ攻撃.JPG

イヌが滑り込み、カモがくちばしで突く。

  • ダメージ: 10%-7% [始-終]
  • 発生: 10F-13F , 14F-20F

  • カンを攻撃すると、当たった場所によって飛んでいく角度にばらつきが出るものの、かなり勢いよく飛ばすことができる。


横強攻撃[編集]

"ダックアタック"
シフトなし
上シフト
下シフト

カモが前に飛び出しながらくちばしで突く。

  • ダメージ: 8%
  • 発生: 8F-11F
  • シフト対応。

  • 横強攻撃の中では発生はさほどでもないが、リーチはなかなか。


上強攻撃[編集]

"羽根アタック"
ファイター解説 ダックハント 上強.JPG

カモが両翼を振り上げて攻撃。

  • ダメージ: 7%
  • 発生: 8F-12F

  • 意外と吹っ飛ばし力があり、終点中央のマリオを150%あたりから撃墜可能。


下強攻撃[編集]

"ダック足ばらい"
ファイター解説 ダックハント 下強.JPG

カモが地面すれすれを飛行しながらくちばしで突く。

  • ダメージ: 8%
  • 発生: 6F-7F

  • リーチは横強攻撃よりも少し短いが、発生はこちらの方が早い。


横スマッシュ攻撃[編集]

"ザッパー"
ファイター解説 ダックハント 横スマッシュ.JPG

何者かがイヌとカモの正面を3回射撃する。

  • ダメージ (合計ダメージは全3段がヒットした時)
    • 【ホールドなし】 4%+4%+9%、計17%
    • 【ホールド最大】 5.6%+5.6%+12.6%、計23.8%
  • 発生: 17F-
  • 長くスマッシュホールドするほど射程が伸びる。
  • 照準の上下の位置は毎回ランダムで変わる。

  • かなり横に攻撃範囲が広いが、発動から3発目が発射されるまでタイムラグがある。
  • 攻撃が照準による射撃であるため、カンを攻撃しても吹っ飛ばず、追加入力でカンを動かした時と同じようにしか動かない。


上スマッシュ攻撃[編集]

"対空ザッパー"
ファイター解説 ダックハント 上スマッシュ.JPG

何者かがイヌとカモの頭上を3回射撃する。

  • ダメージ (合計ダメージは全3段がヒットした時)
    • 【ホールドなし】 2%+2.4%+10%、計14.4%
    • 【ホールド最大】 2.8%+3.36%+14%、計20.16%
  • 発生: 12F-

  • 前、後、上の順に射撃する。
  • 攻撃が照準による射撃であるため、カンを攻撃しても吹っ飛ばず、追加入力でカンを動かした時と同じようにしか動かない。


下スマッシュ攻撃[編集]

"防衛ザッパー"
ファイター解説 ダックハント 下スマッシュ.JPG

何者かがイヌとカモの前後を3回射撃する。

  • ダメージ (合計ダメージは全3段がヒットした時)
    • 【ホールドなし】 5%+5%+6%、計16%
    • 【ホールド最大】 7%+7%+8.4%、計22.4%
  • 発生: 12F-

  • 1段目よりも3段目のほうがリーチが長いので、3段目しか当たらないことがある。
  • 攻撃が照準による射撃であるため、カンを攻撃しても吹っ飛ばず、追加入力でカンを動かした時と同じようにしか動かない。


ニュートラル空中攻撃[編集]

"ワンワン車輪"
ファイター解説 ダックハント N空中.JPG

イヌが両手足を伸ばしたまま回転して攻撃。

  • ダメージ: 11%-5% [出始め-持続]
  • 発生: 6F-8F , 12F-37F

  • 出始めの吹っ飛ばし力は結構強く、高%なら撃墜が狙える。カス当たりは持続に優れている。


前空中攻撃[編集]

"ダックシュート"
ファイター解説 ダックハント 前空中.JPG

カモが前に飛び出しながらくちばしで突く。

  • ダメージ: イヌ: 6.5% / カモ: 10%-7% [始-終]
  • 発生: 7F-

  • 後空中攻撃には、リーチと着地隙で勝るが、発生と威力は劣る。


後空中攻撃[編集]

"後方ダックシュート"
ファイター解説 ダックハント 後空中.JPG

カモが後ろに飛び出しながらくちばしで突く。

  • ダメージ: イヌ: 10% / カモ: 12.5%
  • 発生: 7F-8F / 7F-10F

  • 空中前攻撃には、発生と威力で勝るが、リーチと着地隙は劣る。


上空中攻撃[編集]

"暴れダック"
ファイター解説 ダックハント 上空中 (1).JPG
ファイター解説 ダックハント 上空中 (2).JPG
ファイター解説 ダックハント 上空中 (3).JPG

カモが上に向かってくちばしを3回突き出す。

  • ダメージ: 3%+3%+6%、全3段ヒットで計12%
  • 発生: 6F-7F , 12F-13F , 20F-21F


下空中攻撃[編集]

"協力メテオ"
ファイター解説 ダックハント 下空中 (1).JPG
ファイター解説 ダックハント 下空中 (2).JPG

真下に向かってイヌが頭突き、続けてカモがくちばしで突く。

  • ダメージ: 5%+10%、計15%
  • 発生: 14F , 20F
  • 2段目のカモの攻撃は空中の相手にはメテオスマッシュになる。

  • 着地隙発生フレーム帯は見た目よりも短いが、着地隙自体はとても長いので要注意。


つかみ[編集]

"つかみ"
ファイター解説 ダックハント つかみ (1).JPG
ファイター解説 ダックハント つかみ (4).JPG

イヌが相手を咥えかかる。

  • 発生: つかみ: 8F / ダッシュつかみ: 10F-11F / 振り向きつかみ: 10F-11F

  • リーチは平凡だが、出が一般的なものよりわずかに遅い。


つかみ攻撃[編集]

"つかみダック頭突き"
ファイター解説 ダックハント つかみ攻撃.JPG

イヌが咥えている相手をカモが頭突きで攻撃。

  • ダメージ: 3%


前投げ[編集]

"ワンワン投げ"
ファイター解説 ダックハント 前投げ (1).JPG
ファイター解説 ダックハント 前投げ (2).JPG

イヌが咥えている相手を前に放り投げる。

  • ダメージ: 8%

  • 低%の相手には、ダッシュ攻撃または前空中攻撃に繋げることが可能。


後投げ[編集]

"後ろワンワン投げ"
ファイター解説 ダックハント 後投げ.JPG

イヌが咥えている相手を後ろに放り投げる。

  • ダメージ: 9%


上投げ[編集]

"両足ワンワン投げ"
ファイター解説 ダックハント 上投げ.JPG

イヌが咥えている相手を上に蹴り上げる。

  • ダメージ: 6%


下投げ[編集]

"ワンワン叩きつけ"
ファイター解説 ダックハント 下投げ.JPG

イヌが咥えている相手を地面に叩きつける。

  • ダメージ: 5%


通常必殺ワザ[編集]

通常必殺ワザ1[編集]

"トリックショット"
ファイター解説 ダックハント NB (1).JPG
ファイター解説 ダックハント NB (2).JPG
ファイター解説 ダックハント NB (3).JPG
ファイター解説 ダックハント NB (4).JPG

当たると爆発する缶を蹴り出す。ボタンを押すと缶が何者かに撃たれてはねる。

仕様[編集]
  • ダメージ: カン: 1%~ / 爆発: 8% / 射撃: 1.8%

より詳細なデータについては、スマブラfor 3DS/WiiU 検証wiki - トリックショットを参照。

  • ワザを入力すると、まずイヌが目の前に出現したカンを蹴飛ばす。カンが存在している間は、必殺ワザボタンを押す度にカンが何者かの射撃を受けて、前方斜め上に小さく弾かれる。(スマッシュ攻撃による射撃でも同様の弾かれ方をする。)
    • 方向入力をしながら必殺ワザボタンを押した場合は射撃はされない。
    • 射撃はダックハントがどんな状態のときでもできる。なお、横必殺ワザのクレーが出ているときはクレーへの射撃が優先される。
  • カンが動いている間に相手や喰らい判定のあるアイテムなどにぶつかると爆発する。
  • カンの爆発は全てのプレイヤーにヒットする。吹っ飛ばす方向はカンが動いていた方向によって決まる。
    • イヌがカンを蹴った時点で爆発するようになり、直接相手にぶつかってしまうとダックハントも巻き込まれる。自分も相手も同じ方向へ吹っ飛ばされる。
  • カンと射撃は物理系、爆発はエネルギー系の飛び道具
  • カンには喰らい判定があり、誰からの攻撃でも受けて弾かれる。攻撃は最後に攻撃を与えたプレイヤーの物になる。
    • 攻撃を受けたカンは次の射撃で攻撃をしたキャラクターの向いていた方向に飛ぶ。基本的に飛んだ方向に飛ぶものだが、後空中攻撃、ニュートラル空中攻撃の背中側、ダッシュ攻撃の根本部分などを当てた場合に射撃をすると逆向きに飛ぶ。
    • カンはダックハント以外から攻撃を受けた場合、少しの間は通常必殺ワザを入力しても、何者かによる射撃が出来ない。
    • カンは、最後に攻撃を与えたプレイヤーの飛び道具は受けても弾かれない。ただし、ダックハントの横必殺ワザと下必殺ワザでは弾かれる。
    • 攻撃(何者かによる射撃も含む)にヒットし弾かれてから着地するまでのカンには、次のような特徴がある。
      • 最後に攻撃を与えたプレイヤー以外の喰らい判定のあるものに触れると爆発する。攻撃判定と喰らい判定が同時に触れた場合、爆発せずに弾かれる。
        • このとき、爆発だけでなくカンそのものが当たったことによるダメージも加わる。ダメージは1%以上で、カンの移動速度に比例してわずかに変化する。
      • ダックハントの攻撃だけはヒットすることなくすり抜ける。ただし横必殺ワザだけは当たる。
  • 地上にあるカンは喰らい判定に触れても爆発しない。
  • カンは8回攻撃を受ける(何者かによる射撃も含む)か、一定時間経っても爆発する。
    • 爆発直前になると点滅しはじめる。点滅中は次のような特徴がある。
      • 必殺ワザボタンを押しても何者かによる射撃が起きない。
      • 最後に攻撃を与えたプレイヤー以外の攻撃か喰らい判定に接触するとすぐに爆発する。
      • 最後に攻撃を与えたプレイヤーの攻撃は受けても爆発しないが、弾かれもしない。
        • 最後に攻撃を与えたプレイヤーがダックハントの場合、ダックハントの攻撃だけはヒットすることなくすり抜ける。ただし横必殺ワザだけは当たる。
      • 空中で点滅しはじめた場合、地面に着くとすぐ爆発する。
  • 反射されたカンは射撃できなくなる。また、空中で反射された場合、地面に着くとすぐに爆発する。
  • ダックハントが地上にいるとき、近くでカンが射撃されるとイヌが伏せる。このとき、一時的に硬直状態になる。
  • カンはパルテナの「オート照準」、ソニックの「ホーミングアタック」の対象となる。
  • ダックハントが撃墜されるとカンは消える。
  • カメラはカンをファイター同様に追う。
解説[編集]
  • ダックハントにおいて最も重要と言っていいワザ。
  • 追加入力による射撃で自在にカンをコントロールできるため、攻撃可能範囲が非常に広く、通常の飛び道具のような使用方法から、ガケの下や上空への追撃、不意打ちなどとかなり応用が効く。
  • 相手の攻撃で一時的に相手のものになってしまうという弱点があるため、他の飛び道具と組み合わせて対処されにくいように使うと良い。
  • 自分の攻撃を当てて吹っ飛ばして相手に当てるということも可能。追加入力による射撃よりも勢いよく飛ぶ。追加入力の射撃も組み合わせることでよりアグレッシブに動かすことができる。
    • 吹っ飛ぶ方向はその攻撃のベクトルに依存する。
      • ただし、スマッシュ攻撃は射撃による攻撃であるため、このワザの追加入力時と同じようにしか吹っ飛ばない。
  • 上必殺ワザ使用中にも射撃ができるため、復帰時にガケの上へ向けて飛ばすこともできる。ただし、カンを出す時の硬直はそれなりにあり、場合によってはカンの爆発に巻き込まれるので注意。


通常必殺ワザ2[編集]

"ワンショットバースト"

いまにも破裂しそうな缶を蹴り出す。缶は少し経つか1発撃たれるだけで爆発する。

仕様[編集]
  • ダメージ: カン: 1%以上 (速度で変化) / 爆発: 7% / 射撃:
  • 射撃または攻撃を1回受けただけで即座に爆発するカンを蹴飛ばす。誰かにカンが当たっただけでは爆発せず、跳ね返る。それ以外の仕様は「トリックショット」とほぼ同じ。
  • 蹴飛ばされたカンは「トリックショット」よりも遠くまで飛ぶ。
  • カンが自然に爆発するまでの時間は「トリックショット」よりも短い。爆発直前の点滅は無い。
解説[編集]
  • 弾速と飛距離に優れているので、一般的な飛び道具に近い感覚で使用できる。反面、すぐに爆発するので、「トリックショット」ほどトリッキーな使い方はできない。


通常必殺ワザ3[編集]

"ジグザグショット"

缶が撃たれるたびジグザグにはね上がる。射撃を受けた相手は上にふっとばされる。

仕様[編集]
  • ダメージ: カン: 2% / 爆発: 6% / 射撃: 6%
  • 「トリックショット」より、カンが射撃によって弾かれた時に高い角度かつ、横方向へ飛ぶ勢いが強くなっている。飛ぶ方向もその時に飛んでいる方向の逆方向になっており、連続で必殺ワザボタンを押していくと、名前の通りジグザグに飛んでいく。
  • カンは5回攻撃を受ける(何者かによる射撃も含む)か、一定時間経つと爆発する。
  • カンは地上にあるときに対戦相手に触れると、通常(向いている方向)とは逆に飛ぶ。
  • カンそのものの攻撃判定は、地上にあるときに射撃されたときのみ発生する。ダメージのみでふっとびは無い。
解説[編集]
  • 接触による爆発が無いため、上手くすれば相手を射撃に巻き込んで連続攻撃が可能。
  • 射撃可能な回数を2つ消費することになるが、次の射撃で手前に飛ぶような時に素早く二度ボタンを押すことで手前に戻さずに正面へ飛ばすことができる。


横必殺ワザ[編集]

横必殺ワザ1[編集]

"クレー射撃"
ファイター解説 ダックハント 横B (1).JPG
ファイター解説 ダックハント 横B (2).JPG

クレーを正面に投げる。ボタンを押すとクレーを追って3連射が放たれる。

仕様[編集]
  • ダメージ: 飛んでいるクレー: 2% / 射撃1-2発目: 1.8% / 射撃3発目(クレー破片): 5%
  • ワザを入力するとイヌがクレーを放り投げる。
    • 弾き入力すると投げる勢いが増す。
  • 必殺ワザボタンを押すと、クレー目がけて何者かが射撃する。射撃は3連発で、3発目でクレーに命中し、破片が周囲に飛び散る。
    • 横以外の方向入力をしながら必殺ワザボタンを押した場合は射撃はされない。
  • ある程度の勢いで飛行しているクレーには攻撃判定がある。そのとき相手に直撃するか相殺した場合、クレーは弾かれて軌道が変わる。
  • クレーには5%の耐久力があり、それが尽きると消滅する。
  • 射撃はダックハントがどんな状態のときでもできる。通常必殺ワザのカンが出ている時はクレーの射撃が優先される。
  • クレーと射撃は物理系の飛び道具
  • 反射されたクレーは射撃できなくなる。また、地形に接触するとすぐに消滅する。
解説[編集]
  • 相手の行動を阻害しやすい飛び道具。適度に遅いため本体に接近しにくい。
  • 攻撃判定は喰らい判定よりもかなり小さいので、相手の攻撃と接触しても相殺しないことは多い。
  • クレーと同時にカンによる上空からの攻撃をすることでジャンプで飛び越えにくくして相手の行動を抑え込むことができる。
    • クレーがヒットすれば、そのままカンによる追撃も可能。


横必殺ワザ2[編集]

"上昇クレー"

貫通するクレーが浮き上がるように飛ぶ。クレーを狙った射撃はされない。

仕様[編集]
  • ダメージ:
  • クレーが勢いよく飛び、一度低空に沈んでから上昇するという軌道を取る。
  • クレーに特化されたカスタマイズで、追加入力による射撃が不可能になった。
  • 飛行時間が長いほど威力が上昇する。
  • はじき入力による変化がより顕著になった。
解説[編集]
  • 追加入力が不可能となり、単純な飛び道具になった。
  • はじき入力の有無で射程、速度がかなり変化する。
    • 飛行時間で火力が上がるという性質上、相手との距離が近ければ、はじき入力をせずに投げた方がダメージが高くなる。


横必殺ワザ3[編集]

"クレー砕き"

クレーに向かって強力な射撃があびせられる。撃たれる間隔はまちまちだが3発目は必中。

仕様[編集]
  • ダメージ:
  • ワザを入力すると、イヌがクレーを放り投げる。クレー射撃より射程が長い。
    • 弾き入力すると投げる勢いが増す。
  • クレーが存在している間に必殺ワザボタンを押すと、クレー目がけて何者かが射撃する。射撃は3連発で、3発目でクレーに命中し、破片が周囲に飛び散る。(1,2発目は絶対に外す)
  • "クレー射撃"の射撃に特化したカスタマイズで、クレーに攻撃判定がなくなっている。ただし、喰らい判定はある。
  • 射撃が強力なものとなり、発射間隔が開いている。
解説[編集]
  • 飛んでいるクレーそのものに攻撃判定がなくなった分、強力な射撃ができる。
    • 射撃間隔は広く、クレーに攻撃判定がないため相手をすり抜けるので、やや扱いにくくなっている。
  • 3発目を当てることで射撃とクレーの破片で連続ヒットする。



上必殺ワザ[編集]

上必殺ワザ1[編集]

"ダックジャンプ"
ファイター解説 ダックハント 上B (1).JPG

カモにお尻をつかまれて飛び上がっていく。ある程度飛ぶとカモがへばって落下。

仕様[編集]
  • ダメージ: なし
  • 上昇しながら左右に移動できる。
    • 上昇はゆっくりで、左右へはかなり自由に動ける。
  • 使用後はしりもち落下になる。
解説[編集]
  • 上昇距離はそこそこあるが攻撃判定が無い無防備な復帰ワザ。それに加えて移動速度が遅いので、とても復帰阻止をされやすい。
  • 通常必殺ワザのカンへの射撃はこのワザの使用中でもできるので、カンを盾のように使ったり、壁に沿って上昇することで場外追撃を受けてもカベ受け身で耐えることを狙ったりといった工夫が、復帰では重要となる。復帰阻止が得意な相手にはガケつかまりを狙わずに、尻もち落下しながらでも上空からステージ中央あたりに着地したほうがマシな結果を得られることがある。


上必殺ワザ2[編集]

"つかみダックジャンプ"
ファイター解説 ダックハント 上B2.JPG

近くの相手にかみついたまま飛び上がる。連続ヒットするけれどカモはすぐにへばる。

仕様[編集]
  • ダメージ:
  • ダックジャンプに攻撃能力をつけたもの。ただし上昇力は劣る。
    • 攻撃範囲はどちらかというと狭い。
解説[編集]
  • ダックハント唯一の攻撃能力のある復帰ワザ。


上必殺ワザ3[編集]

"ダックハイジャンプ"
ファイター解説 ダックハント 上B3.JPG

カモが力強く羽ばたいて一気に上昇。その羽ばたきは相手を押し出す突風を起こす。

仕様[編集]
  • ダメージ:
  • 使用するとカモがホバリングし、その後一気に上昇する。
  • 高く飛べる分、左右へは進みにくくなっている。
解説[編集]
  • 上昇速度が速く、ダックジャンプに比べて復帰阻止されにくくなっている。
  • 素早い復帰ができる分、復帰コースが単純になる。


下必殺ワザ[編集]

下必殺ワザ1[編集]

"ワイルドガンマン"
ファイター解説 ダックハント 下B (1).JPG
ファイター解説 ダックハント 下B (2).JPG
ファイター解説 ダックハント 下B (3).JPG

呼び出したガンマンが正面に発砲。ガンマンは5人いてそれぞれ腕前が違う。

仕様[編集]
  • ダメージ: ヒゲ: 4% / ノッポ: 4% / ボス: 6% / 黒服: 5% / ソンブレロ: 7%
  • ガンマン達はそれぞれ射撃までの時間・射撃のダメージ・射程距離が異なる。
    • ノッポは射程距離が一番長い。
    • ソンブレロは攻撃力が一番高い。
    • ボスは発射までの時間が一番短い。
    • 黒服はバランスが取れている。
    • ヒゲは能力が低い。
  • ガンマンには喰らい判定と5%の耐久力がある。耐久力が尽きるとふっとんでいく。ダックハントからの攻撃は受けない。
  • ガンマンは空中にいる時はゆっくり落下していく。射撃をすると落下が止まる。
  • 弾丸は物理系の飛び道具で、見えないため射程が測りにくい。
  • 一度出たガンマンは5人全員が出るまで出ない。
解説[編集]
  • 正面にガンマンを出現させるワザ。時間差で攻撃するため、ダックハント本体や他の飛び道具との連携することで真価を発揮する。
    • ガンマンによる射撃を相手がシールドで防ごうとしたところに本体がつかみ当てるということもできる。
  • 射撃のタイミングがガンマンによって異なるため、ジャストガードがしづらいという特徴もある。
  • 空中ではゆっくり降下し、射撃時に静止するという特徴から、横方向からの復帰時に、崖上で復帰阻止しようとしている相手に向けて撃つように設置することができる。
    • 上必殺ワザが隙だらけなダックハントには復帰阻止妨害が大切。


下必殺ワザ2[編集]

"早撃ちガンマン"

ガンマンが自慢の早撃ちを披露。威力も増しているものの射程は低い。

仕様[編集]
  • ダメージ:
  • ガンマン達はそれぞれ射撃までの時間・射撃のダメージ・射程距離が異なる。"ワイルドガンマン"と比べると、性能のバランスこそはそのままだが、その差はわずかなものになっている。
  • ガンマンは空中にいる時はゆっくり落下していく。射撃をすると落下が止まる。
  • ガンマンには喰らい判定と耐久力がある。耐久力が尽きるとふっとんでいく。ダックハントからの攻撃は受けない。
  • 小さめのガンマンを出現される。
  • このガンマンはHPが低く、出現すると即座に発射する。
  • 射撃の射程は"ワイルドガンマン"より短い。
  • 出現するガンマンが完全ランダムとなり、連続で同じガンマンが出ることがある。
解説[編集]
  • 発動から発射までのタイムラグが大きく削減され、通常の飛び道具に近くなっている。また、ダメージ量も「ワイルドガンマン」より多い。
  • 「ワイルドガンマン」のようにダックハント本体と同時に攻撃するのは不可能。


下必殺ワザ3[編集]

"タフネスガンマン"
ファイター解説 ダックハント 下B3.JPG

巨人のようなガンマンが盾がわりにもなる。たよれるナイスガイだが射撃は苦手。

仕様[編集]
  • ダメージ:
    • ガンマン達はそれぞれ射撃までの時間・射撃のダメージ・射程距離が異なる。「ワイルドガンマン」と比べると、性能のバランスこそはそのままだが、その差は大きなものになっている。
  • ガンマンは空中にいる時はゆっくり落下していく。射撃をすると落下が止まる。
  • ガンマンには喰らい判定と耐久力がある。耐久力が尽きるとふっとんでいく。ダックハントからの攻撃は受けない。
  • とても大きなガンマンを出現させる。
  • このガンマンはとてもHPが高く、発射までの時間がとても長い。
  • 巨大化しているため、発射位置が高くなっていて射撃は当てにくい。
解説[編集]
  • ガンマンが銃を撃つまで時間が長く、背の高さゆえに当てづらいため、攻撃手段としては扱いにくい。ダメージ量も「ワイルドガンマン」より少ない。
  • 体力が高く、背も高いため、相手の飛び道具に対する壁として使うのが効果的。


最後の切りふだ[編集]

"光線銃セット"
ファイター解説 ダックハント 切りふだ (5).JPG

カモの群れが相手を荒野に連れ込み、ガンマン5人が撃ちまくる。『光線銃』シリーズのキャラが総登場するユニークな切りふだ。

仕様[編集]

ダメージ 計45%

  • 正面にカモの群れを突っ込ませて発動するワザ。最初のカモの群れが当たらないとそこで終了となる。

解説[編集]


あおむけおきあがり攻撃[編集]

ファイター解説 ダックハント おきあがり攻撃 (1).JPG
ファイター解説 ダックハント おきあがり攻撃 (2).JPG

イヌが起き上がりながらカモが後→前の順でくちばしで突く。

  • ダメージ: 7%
  • 発生: 16F-17F , 22F-23F

うつぶせおきあがり攻撃[編集]

イヌが起き上がりながらカモが後→前の順でくちばしで突く。

  • ダメージ: 7%
  • 発生: 16F-17F , 22F-23F


転倒おきあがり攻撃[編集]

イヌが起き上がりながらカモが後→前の順でくちばしで突く。

  • ダメージ: 5%
  • 発生: 16F-17F , 30F-31F


ガケのぼり攻撃[編集]

ファイター解説 ダックハント ガケのぼり攻撃.JPG

イヌがガケを登りながらカモがくちばしで突く。

  • ダメージ: 7%
  • 発生: 18F-20F


アピール[編集]

  • 上アピール
    逆立ちをする。カモは片足に乗る。
  • 横アピール
    寝そべりながら嘲笑う。カモは羽ばたく。
  • 下アピール
    二本足で立ち、ポーズをとる。
上アピール 横アピール 下アピール
ファイター解説 ダックハント 上アピール.JPG ファイター解説 ダックハント 横アピール.JPG ファイター解説 ダックハント 下アピール.JPG


待機モーション[編集]

ファイター解説 ダックハント 待機モーション (1).JPG ファイター解説 ダックハント 待機モーション (2).JPG


登場演出[編集]

ファイター解説 ダックハント 登場演出.gif

イヌがドット絵の草むらに飛び込み顔を出し、嘲笑を繰り出す。

リザルト演出[編集]

  • 勝利ファンファーレ:『ダックハント』GAME A開始BGM
    • 十字ボタン←
      イヌがドット絵の草むらに飛び込み顔を出し、嘲笑を繰り出す。
      登場演出でカモはイヌの肩に立つが、こちらは飛んでいる。
    • 十字ボタン↑
      イヌが左側から走って現れ、飛んできた缶を蹴り返す。
    • 十字ボタン→
      左、右へと悪漢ガンマンを呼び出し、ガンマンが射撃する。登場するガンマンはランダム。
勝利演出・左 勝利演出・上 勝利演出・右
ファイター解説 ダックハント 勝利演出・左.jpg ファイター解説 ダックハント 勝利演出・上.jpg ファイター解説 ダックハント 勝利演出・右.jpg
拍手
リザルト画面 拍手 (6).jpg
イヌが二足立ちで拍手。カモはイヌの背中から顔を出している。

カラーバリエーション[編集]

実在する犬種や鳥類の体色に似ている物が多い。

頭アイコン for ダックハント 01.png 茶色1 カモは原作で現れる3羽の内一つと同じ。
頭アイコン for ダックハント 02.png 黒1 イヌはロットワイラーやクーンハウンドに、カモはアオヤマガモに似ている。
頭アイコン for ダックハント 03.png 黒2 イヌはボーダー・コリーやアメリカン・ピット・ブル・テリアに似ている。
頭アイコン for ダックハント 04.png 茶色2 イヌはラブラドール・レトリバーのチョコレートの毛色に、カモはアメリカガモに似ている。
頭アイコン for ダックハント 05.png イヌはダルメシアンに似ている。
頭アイコン for ダックハント 06.png 茶色3 イヌはビーグルに、カモはメスのマガモに似ている。
頭アイコン for ダックハント 07.png 黄色 カモは原作で現れる3羽の内一つと同じ。また、イヌはゴールデン・レトリバーに、カモはオスのマガモに似ている。
頭アイコン for ダックハント 08.png 黒3 カモは原作で現れる3羽の内一つと同じ。また、イヌはラブラドール・レトリバーの黒い毛色に似ている。


公式スクリーンショット[編集]

脚注[編集]

  1. Nintendo DREAM 2015年2月号

外部リンク[編集]


ファイター (3DS/Wii U)
歴戦の勇者
64 マリオ - リンク - サムス - カービィ - フォックス - ドンキーコング - ピカチュウ - ルイージ - ヨッシー - キャプテン・ファルコン - ネス - プリン
DX クッパ - ピーチ - マルス - ゼルダ - シーク - ガノンドロフ - ファルコ - ドクターマリオ - Mr.ゲーム&ウォッチ
X ピット - ピクミン&オリマー - トゥーンリンク - ソニック - デデデ - ルカリオ - ディディーコング - ゼロスーツサムス - リザードン - アイク - メタナイト - ワリオ - ロボット
新たなる挑戦者 むらびと - ロックマン - Wii Fit トレーナー - ロゼッタ&チコ - リトル・マック - ゲッコウガ - Miiファイター ( 格闘剣術射撃 ) - パルテナ - パックマン - ルキナ - ルフレ - シュルク - ブラックピット - クッパJr. - ダックハント
さらなる挑戦者 ミュウツー - リュカ - ロイ - リュウ - クラウド - カムイ - ベヨネッタ