ピクミン&オリマー (3DS/Wii U)

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U まとめWIKI
移動先: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、『スマブラfor』のファイターのピクミン&オリマーについて説明しています。オリマー及びアルフ全般については「キャプテン・オリマー」を、ピクミン全般については「ピクミン」をご覧ください。
ピクミン&オリマー
公式絵 4 ピクミン&オリマー.png
シンボル ピクミン.png
種類基本キャラクター

ピクミン&オリマー(Olimar)は、『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U』で最初から使えるファイター

カラーバリエーションにアルフを操作するピクミン&アルフ(Alph)がある。見た目は異なるが、性能は全て同じになっている。

目次

ワザ目次

弱攻撃
ダッシュ攻撃
横強攻撃
上強攻撃
下強攻撃
横スマッシュ攻撃
上スマッシュ攻撃
下スマッシュ攻撃
ニュートラル空中攻撃
前空中攻撃
後空中攻撃
上空中攻撃
下空中攻撃

つかみ
つかみ攻撃
前投げ
後投げ
上投げ
下投げ
通常必殺ワザ
横必殺ワザ
上必殺ワザ
下必殺ワザ
最後の切りふだ
あおむけおきあがり攻撃
うつぶせおきあがり攻撃
転倒おきあがり攻撃
ガケのぼり攻撃
アピール


ファイター性能[編集]

不時着した星に住む生物"ピクミン"を従えて戦う宇宙飛行士。原作同様にオリマー自身は貧弱なため、ピクミンの力を借りることが必要不可欠。

ピクミンを使った地上ワザのリーチが一番の強み。リーチの割には発生も早く、威力と後隙の少なさにも優れており非常に優秀である。

始動しやすく大ダメージが見込めるコンボ、優秀な飛び道具を持つため、ダメージ蓄積にも長けている。ピクミンの色を上手く使い分けることができれば、さらに効率よくダメージを稼いで撃墜することができるだろう。

空中ワザはリーチこそ短いが、挙動は素直で取り回しのよいものが揃っている。ペースを握っているときの追撃には申し分ない。

#横必殺ワザ「ピクミン投げ」は少し変則的かつ優秀な飛び道具である。赤・青・黄・白ピクミンを投げると、相手にくっついて持続的にダメージを与える。そのままだとダメージが一方的に溜まっていくので、相手は攻撃を強要されることになる。一方紫ピクミンは体当たり攻撃で、こちらは牽制用のスタンダードな飛び道具。

「羽ピクミン」に持ち上げてもらう#上必殺ワザは連れているピクミンが多いと上昇距離が短くなるものの、復帰力は非常に高く、上昇を中断して攻撃もできる優秀な復帰ワザ。

弱点は、原作同様にピクミンがいないとオリマーは無力になってしまうこと。ピクミンを一匹も連れていないと、オリマー自身が攻撃する弱攻撃・ダッシュ攻撃・各種強攻撃・ニュートラル空中攻撃以外は空振りとなり、実質的に使用不可能となってしまう。

また、ピクミン攻撃の特殊な相殺判定のせいでワザのぶつかり合いに弱い。地上ではリーチの長さで対抗できるものの、空中戦では致命的である。

空中戦の弱さと運動性能の低さから、一度浮かされた後のリカバリーも難しい。体重の軽さも相まって「崩されると脆い」ファイターである。

総じて、地上で相手の動きをコントロールしながら戦うのが得意なファイターである。「ピクミン投げ」で相手を動かし、長いリーチで相手の攻撃をいなしながら、隙を見て火力の高い連携を叩き込むように立ち回ると良い。

また、ピクミンの特徴を理解して管理するという計画性が求められるファイターでもある。ピクミンの補充は一瞬だが、上級者との対戦においてはその一瞬すらままならない事も多い。最低でも1匹は手元にいるように心掛けたい。


  • 長所
    • 横・下スマッシュ攻撃、つかみではピクミンを突進させたり走らせたりして攻撃するため、体格に見合わない長いリーチを持つ。
    • 下投げ、弱攻撃、下強攻撃など、連携が充実していて火力が高い。
    • ピクミンの色の違いによるさまざまな性質の攻撃を使い分けることができる。
      ワザのモーションは同じでも、パワーに優れる赤・紫、投げが強い青、攻撃範囲の広い黄色、張り付きのダメージが高い白など、それぞれの色ごとに特徴が異なる。
    • #横必殺ワザ「ピクミン投げ」によってピクミンを飛び道具として投げつけることができる。
      色によって射程や軌道、攻撃の性質が異なるため、上手く使えばバリエーションに富んだ遠隔攻撃が可能。
    • 頭身が低く小柄で、当たり判定が小さい。それに加えてピクミンを操る際の動きが小さく、傍目には何をやっているのかわかりにくい。
      オリマーをよく知る相手でも、カメラのズームアウト等により引いた視点からだと、各種モーションが判別しづらいことがある。
    • ピクミンを連れていない時の#上必殺ワザ「羽ピクミン」の復帰力が高い。
    • 手元を離れているピクミンには個別の食らい判定があり、飛び道具を遮ってくれたり、ヒットストップで相手の動きを止めたりしてくれる。
  • 短所
    • 体重が軽く、ペースを乱されるとあっけなくやられてしまう危険性が高い。
    • 地上、空中ともに移動速度が遅い。
    • ピクミンを一匹も連れていない状態では、殆どのワザが使用不可能になってしまう。
      オリマー自身の体術はリーチが短く非力なため、戦力不足に陥ることは必至。
      また、落下した後の復帰時点ではピクミンは復活しない為、無敵時間を生かした割り込みもしにくい。
    • ピクミンの色の違いによる攻撃の性質を知っておくことが求められる。
      最低限、先頭に立つピクミンの色は把握しておきたい。
      さらに、それぞれの色を適切に運用し、性能を引き出すためには、ピクミンの色および数の管理を行う必要がある。
      しかしながら、とっさの状況では色を選ぶ余裕がないこともある。
    • ピクミンによる攻撃は判定が弱い(特殊な相殺判定)。
      相手の空中攻撃とかち合うと一方的に負けてしまうことに注意。
    • スマッシュ攻撃は全て飛び道具扱いであるため、反射されると従えていたピクミンに手痛い一撃を貰うことになる。

運動技能[編集]

軽量級の一人であるオリマーだが、原作におけるオリマーたちはミニチュアサイズであることを表現しているのか、移動速度は遅めで、全体的に下位に位置している。

ジャンプ回数 カベジャンプ カベ張りつき しゃがみ歩き
2 × × ×

ピクミン[編集]

仕様と性質[編集]

公式 きょうの1枚 2013年07月18日.jpg
  • 対戦開始時は赤・黄・青ピクミンを引っこ抜いている。競技場のホームランコンテストスマッシュボンバーでは紫ピクミン3匹になっている。
  • #通常必殺ワザ「ピクミンひっこ抜き」によって3匹まで出すことができる。引っこ抜いたピクミンはオリマーの後ろ側で隊列になる。
  • 五種類のピクミンにはそれぞれ違った性質を持つが、ワザが変わったりはしない。並んでいる順に前から使われ、使われたあとは隊列の一番最後につく。
  • 引き抜くピクミンの順番は、赤→黄→青→紫→白→赤…の順で固定されている。
  • ピクミンにはそれぞれ体力があり、ピクミンが攻撃を受けてこれが無くなると死んでしまい、幽霊になって消滅する。
  • オリマーから離れたピクミンはオリマーが#下必殺ワザの「ピクミン整列」を使わなければ、走ったりジャンプしたりしてオリマーの元に戻ろうとする。一定時間離れていると点滅し、約15秒経ってもオリマーの元に戻ることができなかった場合は死んでしまう。
  • オリマーがミスするとピクミンは全員死ぬ。復活時はピクミンは0匹となっている。
  • オリマーの後ろをついてきているピクミンは攻撃を受けない。#横必殺ワザ「ピクミン投げ」などでオリマーから離れたピクミンは、オリマーの元に戻るまでは攻撃を受けるようになる。
  • 赤ピクミンと黄ピクミンは攻撃属性を追加する効果を持つ。
  • 赤・黄・青ピクミンは特定の属性に耐性を持っており、耐性のある属性の攻撃はヒットしてもダメージを受けず、吹っ飛ぶこともない。なお攻撃の相殺はされる。
  • WiiU「ピクミン投げ」で投げたピクミンがオリマーの元に戻る時、重さの軽いアイテムを運んでくれる。
  • WiiU1秒以上着水すると青ピクミン以外はその場で溺れ死んでしまう。なお3DS版には着水できる水は存在しない。
  • WiiUピクミンの頭の葉っぱは時間経過でつぼみ、花へ成長する。これによる影響はない。

ピクミンの種類[編集]

体力 耐性属性 通常ワザの威力 投げの威力 その他
赤ピクミン 8 火炎 1.2倍 0.8倍 ピクミンを使ったすべての攻撃に火炎属性を追加。
黄ピクミン 8 電撃 等倍 等倍 ピクミンを使ったすべての攻撃に電撃属性を追加。
ワザの攻撃判定が1.25倍の大きさ。
青ピクミン 11 等倍 1.6倍 WiiU着水しても溺れ死なない。
白ピクミン 7 なし 0.8倍 等倍 動きが速くて、ジャンプが高い。
つかみ・「ピクミン投げ」のリーチが長い。
つかみ攻撃の威力2倍。
つかみ攻撃と投げに暗黒属性を追加。
紫ピクミン 13 なし 1.4倍 等倍 横/下スマッシュ攻撃・つかみ・「ピクミン投げ」のリーチが短い。
動きが遅い。

赤ピクミンは通常ワザの威力が高く、黄ピクミンは攻撃判定が大きい、青ピクミンは投げが強力、といった特徴を持つ。白ピクミンは通常ワザの威力が低いかわりにつかみのリーチと「ピクミン投げ」の飛距離が長く、紫ピクミンはそれら及び横/下スマッシュ攻撃の飛距離が短いかわりに威力が非常に高い、と少しクセが強い。

標準的な性能となる赤・青・黄にはそこまで大きな性能差はない。 白と紫の特徴を覚えておけば、普通に戦う分には問題ないだろう。

なお、青ピクミンは水属性攻撃に対する耐性を持つが、『スマブラ』における水属性攻撃はごく少数[1]なため、無いに等しい。

前作からの変更点[編集]

最も目立つ変更点は「ピクミンひっこ抜き」の仕様変更であろう。一度に連れて歩けるピクミンの数が前作の半分の3匹までになったことは、対戦のさまざまな場面に変化をもたらしている。
上必殺ワザがワイヤー復帰から長距離を移動するものになり、最低クラスだった復帰力が大幅に改善されたのも印象的。
これらの変更によって、『ピクミン』シリーズの特徴の「数の多さ」と「短命」さの体現性は今作では薄れた。しかし、ピクミンひっこ抜きでひっこ抜くピクミンの色が順固定になったことで、「計画性」の面ではより深まったことだろう。

  • その他色変えの要領で『ピクミン3』の主人公アルフを操作する「ピクミン&アルフ」が選べるようになった。前作では6色だったオリマーのカラーがアルフとそれぞれ4色ずつになった。
  • 弱体化体重減少: 82 ⇒ 79
  • 強化走行速度上昇: 1.4 ⇒ 1.47
  • 強化落下最高速度上昇: 1.3 ⇒ 1.35
  • その場回避
    • 弱体化無敵F減少: 3F-20F ⇒ 3F-17F
  • 前方・後方回避
    • 弱体化無敵F減少: 4F-19F ⇒ 4F-16F
  • 空中回避
    • 強化発生高速化: 4F ⇒ 3F
    • 弱体化無敵F減少: 4F-29F ⇒ 3F-27F
  • ピクミン
    • 弱体化画面内に存在できるピクミンの数が6匹までから3匹までになった。
    • 引っこ抜かれるピクミンの色が引っこ抜く場所の地質によってランダムだったものが、赤→黄→青→白→紫→赤の順で決められるようになった。対戦開始時点の初期ピクミンは、必ず赤、黄、青に固定されている。
    • 強化次に使われるピクミンの頭上に、三角のサインが出現するようになった。色はプレイヤー番号に準じる。
    • 弱体化オリマーから離れた状態になってから死ぬまでの時間が短くなった。
    • HP
      • 弱体化赤ピクミンのHP減少: 9HP ⇒ 8HP
      • 弱体化黄ピクミンのHP減少: 9HP ⇒ 8HP
      • 弱体化青ピクミンのHP減少: 14HP ⇒ 11HP
      • 強化白ピクミンのHP増加: 4HP ⇒ 7HP
      • 弱体化紫ピクミンのHP減少: 15HP ⇒ 13HP
    • 3DSピクミンの挙動が若干異なる。以下の3つは対戦に関わるものではない。
      • モーションは秒間30フレームで動く。
      • 時間経過で頭の葉がつぼみや花になることは無い。
      • 待機モーションは複数のピクミンで同期されている(同時に同じモーションを取る)。
  • 弱攻撃
    • ワザ変更「頭突き」→「反転頭突き」から、「オリマーパンチ」→「オリマー連続パンチ」に変更された。
    • 弱体化ダメージ減少、及び判定変更: 計15%-13% (3%+2% → 10%) ⇒ 計8%-6% (4%->3% → 4%/3% [1段目:始->持続 → 2段目:拳/腕])
      • 前作では1段目を出した時、頭の先のアンテナにノーリアクションで2%のダメージを持った攻撃判定があった。
    • 弱体化持続F減少: 4F-7F/8F-10F/4F-6F [1段目/アンテナ/2段目] ⇒ 4F->5F/4F-5F [1段目:始->持続/2段目]
    • 強化以前よりもリーチが長くなった。
  • ダッシュ攻撃
    • 弱体化持続F減少: 8F-14F/10F-14F ⇒ 8F-10F/11F-14F [1段目/2段目]
    • 弱体化後隙増加: FAF: 35F ⇒ 38F
  • 横強攻撃
    • ワザ変更「低空ドロップキック」から「オリマー突き」に変更された。
    • 強化ダメージ増加: 6% ⇒ 11%
    • 弱体化発生鈍化: 9F ⇒ 15F
    • 弱体化持続F減少: 9F-18F ⇒ 15F-17F
    • 強化後隙減少: FAF: 38F ⇒ 36F
  • 上強攻撃
    • その他ヒット数が8から7になった。
    • 弱体化ダメージ減少: 計11% (1%*7+4%) ⇒ 計7.6% (0.6%*6+4%)
    • 弱体化後隙増加: FAF: 40F ⇒ 44F
  • 下強攻撃
    • 弱体化アンテナにあった2%の攻撃判定が無くなった。
    • 強化ふっとばし力が増加し、追撃しやすくなった。
  • 横スマッシュ攻撃
    • 強化赤ピクミンを使った時の出始めのダメージ増加: 15% ⇒ 17.4%
    • 強化黄ピクミンを使った時の出始めのダメージ増加: 13% ⇒ 14.5%
    • 弱体化青ピクミンを使った時の出始めのダメージ減少: 15% ⇒ 14.5%
    • 強化白ピクミンを使った時のダメージ増加: 9%->6%->3% ⇒ 11.6%->8%->4.8% [始->中->終]
    • 強化紫ピクミンを使った時の出始めのダメージ増加: 18% ⇒ 20.3%
    • 強化相殺判定がついた。
    • 強化飛距離が伸びた。
    • ガケから少し離れた場所からこのワザを使用した時に、ピクミンがガケから飛び出さなくなった。ピクミンを無駄死にさせずに済むが、復帰阻止として少し使いづらくなった。
    • 強化前作では坂の下から出した場合、攻撃判定が坂に対応しないためにピクミンと攻撃判定にずれが生じて当たらなかったが、今作では坂の上の相手に当たるように改善された。ピクミンの挙動も、斜面にめり込まず、地形に沿って飛ぶようになった。
  • 上スマッシュ攻撃
    • 赤ピクミンを使った時のダメージ変更: 15%/14%->12% ⇒ 15.6%/12%->13.2% [始:近/遠->終]
    • 黄ピクミンを使った時のダメージ変更: 14%/14%->10% ⇒ 13%/10%->11% [始:近/遠->終]
    • 弱体化青ピクミンを使った時の出始め近距離と出始め遠距離のダメージ減少: 15%/13% ⇒ 13%/10% [近/遠]
    • 強化白ピクミンを使った時のダメージ増加: 9%/7%->5% ⇒ 10.4%/8%->8.8% [始:近/遠->終]
    • 強化紫ピクミンを使った時のダメージ増加: 16%/13%->13% ⇒ 18.2%/14%->15.4% [始:近/遠->終]
    • 弱体化発生鈍化: 8F ⇒ 12F
    • 弱体化リーチが短くなった。
    • その他オリマーのモーションが変わり、方向指示を2回から1回で決めるようになった。
    • その他ピクミンのモーションが変わり、スピンするようになった。
  • 下スマッシュ攻撃
    • 強化赤ピクミンを使った時のダメージ増加: 13%->10% ⇒ 13.2%->10.8% [始->持続]
    • 弱体化青ピクミンを使った時の出始めのダメージ減少: 12% ⇒ 11%
    • 強化白ピクミンを使った時のダメージ増加: 6%->4% ⇒ 8.8%->7.2% [始->持続]
    • 強化紫ピクミンを使った時のダメージ増加: 15%->12% ⇒ 15.4%->12.6% [始->持続]
    • その他オリマーのモーションが変わり、方向指示を2回から1回で決めるようになった。
  • ニュートラル空中攻撃
    • その他ヒット数が6から5になった。

弱体化ダメージ減少: 計12% (2%*6) ⇒ 計8% (1.5%*4+2%)

  • 前空中攻撃
    • 弱体化赤ピクミンを使った時のダメージ減少: 15% ⇒ 10.2%
    • 弱体化黄ピクミンを使った時のダメージ減少: 12% ⇒ 8.5%
    • 弱体化青ピクミンを使った時のダメージ減少: 13% ⇒ 8.5%
    • 強化白ピクミンを使った時のダメージ増加: 5% ⇒ 6.8%
    • 弱体化紫ピクミンを使った時のダメージ減少: 14% ⇒ 11.9%
  • 上空中攻撃
    • ワザ変更ピクミンを上に投げる最大7ヒットの連続ヒットワザ「ピクミンスクリュー」から、単発ヒットの「ピクミントルネード」に変更された。
    • 強化ふっとばし力が増加した。
    • 弱体化赤ピクミンを使った時のダメージ減少: 計24% ⇒ 10.8%
    • 弱体化黄ピクミンを使った時のダメージ減少: 計16% ⇒ 9%
    • 弱体化青ピクミンを使った時のダメージ減少: 計22% ⇒ 9%
    • 弱体化白ピクミンを使った時のダメージ減少: 計9% ⇒ 7.2%
    • 弱体化紫ピクミンを使った時のダメージ減少: 計22% ⇒ 12.6%
  • 下空中攻撃
    • 赤ピクミンを使った時のダメージ変更: 16%->7% [出始め->持続] ⇒ 10.8%
    • 弱体化黄ピクミンを使った時のダメージ減少: 12%->9% [出始め->持続] ⇒ 9%
    • 弱体化青ピクミンを使った時のダメージ減少: 13%->10% [出始め->持続] ⇒ 9%
    • 強化白ピクミンを使った時のダメージ増加: 5%->4% [出始め->持続] ⇒ 7.2%
    • 紫ピクミンを使った時のダメージ変更: 13%->10% [出始め->持続] ⇒ 12.6%
  • つかみ
    • 強化発生高速化: 11F ⇒ 10F
    • 弱体化持続F減少: 11F-25F ⇒ 10F-19F
    • 弱体化立ちつかみとダッシュつかみの後隙増加: FAF: 30F/40F ⇒ 50F/53F [立ち/ダッシュ]
  • 強化全ての投げで、白ピクミンを使った時のダメージ増加: 6%/7% [前・上・下/後] ⇒ 7%/9%/8%/7.8% [前/後/上/下]
  • 前投げ
    • 弱体化赤ピクミンを使った時のダメージ減少: 6% ⇒ 5.6%
    • 弱体化青ピクミンを使った時のダメージ減少: 13% ⇒ 11.2%
    • 強化白ピクミンを使った時のダメージ増加: 6% ⇒ 7%
  • 後投げ
    • 強化赤ピクミンを使った時のダメージ増加: 7% ⇒ 7.2%
    • 強化青ピクミンを使った時のダメージ増加: 14% ⇒ 14.4%
    • 強化白ピクミンを使った時のダメージ増加: 7% ⇒ 9%
    • 弱体化ふっとばし力が減少した。
  • 上投げ
    • 弱体化赤ピクミンを使った時のダメージ減少: 9% ⇒ 6.4%
    • 弱体化黄ピクミンを使った時のダメージ減少: 11% ⇒ 8%
    • 強化青ピクミンを使った時のダメージ増加: 12% ⇒ 12.8%
    • 強化白ピクミンを使った時のダメージ増加: 6% ⇒ 8%
    • 弱体化紫ピクミンを使った時のダメージ減少: 11% ⇒ 8%
    • ふっとばし力が減少した。以前より撃墜しにくくなったが、追撃しやすくなった。
  • 下投げ
    • 弱体化赤ピクミンを使った時のダメージ減少: 9% ⇒ 6.6%
    • 強化青ピクミンを使った時のダメージ増加: 12% ⇒ 12.2%
    • 強化白ピクミンを使った時のダメージ増加: 6% ⇒ 7.8%
    • 強化紫ピクミンを使った時のダメージ増加: 8% ⇒ 8.4%
  • 通常必殺ワザ「ピクミンひっこ抜き」
    • 強化ガケに背を向けて引っこ抜いた時、ピクミンはガケから落ちなくなった。
  • 横必殺ワザ「ピクミン投げ」
    • 強化飛距離が伸びた。
    • 強化投げられたピクミンは、ファイターだけでなく一部のアイテムにもくっつき攻撃するようになった。
    • WiiU強化「ピクミン投げ」で投げられたピクミンが戻ってくるとき、たべものなど重さが軽いアイテムを拾ってくるようになった。
  • ワザ変更強化上必殺ワザが、ピクミンを使ったワイヤー復帰の「ピクミンつながり」から「羽ピクミン」に変更された。
    以前はピクミンの数でガケに掴まれるリーチが決まっていたが、今回はそれに依存せずに上昇する安定した復帰ワザになった。ただし、上昇力アップのためにピクミンを投げ捨てなければいけない場面ができた。ピクミンを多く必要とする「ピクミンつながり」とは対照的なワザと言える。
  • 弱体化下必殺ワザ「ピクミン整列」のスーパーアーマーの持続F減少: 14F ⇒ 7F
  • 最後の切りふだ「一日の終わり」
    • 弱体化ロケットの出現と墜落以外のダメージ減少: 15% / 1%*43 / 15%/20% ⇒ 10% / 1%*15 / 12%/10% [ロケット上昇/チャッピー/爆発:近/遠]
    • 強化墜落するロケットを左右に操作できるようになった。
  • ガケのぼり攻撃
    • モーションが以前の2種とは違う新しいものになった。
    • 弱体化ダメージ減少: 8%/10% [100%未満/100%以上] ⇒ 7%

更新履歴[編集]

Ver.1.0.3まではピクミンが突如オリマーから離れていってステージから落ちたり、近くにいるのにワザの指示を受け付けなかったりなど、ピクミンの挙動に不具合が多く、まともに戦うことが困難なファイターであった。Ver.1.0.4でピクミンの挙動が正常になり、徐々にこのファイターの真価が判明してきているというところである。

Ver.1.0.4
  • 追従状態のピクミンがオリマーから離れにくくなり、追従状態が解除されにくくなった。
  • つかみはずしが起きた次のダッシュつかみ・振り向きつかみが不発する現象が起きなくなった。
  • 投げたあとにすぐに下スマッシュ攻撃をすると、下スマッシュ攻撃に使われたピクミンが行動不能になる現象が起きなくなった。
    • 参考動画:[1]
  • 通常必殺ワザ1~3
    • ピクミンを引っこ抜く動作中はガケから滑り落ちないようになり、エッジキャンセルができなくなった。
  • 横必殺ワザ1
    • ピクミンが張りつく時間が増加
    • ピクミンのダメージ変化 1.3%/2.6% ⇒ 1.1%/3.7% [赤 青 黄/白]
Ver.1.0.6
  • 横スマッシュ攻撃
    • KBG減少: 92 ⇒ 86
    • BKB増加: 30 ⇒ 33
    • 撃墜に必要な%は増加している。同じような変更があった上・下スマッシュも同様。
  • 上スマッシュ攻撃
    • KBG減少: 86/79/82 ⇒ 83/74/78 [出始め根元/出始め先端/持続]
  • 下スマッシュ攻撃
    • KBG減少: 89 ⇒ 81
    • BKB増加: 30->22 ⇒ 32->25 [始->持続]
  • 下必殺ワザ2「整列タックル」
Ver.1.0.8

変更点確認されず。

Ver.1.1.0

変更点確認されず。

Ver.1.1.1

変更点確認されず。

Ver.1.1.3

変更点確認されず。

Ver.1.1.4

変更点確認されず。

Ver.1.1.5

変更点確認されず。


ワザ[編集]

弱攻撃[編集]

"オリマーパンチ" → "オリマー連続パンチ"
ファイター解説 ピクミン&オリマー 弱攻撃 (1).JPG
ファイター解説 ピクミン&オリマー 弱攻撃 (2).JPG

左手でパンチ → 右手でパンチ。

  • ダメージ: 4%->3% → 4%/3% [1段目:始->持続 → 2段目:拳/腕]
  • 発生: 4F->5F → 4F-5F [1段目:始->持続 → 2段目]
    • 1段目が3%になるのは、拳が大きくなった時。
  • ボタン押しっぱなしでも2段目を出すことができる。

  • 発生は弱攻撃としては標準的。後隙は少なめ。1段目で止めるより素早く2段目を出し切る方が後隙が少ない。
  • 攻撃範囲は必要最低限といった感じ。
  • 一部キャラ&特定の間合いで、最速で出した2段目がスカることがある。この状況では2段目を遅めに入力すれば当たる。
  • 中%まで、ダッシュつかみやダッシュ前空中攻撃などで追撃可能。意外とリターンが大きいワザ。


ダッシュ攻撃[編集]

"側転キック"
ファイター解説 ピクミン&オリマー ダッシュ攻撃.JPG

側転しながらの攻撃。

  • ダメージ: 7%+4%、計11%
  • 発生: 8F-10F , 11F-14F

  • オーソドックスなダッシュ攻撃。低%でも、当てればそれなりに浮かせられる。しかしその分、ふっとばしの伸びは非常に悪い。サドンデスでも撃墜できないほど。
  • 相手が高%だと、1段目だけしか当たらないことがある。
  • 範囲が狭く自身のダッシュが遅いため積極的に使えるワザではないが、持続と後隙は意外と悪くない。間合い次第でシールド防御をした相手の裏側に回ることもできる。


横強攻撃[編集]

"オリマー突き"
ファイター解説 ピクミン&オリマー 横強.JPG

腕をぐるぐる回してからパンチ。

  • ダメージ: 11%
  • 発生: 15F-17F

  • 射程は弱攻撃の一段目よりほんの少し長い程度。
  • 後隙は短い方だが、リーチ・ダメージ・発生・持続で横スマッシュ攻撃に劣る上、弱攻撃や下強攻撃の方が連携も狙えて優秀なので使う機会はほぼない。
  • ただ、ピクミンを持たないオリマー自身が出せる唯一の強吹っ飛びが出せるワザでもある。万一、撃墜を最優先する時には頭の片隅に置く程度で覚えて損はない。
    • マリオ相手で、崖際なら130%ほど、画面中央なら160%ほどで撃墜可能圏内。


上強攻撃[編集]

"竜巻ジャンプ"
ファイター解説 ピクミン&オリマー 上強.JPG

オリマーがきりもみ回転しながら上へ小ジャンプ。

  • ダメージ: 0.6%*6+4%、全7段ヒットで計7.6%
  • 発生: 6F , 8F , 10F , 12F , 14F , 16F , 18F

  • 最終段は頭についているアンテナの辺りまで判定が広がる。
  • オリマーが着地してからワンテンポ遅れて行動可能になる。
  • ダッシュ攻撃と同じように、低%でもある程度ふっとばす。伸びはかなり悪いが、一応サドンデスなら撃墜ができる。
  • 例によって範囲はそれほど広くない。


下強攻撃[編集]

"低空頭突き"
ファイター解説 ピクミン&オリマー 下強.JPG

オリマーが前方向に倒れこんで頭突きを繰り出す。

  • ダメージ: 6%
  • 発生: 6F-12F
  • ワザを出すとオリマーが少し前進する。

  • 当てると相手が程よく浮き、空中攻撃で連携できる。低%なら続けて下強攻撃・弱攻撃・横スマッシュ・上スマッシュなども狙える。
  • オリマー単身にしては珍しく範囲が広い。崖につかまっている・つかまろうとしている相手にも当てやすい。
  • しゃがみ姿勢の低さと合わせると対空としても機能する。


横スマッシュ攻撃[編集]

"ピクミンロケット"
ファイター解説 ピクミン&オリマー 横スマッシュ.JPG

ピクミンを前方に向かって、ロケットのように突進させる。

  • ダメージ: [始->持続1->持続2] [ホールドなし~ホールド最大]
    • 赤ピクミン: 17.4%->12%->7.2% ~ 24.36%->16.8%->10.08%
    • 黄・青ピクミン: 14.5%->10%->6% ~ 20.3%->14%->8.4%
    • 白ピクミン: 11.6%->8%->4.8% ~ 16.24%->11.2%->6.72%
    • 紫ピクミン: 20.3%->14%->8.4% ~ 28.42%->19.6%->11.76%
  • 発生: 11F-14F -> 15F-20F -> 21F-29F [始->持続1->持続2]
  • 発動中のピクミンは物理系飛び道具扱いになる。
  • 崖端で外に向かって打つと、ピクミンが外へ飛び出して落下していく。
    • スマッシュホールド状態でのピクミンの立ち位置が崖から少し離れていれば落下せず、崖の真上で引っかかるように滞空する。
    • 落下していくピクミンには攻撃判定はない。

  • 非常に射程の長いスマッシュ攻撃。これよりリーチの長い地上攻撃は、カムイの横スマッシュ、ロックマン、ダックハント溜め横スマッシュくらいしかない。
    • 紫ピクミンの場合、他のピクミンの1/2~1/3程度の射程になる。それでも並みのスマッシュ攻撃ほどの射程。
  • 横スマッシュ攻撃の中では発生が早く、後隙も小さい。
  • 中遠距離の牽制に活躍する。しかし上方向への範囲は狭いので過信は禁物。
  • モーションが小さく、体の小ささも相まって遠目では判別しにくい。
  • 攻撃したピクミンはその場でバタバタしたあと隊列に戻ってくる。約2秒のあいだ攻撃に使えなくなるので、手持ちのピクミンが少ない時は注意。
  • 崖に引っ掛けるように打つと、長い持続で相手の崖上がり行動を大きく制限できる。


上スマッシュ攻撃[編集]

"ピクミンジャンプ"
ファイター解説 ピクミン&オリマー 上スマッシュ.JPG

ピクミンを上方向にジャンプして突進させる。

  • ダメージ: [始:クリーンヒット/カス当たり -> 持続] [ホールドなし~ホールド最大]
    • 赤ピクミン: 15.6%/12% -> 13.2% ~ 21.84%/16.8% -> 18.43%
    • 黄・青ピクミン: 13%/10% -> 11% ~18.2%/14% -> 15.4%
    • 白ピクミン: 10.4%/8% -> 8.8% ~ 14.56%/11.2% -> 12.32%
    • 紫ピクミン: 18.2%/14% -> 15.4% ~ 25.48%/19.6% -> 21.56%
  • 発生: 12F-16F -> 17F-22F [始->持続] / 出始めのカス当たり: 12F-13F
  • 発動中のピクミンは物理系飛び道具扱いになる。

  • 範囲は見た目より広い。戦場の土台から下のすり抜け床ほどまで届く。紫ピクミンでも射程が変わらないので当てやすい。
  • とはいえ前作ほどのリーチはなく、後隙も大きくなった。特殊相殺判定のため空中技に打ち負けやすいのも注意。しっかり狙って当てよう。


下スマッシュ攻撃[編集]

"ピクミン左右ダッシュ"
ファイター解説 ピクミン&オリマー 下スマッシュ.JPG

2匹のピクミンを左右に走らせる。

  • ダメージ: [始->持続] [ホールドなし~ホールド最大]
    • 赤ピクミン: 13.2%->10.8% ~ 18.48%->15.12%
    • 黄・青ピクミン: 11%->9% ~ 15.4%->12.6%
    • 白ピクミン: 8.8%->7.2% ~ 12.32%->10.08%
    • 紫ピクミン: 15.4%->12.6% ~ 21.56%->17.64%
  • 盾削り値: +1%
  • 発生: 10F-10F -> 14F-18F/14F-15F [始 -> 持続:紫ピクミン以外/紫ピクミン]
  • 発動中のピクミンは物理系飛び道具扱いになる。

  • 2体のピクミンを一度に使う。先頭のピクミンはオリマーの前方に、2番目は後方に走る。2匹目がいないと前にしか攻撃が出ない。
  • 2体のピクミンは別々の攻撃判定を持っている。相手に密着して繰り出せば、一度に2ヒットし2体分のダメージを与えることもある。
  • ピクミンが崖の外に飛び出した場合、自力でジャンプして帰ってくる。
  • 紫ピクミンの場合、射程が約半分に減る。
  • 横スマッシュと違い、ピクミンが戻ってくるのが早い。
  • 横スマッシュほどの射程は無いが、前後を合わせたカバー範囲はとても広い。
  • 相手の崖つかみを狙って攻撃するのにも適している。


ニュートラル空中攻撃[編集]

"竜巻アタック"
ファイター解説 ピクミン&オリマー N空中.JPG

オリマーが空中できりもみ回転する。

  • ダメージ: 1.5%*4+2%、全5段ヒットで計8%
  • 発生: 7F-8F , 11F-12F , 15F-16F , 19F-20F , 23F-24F
  • 着地硬直: 15F

  • ピクミンなしで使える空中攻撃はこれだけ。
  • 範囲は見た目通り広くないものの持続に優れる。
  • 着地隙が小さめで、低空で当てて途中で着地すると各種地上攻撃で追撃が狙える。


前空中攻撃[編集]

"ピクミンはたき"
ファイター解説 ピクミン&オリマー 前空中.JPG

ピクミンの頭を持ち、上から下に大きく振る。

  • ダメージ
    • 赤ピクミン: 10.2%
    • 黄・青ピクミン: 8.5%
    • 白ピクミン: 6.8%
    • 紫ピクミン: 11.9%
  • 発生: 7F-9F
  • 着地硬直: 15F
  • 特殊な相殺判定を持つ。

  • リーチは短いが挙動は素直で使いやすい。隙も短め。連携中の追撃や、低空での牽制に。
  • 小ジャンプから最速で出して急降下しても着地硬直が発生しない。
  • ジャンプしたときにピクミンが付いてこなくて不発、ということもままあるので注意。


後空中攻撃[編集]

"ピクミンふりはらい"
ファイター解説 ピクミン&オリマー 後空中.JPG

ピクミンの頭を持ち、下から上に大きく振る。

  • ダメージ
    • 赤ピクミン: 12.96%
    • 黄・青ピクミン: 10.8%
    • 白ピクミン: 8.64%
    • 紫ピクミン: 15.12%
  • 発生: 10F-13F
  • 着地硬直: 15F
  • 特殊な相殺判定を持つ。

  • 前空中攻撃に比べ若干隙が増えた分、威力が高い。リーチはあまり変わらない。
  • 紫ピクミンでのふっとばしは全キャラ中でも上位に入る。スマッシュを警戒している相手にはこれで撃墜を狙おう。
  • 着地隙が小さめで、先端を当てながら着地すればシールドされても反撃されにくい。


上空中攻撃[編集]

"ピクミントルネード"
ファイター解説 ピクミン&オリマー 上空中.JPG

ピクミンの頭を持ち、頭上で振り回す。

  • ダメージ
    • 赤ピクミン: 10.8%
    • 黄・青ピクミン: 9%
    • 白ピクミン: 7.2%
    • 紫ピクミン: 12.6%
  • 発生: 8F-15F
  • 着地硬直: 30F
  • 特殊な相殺判定を持つ。

  • やはり範囲はイマイチだが持続が長め。
  • 着地隙がかなり大きいので注意。隙が出ない高さで使いたい。
  • 低~中%のうちは空中ジャンプ+上空中攻撃でさらに追撃できる。
  • 紫ピクミンによるふっとばしが強い。後空中攻撃とともに撃墜の選択肢になるワザ。


下空中攻撃[編集]

"ピクミンメテオ"
ファイター解説 ピクミン&オリマー 下空中.JPG

ピクミンの頭を持ち、下に突き出す。

  • ダメージ
    • 赤ピクミン: 10.8%
    • 黄・青ピクミン: 9%
    • 白ピクミン: 7.2%
    • 紫ピクミン: 12.6%
  • 発生: 9F -> 10F-15F [始(メテオ)->持続]
  • 着地硬直: 30F
  • 特殊な相殺判定を持つ。
  • 空中にいる相手に出初め根元を当てるとメテオスマッシュ。それ以外は斜めに飛ばす。

  • メテオワザとしては発生が早く扱いやすい。
  • メテオの判定は狭め。攻撃判定の大きい黄ピクミンを使うと当てやすいかも。
  • ニュートラル/上空中攻撃ほどではないが、持続が長め。
  • メテオワザの常で着地隙は大きい。適当に振らないように。


つかみ[編集]

"つかみ"
ファイター解説 ピクミン&オリマー つかみ (1).JPG
ファイター解説 ピクミン&オリマー つかみ (2).JPG

ピクミンを走らせてつかみかかる。

  • 発生: 10F-19F
  • ピクミンの色によって、掴める射程に差がある。
    • 白>赤・黄・青>紫 の順。白と紫では二倍近く差がある。
  • ピクミンが足場から飛び出した場合、その時点でつかみ判定は消失する。ワザ後は自力でジャンプして戻ってくる。

  • リーチは他のワイヤー系つかみと比べると短いが、普通のファイターよりはずっと長い(紫を除く)。
  • 中でも振り向きつかみが特に強力である。
    • オリマーは後ろに滑りながらピクミンが前進してつかむため、実質的なリーチが長くなる。
    • 発生はつかみ・ダッシュつかみ・振り向きつかみ全て同じだが、後隙は振り向きつかみが飛び抜けて小さい。このようなファイターは稀。
    • 他のファイターよりも振り向きつかみのタイミングが少しシビアに設定されている。「反転してすぐにつかみ」という入力を意識。
  • 密着している相手をつかめないことがある。
  • 他のファイターは投げモーションの出始めに無敵がついているが、オリマーはそれがない。
    • 代わりに投げの発生保証がついていて、オリマーが攻撃を受けてもピクミンが投げを続行してくれる。


つかみ攻撃[編集]

"ピクミンつかみ攻撃"
ファイター解説 ピクミン&オリマー つかみ攻撃.JPG

相手をつかんだピクミンが頭突きで攻撃。

  • ダメージ
    • 赤・黄・青・紫ピクミン: 2%
    • 白ピクミン: 4%
  • オリマーも頭突きをするような動作をするが、何も効果はない。

  • ダメージは白ピクミンとそれ以外で倍違うが、連打の速さは1発3%以上のつかみ攻撃より僅かに速い程度で共通している。
  • 白ピクミンは時間火力がとにかく凄まじい。投げ自体は青ピクミンの方が強いが、掴みのリーチを考えるとつかみ攻撃のために白ピクミンで掴むのもあり。
  • 白ピクミン以外は全て時間火力が非常に低い。黄ピクミンはそこに電撃属性が加わるため、時間火力が更に低下する。白ピクミン以外で掴んだ場合はさっさと投げるのが吉。


前投げ[編集]

"ピクミン前投げ"
ファイター解説 ピクミン&オリマー 前投げ.JPG

ピクミンがつかんでいる相手を前に突き飛ばす。

  • ダメージ
    • 赤ピクミン: 5%
    • 黄・白・紫ピクミン: 7%
    • 青ピクミン: 11%

  • ダメージが一番低い。1on1では外に追い出したいときに使う程度。
  • 投げのモーションが短いので、乱闘で妨害が入る前にすぐ投げたいときは前投げ。


後投げ[編集]

"ピクミン後投げ"
ファイター解説 ピクミン&オリマー 後投げ (1).JPG
ファイター解説 ピクミン&オリマー 後投げ (2).JPG

オリマーとピクミンが協力して、つかんでいる相手を後ろに投げ飛ばす。

  • ダメージ
    • 赤ピクミン: 7.2%
    • 黄・白・紫ピクミン: 9%
    • 青ピクミン: 14.4%

  • オリマーの投げの中では単体の威力が最も高い。特に青ピクミンでの威力は圧巻。
    • 総合火力は下投げ>前空中攻撃のコンボに劣る。後投げは高%のときに使おう。
  • 終点では崖際かつ170%ほどで青でつかめれば撃墜できるかというところ。撃墜ではほとんどのケースで上投げの方が頼りになる。
  • 低%のときの吹っ飛びは前投げより微妙に劣るくらい。


上投げ[編集]

"ピクミン上投げ"
ファイター解説 ピクミン&オリマー 上投げ (1).JPG
ファイター解説 ピクミン&オリマー 上投げ (2).JPG

ピクミンが相手をつかんだまま飛び上がり、そのまま地面に垂直落下して叩きつける。

  • ダメージ
    • 赤ピクミン: 6.4%
    • 黄・白・紫ピクミン: 8%
    • 青ピクミン: 12.8%

  • 青ピクミンなら終点でマリオ相手におよそ150%から撃墜可能。上投げの吹っ飛ばし力としては強力な部類に入る。
    その代わり投げるまでに少し時間がかかるため、混戦では控えよう。
  • 低%のうちは上空中攻撃で追撃できる。


下投げ[編集]

"ピクミン下投げ"
ファイター解説 ピクミン&オリマー 下投げ (1).JPG
ファイター解説 ピクミン&オリマー 下投げ (2).JPG

ピクミンがつかんでいる相手を地面に寝かせ、とび上がってその上から押しつぶす。

  • ダメージ
    • 赤ピクミン: 6.6% (1%+5.6%)
    • 黄ピクミン: 8% (1%+7%)
    • 青ピクミン: 12.2% (1%+11.2%)
    • 白ピクミン: 7.8% (0.8%+7%)
    • 紫ピクミン: 8.4% (1.4%+7%)
  • 1ヒット目は周囲の相手にもヒットする打撃投げ

  • コンボの要。丁度良く相手を浮かせることができ、かつオリマー側の硬直が短いので色々な連携が見込める。
  • 高%になるまで前空中攻撃や上空中攻撃が確定。難度は上がるがダッシュ反転ジャンプ後空中攻撃なども繋がる。
  • 低%では横スマッシュ・上スマッシュ、相手を選ぶが下強攻撃なども狙える。
  • コンボ用の投げとしてはダメージが高い(特に青ピクミン)。
  • 赤ピクミンは威力が低い分、他より高%までコンボが繋がる。紫ピクミンで追撃できれば撃墜も視野に入る。


通常必殺ワザ[編集]

通常必殺ワザ1[編集]

"ピクミンひっこ抜き"
ファイター解説 ピクミン&オリマー NB.JPG

地面からピクミンをひっこ抜く。赤→黄→青→白→紫の順番で出現。

仕様[編集]
  • ダメージ: なし
  • 発生: ピクミン生成: 1F
  • 一回の使用につき、ピクミンを1匹引き抜く。場にいるピクミンの数が3匹になるまで引っこ抜くことができる。
    • 空中で使用したときと、既に3匹のピクミンがいるときは失敗する。失敗すると隙が大きいので注意。
  • 引っこ抜いたピクミンは、オリマーの後ろ側で隊列になる。
  • 引き抜くピクミンの順番は、赤→黄→青→白→紫→赤…の順で固定されている。
解説[編集]
  • ピクミンをひっこ抜く、オリマーにとってなくてはならないワザ。ピクミンなしではまともに戦えないので、常に気を配ろう。
  • 動作はかなり短い(全体8F)。3匹連続で引っこ抜いても下強攻撃の全体より早い。
  • 引っこ抜いた直後にスマッシュやつかみを使うこともできる。
    • 引っこ抜いた後、ピクミンが高く飛び上がっている間はスマッシュが不発する。
  • 1F目からピクミン発生保証がついており、動作の途中で攻撃されても必ずピクミンが引っこ抜ける。


通常必殺ワザ2[編集]

"頑丈なピクミンひっこ抜き"

ピクミンがとてつもなくタフになる。そのかわりひっこ抜くのに手間がかかる。

仕様[編集]
  • ダメージ: なし
解説[編集]
  • 全体の隙は二、三倍ほどまで増えているが、ひっこ抜き失敗時の隙は変わらない。
  • ピクミンの耐久力は大幅に増しているが、ピクミンの移動速度が遅くなるので追従状態が解除されやすい。


通常必殺ワザ3[編集]

"爆裂抜き"
ファイター解説 ピクミン&オリマー NB3.JPG

ひっこ抜くときに爆発が起こって相手にダメージを与えられる。

仕様[編集]
  • ダメージ
    • 赤・黄・青ピクミン: 8%
    • 白ピクミン: 5%
    • 紫ピクミン: 10%
解説[編集]
  • ひっこ抜くピクミンによってダメージ量が変化する。
  • 判定中心で当てると真上、それ以外は斜め横にふっとばす。
  • 紫ピクミンであれば150%あたりから撃墜を狙えなくもない。
  • 後隙が伸びたが爆発の攻撃判定でごまかせる。
  • カスタム技の説明にはないが、実はピクミンの体力が減少している。また隊列から離れたときの時間経過による死亡が極端に早い。


横必殺ワザ[編集]

横必殺ワザ1[編集]

"ピクミン投げ"
ファイター解説 ピクミン&オリマー 横B (1).JPG

正面にピクミンを投げる。くっついたピクミンは相手を攻撃する。

仕様[編集]
  • ダメージ
    • 赤・黄・青ピクミン: 1.1% / 白ピクミン: 3.3% / 紫ピクミン: 6%
  • ダメージ (※つかみが効かない敵キャラ)
    • 赤ピクミン: 7.8% / 黄・青ピクミン: 6.5% / 白ピクミン: 5.2% / 紫ピクミン: 6%
  • 盾削り値: 紫ピクミン使用時に+1%
  • 発生: 9F-
  • 黄ピクミンは山なりに飛び、白ピクミンは速く遠くまで飛ぶ。紫ピクミンは飛距離が短い。
  • 紫ピクミン以外の投げられたピクミンは宙にいる間に相手やアイテムに当たるとくっつき、しばらくの間攻撃する。シールド中の相手にはくっつかない。
  • 紫ピクミンだけは体当たりで軽くふっとばす。吹っ飛びとダメージはかなり低い。サドンデスでも撃墜できないほど。
    • 相手の蓄積ダメージが低いほど、ピクミンが長時間くっつく。
    • 最大は0%-24%の11回、それから25%-62%、63%-92%、93%-122%、123%-152%、153%-182%とダメージが大きくなると1回ずつ減少し、183%以上は最低の5回に減る。
  • 相手は攻撃でピクミンを引きはがすことができる。ピクミンは攻撃を受けて体力が0になるとそのまま死んでしまう。
  • マスターハンドなどのつかみが効かない一部敵キャラの場合、紫ピクミン以外でも体当たり攻撃になる。
解説[編集]
  • 紫ピクミンでの牽制と、白ピクミンでのダメージが非常に優秀。
  • このワザの強みは「相手にピクミンを剥がすための攻撃を振らせること」にある。相手に行動を強要して有利な展開に持ち込みたい。
    • 相手の攻撃がピクミンに当たるとヒットストップで相手の動きが止まって反撃しやすくなるのもポイント。ただし相手の攻撃の持続も長くなるので注意。
  • 紫ピクミン以外では突っ込んでくる相手を止められないことにくれぐれも注意。隙は少ないワザだが、適当に投げていると簡単に差し込まれてしまう。
  • 空中で前進しながら紫ピクミンを投げると、ヒットしてから前空中攻撃やダッシュつかみが狙える。



横必殺ワザ2[編集]

"ねんちゃくピクミン投げ"
投げる時に光るエフェクトが追加されている。

くっついたピクミンがすばやく攻撃する。威力は低いが必死にしがみつく。

仕様[編集]
  • ダメージ
    • 赤・黄・青ピクミン: 1% / 白ピクミン: 2% / 紫ピクミン: 5%
  • ダメージ (※つかみが効かない敵キャラ)
    • 赤ピクミン: 9% / 黄・青ピクミン: 7% / 白ピクミン: 6% / 紫ピクミン: 5%
解説[編集]
  • 攻撃速度が上がり、攻撃回数も上昇した。
  • 「威力は低い」と言われているが、実際は白ピクミン以外はほとんど変わらない。それどころか攻撃回数が増えているので、威力はむしろ上昇している。
  • 飛距離が短くなるのが難点。特に紫はただでさえ短い射程が更に短くなる上、威力も通常より下がるため割を食っている。


横必殺ワザ3[編集]

"体当たりピクミン投げ"

すべてのピクミンがあいてにくっつかず体当たりをする。

仕様[編集]
  • ダメージ 赤・黄・青ピクミン: 5% / 白ピクミン: 3% / 紫ピクミン: 8%
解説[編集]
  • 通常のピクミン投げは継続的にダメージを与えられるのが強みだが、こちらは牽制力が非常に高い。


上必殺ワザ[編集]

上必殺ワザ1[編集]

"羽ピクミン"
ファイター解説 ピクミン&オリマー 上B (1).JPG
ファイター解説 ピクミン&オリマー 上B (2).JPG

羽ピクミンに引っぱってもらい空を舞う。つれているピクミンが多いと高く飛べない。

仕様[編集]
  • ダメージ: なし
  • 連れているピクミンの数が多いほど、上昇量は減り、動きが遅くなる。
  • 使用後はしりもち落下になる。
  • 飛行中に、一度だけ空中攻撃を出すことができる。使用すると羽ピクミンは離れていく。空中攻撃が終わるとしりもち落下になる。
  • 羽ピクミンを呼び出すたびに次に飛行できる時間が減る。使用中に着地したら最大まで減る。飛行時間はこのワザを使用していなければすぐに最大まで回復する。
解説[編集]
  • かなりの復帰力があるが、連れていくピクミンの数に応じて飛距離が減少するため、先に「ピクミン投げ」で捨てておく必要がある。3匹みんな連れていくと動きも重くなってしまう。
    • ただし、できれば1匹は残しておきたい。全て捨ててしまうと出せるワザが減ってしまう上、復帰後のピクミン補充を狙われる可能性がある。1匹なら上昇量に大きな差は出ない。
  • ワザの途中で空中攻撃を出せるが基本的に無防備で、下からの復帰を妨害されると弱い。
  • 使用中に「ピクミン→オリマー」の順に攻撃を食らって技が中断されると、直後に空中攻撃を使ったとき突然しりもち落下になることがある、というバグがある。発生確率は非常に低く、詳しい条件も不明。


上必殺ワザ2[編集]

"大ジャンプ羽ピクミン"
ファイター解説 ピクミン&オリマー 上B2.JPG

羽ピクミンに全速力で引っぱり上げてもらう。上昇中は風圧で相手を押し出せる。

仕様[編集]
  • ダメージ: なし
解説[編集]
  • 上昇中はガケつかまりできない。
  • 風圧で軽く相手を押し出せる。
  • ピクミンを連れている数によって上昇力が変化しない。
  • 使うたび上昇量が減るが、そこまで減らず、最低でもそこそこ飛ぶ。速度も素早い。


上必殺ワザ3[編集]

"パワフル羽ピクミン"
ファイター解説 ピクミン&オリマー 上B3.JPG

つれているピクミンが多くても問題なし。そのかわりもともとの上昇力が低め。

仕様[編集]
  • ダメージ: なし
解説[編集]
  • 説明ではもともとの上昇力が大したことないと書かれているが、目に見えて短いほどではない。むしろ実用には十分なレベル。
  • ただし、オリマーを持ち上げてから飛び始める時に特有の隙がある。


下必殺ワザ[編集]

下必殺ワザ1[編集]

"ピクミン整列"
ファイター解説 ピクミン&オリマー 下B.JPG

離れたピクミンをホイッスルで呼びもどす。ピクミンの並び順を変えることもできる。

仕様[編集]
  • ダメージ: なし
  • スーパーアーマー: 6F-12F
  • どんな場所にいるピクミンでも、すぐに呼び寄せることができる。ただし、「ピクミンひっこ抜き」でひっこ抜かれた直後やスマッシュ攻撃の直後などのピクミンが後隙のモーションを取っている場合は反応しない。
  • ピクミンが離れている時に使うと、ピクミンが赤→黄→青→白→紫の順で隊列。すでに隊列している場合は、使うたびに色に倣った順で入れ替わっていく。
  • オリマーが背中を反っている間はスーパーアーマー状態になる。回避に比べると時間は短いが、着地の直前など、どうしても攻撃を避けられない場面では出番がある。
解説[編集]


下必殺ワザ2[編集]

"整列タックル"
Wii U版のみ、戻ってくるピクミンが光るエフェクトがある。

もどってくるピクミンが相手にぶつかる。ホイッスルを鳴らした後のスキが大きい。

仕様[編集]
  • ダメージ: 赤・黄・青ピクミン: 3% / 白ピクミン: 2% / 紫ピクミン: 5%
  • 使うと戻ってくるまでピクミンがダメージ判定を持つ。
  • 後隙が増えている。
解説[編集]
  • 隊列に戻ろうとするピクミンは非常に予測しづらい軌道を通るため、狙って当てるのは非常に困難。
  • 乱戦の中に投げたピクミンを呼び戻すときなどでは当たるかもしれないが、その状況でこのダメージ量は誤差レベル。
    • しかし、攻撃判定はワザを使った瞬間に発生する。そのため「ピクミン投げ」でひっつかせてから使うと確実に当たり、ダメージ稼ぎとして運用できる。


下必殺ワザ3[編集]

"反転の笛"

ホイッスルの範囲にいる相手を必ず後ろ向きにして引きよせる。

仕様[編集]
  • ダメージ: 0.1%+1%
解説[編集]
  • 笛を吹くまでの時間が長い。
  • 説明の通り、相手に背中を向けさせて引き寄せる笛。他の反転ワザとは違い、怯ませもするので、スマッシュホールドなどを中断させられる。
  • 0.1%の微弱な攻撃で怯ませ、その直後に1%のダメージとともに引き寄せる。
  • 相手とその距離によっては、オリマーをすり抜けることもある。
  • コンボの起点になる可能性がある。


最後の切りふだ[編集]

"一日の終わり"
ファイター解説 ピクミン&オリマー 切りふだ (3).JPG

強制的に夕暮れが訪れ、オリマーはドルフィン初号機に乗り込んで退避。原生生物が暴れ出し、最後にはロケットが落下してきて爆発する。

仕様[編集]
  • ダメージ: 10% / 10% / 1%*15 / 10% / 12%/10% [ロケット出現/ロケット上昇/チャッピー/ロケット墜落/爆発:近/遠]
  • まずオリマーがロケットに乗る。出現した瞬間のロケットは相手が地上にいる場合は地面に埋め、空中にいる場合はメテオになる。意外と範囲は広い。埋まり時間は非常に長く、最後の爆発が当たらなかった後も続くため、埋まるとこの後の攻撃がまず確定する。
  • 次にロケットが上昇しカメラが空を映し、地上がチャッピーで溢れる。
    • ロケットが上昇している間は画面が上にスクロールするため、復帰中の相手の事故を誘発しやすい。
    • チャッピーの攻撃はノーリアクションで、範囲は全体に及ぶ。
  • 最後にロケットが落下する。ロケットはメテオ効果を持ち、地面か壁に着くと爆発する。ロケットはステージ中央から落下し、スティックの左右でコントロールできる。操作はロケットが見えない内からできる。
  • 使用後はオリマーが飛び出て回転落下する。オリマーは着地するまで左右移動以外の行動ができない。攻撃や空中ジャンプはもちろん、ガケつかまりさえできない。着地すると必ずダウンする。この着地は受け身はできない。
解説[編集]
  • 演出が多い切りふだであるが、最後の墜落さえ当てれば大きく吹っ飛ばせる。相手の近くで使えば以降の攻撃は確実に決まる。


あおむけおきあがり攻撃[編集]

ファイター解説 ピクミン&オリマー あおむけおきあがり攻撃 (1).JPG
ファイター解説 ピクミン&オリマー あおむけおきあがり攻撃 (2).JPG

前→後の順でパンチする。

  • ダメージ 7%


うつぶせおきあがり攻撃[編集]

ファイター解説 ピクミン&オリマー うつぶせおきあがり攻撃 (1).JPG
ファイター解説 ピクミン&オリマー うつぶせおきあがり攻撃 (2).JPG

前→後の順で頭突きする。

  • ダメージ: 7%


転倒おきあがり攻撃[編集]

  • ダメージ: 5%


ガケのぼり攻撃[編集]

ファイター解説 ピクミン&オリマー ガケのぼり攻撃.JPG

ガケを登ってパンチ。

  • ダメージ: 7%


アピール[編集]

  • 上アピール
    3回飛び跳ねる。
  • 横アピール
    倒れて回る。
  • 下アピール
    頭を回す。
上アピール 横アピール 下アピール
ファイター解説 ピクミン&オリマー 上アピール.JPG ファイター解説 ピクミン&オリマー 横アピール.JPG ファイター解説 ピクミン&オリマー 下アピール.JPG


待機モーション[編集]

オリマー[編集]

  • 両手でヘルメットを触る。
  • 腕を振る運動。
ファイター解説 ピクミン&オリマー 待機モーションO (1).JPG ファイター解説 ピクミン&オリマー 待機モーションO (2).JPG


ピクミン[編集]

  • 手で茎に触れ、ピンと伸ばす。
  • 寝そべる。
  • きょろきょろする。
  • 威嚇する。
  • 座る。
ファイター解説 ピクミン&オリマー 待機モーションP (1).JPG ファイター解説 ピクミン&オリマー 待機モーションP (2).JPG ファイター解説 ピクミン&オリマー 待機モーションP (3).JPG ファイター解説 ピクミン&オリマー 待機モーションP (4).JPG ファイター解説 ピクミン&オリマー 待機モーションP (5).JPG


登場演出[編集]

ファイター解説 ピクミン&オリマー 登場演出.gif

ドルフィン初号機から降りてきて、ピクミンを3匹引っこ抜く。

リザルト演出[編集]

  • 勝利ファンファーレ:『ピクミン』メインテーマの1フレーズ
    • ポーズ:十字ボタン←
      オリマーがバンザイする。赤ピクミンがきょろきょろし、黄ピクミンは座っている。
    • ポーズ:十字ボタン↑
      青、白、紫ピクミンを引っこ抜き、一、二匹目が頭に当たった後三匹目の紫ピクミンが上からのしかかり、こけてしまう。
    • ポーズ:十字ボタン→
      オリマーの周囲を赤・黄・青ピクミンが見つめながら走り回る。
勝利演出・左 勝利演出・上 勝利演出・右
ファイター解説 ピクミン&オリマー 勝利演出・左.jpg ファイター解説 ピクミン&オリマー 勝利演出・上.jpg ファイター解説 ピクミン&オリマー 勝利演出・右.jpg
拍手
リザルト画面 拍手 (12).jpg

カラーバリエーション[編集]

頭アイコン for ピクミン&オリマー 01.png オリマー/黄色
頭アイコン for ピクミン&オリマー 02.png オリマー/赤 名前の元ネタであるマリオを意識したカラー。
頭アイコン for ピクミン&オリマー 03.png オリマー/緑 マリオの弟であるルイージを意識したカラー。
頭アイコン for ピクミン&オリマー 04.png オリマー/白/灰 現実の宇宙服に似ている。
頭アイコン for ピクミン&オリマー 05.png アルフ/青
頭アイコン for ピクミン&オリマー 06.png アルフ/緑 『ピクミン3』に登場するチャーリーを意識したカラー。
頭アイコン for ピクミン&オリマー 07.png アルフ/ピンク 『ピクミン3』に登場するブリトニーを意識したカラー。
頭アイコン for ピクミン&オリマー 08.png アルフ/赤 オリマーを意識したカラー。



公式スクリーンショット[編集]

ピクミン&オリマーが映っている発売前の公式スクリーンショットを検索
/
(検索ページにジャンプしたら、“マルチメディア”をクリック。)

脚注[編集]

  1. 攻撃力を持つ水属性攻撃は、ゲッコウガのニュートラル空中攻撃・つかみ攻撃・上必殺ワザ・下アピールと、カムイの下必殺ワザ・最後の切りふだ。

外部リンク[編集]


ファイター (3DS/Wii U)
歴戦の勇者
64 マリオ - リンク - サムス - カービィ - フォックス - ドンキーコング - ピカチュウ - ルイージ - ヨッシー - キャプテン・ファルコン - ネス - プリン
DX クッパ - ピーチ - マルス - ゼルダ - シーク - ガノンドロフ - ファルコ - ドクターマリオ - Mr.ゲーム&ウォッチ
X ピット - ピクミン&オリマー - トゥーンリンク - ソニック - デデデ - ルカリオ - ディディーコング - ゼロスーツサムス - リザードン - アイク - メタナイト - ワリオ - ロボット
新たなる挑戦者 むらびと - ロックマン - Wii Fit トレーナー - ロゼッタ&チコ - リトル・マック - ゲッコウガ - Miiファイター ( 格闘剣術射撃 ) - パルテナ - パックマン - ルキナ - ルフレ - シュルク - ブラックピット - クッパJr. - ダックハント
さらなる挑戦者 ミュウツー - リュカ - ロイ - リュウ - クラウド - カムイ - ベヨネッタ