大乱闘スマッシュブラザーズWikiでは、記事の加筆、検証、修正等に参加・協力してくださる方を必要としています。編集方法や注意事項の詳細は、大乱闘スマッシュブラザーズWiki:編集ガイドライン‎及びファイターページの編集をご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

復帰阻止

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
執筆の途中です この項目「復帰阻止」は、まだ書きかけの項目です。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています。

復帰阻止は、復帰しようとする相手に攻撃する行動のこと。成功すれば復帰阻止を繰り返して有利な状況を継続、あるいは撃墜に至らしめることができるため、復帰と復帰阻止は立ち回りの中でも重要視される。復帰できる距離が短いファイターや、復帰の軌道が単調で読みやすいファイターに対しては特に有効である。

復帰阻止には主に次の行動が用いられる。

場外で攻撃
自ら場外に飛び出して相手に追撃を仕掛ける。抵抗されると最悪こちらが復帰できなくなる危険があるものの、成功した時のリターンが大きい。
特にメテオワザは場外の相手を一発で撃墜しうるため、復帰阻止としては最も"重い"選択肢になる。
プリンロボットなど復帰距離が長く空中の制動性が高いファイターや、メタナイトなど空中攻撃の性能に優れたファイターは、復帰阻止が得意なファイターとも言える。
崖際で攻撃
相手の復帰位置に合わせて待ち、崖際で攻撃。失敗してもリスクが少なく、主に相手が足場の上方から確実に復帰しようとするときに向く。ただし、相手が崖を狙って復帰する場合は崖つかまり時の無敵や空中回避で避けられやすい。
飛び道具
最も安全な復帰阻止手段。崖際で直接攻撃するときよりもリターンが少ないが当たりやすい。マリオの「ファイアボール」など、重力に従って下に落ちる飛び道具は斜め下から復帰する相手への復帰阻止になるが、当たらなくても空中ジャンプ・回避を消費させたり、急降下を使わせたりといった作用が期待できる。

備考

  • 英語では「Edgeguarding」。

関連項目

外部リンク