【編集に関するおしらせ】編集に参加する際には、大乱闘スマッシュブラザーズWiki:編集ガイドライン‎をご確認ください。

【編集に関する重要なおしらせ】ファイターページの編集を円滑にするため、編集者のご協力をお願いします。
詳しくは、大乱闘スマッシュブラザーズWiki:編集ガイドライン/ファイターページの編集‎をご覧ください。

フィギュアディスプレイ

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
移動先: 案内検索

フィギュアディスプレイでは、集めたフィギュアの全部を並べてみることができる。置き場はシリーズごとで異なる。『スマブラX』と『スマブラWii U』では、ここからフィギュアを使った撮影遊びのモードを始めることができる。

通常フィギュアディスプレイのフィギュアは大まかな円形に並べられるが、特定のボタンを押しながらフィギュアディスプレイに入ることで、並べ方を変えられる隠しコマンドがある。詳しくはそれぞれのシリーズの小ネタページを参照。

大乱闘スマッシュブラザーズDX[編集]

速報スマブラ拳!! フィギュアディスプレイ.jpg

最初は小さなテーブルに置かれるが、フィギュアが増えていくほど大きくなり、部屋の全貌を見ることができる。置き場には任天堂の歴代ゲーム機や小物が並べられており、『スマブラ』にちなんだネタを見ることができる。なお、海外版では置かれている物が一部変わっている。

  • 左から、バーチャルボーイ、ファミリーコンピュータ、『スマブラ64』のスマブラ拳!!の本、ニンテンドーゲームキューブ、ゲームボーイアドバンス、白のゲームボーイ、『スマブラ64』のパッケージとニンテンドウ64、黄色のゲームボーイ(おそらくゲームボーイポケット或いはゲームボーイカラー)、スーパーファミコンが置かれている。
  • ニンテンドウ64には『スマブラ64』のカセットが刺さっている。ファミコンとスーパーファミコンにも『スマブラ』カセットが刺さっている。そちらはオリジナル。
  • テレビには「HalLaboratory」(『スマブラDX』の開発元のハル研究所)の文字が付けられている。
  • 海外版では、ファミコンとスーパーファミコン、『スマブラ64』のパッケージ、飾られている色紙が差し替えられている。また、バーチャルボーイは削除されている[1]


大乱闘スマッシュブラザーズX[編集]

スマブラX フィギュアディスプレイ.jpg

中世の城の一角が置き場になっている。

ジオラマモード[編集]

ジオラマモードの撮影画面。

ジオラマモードでは、フィギュアを4つまで配置・移動や横回転で調整して撮影できる。背景は4種類用意されている。


大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U[編集]

巨大な浮島が置き場になっている。


撮影スタジオ[編集]

「撮影スタジオ」で撮った写真。

Wii U版には撮影スタジオが収録されており、フィギュアディスプレイでWii U GamePad側の画面左下に表示されるカメラアイコンをタッチすることで起動できる。前作のジオラマモードの機能を拡張したもので、フィギュアを使った撮影遊びができる。

備考[編集]

  • シンプル」など1人用のゲームモードをクリアした時には、フィギュアディスプレイに使用したファイターのフィギュアが置かれるムービーが流れる。

脚注[編集]

  1. 画像:File:CollectionAmericaPALHQ.jpg - SmashWiki, the Super Smash Bros. wiki

外部リンク[編集]