【編集に関するおしらせ】編集に参加する際には、大乱闘スマッシュブラザーズWiki:編集ガイドライン‎をご確認ください。

【編集に関する重要なおしらせ】ファイターページの編集を円滑にするため、編集者のご協力をお願いします。
詳しくは、大乱闘スマッシュブラザーズWiki:編集ガイドライン/ファイターページの編集‎をご覧ください。

組み手

提供: 大乱闘スマッシュブラザーズWiki
移動先: 案内検索
執筆の途中です この項目「組み手」は、まだ書きかけの項目です。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています。
『スマブラSP』の組み手。

組み手[1](『スマブラDX』では「百人組み手」表記)とは、大量に現れるザコ敵軍団を指定された条件を満たすまで倒し続ける、『スマブラDX』からある競技場のゲームモードステージは『スマブラfor』までは"戦場"で固定されている。『スマブラSP』では「百人組み手」と「オールスター組み手」では戦場化ステージの中から選択し、「情け無用組み手」では"終点"の戦場化で固定であり、ミスになった時点で終了となる。

スマブラX』以降は協力プレイに対応している。協力プレイ時では、誰かがミスになった時点で終了となる。

登場する敵キャラ[編集]

このモード専用で登場する敵ファイター"謎のザコ敵軍団"(『スマブラ3DS/Wii U』からは謎のMii軍団)は、基本的には攻撃頻度が低いうえに攻撃はどれも弱く、簡単に撃墜できる。ただし、ゲームが進むほど、敵AIのレベルが上がっていく。

彼らは通常のファイターとは違い、できるアクションに限りがあり、つかみ(『スマブラX』まで)、必殺ワザシールド緊急回避ガケつかまりアイテムを使うことができない。

『X』からはファイターも登場することがある。ふっとびやすさは謎のザコ敵軍団とほぼ同じかやや重い程度だが、アクションに制限は無いので、やや手強いものとなっている。

種目[編集]

『スマブラDX』では出現する敵は全員同じだが、『スマブラX』以降は一定人数ごとに通常のファイターが現れる。ファイターはザコ敵軍団とは違い、普段通りにアイテムが利用できるので注意。

十人組み手
DXX3U
10人倒すまでのタイムを競う。『スマブラX』以降は、最後の一体が自分と同じファイターの巨大化になる。
百人組み手
DXX3USP
100人倒すまでのタイムを競う。『スマブラX』以降は、25,50,75人目で通常ファイター、100人目は『スマブラX』『スマブラfor』ではプレイヤーと同じファイター、『スマブラSP』では通常ファイターの中からランダムで登場する。
三分組み手
DXX3U
3分の制限時間でどれだけ倒せるかを競う。『スマブラX』以降は、25の倍数人目で通常ファイター、50の倍数人目は巨大化した通常ファイターが登場。
十五分組み手
DXX
15分の制限時間でどれだけ倒せるかを競う。『スマブラX』では、25の倍数人目で通常ファイター、50の倍数人目は巨大化した通常ファイターが登場する。
ライバル組み手
3U
プレイヤーと同じファイターのCPとスコアを競い、プレイヤーとCPのスコアの差分が最終的なスコアになる。CPのレベルは高めで、お互いに攻撃を当てることができる。相手を撃墜させるとスコアが3ポイント加算されるが、相手は何度でも復活する。
エンドレス組み手
DXX3U
時間無制限で倒した数のスコアを競う。時間制限がないため、ただ純粋に限界まで戦うことになる。『スマブラX』以降は、25の倍数人目で通常ファイター、50の倍数人目は巨大化した通常ファイターが登場する。
オールスター組み手
SP
時間無制限で倒した数のスコアを競う。オールスターモードに代わって登場した。使えるようになっているファイターが、デビューした年代の古い順に登場する。Miiは登場せず、アイテムも出現しない。情け無用組み手ほどではないが、敵は手強く、Mii軍団よりも吹っ飛びにくい。
情け無用組み手
DXX3USP
時間無制限で倒した数のスコアを競う。ルールこそエンドレス組み手と同様だが、CPレベルや攻撃力が桁違いに強い。『スマブラDX』『スマブラX』ではふっとばし力が極めて高くなっており、重量級ですら投げを一つもらうだけで瞬殺されてしまう。『スマブラ3DS/Wii U』『スマブラSP』では敵の攻撃力が2倍ほどになっている。防御力も他のモードのものより高く(『スマブラX』以降に至っては通常ファイターと同等)、正攻法では撃墜点を1点取ることすら極めて難しい。アイテムも出現しない。

最大参加人数と画面内に出現する敵の最大数[編集]

シリーズ 参加人数 画面内に出現する敵の最大数
DX 1人 5体
X 2人(オンラインのフレンドにも対応) 5体
3DS/Wii U WiiU・4人(ライバル組み手を除く) 3DS1人プレイ時:4人 マルチプレイ時/ライバル組み手:3人
WiiU1人プレイ時:5人 マルチプレイ時/ライバル組み手:4人
SP 4人 ?体

出現するアイテム[編集]

回復アイテムやキャリアアイテムなど、一部のアイテムが出ないようになっている。オールスター組み手と情け無用組み手では一切アイテムが出現しない。

DX[編集]

たべものマキシムトマトハートのうつわハンマータルくす玉が出現しない。また、カプセルは必ず爆発し、モンスターボールから伝説のポケモンが登場することはない。

X[編集]

たべものマキシムトマトハートのうつわハンマーゴールデンハンマータルキャリアーつき箱くす玉サンドバッグくんドラグーンパーツチーム回復だまスマッシュボールが出現しない。また、カプセルは必ず爆発し、モンスターボールから伝説のポケモンが登場することはない。

3DS / Wii U[編集]

『スマブラ3DS』の、移動リフトで運ばれるアイテム。

以下の決められたアイテムが、30秒ごとに上空の左右からリフトで順番に運ばれてくる。

10人組み手 3分組み手 100人/ライバル/エンドレス組み手
30秒後 スマートボム レイガン POWブロック
60秒後 POWブロック POWブロック レイガン
90秒後 レイガン キラーアイ スマートボム
120秒後 スマートボム POWブロック POWブロック
150秒後 POWブロック スマートボム キラーアイ
180秒後 キラーアイ - スマートボム

どこからでも一網打尽ができるPOWブロックが安心して使いやすい。次いで広範囲で巻き込めるスマートボムも有効。レイガンは敵に囲まれる状況があることも考えるとやや使いにくい。キラーアイは他とは違い足止めとしての役目を持ったアイテムなので、生き残ることが重視されるライバル/エンドレス組み手以外では無視するように。

SP[編集]

[icon] この節の加筆が望まれています。

攻略[編集]

○人組み手、○分組み手[編集]

敵を一撃で倒せるワザを積極的に使うことが基本となる。使用するファイターのどのワザが一撃で倒せるか調べておくと良い。通常の対戦において0%からでも大きくふっとばせるワザは、組み手においては敵を一撃で倒しやすい(情け無用組み手は除く)。具体的にはリアクション付加値が高いワザがそうであり、ダッシュ攻撃多段攻撃投げにはそういったものが多い。

組み手で最も危険なのは爆発アイテムに巻き込まれることだが、これは運要素が大きく防ぎにくい。次いで大勢の敵に囲まれて袋叩きにあうことで、囲まれたら広範囲を一度に攻撃できるワザを使ったり、回避で逃げたり、すぐさまジャンプして脱出したりするといい。

囲まれないための最も良い方法は、出現した敵を速やかに倒すことである。そうすれば同時に出現している敵の数を抑えられるし、敵が一箇所に固まりにくくもある。空中攻撃で一撃で倒せるファイターは新しい敵が出現したら着地させる間も無く撃墜することがしやすく、そのため組み手を楽にクリアしやすい。

『スマブラX』からは通常ファイターが出現することがある。アイテムを利用される恐れがあるので、優先的に撃墜した方が良い。一部モードで出てくる巨大化したファイターは、ザコ敵軍団を一撃で倒せたワザが有効ではない可能性がある。

クリアするまでずっと左右の浮遊台の下でドンキーコングの下必殺ワザを連発する戦法が初心者でも楽にクリアできるということで有名だが、時折爆発アイテムが落下してきて巻き込まれたり(『スマブラX』以前)、敵AIが気紛れで空中攻撃で攻めてくることもあるので、クリアできるかどうかはかなり運が絡む戦法である。

ライバル組み手[編集]

ライバルが敵を撃墜する=自分のスコアが減るということになるが、ライバルのAIは強めなので無理に相手をする必要はない。ライバルは撃墜するよりもステージから離す程度に吹っ飛ばしたほうが敵に集中しやすい。

情け無用組み手[編集]

敵があまりにも強く、真っ向から挑むのはかなり厳しいので、AIの穴を突くような戦術を使う。その戦術は他の組み手とも通常の対戦とも違う物であるため、根気がいる挑戦的なモードとなっている。

シリーズによって有効な攻略法は異なるが、共通して「敵に囲まれない」ことと「シールドは極力使わず、逃げながら敵の立ち位置を見極めて撃墜する」ことが大事。復帰阻止への抵抗が弱いので、場外に出してからの復帰阻止も重要である。

DX[編集]

他のモードほどではないが敵が通常のファイターよりもややふっとびやすくなっているので、敵を一撃で復帰できない位置までふっとばせるワザを持っているファイターであれば頼もしい。また、敵のAIが単純なので幾つかの攻略パターンが発見されており、YouTubeで「melee cruel」で検索すればそれを遂行している動画を探すことができる。

X[編集]

敵が通常ファイターと同程度までふっとびにくく、更にAIがあまり単純ではなく、場外追撃してくることまであったりと、かなり手強いものとなっている。なぜか敵が弾丸化した敵に当たった場合はかなりふっとぶので、それが撃墜手段になりやすい。

人間に対してまでも強力な戦術である崖待ちは、ここにおいても安定して活躍しやすい。崖待ちとは、崖つかまりをして待ち、敵が近づいてきたら崖を離して空中攻撃をして敵を追い払い、再び崖を掴んで待つ、ということを繰り返す戦法である。敵が崖近くに固まりやすいので弾丸化で巻き込みやすく、積極的に場外に出てくるAIのおかげで返り討ちも狙いやすい。

3DS/Wii U[編集]

敵が復帰阻止のために自ら場外へ出ていくことは無い。また、敵は場外にいるときは一切攻撃してこない。ただし、踏み台ジャンプができるときは欠かさず行ってくる。前作よりも復帰阻止がしやすくなったが、自滅を誘ったり復帰阻止にきたところを返り討ちにすることは難しくなった。

敵のふっとばし力は前作よりも抑えられており、掴みをしてこなくなったので、個々の強さは前作より弱まっている。ただし、Mii 射撃タイプのザコ敵が遠距離から射程の長い横スマッシュ攻撃や上空中攻撃を連発してくるので、群れているときの制圧力は高まっており厄介である。

本作では2度目の崖つかまりには無敵がつかなくなったため、前作で強力だった崖待ちは大きく弱体化した。しかし場外追撃をしに行かないAIのおかげで、ルキナの上必殺ワザのような、崖上まで大きく攻撃判定を出しながら崖つかまりをできる上必殺ワザを使った崖待ちならば、依然として安全に続けられる。ただし撃墜のペースは遅くなりがちなので、ハイスコアを狙うには根気を要する。比較的簡単ですぐに5撃墜程度できる方法に、ネスで敵が横一列に並ぶようにして横必殺ワザを連発してダメージを蓄積し、撃墜には上必殺ワザのPKサンダー体当たり、というものがある。

SP[編集]

敵のAIが過去作よりも大幅に高度になっており、更に崖つかまりをするようになり復帰力が増しているため、シリーズでも群を抜いて正攻法では太刀打ちしにくいものとなっている。場外への追撃も果敢に行ってくる。しかし果敢なあまり復帰できない位置まで場外追撃をして自滅することが多いため、崖待ちや場外で滞空する戦術は依然として安定して撃墜数を稼ぎやすい。比較的簡単ですぐに5撃墜程度できる方法に、クロムまたはアイクで崖離しからの上必殺ワザを崖近くの敵に当てて、相手をメテオで場外へ落としつつ自分は崖つかまり、というものがある。

備考[編集]

  • スマブラ64』には組手モードは無いが、「1人用ゲーム」のステージ10の内容が大勢の謎のザコ敵軍団を相手にするという、それに近いものになっている。
  • 『スマブラX』の「情け無用組み手」の音楽をサウンドテストで聴くことはできない。次作の『スマブラ3DS/Wii U』ではサウンドテストでも聴ける。

脚注[編集]

  1. 海外版(英語)での表記は、『スマブラDX』では「Multi-Man Melee」、『スマブラX』では「Multi-Man Brawl」、『スマブラfor』では「Multi-Man Smash」。

外部リンク[編集]


ゲームモード (DX)
ひとりゲーム
レギュラー戦 シンプル - アドベンチャー - オールスター
イベント戦 イベント戦
競技場 ターゲットをこわせ! - ホームランコンテスト - 百人組み手
トレーニング トレーニング
対戦ゲーム 大乱闘 - トーナメント乱闘 - スペシャル乱闘 - 名前の変更
フィギュア フィギュア名鑑 - フィギュポン - ディスプレイ
オプション オプション
データ集 スナップ写真 - ギャラリー - サウンドテスト - 戦いの記録対戦記 - ボーナス一覧 - カウント集)- お知らせ
ゲームモード (X)
みんなで 大乱闘 - スペシャル乱闘 - かちぬけ - トーナメント - おなまえ
ひとりで シンプル - 亜空の使者 - オールスター - イベント戦 - 競技場 (ターゲットをこわせ!! - ホームランコンテスト - 組み手 - ボスバトル) - トレーニング
オンライン ニンテンドーWi-Fiコネクション
コレクション シール&フィギュア (フィギュア名鑑 - フィギュアディスプレイ - コインシューター - シール名鑑 - シールディスプレイ) - ステージ作り - アルバム - クリアゲッター - リプレイ - 名作トライアル - ゲーム年表
オプション オプション
データ集 ムービー - 戦いの記録対戦記 - カウント集 - おしらせ) - サウンドテスト
ゲームモード (3DS)
大乱闘 大乱闘
フィールドスマッシュ フィールドスマッシュ
いろんなあそび
ひとりで/みんなで シンプル - オールスター - 競技場スマッシュボンバー - 組み手 - ホームランコンテスト) - トレーニング
カスタマイズ キャラ作り
amiibo amiibo
コレクション フィギュア (フィギュア名鑑 - ディスプレイ - ショップ - フィギュアラッシュ) - リプレイ - アルバム - サウンドテスト - 戦いの記録戦士たちの記録 - カウント集 - 記念日) - スマちしき
オプション オプション
オンライン インターネットコンクエスト
その他 クリアゲッター - すれちがい大乱闘 - 3DS/Wii U 連動
ゲームモード (Wii U)
大乱闘 大乱闘 - 8人乱闘 - スペシャル乱闘
ワールドスマッシュ ワールドスマッシュ
いろんなあそび
ひとりで/みんなで シンプル - オーダー - イベント戦 - オールスター - 競技場スマッシュボンバー - 組み手 - ホームランコンテスト) - トレーニング
カスタマイズ キャラ作り - ステージ作り
amiibo amiibo
コレクション フィギュア (フィギュア名鑑 - ディスプレイ - ショップ - フィギュアラッシュ) - リプレイ - アルバム - ムービー - サウンドテスト - 戦いの記録戦士たちの記録 - カウント集 - 記念日) - スマちしき - 名作トライアル
オプション オプション
オンライン インターネットコンクエスト - トーナメント
その他 クリアゲッター - 3DS/Wii U 連動
ゲームモード (SP)
大乱闘
モードの項目 通常戦 - 団体戦 - トーナメント - スペシャル乱闘 - ボタン
ルール ルール設定
スピリッツ アドベンチャー - スピリッツボード (ダウンロード特典)
いろんなあそび 勝ちあがり乱闘 - トレーニング - 組み手 - 挑戦者の間 - Miiファイター - amiibo - ステージ作り - VRモード
コレクション サウンドテスト - リプレイ - 戦いの記録 (カウント集 - 記念日 - 対戦の記録) - クリアゲッター - スマちしき - ムービー - ショップ
オンライン オンライン - ニンテンドーeショップ
その他 オプション